ニュース
» 2019年01月10日 06時00分 公開

CES 2019:フラグシップはライバルより高速で省電力――デスクトップPC向け「Ryzen」が第3世代に 2019年半ばに発表へ

AMDのデスクトップPC向け「Ryzen」が、第3世代に移行する。7nmプロセスで製造され、パフォーマンスを向上しつつ消費電力の増加を抑制したことが特徴だ。

[井上翔,ITmedia]

 AMDは1月9日(米国太平洋時間)、同社のデスクトップPC向けCPU「Ryzen(ライゼン)」の第3世代製品を2019年半ばにリリースすることを発表した。7nmプロセスで製造することで性能を高めつつ消費電力を抑制したことが特徴。製品は2019年半ばに登場する見通しで、具体的なラインアップもその頃に明らかとなる見通しだ。

第3世代 第3世代Ryzenが電撃発表された
リサ・スーCEO 第3世代Ryzenのエンジニアリングサンプルを手にするリサ・スーCEO

 第3世代Ryzenは、7nmプロセスの「Zen 2」アーキテクチャをコンシューマー向け製品として初めて採用。発表時点において世界初となる「PCI Express 4.0」にも対応する。

 AMDのリサ・スーCEOの説明によると、CPUソケットは従来のRyzenシリーズと同じ「Socket AM4」となるようだ。

PCIe 4.0 PCI Express 4.0接続にも対応。現時点では世界初となる予定

Core i9-9900Kよりも高パフォーマンス・省電力

 CES 2019で行われたスーCEOのキーノートスピーチでは、第3世代Ryzenのエンジニアリングサンプル(8コア)と、現時点におけるIntelのコンシューマー向けフラグシップCPU「Core i9-9900K」とのパフォーマンス比較が行われた。

 この比較では「CINEBENCH R15」を用いてCPU(マルチスレッド)性能を計測。Core i9-9900Kのスコアが「2040cb」だったのに対し、第3世代Ryzenは「2057cb」とより高い数値を示した。。

 一方、計測中の消費電力はCore i9-9900Kが約180Wだったのに対し、第3世代Ryzenは約134W。Intelの第9世代CPUよりも省電力かつ高性能ということをアピールした。

計測完了間際 ベンチマーク終了間際の消費電力。第3世代Ryzenの方が低い
Core i9-9900Kの結果第3世代Ryzenの結果 Core i9-9900K(写真=左)と第3世代Ryzen(写真=右)のベンチマーク結果。後者の方がわずかに速い

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう