ニュース
» 2009年07月13日 14時48分 UPDATE

「EZナビウォーク」「EZ助手席ナビ」の登録ユーザーが300万を突破

KDDIとナビタイムジャパンが7月13日、ナビゲーションサービス「EZナビウォーク」と「EZ助手席ナビ」ののべ利用者数が300万人を突破したと発表した。7月11日現在、EZナビウォークに207万、EZ助手席ナビに93万の契約があるという。

[園部修,ITmedia]

 KDDIとナビタイムジャパンは7月13日、au携帯電話で提供しているナビゲーションサービス「EZナビウォーク」と「EZ助手席ナビ」の利用者数が、7月11日に300万人を突破したと発表した。内訳はEZナビウォークの会員が207万、EZ助手席ナビの会員が93万で、両方のサービスに登録しているユーザーも重複して計上している。なお、EZナビウォークとEZ助手席ナビで月額有料コースを契約していないユーザー、つまりEZナビウォークやEZ助手席ナビの「お手軽! 24時間コース」のユーザーは含んでいない。

 EZナビウォークは、2003年10月にスタートした歩行者向けのGPSナビゲーションサービス。リアルタイムで現在位置を表示し、音声ガイダンスや振動で目的地までのナビゲーションを提供している。2009年1月にはユーザーインタフェースを大幅に刷新し、簡単に使える「シンプルモード」と使いこなしたいユーザー向けの「フルモード」の2つのモードを用意。口コミ情報の投稿や閲覧ができる機能も盛り込んだ。

 EZ助手席ナビは、カーナビがわりに利用できる助手席の同乗者向けサービス。交差点名称を音声で読み上げる機能や、自動ルート再検索機能などを備え、市販カーナビに並みに活用できる。VICS情報などを元に、渋滞を考慮したルート検索なども可能。ETCの割引料金を表示する機能なども用意している。

 どちらのサービスも24時間限定でフル機能を利用できる「お手軽! 24時間コース」を用意しており、手軽にサービスが体験できる(EZナビウォークは95円/25時間、EZ助手席ナビは157円/24時間)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう