ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NAVITIME(ナビタイム)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NAVITIME(ナビタイム)」に関する情報が集まったページです。

巡礼はかどるー! ナビタイムの「ALKOO」にアニメ・漫画・ゲームの「聖地巡礼」おすすめお散歩コース登場
「アニメ登場順に巡るコース」「徒歩60分ほどで回れるコース」など、巡礼・お散歩に便利そうですよ。(2021/11/19)

アニメや漫画の聖地巡礼コース、ナビタイムが作成 「呪術廻戦」「ラブライブ!」も
ナビタイムジャパンは17日、アニメや漫画、ゲームに関するスポットデータを独自に整備し、80の「聖地巡礼」オリジナルコースをウォーキングアプリ「ALKOO」などで提供すると発表した。(2021/11/17)

カーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」がAndroid Autoに対応
カーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」は、Googleが提供する車載プラットフォーム「Android Auto」に対応。利用には月額800円(税込み)のプロドライバー向け「プレミアムプラス」コースへの登録が必要だ。(2021/11/2)

「ガソリン価格マップ」、ナビタイムのカーナビアプリで提供開始
ナビタイムジャパンは10月29日からカーナビアプリ「NAVITIME ドライブサポーター」(iOS、Android) でガソリン価格の傾向が分かる「ガソリン価格マップ」の提供を始めた。(2021/11/1)

実際にどんな影響があった? 東京オリンピックの「首都高交通規制」、ナビタイムが交通影響分析
実施により首都高ガラガラ/一般道大混雑といった混乱が見られましたが……。(2021/9/10)

NAVITIME、アプリで国内航空券/新幹線やレンタカーの予約が可能に
総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」で、国内航空券、JR新幹線、特急電車チケット、レンタカーの予約が可能に。 交通手段の予約には「NAVITIME ID」登録が必要だ。(2021/8/19)

NAVITIMEに月額880円の「プレミアムプラス」登場 MY地点登録が無制限に
スマホ向けアプリ「NAVITIME」と「PC-NAVITIME」へ、月額880円(税込み)のビジネス利用者向け「プレミアムプラス」コースを新設。既存の「プレミアム」コースに加え、専用の機能を利用できるようになる。(2021/8/5)

ナビタイム、「青春18きっぷ」や「一日乗車券」などのフリーパス区間を考慮した運賃表示に対応
ナビタイムジャパンは29日、スマートフォンアプリ「NAVITIME」「乗換NAVITIME」(iOS/Android)とWebサービスの「NAVITIME」で「青春18きっぷ」や「一日乗車券」などフリーパスの区間を考慮した運賃表示に対応したと発表した。(2021/7/30)

NAVITIMEが「フリーパス検索機能」拡充 「青春18きっぷ」などフリーパス区間考慮の運賃表示に対応
18きっぱーさん、いかがですか?(2021/7/30)

AI/AR搭載ドラレコアプリ「AiRCAM」のiOS版が登場 ナビタイムから
AIとARを搭載したドライブレコーダーアプリ「AiRCAM」が、iOS版を提供開始。AIのリアルタイム画像解析やARを活用した直観的な注意喚起で交通違反や速度超過を抑制し、安全運転を支援する。(2021/7/19)

混雑したバスが一目で分かるアイコン、西武バスのWebサイトに BLEスキャンの活用で
西武バスは、Webサイトなどでバスの混雑度が一目で分かるアイコン表示を導入する。ナビタイムが協力する。(2021/5/31)

NAVITIMEで「バス混雑予測」を提供 横浜市営バス全系統から順次拡大へ
ナビタイムジャパンは、総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」などで「バス混雑予測」を提供開始。バスごとの混雑度を6段階のアイコンで表示し、横浜市営バス全系統から順次拡大する。(2021/5/21)

旅行プランをPDFにして“旅のしおり”に 「NAVITIME Travel」の新機能
ナビタイムジャパンは、旅行プランニング/予約アプリ「NAVITIME Travel」(iOS/Android)で作成した旅行プランをPDF形式でダウンロードできる機能を追加した(2021/4/30)

バスNAVITIME、訪れたバス停を記録できるチェックイン機能
バス専用ナビゲーションアプリ「バスNAVITIME」が「バス停チェックイン」を提供開始。GPSをオンにして全国のバス停にチェックインすると記録できる。訪れたバス停の振り返りやチェックイン数に応じてバッジを獲得できる。(2021/3/29)

「NAVITIME for Baby」開始 ベビーカーや抱っこひも向けのルートを案内
総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」は、赤ちゃんや子どもとの外出をトータルサポートするWebサイト「NAVITIME for Baby」を提供開始。ベビーカー・抱っこひもを前提としたルートや授乳室・おむつ替え場所の検索も行える。(2021/3/24)

App Town ナビゲーション:
「NAVITIMEドライブサポーター」がApple CarPlayに対応
カーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」が、Apple CarPlayに対応。利用には新設のプロドライバー向けプラン「プレミアムプラス」への登録が必要となる。(2021/3/24)

ナビタイム、AIとARで安全運転を支援するドラレコアプリ「AiRCAM」提供
ナビタイムジャパンは、AIとARを搭載したドライブレコーダーアプリ「AiRCAM」をリリース。AIによるリアルタイムの画像解析や、ARを活用した直観的な注意喚起で安全運転を支援する。(2021/3/19)

ナビタイムが開発チームのコラボ環境をSaaSに移行、9カ月の経験で分かったメリット、デメリット
従業員の約8割がエンジニアであるナビタイムにとって、コラボレーション環境の利用は必要不可欠だ。同社が9カ月間で実現した「Atlassian Server」を「Atlassian Cloud」に移行するまでのクラウドジャーニーから、クラウド移行に際しての課題や注目すべきポイントを紹介する。(2021/2/22)

「自転車NAVITIME」が英語、中国語に対応
自転車専用ナビゲーションアプリ「自転車NAVITIME」(iOS/Android)が英語、中国語(繁体字・簡体字)に対応。(2021/2/4)

終電繰り上げ、経路探索サービスの対応進む 「Yahoo!乗換案内」「駅すぱあと」「NAVITIME」など
20日に始まる鉄道の終電時刻繰り上げを前に、経路探索アプリやWebサービスで新ダイヤへの対応が進んでいる。(2021/1/18)

BLEスキャンでバスの混雑度を計測 専用サイトにリアルタイム表示 ナビタイムが実験
ナビタイムジャパンが、乗客のスマホが発するBluetooth信号をスキャンしてバスの混雑度を計測し、専用サイトに表示する実証実験を行うと発表。栃木県の路線バスで実験する。(2021/1/12)

「NAVITIME」で列車遅延を考慮したルート検索が可能に
「NAVITIME」がリアルタイムの列車遅延を考慮したルート検索を始めた。対応路線は東京メトロ、都営地下鉄、JR東日本。(2020/11/27)

NAVITIME、列車のルート検索で「リアルタイム遅延考慮」が可能に
総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」は、11月25日にリアルタイムな列車遅延を考慮したルート検索機能を提供開始。対応路線は、東京メトロ、JR東日本、都営地下鉄。(2020/11/25)

ほぼ月刊AWS(2):
ナビタイムはコストを半減、「スポットインスタンスを制する者はAWSのコスト最適化を制する」
「Amazon EC2」の購入オプションは複雑ですが、うまく使えばコストを大きく引き下げられるとされるのがスポットインスタンスです。ナビタイムジャパンは、これを使ってEC2のコストを半減できたといいます。(2020/9/29)

NAVITIMEがiOS 14のウィジェットに対応 時刻表や運行情報を表示
総合ナビゲーションサービス「NAVITIME」は、9月17日にiOS 14から導入されたホーム画面のウィジェット配置に対応。鉄道、バス、飛行機、フェリーの時刻表、鉄道の運行情報を表示し、時刻表や運行情報は4件まで設定できる。(2020/9/18)

カーナビタイムの「渋滞マップ」、過去最大1年分の渋滞情報を確認可能に
ナビタイムジャパンは、カーナビアプリ「カーナビタイム」の「渋滞マップ」へ過去の渋滞情報を確認できる機能を追加。これまで過去の情報は1時間前までしか見られなかったが、1年前までの渋滞情報を見られるようになる。(2020/8/14)

新型コロナがMaaSに与えた影響とは? “密を回避する”シェアサイクルに注目集まる
新型コロナウイルス感染症で、移動に対する考えが変わりつつある。ナビタイムジャパンが8月5日に実施した「モビリティ勉強会」で、ゲストにドコモ・バイクシェアを招いて、シェアサイクルとMaaSの近況が語られた。シェアサイクルのニーズが急増しているそうだが、何が起きているのだろうか。(2020/8/7)

App Town ナビゲーション:
ナビタイムの「渋滞情報マップ」、規制や通行止めを音声で知らせる「ハイウェイアラート」開始
ナビタイムジャパンは、iOS向けアプリ「渋滞情報マップby NAVITIME」で高速道路の道路交通情報を音声で知らせる「ハイウェイアラート」機能を開始。突発的な通行止め発生/解除や、ランプ/入口/出口の閉鎖情報を提供する。(2020/8/6)

「NAVITIME」、「トータルナビ」を無料開放
ナビタイムジャパンが「NAVITIME」トップページのデザインをリニューアル。従来は有料だったルート検索サービス「トータルナビ」を無料開放した。(2020/7/30)

NAVITIME、全国の駅の混雑度を表示する新機能 “密”な移動を回避
ナビゲーションアプリ「NAVITIME」に、全国の駅の混雑状況を表示する新機能が搭載。利用者の駅検索数の集計データを基に、1時間ごとの混み具合を表示する。利用は無料。(2020/7/22)

NAVITIME、街の混雑度が分かるヒートマップ搭載 “密”の度合いを9段階に色分け
ナビゲーションアプリ「NAVITIME」が、街の混雑状況をヒートマップで表示する新機能を搭載。利用料は無料。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に対応し、5分おきに更新する。(2020/6/18)

NAVITIMEの「駅混雑予報」がSlack、Amazon Alexa、Google アシスタントで利用可能に
ナビタイムジャパンは、5月26日に「NAVITIME for Slack」「Amazon Alexa」「Google アシスタント」で「駅混雑予報」を提供開始。ナビタイムサービス内での駅の検索数を集計し、際立って検索数が上昇している日時、時間帯を確認できる。(2020/5/26)

スマホをかざすと時刻表をAR表示する「NAVITIMEレンズ」、au向けに提供
ナビタイムジャパンは、3月26日にKDDIの「auスマートパス」で、AR時刻表案内アプリ「NAVITIMEレンズ for auスマートパス」を提供開始。アプリを起動してスマートフォンを駅の入口やバス停留所にかざすと、電車とバスの時刻表や関連情報をAR表示で確認することができる。(2020/3/27)

駅・バス停の入り口にスマホをかざすと、時刻表や行き先など表示 NAVITIMEが新アプリ
ナビタイムジャパンが新アプリ「NAVITIME レンズ for au スマートパス」をリリース。アプリを起動して駅の看板やバス停にスマホをかざすと、電車やバスの時刻表や行き先などを表示する。スマホの扱いに不慣れな高齢者などの経路検索をサポートする狙い。(2020/3/26)

ナビタイム、観光バスドライバー向けに「バスカーナビ」提供
ナビタイムジャパンは、12月17日にAndroid向け観光バス専用カーナビアプリ「バスカーナビ」をリリースした。観光バスドライバー向けに大型バスの交通規制などを考慮したルート検索やナビゲーションが可能で、リアルタイムの渋滞情報も考慮する。(2019/12/17)

G20サミットで注目:
トップ3は関西勢が独占 外国人観光客がナビ検索した人気スポットは?
「2019ナビタイム スポット検索ランキング」によると、外国人観光客が最も検索したスポットは「大阪城天守閣」。2位は「鹿苑寺(金閣寺)」、3位は「奈良公園」となり、トップ3は関西のスポットが独占した。(2019/12/17)

Android向け「NAVITIMEドライブサポーター」に走りやすいルートを提案する「初心者モード」登場
ナビタイムジャパンは、12月10日にAndroid向け「NAVITIMEドライブサポーター」へ「初心者モード」を提供開始。運転が不慣れでも安心して走れるルートを知らせる他、必要な情報が見やすい地図や走行実績振り返り機能などを利用できる。(2019/12/10)

ナビタイムやJapan Taxi、2020年1月に東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験を開始
ナビタイムジャパンらは、2020年1月から東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験を開始。交通渋滞の解消や交通不便地域での快適な移動、観光スポットへのスムーズな輸送や回遊率の向上に対する機能を搭載した多言語対応の専用MaaSアプリを提供する。(2019/10/11)

「PC-NAVITIME」「NAVITIME」スマホ向けサイトがドコモの「dカーシェア」と連携
「PC-NAVITIME」「NAVITIME」のスマートフォン向けサイトが、NTTドコモの「dカーシェア」と連携。カテゴリ検索や周辺スポット検索から「dカーシェア」の予約が可能となる。(2019/10/9)

NAVITIME Travel、チャットbotで日帰り旅行プランを自動作成する「自動プランニング」提供開始
旅行プランニング・予約アプリ「NAVITIME Travel」に「自動プランニング」機能が登場。チャットbotにエリア、日程、移動手段などを伝えると、天候や時間帯などを考慮したおすすめの日帰り旅行プランを自動で作成する。(2019/10/8)

ナビタイムジャパン、旅行プランの自動作成サービス開始 AIとチャットbotで客のニーズを分析、強化学習で精度向上
ナビタイムジャパンが、AIを活用して顧客の日帰り旅行プランを自動で作成するサービスを始めた。チャットbotで顧客から行きたいエリアや希望する日程、使いたい交通手段などを聞く。自社のデータと照合し、食事・観光・移動などを含んだ行程を表示する。(2019/10/8)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(16):
「バスNAVITIME」Google Kubernetes Engine移行時の5つのチャレンジ――プロビジョニング期間を約60分の1に短縮
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。ナビタイムジャパンの事例では、Google Kubernetes Engine移行時のポイントを中心にお届けする。(2019/10/9)

マネーフォワード、ナビタイムなどがiPhoneで交通系ICカードの残高確認に対応 iOS 13で
iOS 13からの新機能により、サードパーティ製アプリのFeliCa読み込みが可能になった。対応アプリを紹介しよう。(2019/9/26)

ナビタイム、自動運転電動カート対応ルートを提供 KDDIらとテスト
ナビタイムジャパンは、永平寺町で行われている「ラストマイル自動走行の実証評価」へ自動運転電動カート対応ルートを提供。「auナビウォーク」「NAVITIME」で、自動運転電動カートと鉄道などの移動手段を組み合わせたドアtoドアのルートを提案する。(2019/8/26)

「自転車NAVITIME」、アップデートで検索道路が従来の4倍&トンネル側道も対象に
ナビタイムジャパンが自転車専用ナビゲーションアプリ「自転車NAVITIME」をアップデート。GPU技術を活用して一度に検索できる道路対象が従来の4倍に増加した他、大きく迂回(うかい)するルートを表示していたトンネル側道も対象となった。(2019/7/30)

Slackで乗換検索、ナビタイムがアプリ提供「NAVITIME for Slack」
Slack向け乗換検索アプリ「NAVITIME for Slack」がリリース。Slack上からそのまま乗換検索でき、業務効率向上につながるとしている。(2019/7/8)

KDDIとナビタイムがMaaS領域で連携 交通サービスを共同開発
KDDIとナビタイムジャパンは、6月5日にMaaS (Mobility as a Service) 領域の取り組み推進について合意を発表。社会課題の解決を支援するため、両社の保有する通信・交通ビッグデータ、経路探索エンジン、IoT・AIを活用する。具体的にはMaaSの実現に必要となる基本機能を共同開発し、MaaSビジネスの持続的な収益化や実証実験を支援していく。(2019/6/5)

「MaaS」で何が変わる? ナビタイムとJapanTaxiが見据える、モビリティの未来
移動手段の検索から予約、決済までをまとめて行えるMaaSは、社会課題の解決につながる。経路探索サービスを提供するナビタイムと、タクシーの配車サービスを提供するJapanTaxiは、MaaSの分野でどんな取り組みを行っているのか?(2019/4/3)

NAVITIMEとJapanTaxiが連携、ルート検索結果からタクシーを呼べるように
ナビタイムジャパンとJapanTaxiは、3月25日に「NAVITIME」と「JapanTaxi」のAPI連携を開始。NAVITIMEのルート検索結果からそのままJapanTaxiアプリに加盟するタクシーを呼ぶことができる。NAVITIMEアプリへタクシーの乗車位置を変えると所要時間を短縮できる場合に通知する新機能が追加される。(2019/3/25)

汎用的処理にAWSのGPUを採用、コストと性能のバランスは
ナビタイムが全サービスをAWS移行 アンチパターンてんこ盛りでGPUは生かせるか
AWS採用に早くから取り組んできたナビタイムジャパンが、全サービスをAWSへ移行。同プロジェクトで得た効果と、同社サービスには不向きだと考えられる「GPUインスタンス」の活用で目指す効果について詳しく語った。(2018/7/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。