ニュース
» 2009年10月14日 13時19分 UPDATE

携帯出荷台数、またも200万台割れ――JEITA 8月携帯出荷台数

電子情報技術産業協会(JEITA)が2009年8月の携帯電話・PHS端末の国内出荷台数実績を発表。携帯電話の出荷台数は200万台を割り込むなど、厳しい状況が続いている。

[ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は10月14日、2009年8月の携帯電話・PHS端末の国内出荷台数実績を発表した。

 携帯電話とPHSを合算した2009年8月度の国内移動電話出荷台数は、前年同月比88.8%の192万3000台。携帯電話の出荷台数も前年同期比89.7%の186万9000台にとどまり、4カ月ぶりに200万台を割り込んだ。夏商戦が一段落したことや、国内景気が変わらず後退気味であることから出荷が伸び悩んだと見られる。

Photo 携帯電話の出荷台数の推移

 ワンセグ搭載携帯電話の出荷台数は134万2000台でワンセグ搭載率は71.8%。累計出荷台数は6612万7000台となった。

 PHSの出荷台数は前年同期比65.6%の5万4000台。携帯電話と同様、4月以来の大きな落ち込みとなり、前年同期比でも14カ月連続でマイナスという結果だった。

Photo PHSの出荷台数の推移

関連キーワード

携帯電話 | PHS | JEITA | 携帯・PHS出荷台数


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.