ニュース
» 2010年05月18日 12時13分 公開

ソフトバンク、USTREAM Asia設立――iPhone向けアプリも提供

ソフトバンクは、米UstreamとUSTREAM Asiaを設立することで合意。アジアでの事業展開に本腰を入れる。iPhone向けのUstream視聴アプリや、中継配信アプリの日本語も提供する予定だ。

[ITmedia]

 ソフトバンクは5月18日、米UstreamとUSTREAM Asiaを設立することで合意した。アジア各国での事業展開を目的に設立するもので、ソフトバンクは子会社のTVバンクを通じて新会社に出資する予定だ。

 USTREAM Asiaは、日本での事業展開を本格化させ、その後、アジア各国での事業拡大を目指す。日本では4月にUstreamの日本語版サイトがオープンしており、今後はiPhoneアプリの「USTREAM Viewer(ユーストリーム ビューアー)」と「USTREAM Broadcaster(ユーストリームブロードキャスター)」について、日本語版を提供する予定。日本語環境でiPhoneでUstreamのライブ中継を視聴したり、コンテンツを配信したりできるようにする方針だ。

※初出時に、USTREAM ViewerとUSTREAM Broadcasterの提供を予定していると記載されていましたが、すでにUSTREAM ViewerとUSTREAM Broadcasterは提供されており、“日本語版の提供”がニュースのポイントでした。お詫びし訂正します。

 ソフトバンクはまた、6月中にも米Ustreamに1000万ドル(日本円で約9億円)を追加で出資する予定で、これにより出資比率は19.04%になるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう