レビュー
» 2011年06月30日 22時33分 UPDATE

デバイス間の写真共有にも役立つ!:話題のSNS「Google+」のAndroidアプリを使ってみた

Googleが試験提供を始めたSNS「Google+」のAndroidアプリでは、Facebookでおなじみのチェックイン機能や、端末で撮った写真を自動的にGoogle+のプライベートフォルダにアップロードする「インスタント アップロード」など、便利な機能が用意されている。

[山田祐介,ITmedia]

 Googleが試験的に提供を始めたソーシャルサービス「Google+」は、PC向けWebサイトだけでなく、Androidアプリやモバイル版Webアプリも用意されている。iOSアプリも近日中に公開される予定だ。今回はネイティブアプリであるAndroidアプリでどんなことができるか試してみた。

チェックインも手軽にできるAndroidアプリ版「Google+」

 アプリを紹介する前に、まずはGoogle+がどんなサービスなのかを簡単に説明しよう。大雑把に言えばGoogle版のFacebookであり、フォローした知人の近況や興味を知ったり、自分の投稿を知人とシェアしたりできる。

 特徴的なのが、知人を「サークル」と呼ばれる任意のグループに分け、自分の投稿の公開範囲を細やかに変えられる点だ。さらに、ニュースをチェックできる「Sparks」や、グループビデオチャット「Hangouts」といった機能もある(AndroidアプリではSparksやHangoutsは使えない)。

 Androidアプリでは、近況の投稿などの基本機能に加え、GPS連動型のチェックインや、テキストベースのグループチャットなどができる。さらに、写真を撮影すると自動的にGoogle+の写真フォルダにアップロードする「インスタント アップロード」という面白い機能もある。


photo アプリを落とすと2つのアプリアイコンが。HuddleはGoogle+のグループチャット機能だ。アイコンが別々にあることで、すばやくチャットができる

 ホーム画面は、各機能のアイコンが並ぶシンプルなデザイン。画面下にはお知らせ機能「Notifications」がある。Facebookアプリとよく似たインタフェースだ。


photo ホーム画面

 「Stream」には、フォローしたユーザーの近況が見られるCirclesや、現在地周辺のユーザーの投稿がチェックできるNearbyといった画面があり、左右のフリックで切り替えられる。また、Incomingという画面では、自分をサークルに追加したユーザーの中で、自分がサークルに追加していないユーザーの投稿が並ぶ。


photophoto CirclesとNearby

 ユーザーの投稿に対しては、Facebookの「いいね!」にあたる「+1」やコメントを付けられる。PC版では「共有」ボタンでコメントをシェアする機能もあるのだが、アプリでは今のところ共有はできないようだ。自分の投稿に+1やコメントなどがあると、アプリのNotificationsやAndroidのステータスバー、端末のバイブレーションなどで知らせてくれる。

 自分の近況を投稿する際には、テキストに加え、位置情報や写真の添付が可能。投稿時には、サークルなどの公開範囲を任意に指定する。友人、家族、同僚といった具合に、ユーザーを自分なりのサークルに分け、投稿の公開範囲を変えられるのがGoogle+の特徴だ。


photophotophoto 投稿画面から位置情報や写真を添付でき、投稿範囲もここで指定する。投稿にコメントや+1がつくと、投稿の下に反映される
photophoto チェックインしたいときは、Streamの画面でチェックボタンを押す。チェックインできるスポットの一覧が表示され、その中からチェックインする場所を選ぶ

取った写真が自動的にクラウドへ

 「Photos」を選択すると、友人や自分が投稿した写真や、端末内にある写真が閲覧でき、Streamと同じように+1やコメントができる。また、顔認識機能があり、写真に映る人物の顔部分に半透明の枠が表示される。どのように顔認識機能を活用するのか分からなかったが、グーグル広報に確認したところ、認識した顔にタグをつけて管理できるそうだ。顔を人物ごとに判別して自動抽出するような、高度な顔認識ではないという。


photophotophoto 友人が投稿した写真や自分の撮影した写真が閲覧できる「Photos」。写真へのコメントなども可能だ

 同じGoogleアカウントのPicasaなどとも連携し、過去にアップした写真が閲覧できるほか、端末内にある写真もPhotosから閲覧できる。また、インスタント アップロード機能を使うと、写真を撮影するたびに自動でGoogle+の写真フォルダにアップロードしてくれる。Google+を通じてPCなどからも写真が見られるほか、仲間と共有したい写真があれば簡単に公開できる。


photo インスタント アップロードを使えば、端末で撮影した写真がバックグラウンドでアップロードされ、PCなどほかの端末からも見られるようになる。これは便利だ

シンプルなグループチャットが楽しめる「Huddle」

 Huddleでは、前述のとおりグループチャットが楽しめる。写真や位置情報の共有機能は今のところなく、テキストのみをやり取りするシンプルなサービスだ。


photo

 サークル名やユーザー名、メールアドレスでチャット相手を選び、チャットを開始する。Androidアプリ同士でのチャットは体験できたが、PCを使っているユーザーにチャットをリクエストしても、会話はできなかった。

 グーグル広報によればPCともチャットはできるようで、何か手順が間違っていたのかもしれない。まだβ版のサービスでもあるので、アップデート後にできるようになる可能性もある。


 アプリを使ってまだ半日程度だが、インタフェースはキビキビと動き、画面の更新やプッシュ通知もスムーズと感じる。正式公開までに、どう機能が改善されていくのか楽しみだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.