ニュース
» 2011年09月27日 15時20分 UPDATE

JavaScriptで携帯サイトをお手軽スマホ対応――「sparrow.js」無償提供

シンメトリックは、既存のケータイサイトにJavaScriptを1行追加するだけで、簡単かつ迅速にスマートフォン対応が可能なJavaScriptライブラリ「sparrow.js(スパロウ.js)」の提供を開始した。GPLライセンスで無償利用できる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 シンメトリックは9月26日、既存のケータイサイトにJavaScriptを1行追加するだけでスマートフォン対応が可能というJavaScriptライブラリ「sparrow.js(スパロウ.js)」を発表した。提供はGPLライセンス方式となっており、個人・法人を問わず無償で利用が可能。

 sparrow.jsは、従来のように特殊な外部プロキシを介することなく既存ケータイサイトのスマートフォン対応が可能になる技術だ。これにより、外部ASP/システム拡張/プログラム開発といった手間やコストをかけることなく、簡単かつ迅速に企業のスマートフォン対応が実現できる。同社によれば既存のケータイサイトのシステムに対する影響はほとんどなく、スマートフォン内で動作するためシステム負荷およびパフォーマンス上の懸念もないという。具体的な機能は下記の通り。

JSファイルを読み込むだけで利用できる効果

  • Viewportを自動で挿入し、ケータイサイトがそのままスマートフォンで見れる
  • スマートフォンだけに適応するCSSを定義
  • 半角カナを全角カナへ変換する
  • ページ内リンクにスクロールアニメーションを挿入
  • 絵文字を絵文字画像に変換する
  • STYLE属性中のfont-sizeプロパティの変換(文字サイズの調整)

HTML中の要素にclass属性を埋め込むことで実現できる機能

  • 指定した要素以下を削除
  • 指定した要素以下を別の文字列で置き換える
  • STYLE属性を無効にし、クラス属性で指定したクラスセレクタを有効にする
  • スマートフォンIF(リスト)に変更する

 同社はケータイサイトのスマートフォン対応促進を目指し、サービスの提供を行う。こうした取り組みを通じて、同社の本格的な変換ソリューション「roundabout」の導入を企業が検討するきっかけを創出していく考え。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.