調査リポート
» 2012年06月25日 16時11分 UPDATE

調査リポート:ドコモ版のiPhone、iPad、25%超が「欲しい」――ICT総研調べ

ICT総研の調査によると、ドコモ版のiPhone、iPadが登場したら購入を検討するという回答が25%超にのぼったという。

[ITmedia]

 2011年度の出荷台数が725万台に達し、メーカー別シェアで2位に躍り出たiPhone。このiPhoneが、もしドコモからリリースされた場合、買いたいと思う人が25%超に達していることがICT総研の調査で分かった。

 調査は、“現在発売されていないスマートデバイス”がリリースされたら購入するかどうかを、1000人のモニターに聞いたもので、ドコモ版iPhone(購入検討率27%)とドコモ版iPad(同25.5%)の購入意向を示した人は25%を超えている。au版iPadも16.3%が購入意向を示すなど、iOS端末の人気の高さがうかがえる結果となった。

 ドコモ版iPhone、iPadに次いで購入意向が高かったのは、AmazonのKindle Fire(同18%)。次の冬モデルでの投入が検討されているドコモ版Windows Phoneも15%弱と健闘している。

Photo 現在、発売されていないスマートデバイスの購入検討の可能性に関する調査。iOSの人気が高いことが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.