調査リポート
» 2012年09月27日 16時54分 UPDATE

調査リポート:iOS 6、iOS史上初のユーザー満足度減少へ――米調査で

米On Deviceの調査で、iOS 6の満足度がiOS史上初めて減少したことが分かった。Google Mapsに比べて精度が低い独自の地図アプリが足を引っ張ったとみられる。

[末岡洋子,ITmedia]

 米AppleがiOS 6をリリースを開始してから約1週間が経過し、約1億台のiPhoneやiPad、iPod touchがiOS 6にアップデートしたといわれている。そんな中、アップデートしたユーザーは新しいOSにやや不満を持っているようだ。

 モバイルユーザーを調査するリサーチ企業の米On Deviceによると、米国ユーザーの間ではiOS 6の満足度は7.65にとどまり、iOS 5の7.75から下がったという。

 TechCrunchの報道によると、On Deviceは全米1万6000人のiOS 6ユーザーに満足度調査を行ったという。iOS 6は新機能のPassbook(電子クーポン/チケットの管理運用サービス)やWi-Fiなしで使えるFaceTime(テレビ電話)、FacebookやTwitterとの統合強化などといった多数の特徴を備える。しかし、ユーザー満足度はiOS 5を下回る結果となった。On Deviceの調査でiOSの満足度が下がったのは初めてだという。

 満足度が低下した理由の1つは、iOS 6でGoogle Mapsから自社開発のものに変更された地図アプリといえるだろう。反響のほとんどがネガティブなもので、地図やナビゲーションの精度の低さや使い勝手に対する不満が噴出している。ユーザーの中には別の地図アプリを探し求める人も多く、日本のユーザーはWeb版のGoogleマップを利用したり、「地図マピオン」や「NAVITIME」など、Apple地図を使わないアプリをダウンロードしたりしてしのいでいるようだ。なお、Googleが関連するアプリはほかにも、You Tubeが削除されている。

 iOS 6ではまた、Wi-Fi接続の問題も報告されており、Appleのサポートページ内のサポートコミュニティ(英語版)でも「Wi-Fiが無効になった」などの苦情が寄せられていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.