調査リポート
» 2012年11月19日 15時27分 UPDATE

調査リポート:企業のタブレット導入が加速、スマホの導入比率を追い抜く――矢野経済研究所調べ

企業のタブレット導入が加速している。矢野経済研究所の調査によると、2012年の導入比率は2011年の2倍に達し、スマートフォンの導入比率を追い抜いた。

[ITmedia]
Photo スマホとタブレットの導入比率

 矢野経済研究所の調査で、企業のタブレット導入が加速していることが分かった。2011年に9.2%だったタブレット端末の導入比率は2012年には18.4%となり、スマートフォンの17.8%を追い抜いた。

 スマートデバイスの導入目的を尋ねると、スマートフォンは「Eメールの閲覧」(78.5%)がトップで、「社内情報の閲覧(メールを除くグループウェア、社内SNS、社内ポータルなど)」(69.3%)、「オフィス文書の閲覧」(24.8%)と続いた。

 タブレット端末は「社内情報の閲覧」(59.0%)、「E メール閲覧」(58.1%)に続いて、「販売活動(販売用カタログ、販促用デモ、販売実績データなど)」(49.4%)が挙がっており、タブレットがより幅広い業務に使われていることが分かる。

 矢野経済研究所では、今後、企業の導入においてはスマートフォンよりタブレット端末の導入が期待されるとしている。

Photo スマートデバイスの導入目的

 この調査は1012年の7〜8月にかけて実施したもので、集計対象数はスマートフォンが555団体、タブレット端末が561団体。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.