ニュース
» 2013年03月01日 19時38分 UPDATE

イエデンワも企業の内線電話に――クラウド型FMCサービス「BIZTEL」がウィルコム端末に対応

PBX装置を設置することなく、携帯やスマホを内線電話として使えるようにするリンクのクラウド型FMCサービスが、ウィルコム端末に対応。固定電話のようなPHS「イエデンワ」も内線電話として利用できる。

[ITmedia]

 ウィルコムの個性派PHSを内線電話として使える――。リンクは3月1日から、同社のクラウド型FMCサービス「BIZTEL モバイル」の対応端末に、ウィルコムのPHSを追加した。

 BIZTEL モバイルは、物理的なPBX装置をクラウド化することで、企業向けFMCサービスの低コスト化と短期間での導入を実現したサービス。導入時の設備コストを抑えられるほか、企業側が導入後のメンテナンスを行う必要がないため、運用コストも抑えられるのが特徴だ。

Photo 従来型のFMCサービスとBIZTEL モバイルの違い

 新たに、固定電話に割り当てられる電話番号である「0AB〜J番号」に対応したのも大きなポイント。例えば取引先にPHSから電話をかけた場合でも、先方にはPHSの070番号ではなく企業の代表番号が表示され、折り返しの電話が個人のPHSにかかってしまうことを防ぐことができる。

Photo 固定電話のようなPHS「イエデンワ」

 また、固定電話にそっくりな「イエデンワ」、Wi-Fiルータ機能と通話機能を併せ持つ「PORTUS」、バッテリーをスマートフォンに給電できる「ENERUS」などの個性派PHSを内線電話として利用できるのも便利な点だ。

 利用にあたっては6万3000円と端末1台あたり1050円(端末サービス料)の初期費用が必要で、月額料金は3万1500円と端末1台あたり945円(端末サービス料)がかかる。利用を開始するまでの期間は、最短で申し込みから8営業日。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.