メディア
ITmedia AI+ >

業務効率化・自動化

業務効率化や自動化におけるAIの活用事例などをお届け。

news002.jpg
CAEニュース:

サイバネットシステムは、SUBARUが深層学習によるAI構築ツール「Neural Concept Shape」を導入したと発表した。導入により、プレス領域の成形解析にかかる工数を削減する。

(4月12日 09時00分)
news130.jpg

GMOは従業員を対象に実施した生成AI活用調査結果を発表した。同社は生成AIの活用により、663人月に相当する約10万6000時間/月の業務時間を創出したと算出している。

(4月10日 16時30分)
news044.jpg
セキュリティソリューション:

Microsoftは2024年4月1日から「Copilot for Security」の提供を開始した。Copilot for Securityは、新しいMicrosoft Entraのスキルを搭載し、IDとセキュリティインシデントの解決を支援する。マイクロソフトはプロンプトの実例も公開した。

(4月10日 08時00分)
news063.jpg

生成AIをどう業務で利用するかの試行錯誤が続く中で、ServiceNowは「ユーザーは生成AIを使っているという意識を持つことなく、いつの間にか使っているという状況が実現する」と言う。どういうことか、見ていこう。

(4月9日 07時00分)
news099.jpg

運用や保守が困難になったシステムのプログラムを生成AIで解析し、設計図や構成を導き出す「生成AI活用リバースエンジニアリングサービス」を東芝デジタルエンジニアリングがリリース。

(4月1日 12時29分)
news018.jpg
Cybersecurity Dive:

生成AIは劇的な効果を発揮するわけではないが、使い方によっては大きな力を発揮する。この技術は攻撃者と防御者のどちらに有利に働くのだろうか。

(3月31日 08時00分)
news113.jpg

これまでDXに取り組んでこなかった企業が生成AIを利用することで「一発逆転」することは可能か? ムシが良すぎるこの問いかけに「やり方によっては可能だ。メリットは大きい」と答えるDX支援のプロがいる。「DX後進企業」だからこそ得られるメリットと、導入失敗を避けるために押さえるべきポイントとは。

(3月29日 16時30分)
news021.jpg
その悩み、生成AIが解決:

取引先に無礼を働いてしまいました。謝罪メールを書きたいのですが、ビジネスマナーなどにも配慮する必要があり困っています。ChatGPTを活用することはできますか?

(3月19日 07時00分)
news111.jpg
Weekly Memo:

AWSがパートナー施策で生成AIに関する取り組みに注力している。その内容からユーザー視点で重要な「生成AIをクラウドで活用する際のポイント」を考察したい。

(3月18日 14時35分)
news026.jpg
生成AI 動き始めた企業たち:

名古屋鉄道は法人向けChatGPTサービスを導入。これまでにグループ400人が利用。業務削減効果は1000時間超を達成した。先端技術を活用し、従来の業務をどのように変革しているのか。

(3月18日 07時00分)
news069.jpg
セキュリティソリューション:

Microsoftは2024年4月1日から生成AIソリューション「Microsoft Copilot for Security」を一般提供すると発表した。従量課金制でセキュリティアナリストを支援する複数の機能を提供する。

(3月15日 08時30分)
news123.jpg

世田谷区が、職員用のチャットツールを使ってChatGPTと対話できるbot「HIDEKI」(ヒデキ)を内製で開発し、1月から全職員に提供している。

(3月13日 12時38分)
news044.jpg

生成AIチャットbot「Microsoft Copilot for Security」はセキュリティ業務にどう生かせるのだろうか。早期プログラムを実践した企業が実際に役に立ったポイント、立たなかったポイントを語った。

(3月13日 07時00分)
news182.jpg

話題のチャットAI「Claude 3」について、提供元の米Anthropicは3月11日までに公式プロンプト集を公開している。「プロンプトライブラリ」と題したWebサイトで、全部で64種類の使用例を公開中。

(3月11日 19時20分)
news035.jpg
CIO Dive:

AIの普及によって「人間の業務が奪われる」という言説をしばしば聞くようになったが、果たしてそれは本当だろうか。MITの研究者がAIへの投資対効果に関わる興味深い調査を発表した。

(3月11日 07時00分)
news064.jpg

「ようやく本物の“GPT-4超え”が出てきた」と話題の「Claude 3」。その文章力を見てみる。

(3月8日 10時00分)
news005.jpg

日清食品ホールディングスは、自社専用の生成AI環境を構築し、業務効率化に活用している。CIOが自社環境構築の流れと活用戦略を語った。

(3月7日 08時00分)
news019.jpg
その悩み、生成AIが解決:

異動先で引き継いだExcel資料の関数・数式が分からず困っています。ChatGPTで解決できますか?

(3月7日 07時00分)
news051.jpg
「GPT-4」などのOpenAIモデルに対応:

Microsoftは、「Azure OpenAI Service」で独自のデータを使用できる新機能「Azure OpenAI Service On Your Data」の一般提供を開始した。

(3月5日 08時00分)
news075.jpg

日本マイクロソフトは2月20日、生成AIに関する企業向けイベント「Microsoft AI Tour」を東京ビッグサイトで開催した。日本マイクロソフトの津坂美樹社長は「AIを語る段階を卒業し、スケールさせ、フル活用の1年になる」と話した。

(2月29日 12時00分)
news149.jpg
Weekly Memo:

マイクロソフトが生成AIに関する最新の取り組みをプライベートイベントで明らかにした。その内容と根本にある考え方を紹介しつつ、エンタープライズアプリ市場における競争のポイントを探る。

(2月26日 17時50分)
news177.jpg

「AIはゲームをするのが仕事で、人間は確定申告といった役割分担になるとディストピアですよね」――深津貴之さんはこう話す。そうならないための付き合い方とは。

(2月22日 17時30分)
news073.jpg

AIを使ってネット広告の効果を高めているサイバーエージェント。同社のAI活用方法に迫る。

(2月22日 08時15分)
news156.jpg

米Microsoftが、大規模言語モデル「GPT-4」などのAPIを同社のクラウド上で使える「Azure OpenAI Service」の外部データ連携機能「On Your Data」を正式リリースした。これまではパブリックプレビュー版として提供していた。

(2月21日 18時51分)
news083.jpg

AIによって人の仕事が奪われるという議論が続いているが、ITを専門領域とするコンサル業も例外ではないようだ。

(2月21日 07時00分)
news037.jpg

「自社版ChatGPT」をグループ全社に導入したベネッセ。導入から2カ月余り、現状の手応えをキーパーソンに聞いた。

(6月19日 10時00分)
news006.jpg

調剤薬局を運営するクオールホールディングスでは、データ分析のためにクラウドBIツール「Domo」を導入している。導入当初、社内で浸透させるには苦戦したが、ある工夫を凝らすことで解決を図ったという。

(5月29日 12時00分)