メディア
ITmedia AI+ >

生成AI

生成AIにまつわる速報や活用事例、ハウツー、インタビューなど。

icon

米OpenAIの日本法人であるOpenAI Japanは4月15日、アジア初の拠点を東京都に開設した。発表会見に登壇した、本社のブラッド・ライトキャップCOOは「日本はわれわれにとって、重要な市場である」と強調し、日本進出の意気込みを話した。

(4月15日 19時39分)
news037.jpg
Innovative Tech(AI+):

米シカゴ大学に所属する研究者らは、生成AIモデルの無断学習を抑止するために、学習されても予期せぬ動作をAIモデルに生成させる毒入りデータに画像を変換するツールを提案した研究報告を発表した。

(4月15日 12時00分)
news169.jpg

経済産業研究所は「漫画制作における生成AI活用の現状:2024春」の資料を無料公開した。2人組漫画家「うめ」のシナリオ・演出担当の小沢高広さんが作成。商業漫画において、生成AIを活用しているという小沢さんの知見を全103ページの資料で紹介している。

(4月12日 18時23分)
news040.jpg
Innovative Tech(AI+):

米Appleに所属する研究者らは、iPhoneやAndroidなどのモバイルUI画面をより深く理解し、インタラクションできるように設計されたマルチモーダル大規模言語モデルを提案した研究報告を発表した。

(4月12日 12時00分)
news055.jpg
開発者やクラウド担当者、セキュリティ担当者、ビジネスアナリストを支援:

Google Cloudは、開発者、Google Cloudサービス、アプリケーション向けの新世代AIアシスタント「Gemini for Google Cloud」を発表した。

(4月12日 08時00分)
news102.jpg

Microsoftも出資するAI企業Mistralは、オープンソースのLLM「Mixtral 8x22B」をリリースしたとXにポストした。

(4月11日 10時41分)
news094.jpg

Metaは自社開発のAIチップ「MTIA」の第2世代を発表した。4つの主要モデルで先代と比較して性能が3倍向上したとしている。Facebookなどでの広告レコメンデーション機能の強化などに活用する計画。

(4月11日 09時14分)
news055.jpg
オンプレミスでも利用可能:

デロイト トーマツは、「特化型LLM」の開発サービスを提供開始した。クラウド提供型LLMが利用できない業種、業界に向けてオンプレミス運用可能な特化型LLMを提供することで、企業のLLMの活用を促進するという。

(4月11日 08時00分)
news046.jpg
エンタープライズグレードのワークロードに対応、まずMicrosoft Azureで利用可能に:

Cohereは、同社のプロダクトの中で「最も強力でスケーラブル」とする大規模言語モデル「Command R+」を発表した。

(4月11日 08時00分)
news018.jpg
生成AI 動き始めた企業たち:

連載「生成AI 動き始めた企業たち」第18回は、旭化成の取り組みを紹介する。各事業分野に特化した独自のAIモデルの構築を目指すという同社。どのような価値観のもと、生成AI活用を進めているのか。

(4月11日 07時00分)
news130.jpg

GMOは従業員を対象に実施した生成AI活用調査結果を発表した。同社は生成AIの活用により、663人月に相当する約10万6000時間/月の業務時間を創出したと算出している。

(4月10日 16時30分)
news098.jpg

Google Cloudは、日本時間4月10日未明から開催中のイベント「Google Cloud Next '24」で、最新のAIによるGoogle Cloudを用いたアプリケーションの開発から運用、セキュリティなどライフサイクル全体をAIが支援する「Gemini for Google Cloud」を発表しました。

(4月10日 10時12分)
news095.jpg

米Microsoftは、今後2年間で29億ドル(約4400億円)を投資して日本のAIインフラとクラウドコンピューティングを増強すると、岸田首相の訪米に合わせて発表した。

(4月10日 09時59分)
news089.jpg

Googleは、生成AI「Gemini」採用の“仕事用”動画生成アプリ「Google Vids」を発表した。Workspaceに追加の見込みで、6月にWorkspace Labsでリリースする計画だ。

(4月10日 08時30分)
news072.jpg
新たな時系列予測モデルの必要性や、Moiraiが与える影響を解説:

Salesforceは、時系列基盤モデル「Moirai」を発表した。複数のドメイン、頻度、変数にまたがる多様な予測タスクにゼロショットで対応できる、汎用性の高い時系列予測が可能だという。

(4月10日 08時00分)
news044.jpg
セキュリティソリューション:

Microsoftは2024年4月1日から「Copilot for Security」の提供を開始した。Copilot for Securityは、新しいMicrosoft Entraのスキルを搭載し、IDとセキュリティインシデントの解決を支援する。マイクロソフトはプロンプトの実例も公開した。

(4月10日 08時00分)
news084.jpg

Googleは年次イベント「Google Cloud Next」で、同社初となるArmベースのカスタムCPU「Google Axion」を発表した。生成AIのトレーニングと推論に最適としており、今年後半に顧客への提供を開始する計画。

(4月10日 07時00分)
news006.jpg
ITmedia Security Week 2024冬 イベントレポート:

「DIGITIZE YOUR ARMS デジタルを武装せよ」を標語に掲げてデジタルトランスフォーメーションを推進する日清食品グループ。この裏にはIT活用を安全なものとするため、グループ全体で総力を挙げたセキュリティ対策があった。

(4月10日 07時00分)
news148.jpg

noteと弁護士ドットコムは、「note」上で、誹謗中傷や炎上を未然に防いだり、巻き込まれてしまった場合のフォロー提供施策について検証する。

(4月9日 16時53分)
news113.jpg

画像素材サイト「PIXTA」などを運営するピクスタは、PIXTAの画像素材を生成AIの学習用素材として販売すると発表した。指定したフォームから問い合わせすれば除外できるが、しない場合は事前説明などなく生成AIの学習用素材として提供される可能性がある。

(4月9日 12時25分)
news146.jpg

アクセンチュアがアドビの画像生成AI「Adobe Firefly」を自社のサービスに組み込む。企業のマーケティングへの活用を想定しているようだ。何ができるようになるのだろうか。

(4月9日 08時00分)
news063.jpg

生成AIをどう業務で利用するかの試行錯誤が続く中で、ServiceNowは「ユーザーは生成AIを使っているという意識を持つことなく、いつの間にか使っているという状況が実現する」と言う。どういうことか、見ていこう。

(4月9日 07時00分)
news176.jpg

オンライン署名サイト「Change.org」で署名を集めている「「AI法」を作り画像AI生成からクリエーターを守りましょう!!」のページの賛同数が間もなく1万件を迎える。署名の開始日は2023年6月8日で、4月8日午後6時時点では賛同が9632件となっている。

(4月8日 20時24分)
news158.jpg

マイナビが2025年卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象に実施した調査で、学生の3人に1人が就職活動においてChatGPT等の対話型生成AIを利用したことがあることが分かった。

(4月8日 17時25分)
news031.jpg

生成AIブームの今、注目のキーワードが「基盤モデル」だ。各AIベンダーたちの間で基盤モデルの開発競争が激化する中、それぞれの開発状況や強みを探っていく。今回は、NTTに話を聞いた。

(4月8日 12時00分)
news037.png
AIモデルを「Hugging Face」からワンクリックでデプロイ可能に:

Cloudflareは、AI推論を大規模にデプロイするためのプラットフォームである「Workers AI」の一般提供開始や、Hugging Faceとの提携拡大によって、ワンクリックでAIモデルを「Hugging Face」プラットフォームからグローバルにデプロイできるようになったことなどを発表した。

(4月8日 08時00分)
news074.jpg
キーマンズネット まとめ読みeBook:

「ChatGPT」に始まり、Microsoftの「Copilot」やGoogleの「Bard」など、多くのテック企業が生成AIに本腰を入れる中で、ユーザー企業はまだ足踏み状態なのが現状だろう。生成AIの活用の障壁となるポイントを調査から探る。

(4月8日 07時00分)
news049.jpg

Microsoftは、中国が地政学的利益を高めるために世界の有権者の分断化を実験し、AIコンテンツを強化していると警告した。台湾総統選挙中にSNSに投稿された偽画像などの具体例を紹介している。

(4月7日 07時58分)
news050.jpg

Metaは、、Instagram、Facebook、Threads上に投稿されたAI生成画像への「Made with AI」ラベル表示を5月から本格化させると発表した。7月からは、ガイドラインに反していないAI生成コンテンツの削除を停止する。

(4月6日 07時24分)
news157.jpg

大阪工業大学は4月5日、複数のAI関連技術を活用した「おしゃべり源氏物語 −生成AIで学ぶ『源氏物語』−」を開発したと発表した。6種類のAI関連技術を活用している他、精度の高い回答を生成するため独自に構築したデータベースも活用している。

(4月5日 18時10分)
news080.jpg
CIO Dive:

AIスキル向上のためのトレーニングプログラムに投資する企業が増えている。AWSなどが独自のスキルアッププログラムを発表する中で、アクセンチュアは顧客のAIスキルアップを支援するための学習プラットフォーム買収計画を明らかにした。

(4月5日 12時10分)
news052.jpg
小林啓倫のエマージング・テクノロジー論考:

いまやChatGPTや生成AIという単語をニュースで見かけない日はない、と言っても過言ではない。そうなると気になるのが、「ChatGPTの次にくるのは何か」という点だ。その候補として有力視されているものの一つが「AIエージェント」である。

(4月5日 12時00分)
news098.jpg

YouTubeのニール・モーハンCEOはBloombergとのインタビューで、OpenAIが「Sora」のトレーニングにYouTube動画を使っているとすれば、それは明らかな違反だと語った。

(4月5日 09時34分)
news049.jpg
Innovative Tech:

米Cornell Tech、イスラエル工科大学、米Intuitに所属する研究者らは、生成AIが組み込まれたアプリケーションを攻撃するマルウェアを提案した研究報告を発表した。

(4月5日 08時00分)
news155.jpg

サイバーエージェントは、社内クリエイター向けに「画像生成AIガイドライン」を策定したことを発表した。「プロンプトに既存著作物や作家名、作品、著名人、有名人の名称の入力を禁止する」などの項目を設け、2月から運用中という。

(4月4日 18時00分)
news101.jpg

米Cloudflareは、同社のグローバルに展開するCDNのエッジで生成AIの推論処理を実行できる「Worker AI」の正式サービス化を発表しました。

(4月4日 10時18分)
news096.jpg

画像生成AI「Stable Diffusion」で知られるStability AIはテキストで作曲できる生成AI「Stable Audio 2.0」を発表した。旧版では45秒までだった曲の長さが最長3分までに伸びた。16曲までは無料で作曲できる。

(4月4日 09時26分)
news088.jpg

OpenAIは有料版ChatGPT内で画像生成AI「DALL・E」の画像を編集できるようにした。編集ツールで変更したい部分を選択して編集できる。全体のスタイルの変更なども可能だ。

(4月4日 07時59分)
news040.jpg
CIO Dive:

Dellは生成AIを活用した製品の販売などを通じて、1年以上にわたって成長が鈍化しているPC事業の立て直しを図っている。同社の将来的な計画とは。

(4月4日 07時00分)
news167.jpg

米AppleのMachine Learning Researchが、論文投稿サイト「arXiv」において「ReALM: Reference Resolution As Language Modeling」を発表した。ReALMは、画面上の物体への曖昧な言及や、会話での背景の文脈を理解し、音声アシスタントより自然なやりとりを可能にする新たな人工知能システムだという。

(4月3日 21時00分)