ニュース
» 2021年08月11日 12時08分 公開

ワークマン、15万着が“即完売”したワークスーツの第2弾を投入 100万着の生産体制を整える(1/3 ページ)

通常のワークスーツのほか、電熱ヒーター付きスーツと蓄熱ビジネスコートも展開する。

[秋月かほ,ITmedia]

 ワークマンは2月と3月に発売して人気を博したワークスーツの第2弾として、新たなワークスーツ2種とビジネスコートを発売する。第2弾は第1弾の実績を踏まえ、全種合わせて100万着までの生産体制を整えた。同社が得意とする機能性ウェアの市場でさらなる売り上げ強化を狙う。

リバーシブルジャケット リバーシブルジャケット(以下リリースより)

 ワークマンは2月に同社初のワークスーツとして、撥水機能付きで裏返すと作業服になる「SOLOTEX 使用リバーシブルワークスーツ」(上下セットで4800円)、3月に「高通気」で夏向きの「DotAir 使用リバーシブルワークスーツ」(同4800円)を販売。15万着限定で生産したところ、ともに店舗入荷後に即完売した。ワークマンは「世界的な繊維メーカーの帝人、東レの高機能素材が使えたことも人気の一端」とコメントしている。

 同社では春夏物のワークスーツに大きな需要があったことを踏まえ、同社の売りである“風雨雪・猛暑・極寒”に対して機能性を発揮でき、ビジネスにも使える製品ラインの展開を強化する。

着用イメージ ジャケットの着用イメージ
自転車着用イメージ ワークマンならではの機能性が特徴だ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -