ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「やる気」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「やる気」に関する情報が集まったページです。

オフィス環境が「やる気」に直結? 働く環境に満足する社員の約9割が「仕事がおもしろい」
スターツコーポレートサービスが調査結果を発表した。(2024/6/14)

TechTargetジャパンエンジニア読本集:
テレワークを“サボりの手段”ではなく、むしろ「成長の機会」にする方法とは?
テレワークは、同僚から刺激をもらうことが難しかったり、業務時間外でも仕事のことを考えたりといったことにより、やる気をそがれやすい。テレワークでも開発者がやる気を保つためのヒントを5つ紹介する。(2024/6/9)

「勉強している方がましだ」と思えたらシメタモノですわ:
お悩みその29 仕事で疲れて、勉強のやる気が湧かない(27歳 男性 SE)
アクセルとブレーキを同時にガン踏みするような行為はナーンセーンスですわね。(2024/6/3)

開発現場にはびこる恐怖の文化
「エンジニアがやる気をなくす」“4つの理由”
エンジニアは職場でどのような悩みや不満を抱えているのか。調査で見えた4つの課題と対策を踏まえて、より生産性の高い職場をつくるためのヒントを探る。(2024/5/20)

片付け苦手な主婦がキッチン収納を全出ししたら…… 過去最大級の絶望と後悔に苛まれた現実に「全てが愛おしい」「絶望感が共感しかない」
今回の教訓:急に出たやる気は急にしぼむ。(2024/5/18)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
求人票より低い給与提示はNG? 「やる気はあるがスキルが足りない人」を中途採用したいが……
「求人票に記載した給与よりも低い金額を提示するのは違法ですか?」──採用の過程で、やる気はあるがスキルがないという人からエントリーを受けることもある。給与を調整するのは問題なのか? 社労士が解説。(2024/5/13)

80代一人暮らし女性の“その都度が大事”なキッチンお掃除術 毎日少しずつ……の習慣に「尊敬しかない」「すごくやる気をもらえます」と称賛の声
どこも本当にきれい……!(2024/5/2)

半径300メートルのIT:
GoogleやMetaは“やる気なし”? サポート詐欺から自力で身を守る方法
遠隔から電話などで被害者をだましてマルウェアのインストールなどに誘導する“サポート詐欺”が頻発しています。GoogleやMetaのような広告プラットフォーマーが対処に乗り出さない以上、自分たちで身を守るしかありませんが、さてどうすればいいでしょうか。(2024/4/16)

日本人の7割が「静かな退職」状態:
「必要以上に頑張らない」は悪いこと? 熱意あった若者がやる気をなくすワケ
退職するわけではないけれど、仕事への熱意も職場への帰属意識も薄い――という状態が「静かな退職(Quiet Quitting)」が注目されている。日本においても、会社員の7割以上が静かな退職状態だという調査結果がある。やる気をもって入社した若者たちが静かな退職を選ぶことを防ぐにはどうしたら良いのか、考えてみよう。(2024/4/15)

働き方の「今」を知る:
若手を怖がるのではなく、理解せよ――パワハラにならない「やる気の出させ方」
新入社員に「それパワハラですよ」と指摘されるのを恐れ、適切な指示や指導ができなくなってしまう――そんな経験をしたことのある方も少なくないのではないだろうか。若手をむやみに怖がるのではなく、正しく理解すればこのような悩みはなくなるだろう。一般的な傾向だけでは分からない「若手社員の実態」と「やる気の出させ方」とは?(2024/4/10)

「日本の会社員はなぜやる気を失ったのか」 ワタミに「CHO」職を導入
ニッポン放送の番組で、元日経ビジネスアソシエ編集長で、経済ジャーナリストの渋谷和宏さんと対談した。(2024/1/31)

「継続的な学習」を普及させる12のヒント【後編】
こんな社内制度で「スター社員」ばかりに? やる気が出る理由とは?
スキルの向上に努力を惜しまない従業員には末永く働いてもらいたい――そのために企業が構築すべき「継続的な学習」の制度とは。(2024/1/23)

仕事に“やる気“が出ない時の対処方法 20代「自分へのごほうび」、30代「趣味を楽しむ」、40代以上は?
キュービック(東京都新宿区)は1月18日、仕事に対する“やる気”をテーマに各世代の社会人にアンケート調査した結果を発表した。(2024/1/18)

出社を促すオフィスデザイン【後編】
「隠れたメッセージ」でやる気を引き出す、オフィスデザインの現実解
「出社したくなるオフィス」を設計する上で、自然とのつながりを感じられる「バイオフィリックデザイン」は有効なアイデアだが、実現は容易ではない。手の届く範囲で工夫できる「帰属意識を高めるデザイン」とは。(2024/1/12)

「やりたい仕事だけ」しか頑張らない若手 それでも叱ってはいけない?
Z世代の部下が、仕事によってやる気にムラがある。こんなとき、上司としてどのように関わるべきなのでしょうか。(2023/12/14)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「テレワークでサボりそうな人」がむしろ成長するには?
テレワークは、同僚から刺激をもらうことが難しかったり、業務時間外でも仕事のことを考えたりといったことにより、やる気をそがれやすい。テレワークでも開発者がやる気を保つためのヒントを5つ紹介する。(2023/12/7)

Marketing Dive:
AmazonやWalmartはやる気ある? リテールメディア標準化の行方
リテールメディアの標準化によって、複雑な広告の仕様や効果測定指標が整理され明快になることが期待されている。だが、大手が足並みをそろえるかどうかは分からない。(2023/11/8)

従業員エンゲージメントの3つの課題への対処法も紹介:
エンゲージメント、熱意、やる気を持って仕事に取り組んでいる従業員は31% Gartner調査
Gartnerは「エンゲージメント、熱意、やる気を持って仕事に取り組んでいる従業員は31%にとどまる」との調査結果を発表し、従業員エンゲージメントに関する現在の3つの課題とそれらへの対処法を解説した。(2023/10/30)

やり方次第:
「やる気」「気合い」に頼らなくいい――学び直しの6つの勘違い
社会人の学び直し。「やる気」や「気合い」に頼ると失敗する。ではどうすべきか? 石角友愛氏の著書『AI時代を生き抜くということ ChatGPTとリスキリング』(日経BP、2023年)に、編集を加えて転載。(2023/10/11)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ハラスメントを恐れるあまり……中高年が自ら「働かないおじさん」になる現象
「働かないおじさん問題」が言及されて久しい。中高年の社員がやる気を失ってしまう一因として、下の世代に対する過剰な気遣いや、ハラスメントへの恐怖があるのではないだろうか。中高年の社員が置かれている現状を変えるには、どうしたらいいのか。(2023/9/22)

Q&A Z世代部下のマネジメント法:
「下積みはイヤ」「タイパ悪い」と不満げな若手 やる気になってもらうには?
今後の成長を見込んで下積みのような仕事を振ったら「タイパ悪い」と不満げです。どのようにモチベートしたらいいでしょうか?(2023/9/14)

Q&A Z世代部下のマネジメント法:
「配属ガチャに失敗した」と嘆く新人 やる気を持ってもらう方法は?
「希望と異なる配属だった」と部下がやる気を出してくれません。どうやったらやる気になってもらえるでしょうか?(2023/9/5)

やる気を上げたい:
「リモートを推奨」または「対面が大好き」、部下がやる気になる上司はどっち?
今の世の中なら、「リモートを推奨する上司」のほうが自由な働き方に理解があると思われるかもしれない。しかし「部下のやる気を上げる」という観点でみると……。(2023/8/29)

やる気を上げたい:
部下のやる気が出るのはどっち? 「細かく教える」または「好きにやらせる」
細かく教える上司、好きにやらせる上司、どっちがやる気が出るのか。結論から言うと……。(2023/8/28)

マネジメント力を科学する:
第17回:組織が社員のやる気を失わせる! 良い会社とダメな会社を見分けるには「社外規範」と「社内規範」をチェックせよ
理念に則ったことをしても評価されなくなり、逆に理念に則らないことをしたほうが評価される企業や組織では、理念は言葉だけになってしまい、社員のやる気は失われる。(2023/8/22)

やる気を上げたい:
部下のやる気が上がる上司はどっち? 「明るさ」または「公平さ」
「明るさ」と「公平さ」、部下のやる気が上がる上司はどっちか。答えは……。(2023/8/22)

後藤祐樹、千葉・八街市議選に立候補 選挙活動開始でやる気「僕にしかできない事が必ずあります」「とにかく選挙頑張るぞ」
開票日は8月27日。(2023/8/21)

やる気を上げたい:
「褒める」と「叱る」、部下のやる気が上がるのはどっち?
褒めても動かない部下はどうしたらいいのか。上司は苦労していて……。(2023/8/21)

グッドパッチとUXの話をしようか:
3万台突破の「しゅくだいやる気ペン」 ハマる親子続出のユーザー体験に迫る
夏の学生の風物詩といえば、その一つに「宿題」があるだろう。子どものやる気を引き出し、前向きに宿題に向かわせる、IoT文具「しゅくだいやる気ペン」が人気だ。ハマる親子続出のユーザー体験に迫る。(2023/8/18)

やる気が上昇する季節:
約9割が「暑さでやる気が低下する」 テレワークが理想だが、現実は?
ライボが実施した「夏の働き方」に関する調査によると、88.8%が暑さ原因で仕事の「やる気が減少する」と回答。働き方の理想は「テレワーク派」が多数だが、現実は?(2023/8/15)

エンジニアの「テレワークで燃え尽き症候群」を防ぐ方法【後編】
「テレワークのせいでやる気をなくすエンジニア」を生まない“議論”の大切さ
テレワークをするソフトウェアエンジニアが燃え尽き症候群になることは珍しくない。そうした事態を防ぐための有力な手段が「議論」の場を設けることだという。それはなぜなのか。(2023/8/4)

エンジニアの「テレワークで燃え尽き症候群」を防ぐ方法【中編】
「テレワークだとやる気が出ないエンジニア」こそ“新しい何か”を学ぶべし
燃え尽き症候群は、誰にも起こり得る深刻な問題だ。テレワークをするソフトウェアエンジニアが燃え尽き症候群に陥るのを防ぐには、どうすればよいのか。具体策を紹介しよう。(2023/7/28)

マネジメント力を科学する:
第16回:メンバーたちのやる気喪失の原因は上司にある! これを気付かせ、「学習性無力感」から脱出する方法
マネジメント自体がメンバーのやる気を削ぐ行動をしてしまっているということに気付かせることが、まずなによりもやらなければならないことだが、幾つかの具体的方法を教えてもらった。(2023/7/25)

エンジニアの「テレワークで燃え尽き症候群」を防ぐ方法【前編】
「テレワークのせいでやる気をなくすエンジニア」が示す“5つの兆候”
テレワークをするソフトウェアエンジニアが燃え尽き症候群に陥ることは、決して珍しくない。燃え尽き症候群の症状が顕在化する前には、“ある兆候“が現れることがある。どのような兆候なのか。原因は。(2023/7/21)

Q&A Z世代部下のマネジメント法:
部下に「相談してもらえない」 頼ってもらうには?
【Q】やる気がある部下を助けたいのですが、全く相談してくれません。「気軽に相談してね」と声掛けしているのですが「大丈夫です」とばかり返ってきます。どうすれば、もっと頼ってもらえるのでしょうか。(2023/7/18)

「競争したくない」 新入社員は日々、どんな気持ちで働いているのか
「やる気が感じられない」「出世欲がない」――など、ビジネスパーソンが「最近の若者は〜」と嘆く声をよく聞くが、本当にそうなのだろうか?(2023/7/3)

マネジメント力を科学する:
第15回:メンバーが「やる気」をなくす上司の10の言動。モチベーションアップの前に、社員の意欲低下を防ぐことこそが必要
やる気が失われたり、モチベーションが下がる原因として、上司の問題と組織の問題がある。特に社員に当事者意識、主体性があるかないか。その差がすごく企業力格差を生んでいる。(2023/6/27)

人事に聞いた:
業績アップに必要な人物 2位「やる気を維持できる人」、1位は?
経営サポート事業を展開するオレコン(東京都港区)は、採用・人事・教育の担当者435人を対象に「採用に関する満足度、採用したい人材に関する調査」を実施した。業績アップに必要な人物像を尋ねると、1位は「社内において円滑に意思疎通がとれる人」(49.2%)だった。(2023/5/31)

対処法の1位は「気分転換」:
仕事のやる気を下げるもの 3位「体調」、2位「人間関係」、1位は?
ビズヒッツが、仕事のモチベーションに関する調査結果を発表した。モチベーションが上がるとき、上がらないときや、上がらないときの対処法がランキング形式で発表されている。(2023/5/29)

FinOpsに学ぶクラウドコスト最適化の体系的アプローチ(2):
組織的な取り組みがカギとなるクラウドコストの最適化、誰が何をどうやればいいか
クラウドコストを減らそうと、やみくもに現場へコスト削減の圧力をかけるだけでは、現場もやる気がそがれ、建設的な活動につながりません。継続的に最適化していくには、組織的な取り組みが不可欠です。第2回は昨今注目が高まりつつある「FinOps」について、「いつ」「誰が」「どのように」取り組むのか、FinOps認定プラクティショナーが解説します。(2023/5/9)

習っていない漢字をテストで書いたら加点してくれる先生がすてきだと話題に 「やる気出る」「アメリカのこういうところが好き」
これならより勉強が楽しくなるかも。(2023/5/6)

注力の理由は?:
吉野家が「牛丼とから揚げの店」を目指してる!? 並々ならぬやる気を見せている理由
吉野家がから揚げを第2の看板商品にしようとしている。キャンペーンや販促などに積極的に取り組む理由は?(2023/5/2)

マテリアルズインフォマティクス最前線(1):
積水化学型MIは超やる気人財が主導、配合設計の検討速度900倍など成果も高速で創出
本連載では素材メーカーが注力するマテリアルズインフォマティクスや最新の取り組みを採り上げる。第1回では積水化学工業の取り組みを紹介する(2023/5/1)

社会人1〜2年生に聞いた:
「この仕事向いてないんじゃない?」 先輩から言われて、やる気を奪うセリフ
社会人1年生・2年生に「先輩社会人に言われたら、やる気が奪われてしまうセリフ」を聞いた。トップは……。(2023/4/23)

「静止画かと思った」「完全に野生を忘れてる」 散歩中のリチャードソンジリスのやる気のなさ、もはや芸術の域
“何もしない”をしているのさ。(2023/4/21)

やる気まんまんのワンコに起こった悲劇とは……? 手も足もでないカニンヘンダックス、なぞのドヤ顔に爆笑
最後はこの表情です。(2023/4/11)

ChatGPTを“AI家庭教師”として導入 → 12歳の小学生が10分でやる気に 画期的なアイデアが「参考になる」「良い使い方」と話題
めちゃくちゃ聞き上手だ……。(2023/4/9)

猫「や〜ったろか、や〜ったろ………カッ!!!!」 やる気まんまんなやんのかステップと冷静な猫にジワジワくる
軽やかなステップです。(2023/4/7)

明るいサステナビリティ変革:
「環境に優しいから」では動かない社員 やる気にさせる「科学的アプローチ」とは ?
従業員になかなかサステナビリティ変革への意識が浸透しないのはなぜか? 誤った方法でアプローチしている可能性があるかもしれない。従業員をやる気にさせる「科学的アプローチ」とは?(2023/3/31)

ドッグレースに参加したワンコ、やる気満々の飼い主とは正反対に…… 思いっきり面倒くさそうな態度がかわいい【イタリア】
運動したくない日もある。(2023/3/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。