ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スイス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スイス」に関する情報が集まったページです。

「STM32」へのAI実装を促進:
STがエッジAIソフト企業を買収
STMicroelectronicsは2021年5月19日(スイス時間)、エッジAI(人工知能)ソフトウェアを手掛けるフランスのCartesiamを買収すると発表した。(2021/6/3)

FAニュース:
スイス型自動旋盤の大径部品加工用シリーズ最新モデル、2タイプを用意
スター精密は、2021年8月にスイス型自動旋盤「SR」シリーズの「SR-32J III」を発売する。背面加工用に6軸型ユニット搭載の直線制御軸5軸「type A」、Y2軸制御付き8軸型ユニット搭載の直線制御軸6軸「type B」を用意する。(2021/6/2)

最高レベルの清潔さ:
トイレ界のスタバを目指す! 東南アジアに広がる「1回33円」の有料トイレ
タイやベトナムなどで、有料の公衆トイレが人気を集めている。運営しているのは、スイスの会社「ミスター・ルー」。1回33円の有料トイレはどんなところなのか。共同創業者の2人に話を聞いた。(2021/4/1)

ホワイトではないがしっかりした勤務形態の組織:
SolarWinds事件、攻撃の実務担当は平日8時〜20時勤務か、PRODAFTの調査
SolarWinds事件への関与が疑われるグループのサーバに侵入したスイスのセキュリティファームが、攻撃活動の一端を明らかにした。平日8時〜20時勤務で組織化された犯行グループの可能性があるという。(2021/3/23)

野良猫「あそんでにゃー!」 ダッシュでひざに乗ってくる猫ちゃんが、スイスの森で目撃される
ちょっとうらやましいです。(2021/3/10)

Innovative Tech:
粘土の彫刻ロボット「RobotSculptor」 ディズニーとスイス工科大が開発
加工が困難とされる粘土の彫刻を可能にするシステム。(2021/2/26)

できたてのレッドブルはこんなスイスアルプスの絶景を見ながら出荷されている
スイスを走る米国行き貨物を運ぶドイツ国鉄の貨物列車。まぁ何て国際的なの。(2021/2/8)

モチベーションが下がる:
花粉症の影響「仕事で困る」が6割 具体的に困っていることは?
スイスの製薬大手ノバルティスの日本法人であるノバルティスファーマ(東京都港区)は、全国のフルタイムワーカー8万9937人を対象に、花粉症が仕事に及ぼす影響についてアンケートを実施。その結果を発表した。(2021/2/7)

「とにかく作った人たちを尊敬」 標高3900メートルまでラクラク到達、スイス絶景ロープウェイのスケールがすごい
景色の変化とスケールのデカさに見続けちゃうやつ。(2021/1/29)

サプライチェーン改革:
破れたバーコードもAIが正確に読み取り、物流検品業務を省力化する「Scandit」
スイスを拠点とするスタートアップ、ScanditのAIバーコードスキャンソリューションは高速かつ複数のバーコード認識を特徴とする。独自開発のAIで、破れたバーコードなども正確に読み取る。Scanditの導入で物流業務はどう変わるか。Scanditの国内販売代理店である、日立ソリューションズの担当者に話を聞いた。(2021/2/1)

モンゴルの湖畔で1杯、スイスの山でまた1杯 「世界のどこかで酒を飲む」エッセイ漫画がたまらない
そして、ネパールでもドイツでもミャンマーでもまた1杯。(2021/1/8)

スイスの秘境の村をまるごとVR化 歴史を感じる風景の中を歩ける映像がロマンいっぱい
グッとくる……!(2020/12/27)

何でしょうこの景色は!! アルプスを目指すスイス「ヴェンゲルンアルプ鉄道」のワックワクな前面展望
見続けてしまいますよ。(2020/10/7)

買収価額は約2360億円:
NEC、スイスの大手金融ソフトウェア企業を買収 金融機関のデジタル化事業に本格進出
NECは10月5日、スイスの大手金融ソフトウェア企業アバロックを買収すると発表した。これにより同社は国内外の金融機関のデジタル化に本腰を入れる。(2020/10/5)

「スイスへ行ってきます!」 宇野昌磨、うっかり移動日をバラすもネタに昇華 出発当日はお見送りタグがトレンド入り
転んでもタダでは起きない。(2020/9/7)

3億円ブガッティ・シロンとポルシェ 911が性能過信で多重クラッシュ ベンツまで巻き込んで損害総額4億円超
あーあ……。スイスの山道で何やってんすかね。(2020/8/25)

本拠地はスイスに移転:
RISC-V International CTOに聞く「課題や地政学的影響」
RISC-Vコミュニティーメンバー組織であるRISC-V Internationalは2020年8月3日、旧組織であるRISC-V Foundationからの移行に伴い、スイスに拠点を置く新しい法人組織の取締役メンバーを16人任命したと発表した。RISC-V Internationalは2020年6月にも、Mark Himelstein氏のCTO(最高技術責任者)就任を発表している。米国EE Timesは同年7月に、同氏にオンラインインタビューを行い、同氏の担っている役割や、RISC-Vの幅広い普及実現に向けた課題、地政学的な影響などについて話を聞いた。(2020/8/19)

透けてるから表情がよく分かる 透明で通気性に配慮したマスクをスイスの研究機関が開発
市場投入は2021年初頭を予定。(2020/6/12)

AppleとGoogleのAPI採用新型コロナ接触確認アプリのスイス版「SwissCovid」パイロット開始
AppleとGoogleが5月21日に新型コロナの「Exposure Notification(曝露通知)API」を公開したことを受け、スイス連邦議会が25日からこのAPIを採用する接触確認アプリ「SwissCovid」のパイロットフェーズを開始した。遅くとも6月末には一般公開する見通しだ。(2020/5/26)

SiCとともにポートフォリオを強化:
STマイクロ、フランスのGaN企業を買収へ
STMicroelectronics(以下、ST)は2020年3月5日(スイス時間)、GaN(窒化ガリウム)パワー半導体を手掛けるフランスExaganを買収することで合意したと発表した。STは、Exaganの株式の過半数を取得する。(2020/3/13)

「Apple Watch」、2019年の出荷台数でスイス時計総出荷数超え──Strategy Analytics調べ
「Apple Watch」の2019年1年間の世界での出荷台数がスイス時計を大きく超えたとStrategy Analyticsが報告した。スイス時計にはオメガ、ロレックス、カルティエ、スウォッチなどが含まれる。(2020/2/7)

Innovative Tech:
見る角度で色が変わるカメレオン・チョコ スイス連邦工科大学などが開発
バレンタインデーには虹色に光るチョコが流行るかも。(2020/1/23)

うぉぉ、アレだ! ついに出る? スズキがスイスポの激シブマッチョカスタム「スイフトスポーツ カタナ」初披露
東京オートサロンで参考出品。すぐ正式販売すればいいのにー、ってやつ。(2020/1/8)

1億3750万米ドルで全株式を取得:
STマイクロ、SiCウエハーメーカーNorstelの買収を完了
STMicroelectronicsは2019年12月2日(スイス時間)付で、スウェーデンに本社を置くSiC(炭化ケイ素)ウエハーメーカーであるNorstelの買収が完了したと発表した。買収総額は1億3750万米ドル。(2019/12/16)

“モノのDNA”が記録媒体に:
モノ自体にデータを安定保存する手法を開発、スイスの研究者
スイス連邦工科大学チューリッヒ校の研究チームが、ガラスのナノ粒子を使ってほとんど全てのモノをデータストレージユニットに変える新しい方法を発見した。記録寿命は数百年と長く、薬剤から眼鏡までさまざまなモノにデータを記録できる。(2019/12/12)

医療機器ニュース:
医療機器メーカーがスイスのMRI技術開発会社を買収
キヤノンメディカルシステムズは、スイスのMRI技術開発会社Skope Magnetic Resonance Technologiesの発行済み全株式を取得する契約を締結し、買収を完了した。(2019/12/10)

FAニュース:
タレット型、クシ刃型刃物台搭載、大径高機能モデルのスイス型自動旋盤
スター精密は、最大加工径φ38mmのスイス型自動旋盤「SX-38」を開発した。正面加工用として手前側に工具取り付け面10面のタレット型刃物台、奥側に工具旋回制御軸付きの4軸対向型ミリングユニットを標準装備したクシ刃型刃物台を搭載する。(2019/10/9)

大きな窓で絶景をじっくり堪能 スイス、ゴールデンパス・ラインの新型列車「エクスプレス」がめちゃくちゃかっこいい デザインはピニンファリーナ
フェラーリのデザインで知られるピニンファリーナが手がけました。(2019/10/4)

FAニュース:
占有面積を縮小した最大加工径16mmのスイス型自動旋盤
スター精密は、最大加工径16mmのスイス型自動旋盤「SB-16III」を2020年4月より販売開始する。現行モデルから必要な機能を絞り込み、機械本体の占有面積を縮小している。(2019/9/18)

FPGA導入の高い壁
GPUより低コスト、ハイパフォーマンスのFPGAが抱える“泣きどころ”
Amadeus IT Groupとスイス連邦工科大学の共同研究により、FPGAはGPUよりも4倍高速で、同じワークロードを7分の1のコストで実行できることが分かった。AIにとって非常に有効だが、FPGAには弱点もある。(2019/6/24)

ジャパン・ドローン2019:
球体の保護フレームで壁に“ぶつけて”撮影可、マンホールにそのまま入れる狭小空間の点検用ドローン
ブルーイノベーションは、民間ドローン専門展示会「ジャパン・ドローン2019」で、屋内点検向けドローン「ELIOS(エリオス)」の実機デモを行った。ELIOSは、スイスローザンヌに本社を置く、Flyability SAが開発した屋内の狭小空間での運用を想定した特殊ドローン。ブルーイノベーションは2018年3月にFlyability SAと業務提携を交わし、機体販売や屋内点検分野のサービスを展開している。(2019/4/4)

ジュネーブショー開幕:
SUBARU、新SUVコンセプトを世界初公開 力強さとアクセントで“新しさ”表現
SUBARUは、スイスで開幕したジュネーブ国際モーターショーで、コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」を世界初公開。(2019/3/5)

株式を過半数取得へ:
STがSiCウエハーメーカーNorstelを買収
STMicroelectronics(以下、ST)は2019年2月6日(スイス時間)、スウェーデンのSiC(炭化ケイ素)ウエハーメーカーであるNorstelの株式を過半数取得すると発表した。(2019/2/14)

コールドウォレット機能付きディスプレイ搭載――世界初のブロックチェーンスマホ「FINNEY」が日本上陸 直販標準価格は999ドル
スイスの「SIRIN LABS(シリンラボ)」が、世界初の「ブロックチェーンスマホ」を日本で販売する。Androidをベースに暗号通貨(仮想通貨)の取り扱いに適したセキュリティ機能を付加したOS「SIRIN OS」を搭載し、本体内にあるコールドストレージを安全に扱うためのスタンドアロンスクリーンも備える。(2019/1/29)

廃止する時が来ている:
「仮想通貨は通貨にもならないし、価値の保存としても機能しない」 UBSのエコノミストが酷評
仮想通貨は岐路に立たされており、廃止する時が来ている。スイスに拠点を置く大手金融機関UBS Gobal Wealth Managementのチーフエコノミストはこう発言した。(2018/12/3)

ひぇぇぇぇほぼ垂直!! スイス・シュトースの「世界一急勾配なケーブルカー」に乗ってきた
最大1100パーミル。ハイジ、大変よ! 崖から丸太が落ちてくるわ。(2018/11/27)

「テクノロジーナショナリズム」の時代にセキュリティ企業に求められることは?:
Kasperskyが透明性向上に向けスイスに新拠点を開設
ロシアのKaspersky Labは、同社製品にロシア政府が干渉しているのではないかという懸念を払拭するため「透明性の確保」を掲げ、「Global Transparency Initiative」(GTI)と呼ばれる施策を発表。その軸の一つであるTransparency Centerをスイスのチューリッヒに開設した。(2018/11/27)

スイスのaiCTX:
Baidu、ニューロモーフィックICを手掛ける企業に投資
スイスのスタートアップ企業であるaiCTX(エーアイコルテクスのように発音)は、Baidu Venturesからの150万米ドルのPre Aラウンドを完了した。(2018/11/21)

スイスで「乗り鉄」しませんか? 交通機関ほぼ乗り放題「スイストラベルパス」の買い方・使い方
スイスでも、スイスイっと乗れます。(2018/11/14)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ミニマリスト向けの4Gケータイ「Punkt. MP02」がカッコイイ
スマートフォン全盛時代の今、シンプルなケータイが注目を集めています。スイスの「Punkt. MP02」は4G対応、しかもデザインに優れているとあって発売が楽しみな製品です。実機に触れる機会があったので紹介しましょう。(2018/10/28)

「たった35分で」「3454メートルの絶景」ヤバイ! ヨーロッパ最高地点の鉄道駅「ユングフラウヨッホ」へ行ってみた
スイスの名物急勾配鉄道「ユングフラウ鉄道」、すごかったです!【絶景写真40枚】(2018/11/2)

スーパーも日曜は休み:
午後6時に退勤、学びや家族の時間を――アイコスを生み出す研究所に学ぶ、スイス式の働き方
新型「アイコス」が注目を集めるフィリップモリス。スイスに置く研究・開発拠点では、社員が残業をせず、勉強や趣味、家族との時間を持てるような働き方が定着している。日々の過ごし方を、日本人とドイツ人のスタッフに聞いた。(2018/10/26)

Mozilla、Firefoxユーザー向け有料VPNサービスのテスト開始
MozillaがスイスProtonVPNと提携し、Firefoxユーザー向け月額10ドルのサブスクリプション制VPNサービスのテストを開始する。(2018/10/23)

新型デバイス登場でシェア拡大なるか:
アイコス用たばこはどう作っている? スイスの工場と研究所に行ってきた
新型が発売された「アイコス」。そのヒートスティック工場と、研究・開発施設の内部を取材した。PMIの責任者に、日本・米国市場での展望についても聞いた。(2018/10/23)

LG Electronics、アナログハイブリッドなスマートウォッチ「Watch W7」を449ドルで発売へ
LG ElectronicsがGoogleの「Wear OS by Google」搭載の新スマートウォッチ「Watch W7」を発表。「Snapdragon Wear 2100」とスイスSoprod製ムーブメントを搭載するアナログハイブリッド時計だ。(2018/10/4)

新型ジムニーやスイスポ、カプチーノも! スズキ車デザインのハンコに新モデル登場、全11車種をラインアップ
あなたの愛車や思い出のクルマもあるかも?(2018/9/25)

新型Apple Watch、スイス腕時計の脅威に
(2018/9/14)

FAニュース:
大径部品加工向けに機能を絞ったスイス型自動旋盤
スター精密は、大径部品加工向けのスイス型(主軸移動型)自動旋盤「SR-38J」を発表した。高機能の刃物台、多様な工具レイアウトが可能になる増設ユニット、ガイドブッシュ切り替え機構などを搭載し、加工時間や材料コストを削減する。(2018/9/6)

アナログ時計とタッチ液晶を組み合わせたスマートウォッチ「ZeTime」実機レビュー スイス生まれの実力は?
アナログ針とディスプレイが同居するユニークなスマートウォッチが登場。その実力を試した。(2018/8/31)

Seattle's Best Coffeeなど:
ネスレ、スタバ商品の販売ライセンスを獲得
米Starbucks(スターバックス)は8月28日、スイスの食品大手Nestle(ネスレ)にスターバックス商品を世界的に販売する永久ライセンスを付与する契約を結んだ。ライセンス額は71億5000万ドル。(2018/8/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。