横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」

「横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」」の連載記事一覧です。

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(16):

Windows 7からWindows 10に代替わりした途端、配信される大量の更新データや勝手の違う作業負担に頭を抱える――。多くの企業で発生する困った事態の理解に必要な鍵こそ、Microsoftが提唱する「Windows as a Service」の定義と、その前提条件が生み出す「ズレ」なのです。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(15):

「19H2の前に20H1が来た」「1803の次は必ず1903。それから19H2」――以前のWindows OSユーザーには耳慣れないこれらの数字は、情シスを悩ませ、社内中のPCに関る“大問題”。複雑化するWindows 10の更新について解説します。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(14):

過去のWindows OSと同じように「マスターPC」と同じ設定をプリインストールしたら、ある日突然設定が消えた――こんな“事件”を避ける運用のポイントを解説します。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(13):

Microsoft製品の「2020年問題」で見落とされがちな、「Office 2010」のサポート終了が迫ってきました。「最新版を選べば、サポート期間も長いしメリットも大きいのでは」と考える人は多いかもしれませんが、運用の面では気を付けてほしい点があります。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(12):

これからWindows 10を全社導入するという企業も多いと思いますが、「アップデートがよく失敗する」「なぜか古いバージョンに戻ってしまう」といったトラブルに見舞われてしまうケースも少なくありません。今回はこうしたトラブルの解決方法を解説します。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(11):

2019年になり、いよいよWindows 7のサポート終了まで1年を切りました。今回はこれまでの記事を振り返りつつ、移行に関してよく聞かれる疑問や悩みに答えていきます。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(10):

前回の記事でもお話しした通り、今回はいよいよ横河レンタ・リースがWindows 10の動作検証と新バージョンの配布をどのように進めているのかを紹介します。そのポイントは、動作検証も配布も「3つのグループ」に分けて行うことです。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(9):

ここ1カ月ほど、Windows 10の運用に大きく影響する事件や、Microsoftからの発表が立て続けにありました。そこで今回は番外編とし、今のWindows 10を取り巻く状況について、詳しく解説していきます。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(8):

半年ごとにアップデートされるWindows 10のアップデートに合わせて動作検証を行うのはリソース的に厳しい――ならば、どうすればいいのでしょうか。その答えは、ズバリ「動作テストをやめること」にあるのです。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(7):

半年ごとにアップデートされるWindows 10に合わせて、アプリケーションの動作検証をするのは現実的ではない――こんな悩みを抱えている企業は少なくありません。今回はこの負荷を少なくするために不可欠な、2つの「鉄則」をお話しします。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(6):

社内PCのWindows 10を一斉にアップデートしたら、ネットワークに問題が起こってしまった――。Windows 10運用のトラブルとしてよくある話ですが、今回はトラブルを回避する方法とその注意点について解説していきます。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(5):

数GBにも及ぶWindows 10のアップデートデータを全PCにダウンロードさせると考えると、「うわ〜、ネットワーク帯域がもたないかも」と不安に思うIT管理者は多いでしょう。しかし、それ以前に気にすべきポイントがあるのをご存じでしょうか。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(4):

Windows 10におけるOS展開の新技術「プロビジョニング」。うまく使いこなせば大きなメリットがあるものの、まだまだ課題が多いのも事実。今回はその課題を乗り越え、企業で活用するための現実的な方法をご紹介します。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(3):

Windows 10への対応に合わせて、レンタルPCの運用を見直すことになった横河レンタ・リース。OSのバージョンアップに合わせて増え続けるマスターイメージに対処するため、新技術「プロビジョニング」を採用したという。

【松尾太輔 , ITmedia】()
横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(2):

Windows 10への対応に合わせて、レンタルPCの運用を見直すことになった横河レンタ・リース。まず着手したのは、レンタルPCビジネスの根幹ともいえる「クローニング」の部分だった。

【松尾太輔 , ITmedia】()
【新連載】横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」:

数十万台規模のレンタルPCを企業に提供している横河レンタ・リース。最近、同社に多く相談が寄せられるのは、何かと話題のWindows 10。OSのアップグレード方式が変わったことで、なんと「PCに“賞味期限”が生まれる」という、とんでもない事態が起きているという……。

【松尾太輔 , ITmedia】()

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -