ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ナナロク世代」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ナナロク世代」に関する情報が集まったページです。

昭和の画風&心揺らす1PマンガがTwitterで人気 史群アル仙の初の作品集が発売
フォロワー数約6万7000人の史群さんが、Twitterで発表してきた1Pマンガを中心に単行本を上梓。(2014/10/12)

アジアで戦うB2Bのナナロク世代――ブイキューブ間下社長
ブイキューブの間下直晃社長は、1977年生まれのいわゆる「ナナロク世代」を代表する若手経営者の1人だ。クラウド型Web会議市場で7年連続国内トップシェアを獲得し、近年は東南アジアを中心に海外展開を進める間下氏の“戦い方”とは――。(2014/7/3)

変わるAPIのエコシステム ヤフーはなぜ、検索APIを有料にしたか
TwitterのAPI利用制限が厳しくなり、ヤフーが検索API有料化を発表し……昨年は、大規模サービスのAPI公開姿勢に大きな変化があった年だった。無料・オープン・シェアが当たり前だったネットが、「普通」のビジネスになりつつあるのかもしれない。(2013/1/15)

IT用語解説系マンガ:食べ超(1):
「半年で主戦力に育ててくれ」
第1回ということで、登場人物を紹介します。ボスの「主戦力に育てる」と「大物かもしれん」は魔物。(2012/6/28)

「電子書籍アワード2012 byダ・ヴィンチ電子ナビ」のノミネート作品が決定
ダ・ヴィンチ電子ナビが主催する「電子書籍アワード2012 byダ・ヴィンチ電子ナビ」のノミネート15作品と、特別賞の候補となる9作品が決定。読者賞の受付は2月29日まで。(2012/2/2)

短期集中連載・mixiはどこへ行く?:
最終回 1500万人を満足させることは可能か――問われる「ネットベンチャーの雄」の舵取り
登録ユーザー数2337万人、アクティブユーザー数1537万人――圧倒的なユーザー数を誇るmixiは「国産の情報社会インフラ」ともいえる存在だ。しかしmixiは今、大きなトレンドの変化の中で、いくつかのジレンマと戦っている。(2012/1/16)

ソーシャルブランディングの時代:
インフルエンサーとして活躍するために
すべてのソーシャルメディアで活躍するために必要な能力とはなんでしょうか。今回は、ソーシャルメディアで活動するために意識する必要がある「人間力」を考えます。(2011/8/3)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
ネットの世界に住む巨大なゴリラとは何か――「ソーシャルネイティブ」の時代
FacebookやTwitter、Apple、Google……IT業界のプレーヤーたちが出す新しいサービスや製品に私たちが振り回されているうちに、実はその背後で、非常に大きな変化が起こっているのではないか。ネットとリアルで起こりつつある、その大きな変化とは……。(2011/6/23)

「キューイチ」世代の胎動――91-conf開催
1991年前後に生まれた世代を指して使われる「キューイチ世代」。これからその価値を世の中に伝播させようという彼らが、はじめてのカンファレンスを開催した。(2009/8/16)

素顔のデジタルネイティブ:
原上ソラ――勉強会の再構築を図る気鋭の中学生
1990年代以降に生まれ、その才能を芽生えさせつつある若い人材――原上ソラもそんな一人に数えられる。「勉強会の空気を新たにネット上にも構築してみたい。今度はオフが苦手な人たちも巻き込む規模で」と話す彼の素顔に迫る。(2009/8/1)

新入社員「ハチロク世代」に秘められた、ゼロ成長時代の未来とは?
今年の新入社員である「ハチロク世代」(1986年前後生まれ)が気になっている、という人も多いだろう。小学校の前半には「Windows 95」が発売されるなど、インターネット普及とともに育った世代は、どのような考え方をしているのだろうか?(2009/5/11)

特集:「ハチロク世代」がやってくる(5):
「ハチロク世代」がIT業界を変える日
IT/Web業界を席巻(せっけん)した「ナナロク世代」から10年。1986年生まれの「ハチロク世代」がIT業界を変える日が迫っている。コミュニティ「ハチロク世代」中心メンバーの座談会から、新しい世代がIT業界にもたらす変化を探る。(2009/4/17)

特集:「ハチロク世代」がやってくる(1):
データで見る2009年度の新人たち
今年も新人たちがやってくる。@IT自分戦略研究所では「『ハチロク世代』がやってくる」と題して、どんな新人たちがやってくるのか、どう付き合っていけばいいのかなど、彼らに関する特集を行う。第1回となる本稿では、彼らがどのような世代であるのかをデータから探る。(2009/4/13)

若者に支持される業界へ:
「10年泥」を超えて
(2008/12/25)

近藤社長「未熟だったと思う」 はてなが目指す“脱IT系”
「はてな、知ってますか?」――街で聞いて回って愕然とした。「誰も知らない」。はてなは今、ものづくりを見直し、組織を作り直している。「みんなが使うネットサービス」を、いつか作り出すために。(2008/12/24)

有馬あきこのはじめましてインターネット:
mixiの「つながり」を社会に生かしたい――ナナロク世代の同志、笠原さんに会った
10月末に業績予想を上方修正するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのmixi笠原さん。お会いしてみると、ユーザーのこと、社会のことを篤実に考える青年社長なのでした――。(2008/11/17)

ナナロク世代が答えました:
「IT企業はほんとに泥のように働かされるのか」――東大でイベント
(2008/7/14)

ブランドの達人が語る:
【第3回】消費の次世代マーケット、ポスト団塊ジュニアとは
日本の消費社会を支える次世代のニューフェイスが「ポスト団塊ジュニア」だ。学生時代からインターネットに触れ、ポケベルや携帯電話を使って仲間とのコミュニケーションを図っていたのがこの世代である。彼らを知ることが勝ち組企業への近道になる?(2008/6/24)

New Generation Chronicle:
山口徹――カクテル片手に才能を紡ぎ上げる唯才の人
ハッカーは先天的な能力か? ZIGOROuこと山口徹氏は「ものの考え方をどう養っていくかと、単純に努力したか」であると話す。自分の特性を知った上で、自分を最大限に生かして人生を切り開く彼は、過去2回に登場したハッカーたちをその道に進ませた優れたコーチャーでもある。(2008/3/18)

新人社員の声を聞け:
1000万ユーザーからの反響がやりがい――ミクシィ
IT業界で働く新入社員の生の声を伝える座談会企画。第3回目を飾るのはミクシィだ。「1000万人の反響にやりがいを感じる」「将来は時間銀行のような概念が生まれる」――枠にとらわれない彼らの発言から、ミクシィがはぐくんでいる企業文化が見て取れる。(2008/2/13)

New Generation Chronicle:
斉藤のり子――エビちゃんOL(自称)の華麗な開発生活
少し前では76世代、そして最近では81世代のような言葉で表現されるような、次代を担う開発者たちも確実に登場している現代。彼らはどんな感覚を持っているのか。100の質問を通して新世代の開発者に迫る。(2007/12/21)

「ケータイネットってすごい」といまさら気づきました
Web2.0世代といわれる「ナナロク世代」の記者ですが、ワンセグ携帯に変えて、ケータイネットのすごさを思い知りました。時代は動いているなぁ。(2007/7/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。