ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「ADAMS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

TV-Asahi Data And Multimedia Service

Python入門:
[Python入門]関数の基本
「関数とは」「関数呼び出しの方法」「組み込み関数」「ユーザー定義関数」「関数定義の方法」など、Pythonの関数の基本知識を説明する。(2019/5/17)

CAEニュース:
MSC、複合領域解析ソフトウェア最新版で精度と性能を向上
エムエスシーソフトウェアは、MSC複合領域解析ソフトウェアの最新版「MSC CoSim engine バージョン1.6」を発表した。連成シミュレーションにより、CAE解析と実験値とを容易に比較できるため、正確性や精度、パフォーマンスが向上する。(2019/3/26)

CAEニュース:
MSCがAdams 2018.1とMarc 2018.1を提供開始、自動運転システム向け機能など
エムエスシーソフトウェア(以下、MSC)は汎用機構解析ソフトウェア「Adams 2018.1」と、非線形解析ソフトウェア「Marc 2018.1」を提供開始している。(2018/11/20)

CAEニュース:
デジタルツインをAIで強化、実機とソフトをMSCとHexagonがつなげる
エムエスシーソフトウェア(MSC)は2018年5月30日、同社ユーザー向けイベント「MSC Software 2018 Users Conference」を開催した。同イベントではMSCのCEO、Paolo Guglielmini氏が登壇した。(2018/6/6)

CAEニュース:
Apex Grizzlyは任意断面の構造解析と線形座屈解析に対応、大規模アセンブリ―解析機能も強化
エムエスシーソフトウェアの新製品「MSC Apex Grizzly」では「断面力センサー」と線形座屈解析が追加された。周波数応答解析の機能と併せて使えば、荷重経路解析の結果表示も可能だ。(2017/8/3)

気乗りしない林信行に無理矢理「Synology NAS」を送りつけた結果
もう原稿を待つのは限界です(編集G)。(2017/6/24)

CAE事例:
電動車いすベンチャーのWHILLで弾性体を用いた強度解析
パーソナルモビリティの新モデル「WHILL Model C」の開発で、弾性体データを取り込んだ強度解析を実施した。(2017/5/17)

CAEニュース:
クレイドルの体制は今後も変わらず、MSCの構造/機構/音響の連成機能強化を計画
エムエスシーソフトウェアの日本法人が国産CFDベンダーのソフトウェアクレイドルのM&Aに関して、現状と今後の計画について明かした。(2017/2/1)

CAEニュース:
米MSC、国産CFDソフトベンダー クレイドルを買収
熱流体解析ソフトウェアで知られる国産CFDベンダー ソフトウェアクレイドルが米MSC Softwareに買収された。MSCがクレイドルの全株式を取得し、MSC傘下のグループ企業となった。(2016/12/26)

反ドーピング機関のDBから五輪選手の個人情報流出、「犯行はロシア」とWADAが名指し
WADAの発表によると、ロシアのサイバースパイ集団がスピアフィッシング詐欺の手口でパスワードを入手して、国際オリンピック委員会のアカウントを通じてデータベースに侵入したという。(2016/9/15)

エムエスシーソフトウェア Adams:
骨折部の創外固定器の設計開発に機構解析ソフトウェアを採用
エムエスシーソフトウェアは、静岡理工科大学理工学部の手外科微小外科領域先端医工学講座で、機構解析ソフトウェア「Adams」が活用されていることを発表した。(2016/5/30)

CAEニュース:
骨折部の創外固定器の動作確認に機構解析ソフトウェアを活用
エムエスシーソフトウェアは、静岡理工科大学の野崎准教授が、骨折部の創外固定器の開発において、人体モデルと固定器の動作確認に同社の機構解析ソフトウェア「Adams」を活用していると発表した。(2016/5/19)

設計開発ツール:
マルチボディシミュレーションの雄「SIMPACK」、ダッソーはどう生かすのか
ダッソー・システムズが買収した、高速演算性能を特徴とするマルチボディシミュレーションツール「SIMPACK」。自動車、鉄道、航空宇宙、風力発電などの業界で広く利用されているSIMPACKだが、「Abaqus」をはじめとする同社のSIMULIA製品群とどのように連携していくのだろうか。(2015/8/31)

来週話題になるハナシ:
ビールのアイコンを揺るがす、米国ビール業界の異変
米国のビールといえば「バドワイザー」を想像する人も多いのでは。米国のカルチャーに大きな影響を及ぼしてきたバドワイザーが、いま苦戦しているのだ。売り上げが減少している理由は……。(2015/6/29)

ビジネスニュース 企業動向:
ギガバイトクラスのメモリのニーズ高まるモバイル市場、Micronが切り込む
2013年8月にエルピーダメモリの買収を完了したMicron Technology。同社は、2016年について「一番良い時を迎えようとしている」と述べている。特に、ギガバイトクラスのメモリのニーズが増えてきたモバイル機器市場を勝機と捉えているようだ。(2015/6/1)

ハードからソフトまで互換性を確保:
デジタル電源向け標準規格の第1弾、コンソーシアム「AMP」が発表
村田製作所、CUIおよびEricsson Power Moddulesの電源メーカー3社が立ち上げた「Architects of Modern Power(AMP)」が、分散電源システム向けの標準規格の第1弾を策定した。また、これらの規格に準拠した製品を「electronica 2014」で展示した。(2014/11/19)

CAEニュース:
MSC、新解析プラットフォームを正式発表、シミュレーションベース設計ツールとして今後も順次拡張予定
エムエスシーソフトウェア(MSC)は、新たな解析プラットフォーム「MSC Apex」を正式発表した。同プラットフォームは、従来のCADモデルを中心とした製品設計ではなく、シミュレーションをベースとした設計へとシフトさせるアプリケーションだ。(2014/10/2)

都内エリア別、GW期間に気軽に楽しめる写真展 10選
「写真展」と聞くとハードルの高い印象ですが、フォトギャラリーは都内各所にありますので、連休の外出がてら、ふらりと足を向けてはいかがでしょうか。GW期間中に楽しめる写真展を10、セレクトしました。(2014/4/25)

初対面の人と打ち解けるために3種類のストーリーを用意しておこう
新しい出会いが待っている季節。初対面の人と打ち解けて、良好な人間関係のスタートを切れるよう準備をしておきましょう。(2014/3/25)

CAEニュース:
MSC、ユーザーが自由にカリキュラムを組める教育プログラムを開始
エムエスシーソフトウェアは、オンラインコースも含まれる製品トレーニングプログラムを発表した。オンラインコースは年間契約で何度でも利用でき、従来のトレーニングよりもコストを抑えられるという。(2014/2/20)

設計開発ツール:
「トヨタとBMWの要求に応えた」、ドライブライン開発ツールの製品群が拡充へ
自動車や建設機械、風力発電システムの駆動伝達装置(ドライブライン)の設計/解析に特化したツール「RomaxDESIGNER」を展開するRomax Technologyが、製品ラインアップを拡大している。(2013/6/25)

UXClip(32):
テストを通じて「より良いWebの実現」に貢献〜Test the Web Forwardレポート
Test the Web Forwardは「より良いWebの実現」を目的としたイベントだ。1日目はWeb標準に関する仕様書の読み方やWeb標準のためのテスト作成について学び、2日目には実際のテスト作成に取り組んだ。(2013/6/26)

MSCの解析ソフトウェア新製品内容の一部が明らかに:
最終製品・部品メーカーも新材料開発に協力できるツールを
MSCは、買収して子会社化したe-Xstream engineering社の材料構造解析システム「Digimat」を次期バージョン以降の「MSC Nastran」に組み込み、材料特性を設計変数として利用可能にするという。最終製品・部品メーカー側が新材料開発に協力する協業モデルも実現可能だ。(2012/11/22)

ヴァイナスが販売代理店契約を締結:
かゆいところに手が届く最適化設計支援システム
多目的設計最適プロセス統合化システム「Phoenix 」は、商用プログラム以外にも、自社しか使わないようなプログラムやアルゴリズムまで、ワークフローに素早く組み込むことが可能だ。(2012/10/31)

システムの遠隔監視サービスを機能強化 インターネット接続が可能に 日本IBM
日本IBMは遠隔監視サービス「ADAMS」を機能強化し、中小規模システムの企業での採用も進めていく。(2012/10/30)

DMS2012を歩く(2):
DMSで見た最新CAE&CADのいろいろ
2012年6月に開催した第23回 設計・製造ソリューション展に見た業界動向を考察するシリーズ。今回は、CAEとCADについて取り上げる。(2012/7/11)

TECHNO-FRONTIER 2011:
1/4ブリックで出力が720Wと大きい中間バス用DC-DCコンバータをCUIが出品
SEPIC型と一般的な降圧型を組み合わせて構成したCUI独自の電源トポロジ「Solus」を採用することで、単位容積当たりの出力容量を高めた。競合他社品は400W程度にとどまるという。(2011/7/22)

日本法人社長が説明 MSCニュースリリース:
MSCが粒子法、荷重伝達経路解析、とユニークな手法を採用
MSCの解析技術に、粒子法流体解析と荷重伝達経路解析といった新たな分野が仲間入り。MSCの加藤毅彦社長が、2011年5〜6月にかけてリリースした新製品について自ら語る。(2011/7/6)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
商談がうまくいくための250の質問
商談プロセスは、最終的に売り手と買い手の双方が利益を得られときに成立する。また、人は、商品を「理解した」時だけ、そのを購入を決断する。(2011/5/11)

日本語が得意なアメリカ人 MSC ドミニク社長、語る:
MSCの2011年は、こうなる&日本へのYELL
CAEベンダー MSCのドミニク・ガレロ氏が来日。中小企業への拡販を目的とした代理店戦略についてコメントした。日本へのYELL付き!(2011/4/8)

MSCの次世代シミュレーション MDOで、日本のモノづくりを次の時代へ!:
PR:CAEは“考具”であれ! MSCの説くCAEの神髄とは
世界的な経済不況、なかなか減らない自動車のリコール台数、アジア圏メーカーたちの急成長……、日本の製造業はいま、窮地に追い込まれている。そこから脱するには、日本の製造業の欠点を正しつつも、長所はぐんと伸ばしていくこと。そこで大きな力となるのが、“考具”である。MSCのMD Nastranで、単なる試作代替だった“道具”としてのCAEから、設計初期段階でCAEを活用する“考具”へ、いまこそ進化させるときだ。(2011/3/1)

ディルバート(201):
技術革新の資金は、顧客をだました分から捻出
(2010/12/17)

コンピュテーショナルフォトグラフィの活用で :
多機能化に向かう次世代カメラ
コンピュテーショナルフォトグラフィと呼ばれる技術分野に注目が集まっている。従来のカメラの撮像過程を変更し、シーンの単なるスナップショット画像以上の情報をイメージセンサーで取り込み、デジタル信号処理と組み合わせることで、従来のカメラでは不可能な「写真」を撮影しようという試みだ。本稿では、この分野の重要な一角を占め、撮影後の写真のピント変更を可能にするなど、多様な応用が期待できるライトフィールドの概念を用いた技術について説明する。(2010/11/1)

MSCの新製品「MD Nastran Desktop」:
MSCの“仮想実験室”――MD Nastran Desktop
安価で提供するエムエスシーソフトウェアの新製品「MD Nastran Desktop」は、ワークフローのテンプレートが作成できる。仮装実験室の実現も可能!(2010/9/1)

アルバックがExatec社と提携、樹脂ガラス製造装置の事業化へ
(2010/7/22)

Appleの「iPad」、製造上の問題に直面か――アナリストが報告
「3月中はiPadの発売地域が米国に限定され、供給台数も30万台程度にとどまる」というアナリストの報告が反響を呼んでいる。(2010/3/2)

せかにゅ:
「iPadの発売、4月に延期の可能性」とアナリスト
iPadの製造に関して問題が起きており、Appleは初回出荷を大幅に減らすか、発売を1カ月遅らせる可能性があるとアナリストが伝えている。(2010/3/2)

第6回全日本 学生フォーミュラ大会 レポート(4):
本格派仮想企業・上智大! 3連覇の秘密
今大会で3連覇を果たした上智大学チームの車両設計の秘密に迫った。各パートリーダーが登場!(2008/11/10)

車載エレクトロニクスの消費電力を削減せよ!
自動車向けの電子部品や電子制御機器などは、電力管理システムによって、バッテリを余計に消耗したり、ガソリン燃料を浪費したりすることを防ぐように設計されている。今や自動車の多くには車内ネットワークが導入され、電子サブシステムのスリープ時の電力要件もより厳しくなってきている。設計者には、車載アクセサリやサブシステムの消費電力をできるだけ低減することが求められる。さらに、次世代の電気自動車やプラグイン電気自動車などでは、こうした電子サブシステムの低消費電力化がますます重要な課題となる。(2008/10/1)

第5回 全日本 学生フォーミュラ大会 レポート(3):
エンジンや空力もこだわる本格派仮想企業・上智大
5回大会の優勝校 上智大学チームに突撃取材。一見、イマドキの若者だが、妥協しないものづくりマインドは企業並だ。(2007/12/14)

プログラミング言語の進化を追え:
大人のためのブラックボックス読解講座――クロージャとオブジェクトの微妙な関係
SchemeやLispによって、30〜50年前に導入されたさまざまな概念は、その後のプログラミング言語に多かれ少なかれ影響を与えました。そのうちの1つであるクロージャは、関数型言語では抽象化の基本的な方法となり、最近では多くのスクリプト言語にも採り入れられるようになってきています。本稿では、Scheme言語の処理系、Gaucheを開発している川合史朗氏が、クロージャの機能を検証し、関数型言語とオブジェクト指向言語の関係について解説します。(2007/3/29)

4年ぶりに帰ってきました:
“MADE IN TOKYO”のVista搭載ミニPC現る――「HP Pavilion Desktop PC s3040jp/CT」
日本HPが昨年6月のノートPCに続き、デスクトップPCでも個人向け市場に再参入を果たす。この「HP Pavilion Desktop PC s3000」シリーズは、その成否を占う注目のモデルとなりそうだ。(2007/3/6)

BrocadeのMcDATA買収、そのシナジー効果は
BrocadeのMcDATA買収を、一部アナリストは「賢明な行動」と評価しているが、タイミングと買収価格に疑問があるという声もある。(2006/8/10)

周波数帯、プロトコル、対応ハードウエアの選択が決め手に:
ISM帯のワイヤレスセンサー・ネットワーク構築法
(2006/6/1)

デファクトスタンダード暗号技術の大移行(3):
これだけは知っておきたいアルゴリズム〜共通鍵暗号編
(2006/5/20)

DivX、IPOを申請
(2006/5/8)

東芝、2層メディアにも対応した新型「カンタロウ」
東芝は、2層メディアに対応し、160GバイトHDDを内蔵したDVD/HDDレコーダー“カンタロウ”「AK-G300」と、CPRM(DVD-R/RW)対応のDVDプレーヤー「SD-280J」を発表した。(2006/4/19)

Corel、米国とカナダで株式公開へ
WordPerfectで知られるCorelが、米国とカナダでIPOを計画している。主幹事会社はMorgan Stanleyで、関係省庁による審査を待っている段階。(2006/4/5)

TVキャプチャーカード:
iPod/PSPでそのまま再生──MPEG-4録画+自動転送機能付きのTVカード「GV-MVP/GX2」
iPodやPSP、3G携帯電話などの動画再生対応の携帯プレーヤーにて移動時に録画した番組を視聴する楽しみ方が最近のトレンド。今回試す「GV-MVP/GX2」は、“PC録画派”に好ましい高画質さを追求したハードウェア構成に加え、各携帯プレーヤーでそのまま再生が可能なMPEG-4フォーマットへのリアルタイム録画+自動的に転送まで行う機能を備えたTVキャプチャーカードだ。(2006/4/4)

エルザ、高感度外部アンテナが付属するPCカード型TVキャプチャーユニット
エルザジャパンは、DXアンテナ製高感度モバイルアンテナが付属するハードウェアエンコード対応のPCカード型TVキャプチャーユニット「ELSA EX-VISION mini HW DX」を発売する。価格は1万5800円前後。(2006/3/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。