ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」に関する情報が集まったページです。

IIJmio、「BLADE V8」「CAT S40」「GRANBEAT 」「NuAns NEO [Reloaded] 」を販売
個人向けSIMロックフリースマートフォンの販売サービス「IIJmioサプライサービス」へ、新たに「BLADE V8」「CAT S40」「GRANBEAT 」「NuAns NEO [Reloaded] 」の4機種が追加。うち3機種の新規および既存ユーザーへAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを行う。(2017/5/25)

VR搭載スマホ「IDOL4」、2万1800円の「SHINE LITE」がTCLから登場 au VoLTEにも対応
Alcatelブランドの新型スマートフォン「IDOL4」と「SHINE LITE」が日本で発売される。IDOL4はVRゴーグルが標準で付属しており、カメラやオーディオ機能にもこだわった。SHINE LITEは2万円台前半ながら両面ガラスボディーや指紋センサーを採用した。(2016/10/12)

ランチタイムや低速でも快適?――「ポケモンGO」を格安SIMで遊んでみた
「ポケモンGO」を格安SIMで遊んでいる/遊ぼうと考えている人は多いと思うが、気になるのが通信品質。特に速度が落ちやすいランチタイムや、200kbpsや300kbpsの低速でも快適に遊べるのだろうか?(2016/8/11)

「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」、Android 6.0へバージョンアップ可能に
TCLのSIMフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」が、8月10日からAndroid 6.0へバージョンアップ可能になった。6.0共通の機能が利用できるほか、一部のプリインアプリも変更される。(2016/8/10)

速度不調の「Dプラン」は回線増強で爆上げをする――「mineoファンのイベント」
ケイ・オプティコムが7月30日と31日に「mineoファンのイベント」を開催。最近速度が下がっている「Dプラン」については大幅な回線増強をすることを約束。優先通信オプション「プレミアムコース」の詳細も説明された。(2016/8/1)

SIMフリーはOK?――「ポケモンGO」を遊べるスマホ、遊べないスマホ
「ポケモンGO」は全てのスマートフォンで遊べるわけではない。iPhoneは5以降、Androidは4.4以降+メモリ2GB以上が対応しているが、例外もある。公式、非公式を含めた対応機種をまとめた。(2016/7/29)

最新スマートフォン徹底比較:
3万円台で要注目のSIMフリースマホを徹底比較――スタミナ&ベンチマークテスト編
3万円台で注目のSIMロックフリースマートフォンを比較するレビューの後編では、バッテリーテストと、CPUの性能を測るベンチマークテストを実施した。あわせて、ネットワークの対応バンドもチェックした。(2016/3/16)

最新スマートフォン徹底比較:
3万円台で要注目のSIMフリースマホを徹底比較――基本スペック&持ちやすさ編
3万円台で購入できるSIMロックフリースマートフォン7製品を徹底比較。基本的な機能やスペックはもちろんのこと、スペック表だけでは分からない特徴や持ちやすさなども細かくチェックした。(2016/3/3)

シネックスインフォテックに聞く:
SIMフリースマホの販売を支援する“ディストリビューター”とは?
SIMロックフリースマートフォンを日本で販売する際の黒子としてメーカーを支援するのがディストリビューター(卸売業者)だ。シネックスインフォテックは、ZenFoneシリーズはじめとする端末の流通を担当。どんな形で支援をしているのか、詳しく聞いた。(2016/3/1)

Mobile World Congress 2016:
TCLが最新フラッグシップ「IDOL 4/4S」を発表――新“alcatel”ブランドで若年層に訴求
TCL Communicationが、Mobile World Congress 2016に先駆けて最新スマートフォン「IDOL 4」と「IDOL 4S」を発表。各アプリをより効果的に使える「BOOM」キーを搭載。ブランドを「alcatel」に一新して、若年層に訴求していく。(2016/2/21)

石野純也のMobile Eye(2015年総括編):
光コラボ、格安SIMの料金競争、ミッドレンジ端末の台頭――2015年のモバイル業界を振り返る
ドッグイヤーともいわれるモバイル業界では、2015年もさまざまな動きがあった。3キャリアが固定回線とのセット割を始め、格安SIMの料金競争が激化。ハイスペック端末は例年と傾向が変わらなかったが、SIMフリーをはじめとしたミッドレンジ端末が増加した。(2015/12/31)

防水対応スマホ「Moto G」(第3世代)、goo Simsellerで先行販売スタート
NTTレゾナントは、IPX7準拠の防水性能を備えたAndroidスマートフォン「Moto G」(第3世代)の先行販売を開始した。価格は「OCN モバイル ONE」の音声対応SIMパッケージ付で2万4800円(税別)となる。(2015/12/21)

中古スマホ買取ランキング:
SIMフリー「iPhone」やドコモ版「Xperia」が人気――ドスパラ11月編
SIMロックフリーのiPhoneが、買取でも人気が高く、「iPhone 5s」(64GB)、「iPhone 5s」(32GB)、「iPhone 6」(128GB)が上位に付けている。ドコモ版の「Xperia Z4」と「Xperia Z3」も高値で売れる傾向にある。(2015/12/17)

彼女がヘッドフォンを外したら:
PR:ヘッドフォン女子、音と画にこだわったSIMフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」に驚く
ポータブルオーディオファンの間で“ヘッドフォン女子”として知られるモデルの坂井香さん。プロDJとしても活躍する彼女に、画質と音質にこだわったSIMフリースマートフォン「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」を試してもらった。音楽のプロはIDOL 3に触って何を感じたのか?(2015/12/17)

SIMフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」の割賦販売開始――月額2780円から&3つの特典も
フランス生まれのSIMフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」を割賦販売がスタート。料金は月額2780円からで、HuluやKKBOXの無料プランなどの特典も提供する。(2015/12/14)

ゼロから分かる格安SIM:
PR:第12回 【PR】画質・音質にこだわり抜いたSIMフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」とは?
高性能スマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」が日本に上陸した。数多くあるSIMロックフリースマホの中で、IDOL 3は何がスゴイのか? TCLコミュニケーションのバイスプレジデント、アラン・レジューネ氏を直撃した。(2015/11/30)

ゼロから分かる格安SIM:
第11回 SIMフリーの「格安スマホ」はどれを選べばいいの?
格安SIMを利用できる「SIMロックフリースマートフォン」が、続々と発売されています。今回は目的別に、オススメのスマートフォンを紹介しましょう。(2015/11/28)

SIM通:
フランス発SIMフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」
フランスで展開しているスマホブランド「ALCATEL ONETOUCH」のフラグシップモデル「IDOL 3」が日本市場に投入される。「音響」にこだわり、JBLの音質認証を取得したデュアルスピーカーを備えるほか、オリジナルのDJアプリ「ONE TOUCH MIX」を搭載する。(2015/9/8)

goo Simseller、SIMフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」を3万9800円で販売
NTTレゾナントが運営するSIM関連の通販サイト 「goo Simseller」で、SIMロックフリースマートフォン「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」の販売受付がスタート。価格は3万9800円(税別)(2015/8/27)

まずハイエンドから:
フランス生まれの「ALCATEL ONETOUCH」、格安SIM・スマホ熱の高まる日本に本格進出
TCLコミュニケーションのスマホブランド「ALCATEL ONETOUCH(アルカテル・ワンタッチ)」の最新ハイスペックモデル「IDOL 3」が日本市場に投入される。IDOL 3を足がかりに、ALCATEL ONETOUCHブランドの日本市場への浸透と、ラインアップ拡大を図る。(2015/8/21)

業界初のシンメトリック設計:
TCL、5.5型の「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」を国内販売 価格は4万2800円
デュアルフロントスピーカーにJBLの「Clari-Fi」、オリジナルのDJアプリをプリセットするなど、サウンド面にも力が入っている。(2015/8/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。