ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Amazon Elastic MapReduce」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Amazon Elastic MapReduce」に関する情報が集まったページです。

2011年からアジャイル開発:
創業100周年の前田建設工業はいかにして「総合インフラサービス企業」へと変革を進めているのか
アイティメディアが開催した「ITmedia DX Summit 2019年秋・ITインフラ編」の特別講演に前田建設工業が登壇。“ゼネコン”から脱却し、新しいサービスを融合させた“総合インフラサービス企業”へ変革を進める取り組みを講演した。(2019/12/4)

「BigQuery」での成功体験が決め手
なぜ大手新聞社は「AWS」から「Google Cloud Platform」への移行を決めたのか
大手新聞社Telegraph Media Groupはデジタル版のサービスを充実させるため、インフラとして利用するクラウドサービスを「Amazon Web Services」から「Google Cloud Platform」へ切り替えることを検討している。(2019/5/7)

リアクティブプログラミング超入門(終):
Apache Spark、Sparkシェルで手軽に分散処理
今回は、分散処理フレームワークの概要や、Apache Hadoop、MapReduce、Apache Sparkの概要を説明し、Apache Sparkの使い方を紹介します。(2018/9/10)

スモールスタートから重要なビジネス基盤への成長
「モンスト」の裏側を支えるログ分析システムを、ミクシィはどのように構築したか
ゲーム「モンスターストライク」(モンスト)で躍進するミクシィのデータ分析基盤を支えたのは、新しいワークスタイルだった。たった数人から始まったチームが全社を支える一大プロジェクトまで育った背景とは。(2018/10/3)

ポイントは「クラウドなら何ができるのか」
ビッグデータで輝くITスキルは、舞台がクラウドに移るとどう変わるのか?
企業は、ビッグデータの処理基盤をクラウドに移している。この動きは、それまでのITスキルを覆すことはないが、管理者や開発チームには幾つか変化が求められるだろう。(2018/3/12)

組織の垣根を越えるセキュリティの共通言語
NISTの「Cybersecurity Framework」でクラウドのセキュリティを強化する方法
米国国立標準技術研究所(NIST)が発行した「Cybersecurity Framework」を「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」などのクラウドサービスで活用して、セキュリティを強化する最善の方法を解説する。(2018/2/14)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(14):
大規模クラウドビジネスにおける、アジリティとコストの兼ね合いの難しさ
ここ数年のSaaS企業におけるインフラストラクチャとアプリケーションのトレンドを見ていて、唯一はっきりしているのは「物事が単純ではない」ということだ。トランザクション電子メール処理のように、サービスでもコストとアジリティ(俊敏性)のバランスを考えなければならない。(2017/10/12)

AWS課金、時間単位から秒単位へ AzureとGoogle Cloud Platformは分単位
Amazon.comのクラウドサービスAWSの料金体系が、立ち上げ以来の時間単位から秒単位に変わる。事実上の値下げになる。競合するMicrosoftのAzureとGoogle Cloud Platformはそれぞれ分単位だ。(2017/9/19)

きょうから試せる Hadoop“スモールスタート”ガイド(終):
SQLライクにMapReduce処理ができる「Hive」の使い方
実際にHadoopで処理を実装していきながら「Hadoopは、誰にだって扱える」を体感しましょう。今回は、Hadoop Streamingとは別のHadoopの利用方法となる「Hiveの使い方」を解説します。(2017/3/28)

きょうから試せる Hadoop“スモールスタート”ガイド(8):
Hadoopで処理を実装してみる──Hadoop Streamingでの処理、script-runner.jarの使い方
実際にHadoopで処理を実装していきながら「Hadoopは、誰にだって扱える」を体感しましょう。今回は、「MapperやReducerから特定のファイルを参照」「Hadoop Streamingでの処理」「script-runner.jarの使い方」など、Hadoopで処理を実装する初歩の手順を解説します。(2017/3/21)

きょうから試せる Hadoop“スモールスタート”ガイド(7):
「ブートストラップアクション」でできること
実際にHadoopで処理を実装していきながら「Hadoopは、誰にだって扱える」を体感しましょう。今回は「ブートストラップアクションの利用方法」を解説します。(2017/3/14)

きょうから試せる Hadoop“スモールスタート”ガイド(6):
AWSとAmazon EMRを利用してみる
実際にHadoopで処理を実装していきながら「Hadoopは、誰にだって扱える」を体感しましょう。今回は「AWSとAmazon EMRの利用方法」を解説します。(2017/3/7)

きょうから試せる Hadoop“スモールスタート”ガイド(5):
Amazon Elastic MapReduce(EMR)の選択肢を考える
実際にHadoopで処理を実装していきながら「Hadoopは、誰にだって扱える」を体感しましょう。今回は「Amazon Elastic MapReduce(EMR)の選択肢と活用方法」を解説します。(2017/2/28)

きょうから試せる Hadoop“スモールスタート”ガイド(3):
「素のHadoop」をインストールして、簡単な処理を実行する
実際にHadoopで処理を実装していきながら「Hadoopは、誰にだって扱える」を体感しましょう。今回は「実際にHadoopをインストール」し、基礎処理である「ワードカウント」を実行するまでを解説します。(2017/2/20)

コスト効率が高く、管理作業を削減可能
クラウドの新潮流、先進企業が使いたくなる「サーバレス」の魅力
AWSやAzure、Googleのクラウドサービスで注目を集めるサーバレスオプション。これはクラウドに関する最新のバズワードなのか。先進企業が虜になる理由とは。(2016/12/13)

Amazon EMRで構築するApache Spark超入門(2):
Spark 2.0の回帰分析アプリをScalaのSBTで実装し、EMRで実行
本連載では、Sparkの概要や、ローカル環境でのSparkのクラスタの構築、Sparkの基本的な概念やプログラミングの方法を説明していきます。今回は、簡単な機械学習のSparkアプリケーションを作成し、Amazon EMRで実行するまでを説明します。(2016/9/27)

Hadoopとの使い分けは?
ビッグデータを高速分散処理するSparkをAWSで動かすと何がすごいのか
「Amazon Web Services」(AWS)のHadoopサービスとして特に魅力的なのが「Apache Spark」である。「Amazon Elastic MapReduce」と連係して高速処理や多用途性を実現する。(2016/9/12)

Amazon EMRで構築するApache Spark超入門(1):
Apache Sparkとは何か――使い方や基礎知識を徹底解説
本連載では、Sparkの概要や、ローカル環境でのSparkのクラスタの構築、Sparkの基本的な概念やプログラミングの方法を説明していきます。(2016/8/24)

登場し出したユースケース
AWSが誰でも使える「機械学習」を実現? 有望市場への取り組みを見る
機械学習モデルを構築するのは複雑で、数学者に委ねるのがベストだった時代もある。だが、Amazon Web Serviceなどの数社が、企業が機械学習を利用しやすくなるよう取り組んでいる。(2016/6/6)

料金は1VM1時間1セント(あるいはそれ以下):
米グーグルがHadoop/Spark運用サービス「Cloud Dataproc」のベータ提供を開始
米グーグルは2015年9月23日(米国時間)、同社のクラウドサービス「Google Clooud Platform」で、Hadoop/Sparkクラスタ運用サービス、「Cloud Dataproc」のベータ提供を開始した。平均90秒というクラスタの迅速な展開と、1仮想インスタンス当たり1セント(あるいはそれ以下)という低料金が特徴。(2015/9/24)

どのようにして不安を解消していったのか
“LINE砲”を受けても落ちないWebサイトを構築 スタバが克服したAWS移行の8つの不安
スターバックスでは、オンラインサービスのシステム基盤をオンプレミスからAWSへ移行することで、急激なアクセス増にも耐え得る仕組みを構築した。しかし、AWSの導入に際しては、大きな不安があったという。(2015/6/19)

テレビ朝日が見据える次世代テレビ ビッグデータは「何」を変えるのか
身近なテレビもクラウドで変革していく。クラウドを軸にしたビッグデータ分析基盤によって、テレビ朝日は近未来のテレビのあり方をどう描いているのだろうか。テレビ局のIT×ビッグデータ活用の意図とポイントを聞いた。(2015/6/16)

ホワイトペーパー:
商用Hadoopディストリビューション一覧表
「Apache Hadoop」を利用すれば、ビッグデータを高速かつ安価に処理することができる。だが、その導入は決して容易ではない。そこで頼りになるのが、企業向けに機能やサポートが強化された商用ディストリビューションである。本稿では注目の6種を紹介する。(2015/4/17)

James Watters氏に聞く:
Docker、そしてCloud FoundryとPaaSの価値とは
Docker人気を踏まえたとき、Cloud Foundryはどのように位置付けられるのか。PaaSの最終的な価値とは何なのか。AWSとの競合とは。Cloud Foundryの責任者である米PivotalのJames Watters氏に聞いた。(2015/2/26)

Database Watch(2014年11月版):
AWSが発表したクラウドネイティブなMySQL互換DB「Amazon Aurora」
Amazon RDSに新たに加わったAurora。MySQL互換をうたうハイパフォーマンスのデータベースサービスを取材した。(2014/11/28)

転換期を迎えるHadoop:
Hadoopは「難しい・遅い・使えない」? 越えられない壁がある理由と打開策を整理する
ブームだったHadoop。でも実際にはアーリーアダプター以外には、扱いにくくて普及が進まないのが現状だ。その課題に幾つかの解決策が出てきた。転換期を迎えるHadoopをめぐる状況を整理しよう。(2014/8/22)

プライベートクラウドはただのデータセンターにすぎない
有料コンテンツ事業を成功させた「パプリッククラウドの利点」とは?
『The Times』『The Sunday Times』のWebコンテンツ有料化を断行したNews UK。サッカー・プレミアリーグのコンテンツ独占配信にも活用された「パブリッククラウドの利点」とは?(2014/7/22)

AWS情報アップデート:
AWS、CloudTrailの対応サービス拡大
AWS環境のログデータ記録を適用できるサービスが拡大。セキュリティ問題やコンプライアンス対策に利用できる。(2014/5/7)

AWS情報アップデート:
AWSも値下げ発表、EC2とS3、RDSなど対象
米グーグルの大幅値下げの翌日、AWSはさらなる値下げを発表。2014年4月1日から、既存インスタンス/データにも適用される。(2014/3/27)

AWS情報アップデート:
Amazon Elastic MapReduceで「Impala」が利用可能に
Amazon Elastic MapReduce(EMR)の一部として、オープンソースのHadoop用クエリツール「Impala」が使えるようになった。(2013/12/16)

Computer Weekly製品導入ガイド
激増するビッグデータ用データに苦慮するユーザーたち
ビッグデータ分析では、バックエンドインフラをアプリケーションのニーズに合わせる従来型のアプローチを改める必要がある。(2013/11/8)

AWS情報アップデート:
Amazon EC2でGPUインスタンスが登場、Elastic MapReduceの管理コンソールも刷新
AWSにOpenCLもCUDAも使えるインスタンスが登場。NVIDIA GRIDが使われる。(2013/11/7)

中堅・中小向けのBIソリューションを発表 SAPジャパン
SAPが提供する「SAP Crystal Solutions 2013」では、ビッグデータやモバイルへの対応強化、対応プラットフォームの拡張がなされている。(2013/10/15)

オープンソースこそ「最先端の」テクノロジー
「プロプライエタリ製品はダメ」、英公共テレビ局のビッグデータ導入記
英国の公共テレビ局Channel 4では、どのようにビッグデータを管理し、オンデマンドサービスを提供しているのか? 同社CTOが本音を語る。(2013/8/16)

Computer Weekly:
「OSSを選ぶ方が賢明だ」英公共テレビ局のビッグデータ導入記
英国の公共テレビ局Channel 4では、どのようにビッグデータを管理し、オンデマンドサービスを提供しているのか? 同社CTOが本音を語る。(2013/8/7)

HBaseアプリケーションも実行可能:
Amazon Web Services、Hadoopディストリビューション「MapR M7」を提供開始
米Amazon Web Servicesは、「MapR」の新エディションとなる「M7」をAmazon EMR上で提供開始したと発表した。Hadoopアプリケーションに加え、HBaseアプリケーションが実行できる。(2013/7/16)

日本IBM、BIソフト最新版でビッグデータ活用を強化
日本IBMはBIソフトウェア製品の最新版「IBM Cognos Business Intelligence V10.2.1」を発表した。(2013/6/12)

Amazon Redshiftにも対応:
Hadoop、NoSQLのサポートを強化した「Talend v5.3」
Talend v5.3は、MapReduceのネイティブコードを生成できるようになった。これにより、Talendのジョブを並列分散処理に対応させることできる。(2013/5/23)

2013 Japan IT Week 春リポート(クラウド編)
王者AWSにどう挑むか、主要クラウドサービスの最新動向
さまざまなパートナー企業とタッグを組み、企業システムに浸食する王者AWS。そのAWSに対抗すべく、多数のアップデートで挑む国内クラウド勢。クラウドEXPO 2013の模様をリポートする。(2013/5/16)

Database Watch(2013年1月版):
Redshiftがもたらすデータ分析環境の新時代/私的2012年の業界まとめ
2012年末に発表されたAmazon Redshift。ついにデータウェアハウスも格安のWebサービスの1つとして選択できるようになった。今月はRedshiftをウォッチ!(2013/1/24)

AWS連携可能なネットアップの新ストレージ
米ネットアップは、ストレージから直接AWSにデータを複製、各種サービスを自社インフラとして利用できる新製品を発表した。データ活用を簡便に行えるという。(2013/1/22)

Hadoopと連携したCOBOL開発・運用ソフトウェアを発表 富士通
富士通はCOBOL開発および運用ソフトウェアの新製品「NetCOBOL V10.5」を販売開始した。(2012/12/5)

「MongoDB」や「SAP HANA One」などを用意:
AWS Marketplaceに「ビッグデータ」カテゴリ、新設
米Amazon Web Services(AWS)は11月16日、クラウドアプリのマーケットプレース「AWS Marketplace」にビッグデータのカテゴリを新設した。(2012/11/19)

クラウドガバナンス現在進行形 第2章【第2回】
ビッグデータは世の中を変えるか?
ビッグデータとはインフラストラクチャ、つまり公共財として整備されるべきオープンなものであるべきだ。ビッグデータ活用を推し進める上で乗り越えるべき課題とは何か。ビッグデータの定義と事例、今後の課題を解説する。(2012/7/18)

Amazon EC2が落雷で障害 InstagramやPinterestがダウン
AWSの米東海岸にあるデータセンターが雷雨のため停電し、同社のクラウドを利用しているInstagramやNetflix、Pinterestなどのサービスが数時間にわたって利用できなかった。日本時間の7月1日現在、サービスはほぼ復旧している。(2012/7/1)

クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【後編】
パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──IBM、Microsoftの場合
最も自動化が進んだクラウドベースのHadoopビッグデータ分析サービスを提供するベンダーはどこか。前編に続いて、IBM、MicrosoftのHadoop対応を見ていこう。(2012/5/30)

クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【前編】
パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──Amazon、Google、Herokuの場合
パブリッククラウドのビッグデータ対応を最も進めているベンダーはどこか? 前編ではAmazon.com、Google、Heroku(Salesforce.com)のHadoop対応状況を紹介する。(2012/5/28)

レポート ハイブリッド環境運用セミナー:
ハイブリッド時代の「業務を止めない」運用管理
@IT情報マネジメント編集部では2012年2月24日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで「第14回 @IT情報マネジメントカンファレンス 〜システムは異常なし、ビジネスには異常ありでは意味がない〜 ハイブリッド時代の『業務を止めない運用管理』」を開催した。ここではその要点をレポートする。(2012/3/27)

AWS、オートスケール機能を備えた「Amazon DynamoDB」を東京から提供
Amazon Web Servicesは、分散データベースの管理や拡張を自動化したNoSQLデータベースサービス「Amazon DynamoDB」を東京のデータセンター群でも提供していく。(2012/3/1)

SimpleDBと比較して容量とパフォーマンスを大幅増強
Amazonのクラウドデータベース「DynamoDB」はSQL Azureの脅威になるか?
Amazon Web Servicesが立ち上げたNoSQL型クラウドデータベースサービス「DynamoDB」。ビッグデータ対応要求にも応えるというが、Microsoftの「SQL Azure」と競合するのか?(2012/2/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。