ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「身だしなみ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:ファッション

ディズニーストアの浴衣が大人かわいい! どれにするか悩んじゃう4種類のラインアップ
ミッキー、ミニー、ラプンツェル、アリエルの4種類。(2019/6/11)

動物病院で検査をするも「ただの甘えですね」 食欲がなくなったように見えたネコちゃんの仮病がかわいい
病名は「甘えん坊」。(2019/6/4)

「軽く死ねますね」 南極よりも超近ぇ船橋港「SHIRASE5002」に巡礼してみた
絶叫する60度を超えてきた……。【訂正】(2019/4/13)

PR:あなたのイメージは会う前から決まっている!? 就活のカギは「第0印象」! 内定をゲットするための身だしなみ術に迫る
20代男子の55%が写真を加工する時代、写真の加工にNGを出す採用担当者は86.9%。(2019/3/14)

AI導入には「最低6カ月、1000万円」を覚悟せよ:
ライオンの「口臭リスク判定アプリ」 ユーザー、ベンダーが語るAI開発の裏側
舌の画像を解析し、口臭のリスクを判定するというアプリ「RePERO」。東京・虎ノ門で行われたイベント「THE AI 3rd」では、そのAI開発の舞台裏をライオンと富士通クラウドテクノロジーズが語った。(2019/2/25)

猫の“よだれ”をイメージしたコスメジェル 「ペロペロ毛づくろい オールインワンジェル」が登場
身だしなみは大事ニャ。(2019/2/13)

現代は“社会人のヒゲ”もアリな時代? 大阪市営地下鉄「ひげ禁止訴訟」に、ネット上の反応は9割が否定的
大阪市に賠償命令が下された訴訟。(2019/2/8)

暑くてもジャケットは着るべき?:
「面接でノック2回」「室内でコート」は本当に失礼? プロのマナー講師に聞いてみた
ビジネスシーンでは、ノックを3〜4回してから入室するのがベターだという説がある。これは本当なのか。なぜ2回のノックは失礼なのか。「コートを着たまま屋内に入るのはマナー違反」などの説の真偽も含め、マナー講師に見解を聞いた。(2019/1/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
心をつなぐ接客。“やりがい”で人は輝く
丸亀製麺のユニークな人事や接客とは?(2018/12/6)

「合皮製の靴」はOK:
「スーツにリュック」は本当に非常識? プロのマナー講師に聞いてみた
「スーツにリュックサックを合わせるのはマナー違反」との声をよく耳にする。だが、リュックには機能性などのメリットがある点も事実だ。なぜ、ビジネスリュックは批判を集めるのか。本当に非常識なのか。日本サービスマナー協会の講師に見解を聞いた。(2018/11/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
重要なのは声のコーディネート――エグゼクティブにふさわしい魅力的な声を手に入れる
自分の声がどのような声なのか、自分自身では分かりにくい。そこで魅力的な声を出すためには、他の人からのフィードバックが不可欠である。エグゼクティブのための、声のコーディネートを学ぶ。(2018/9/26)

日々のケア方法を教えてください:
「身だしなみ」に関するアンケートにご協力ください――Amazonギフト券5000円を抽選でプレゼント
(2018/9/19)

行き先は海外より国内が吉?:
異性と「一緒に旅行」した際、約半数の男性が相手に恋 ただ交際に発展は2割
オンライン総合旅行サービスを運営するエアトリが「男女での旅行」について調査を行った。男性は女性より一緒に旅行した異性にほれやすい事実が分かった。ただ、交際に発展するケースは2割にとどまっていた。(2018/9/14)

9割以上が「鼻毛を見つけたのに指摘できなかった」 パナソニックが他人の身だしなみについて調査
確かに鼻毛が出てるのって言えない……。(2018/8/27)

日本のおもてなし術の“伝道師”:
「ローソン外国人店員研修」で500人育てた「カリスマママ教官」の愛のムチ
ローソンの外国人向け店員研修に記者が参加。指導役の女性が参加者の国の文化に配慮しつつ、厳しく丁寧に複雑なコンビニ業務をレクチャーした。(2018/8/27)

「クジャクのヒナって茶色いんだ」「初めて見た」 京大クジャク同好会で誕生したヒナが好奇心旺盛でかわいい
目指せ大学の人気者。(2018/8/10)

お客だけでなく、応募者も“神様”:
「応募があったら5分以内に返信」 過熱する飲食業界の人材獲得競争
飲食業界の人材獲得競争が激化している。他社に先んじて優秀な人材を採用するためには、「選ぶ」のではなく「選んでもらう」姿勢が重要だという。現場では一体、何が起きているのか。(2018/7/31)

水曜インタビュー劇場(水道発公演):
なぜ「スーツみたいな作業着」をつくって、しかも売れているのか
スーツのような作業着「WORK WEAR SUIT(ワークウェアスーツ)」が売れている。製造しているのはアパレルメーカーでもなく、作業着メーカーでもない。水道工事などを行っている会社がつくったわけだが、なぜこのような商品を開発したのか。その狙いを聞いたところ……。(2018/7/11)

未婚男女600人に聞いた:
デートでがっかり「異性の身だしなみ」ランキング 1位は……?
独身男女が、デートなどで異性と接した際にがっかりしてしまうポイントは?――オーネット調べ。(2018/7/4)

一流の営業マンはやっている:
サラリーマンが5分でできる、簡単な服装チェック術
「大事な商談があるのに、どんな服装にすればいいのかよく分からない」「いつもと同じスーツで」といった人も多いのでは。身だしなみに自信を持てない人はどのようにすればいいのか。スタイルアドバイザーのたかぎ・こういち氏が、たった5分でできるチェック術を紹介する。(2018/6/25)

体臭、加齢臭、柔軟剤も:
「くさい!」を数値化 タニタ、“スメハラ”対策に「においチェッカー」
タニタは7月1日、体臭や加齢臭、強すぎる柔軟剤のにおいなどを自分でチェックできる機器「においチェッカー ES-100」を発売。ビジネスシーンなどで身だしなみを整えるのに役立ててもらう。(2018/6/18)

あいさつ「またお越しくださいませ」も廃止:
ファミマのバイト、“時代の流れ”で「茶髪OK」に
ファミリーマートがアルバイトスタッフの髪形に関する規則を緩和。従来は“黒髪限定”だったが、茶髪や金髪などでの勤務を認めているという。(2018/6/13)

「受付スタッフに塩対応」はNG:
面接官は見ている! 選考でマイナス印象を与える「ささいな態度」とは
中途採用に臨む人事担当者は、応募者のどんな点を不快に感じるのだろうか――人材会社のONE調べ。(2018/6/12)

自転車通勤や営業にぴったり?:
「スーツに見える作業着」に軽量の夏モデル登場 社長「パリコレ目指す」
ネットで賛否両論を呼んだ「スーツに見える作業着」に軽量の夏モデルが登場。裏地をなくすなどの工夫によって軽量化と通気性の向上を実現したという。開発元に意気込みと今後の目標を聞いた。(2018/6/12)

シャツのスソに大きな名前欄 インして隠したくなる制服が身だしなみを整えさせる秀逸なアイデアと話題に
生徒が自発的に整えるよううながしているのがうまい。(2018/4/19)

ドラマに出てくるエンジニアは「メガネにヨレヨレのシャツ」……ITベンチャーがイメージアップ目指す「おしゃれ手当」
ネイルや腕時計にも補助が出ます(2018/4/12)

見た目はスーツ、実は作業着 「ワークウェアスーツ」はなぜ生まれたか
「スーツの代わりに着たい」という声もあがるなどさまざまな反響が。開発元に聞きました。(2018/4/13)

水曜インタビュー劇場(痛みなし公演):
なぜ駅ナカで鼻毛を抜こうと思ったのか 「3分 1000円」の世界
駅ナカで鼻毛脱毛を行っている店が、ちょっと話題になっている。店名は「ekibana(エキバナ)」。3分1000円で鼻毛を抜いてくれるこの店は、どのような特徴があるのか。話を聞いた。(2018/4/11)

世界で活躍するための戦術:
男性もお肌の“マネジメント”でさらに活躍? 資生堂、企業向け研修を提供
資生堂ジャパンは、男性のスキンケアに特化した企業向けセミナーの提供を今月から始める。「日本人男性がさらにグローバルに活躍するための戦術の1つとして、身だしなみに加えて“肌マネジメント”の重要性を伝えていく」という。(2018/4/5)

転職バーのハルカさん(7):
PR:そこはアラスカのように熱く冷たい――ようこそ、シンギュラリティ“後”の世界へ
そこそこのエンジニア「シュウヘイ」は、メイド型ロボット「AKI」に起こされて目が覚めた。会社に行けば行ったで、シュウヘイの仕事は全部AIやロボットに取って代わられている。もしやシンギュラリティ!?(2018/3/29)

「スーツに見える作業着」が登場 人手不足にあえぐ清掃・設備・建設業界のイメージ改善を目指して
伸縮性や防水、多収納など、作業着に求められる機能を完備。(2018/3/28)

サービス領域の絞り込みが鍵:
過剰な「お客様のため」を見直せば生産性は上がる
人手不足に苦しむ飲食業界や小売業界では生産性向上はすぐに取り組むべき課題だ。そのためには、「お客様のため」という名のもとにはびこる不要な業務を削減することが必要だ。(2018/3/12)

「誰かがこの2匹を助けてくれますように……」 修道院にあらわれた野良犬と野良猫が無事に保護される
2匹一緒に保護されました。(2018/2/18)

ターゲットは「分からない」? ドコモが2画面スマホ「M」で目指すもの
ドコモの新機種の中でもひときわ高い注目を集めている2画面スマホ「M」。ZTEと共同で開発し、グローバルにも展開する。ドコモはなぜMを開発したのだろうか。(2018/2/6)

技術者が知っておきたい失敗しない転職活動のコツ(6):
「面接の準備は万全に」――自己アピールのチャンスを生かすための傾向と対策
「今までで一番の失敗は何ですか?」「将来どのような技術者になりたいですか?」など、自身の経験や考えに基づき自由に回答できる“オープンクエスチョン”。今回は、「エピソードトーク」「キャリアビジョン」「チームワーク、コミュニケーション」の3つを例に、その傾向と対策を紹介する。また、面接の事前準備と同じくらい重要な“身だしなみ”についても取り上げる。(2018/1/22)

え!? 電車やバスの運転士さんって「あいさつ返し」しちゃだめなの? 本当のところを確かめてみた
子どもの「しゃしょうさんにけいれいっ」は、微笑ましい光景ですよね……?(2017/12/1)

パナソニックの型破りな家電! 「脱臭ハンガー」誕生の秘密
パナソニックの「脱臭ハンガー」は、衣類を掛けておくだけで臭いをとってくれる画期的な家電だ。その開発者に経緯を聞くと、驚きのこだわりエピソードがいくつもあった。(2017/8/18)

校則でポニーテールを禁止する中学校があるってホント? 生徒指導担当「わが校だけではない。おそらく全国的にNG」
ポニーテール禁止校、意外に多いもよう。(2017/8/2)

クラウドファンディングで人気:
人の体臭を測定できるデバイス「クンクンボディ」登場
コニカミノルタが、人の体臭を測定できるデバイス「Kunkun body(クンクンボディ)」を発売した。汗臭・加齢臭・ミドル脂臭の3大体臭を測定し、専用アプリ上に数値とアドバイスを表示する。(2017/7/13)

「スメハラ」してませんか? 体臭が“見える”スマホ連携デバイス 開発の裏側
臭いの種類を判別できる体臭チェッカー、その名も「kunkun body」(クンクンボディー)をコニカミノルタが開発した。【訂正】(2017/7/13)

顧客と信頼関係を築く方法とは:
営業担当者の「現場力」が優れた会社は成長できる
ITmedia ビジネスオンライン主催のセミナーイベント「チーム全体で業績を伸ばすための営業マネジメント術」が東京都内で開催。元積水ハウスで全国トップの支店長だった加藤氏と、ローランド・ベルガー会長の遠藤氏が、組織の営業力を高めるための方法や考え方を紹介した。(2017/4/12)

許せない行動は……:
「新入社員のタブー行動ランキング」1位は?
入社1カ月以内の新入社員が取っていた許せない行動は?――マクロミル調べ。(2017/3/22)

身だしなみは最低限のマナー:
「中身で判断してほしい」という就活中の若者へ
相手には外見の良さを求めるのに、自分のことは「中身を見てほしい」では矛盾しています。自分の外見に優位性がないなら、それを補正するお金や権力など、何らかのメリットで説得する必要があります。(2017/3/22)

週刊「調査のチカラ」:
「インサイト」が全て――生活者の本音を探ってみると
社会問題への関心から40代ミドル男性の身だしなみに対する意識まで、調査データから最近の生活者心理を探ります。(2017/3/18)

管理職が学ぶべきメンタルヘルス・マネジメント:
【新連載】部下のメンタル不調サインに気付けるか
「うちは大丈夫だろう」から「いつ起きてもおかしくない」に管理者は考えを改める必要がある。(2017/3/8)

臨床心理士みらーのメンタルアドバイス:
勝負は一瞬で決まる? 「メラビアンの法則」で第一印象を好意的にする方法
(2017/3/8)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニの棚を拡大中の「洗剤」、縮小しているのは?
コンビニには必要なモノはほとんどそろっているが、ずっと同じ品ぞろえではない。「今、はやっているモノ」や「新しいモノ」を置いて売れるかどうかを試した結果なのだ。今回は、コンビニの品ぞろえがどのように決まるのかを紹介しよう。(2016/10/20)

あのキャラに花束を:
【ネタバレあり】とてつもなく「ファンキー」で「うっすらおかしい」巫女さん 「君の名は。」宮水三葉が愛しい
妹の四葉曰く「あほ」で「美人」(2016/9/20)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
5時間毎に座席が変わる! 内山信二がカルビー流”3つ”の働き方を体験
「かっぱえびせん」や「ポテトチップス」でお馴染みのカルビーに訪問。5時間毎に自ら働く場所を決めるカルビー流の働き方を体験!当然お菓子は食べ放題!?(2016/9/17)

どことなく漂う気品 多摩動物公園の放し飼いクジャクが男子トイレに参上
イケメンは身だしなみが重要。(2016/6/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。