ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「隠語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「隠語」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

SNSで実行役を勧誘、犯罪グループは特殊詐欺やめ強盗に
2020年1月、民家に男らが侵入し、高齢女性を脅して現金やキャッシュカードを奪う強盗事件が発生した。その後の捜査で、実行犯はSNS経由で強盗に誘われていたことが分かった。同様の手口は特殊詐欺で見られる。警察は、犯罪グループが成功率の低い特殊詐欺から強盗に移行しているとの見方を示している。(2020/5/26)

劇場版コナン「瞳の中の暗殺者」ファン投票1位で今夜金ロー放送! ファンが語る“褪せない魅力”とは?
ファンが早口で魅力を語ります。(2020/2/7)

『僕のヒーローアカデミア』キャラ名「丸太」が「731部隊連想させる」と海外ファンから抗議 ジャンプ編集部が名前の変更を発表
作者と協議の上で変更を決めたとのこと。(2020/2/3)

笑わない男・稲垣啓太、渾身の“ラテアート”に反響 かわいいハート型に「ギャップ萌え」「ドブ卒業おめでとう!」
うまくいったときは笑ったのかな。(2020/1/6)

にゃるら×カエルDX:
オタクが最近の「お嬢様ブーム」について話しました
オタクたちによる新連載がスタート! 月1で更新予定です(編)。(2019/12/25)

「上司の圧力」報道も:
セブンがおでんを無断発注した社員を懲戒処分 被害の背景は明かされるのか
セブン‐イレブン・ジャパンの社員が店舗のおでんを無断で発注した。同社は2人の本部社員を懲戒処分にした。無断発注の背景は明かされるのか。(2019/11/18)

山口真帆、「暴行男性との私的交流」報道に反論 「もう関わりたくない」「酷すぎる」と嫌悪感あらわ
山口さん「写真会の仕組みも分かっているはずなのに酷すぎる」。(2019/10/30)

「万引き犯への温情は無用」「こんなヤツには注意する」 万引きGメンに聞く、よくある手口と捕まえ方
「子どもであろうと、金額が少なかろうと、必ず警察に引き渡します」(2019/9/21)

可愛い子が急に「ちんちん」とか言い出したら君は耐えられるか 「かぐや様は告らせたい」7話
「ちんちん」を通じて描かれる女子二人の結びつき。(2019/2/24)

おにぎり→「コメの集合体」 食いしん坊の子どもの前で食べ物の名前を隠語に変える漫画に子育て中のママからの共感の声多数
連想ゲームかっ!(2018/12/3)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「敵とは何か」 SNSの未来を描く「ガッチャマン クラウズ」のメッセージを解く
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)がセキュリティ対策を解説します。第4回のテーマは「ガッチャマン クラウズ」です。 (2018/10/12)

ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界
「最初の1カ月はまずゲームをしてくださいって言われました」(2018/6/17)

これからのAIの話をしよう(言語編・後編):
AIコピーライターの衝撃 広告代理店は今後どうなる?
人工知能はセミプロクリエイターを駆逐するか? AIコピーライター開発者と雑誌編集者による、「言葉」をめぐる異色対談。(2018/6/4)

「e5489」「仮乗降場」「側面よし」――奥深すぎる“テツ語”満載『テツ語辞典』はいかにして作られたか テツな著者2人に聞いた
『カレチ』作者でも知られる池田邦彦さんと鉄道フォトライターの栗原景さんに裏話を聞きました。(2018/2/5)

AIで複雑化するサイバー攻撃、対抗できるのもまたAIか、それとも人か
ランサムウェア「WannaCry」のインパクトが記憶に新しい中、ウクライナやロシアを中心に感染を広げた「NotPetya」が登場した直後の開催となった、2017年6月の@ITセキュリティセミナー。複雑化するサイバー攻撃の現状、AI(人工知能)/機械学習、自動化、データ、人や組織体制に関するセッションを中心にレポートする。(2017/8/16)

かーずSPのインターネット回顧録:
「もせあ」って覚えてる? 音楽データの扱いに革命を起こした「MP3」の衝撃
MP3の普及で、音楽・音声の扱いは一気に変わりました。(2017/7/29)

何かの隠語かな? ベイビーレイズJAPANの新曲、「○○○○○」に
アニメ「ナナマル サンバツ」EDでした。(2017/6/2)

「真・女神転生」の“マーラ様”フィギュアがグッスマから登場 倫理的に大丈夫か不安になるレベルの再現度
大丈夫、アレじゃなくて魔神だからきっと大丈夫。(2017/2/20)

レントンやっぱり走ってる! 「トレインスポッティング2」のポスターと最新予告動画が公開
青年ぽさが消えないユアン・マクレガー。(2016/11/4)

“アンソロ事故”も:
「プールで腐女子をカミングアウト」 声オタ・夢女子さんにオタクの目覚めを聞く
あなたはなぜオタクになったの? 声オタさんと夢女子さんに聞きました。(2016/6/27)

「豊橋市JK広報室」に「JKは性産業のイメージ強い」と改名申し入れ 他県のJKプロジェクトは?
愛知県豊橋市が立ち上げたプロジェクト「豊橋市役所JK広報室」に、地元の女性から反発の声が。2014年に「鯖江市役所JK課」を発足した福井県鯖江市も合わせて、公的機関の“JK”の使用について三者に取材しました。(2016/6/6)

ディルバート(435):
営業トークでどれだけ“盛って”いいの?
どうして営業って、できないことも「できます!」と元気よく言ってしまうのでしょうね。(2016/2/12)

やっぱりカードはエロい方が売上が上がる? ガチャの確率操作、ホントにしてない? ソーシャルゲーム運営に直球で質問してみた【PR】
ネットで叩かれがちなソーシャルゲームについて、気になることを「戦国炎舞-KIZNA-」のプロデューサーに聞いてみました。(2016/1/8)

広告会社自身のコンテンツマーケティング:
売れるネット広告社が「広告業界用語まとめ動画」をリリース
売れるネット広告社は、社員が出演した21本の短編動画からなる「あるある!『広告業界用語まとめ動画』」をリリースした。(2015/10/29)

コスプレ、特撮、同人……オタクの実態を描いたマンガ10選
夏コミ前にオタクたちが主人公のマンガを集めてみました。オタク文化に興味はあるけれど薄くしか知らない、という人のための用語集つきです。(2015/8/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
止めることはできなかったのか 女子プロレスで起きた“事件”
女子プロレスでぼっ発したケンカマッチが、マット界を揺らしている。王者の世IV虎(よしこ)が激しいパンチを浴びせ、挑戦者の安川惡斗(やすかわあくと)は重傷。プロレスでこうした“事件”がたびたび起きるが、なくすことはできないのだろうか。(2015/3/5)

ALSOK、“ネット炎上”監視サービス開始 「ネット上の火災報知器」
ALSOKが、企業の信用定価につながる炎上や風評、情報の流出を監視する「ネット情報監視サービス」を開始。「ネット上の火災報知器」としている。(2014/11/27)

手帳の内容、見られて困ることは? 男女で違い
手帳を見られることに抵抗がある人はどのくらいいるのだろうか。「抵抗がある(とても+やや)」と答えたのは75.6%だった。高橋書店調べ。(2014/11/13)

はてなとフリークアウト、不適切サイトへの広告出稿を制御する「アドベリフィケーション」共同開発
はてなとフリークアウトが広告配信先から不適切サイトを検出するアドベリフィケーション機能「BrandSafe はてな」を開発した。(2014/8/19)

まだ見ぬお宝を求めて:
それいけ! デジコレ探索部「第4回 黄表紙の創始者」
日本の貴重なデジタル化資料を公開している国立国会図書館デジタルコレクション(デジコレ)。本連載では、デジコレで見ることができるデジタル化資料の中からコレは! というものを探し出し、紹介していきます。(2014/7/18)

LINEメッセージを親がチェック、いじめ防ぐ「Filii」
子どもが受信したLINEメッセージに、いじめや犯罪につながるキーワードが目立った場合、親に通知するアプリが登場した。(2014/7/4)

新連載 博報堂生活総研・吉川昌孝の「常識の変わり目」:
「少子化」を子どもの目から見てみると……
「昔はこうだったのに」──。これまでの常識とは違うことが常識になりつつあると感じる事象はありませんか。データで読み解くと、常識の変わり目が見えてきます。連載1回目の今回は「少子化の変わり目」を取り上げます。(2014/5/9)

いろんな意味で鬼のような彼女:
艦これ艦娘“戦歴的”プロフィール「金剛」編
日本の戦艦で最も活躍したのは、最も足が速いのに最も年老いた彼女だった。お、お、お、おぢゃうさん、無理しないで……。(2013/11/12)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
「ブラック企業かどうかは、人それぞれ」――この発言が怖い理由を考える
過労死などのニュースが流れたとき、残業時間を聞いて「俺なんて普段からもっとサビ残しているぞ」「この程度でブラックなら、うちの会社は真っ黒だ」などと言ったことはないでしょうか。こういった発言で問題をあいまいにすることが、実は自分たちの首を絞めているのです。(2013/8/5)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論(15):
会議は、非リアルタイム系の“読み書き戦”に持ち込む
「たった一人の軍隊」となって海外出張先に乗り込んだあなた。あとは当日、相手企業との会議という名の「戦闘」に挑むだけ――。もしもこう考えているなら、それは大きな間違いです。英語に愛されない私たちは、会議当日を「戦闘完了時」と考えなくてはなりません。では、それまでにどんな準備をすればよいのか。私たちに最も適した戦法を“未来完了戦略”と名付け、今回の実践編(ミーティング準備[国内戦])で公開します。(2013/3/25)

東京地検、2ちゃんねる元管理人・ひろゆき氏を不起訴処分に
ひろゆき氏の“麻薬特例法違反ほう助”容疑に決着。(2013/3/19)

相場英雄の時事日想:
電機メーカーは生き残れない――新政権のあり得ない“支援”
大晦日の日経新聞の朝刊一面に『公的資金で製造業支援=工場・設備買い取り、官民5年で1兆円超』という見出しが躍った。公的資金を注入して産業の空洞化を防ぐ狙いがあるようだが、果たして電機メーカーは生き残ることができるのだろうか。(2013/1/10)

ビジネスノベル新世紀:
どんな流れで進めればいいの? ビジネスノベルの書き方とは
近年ビジネス書界隈で目立つようになっているビジネスノベル。ショートショートのビジネスノベルを対象とする「誠 ビジネスショートショート大賞」の作品を書くにはどのような流れで進めればいいのか。1つの例をもとに解説してみました。(2012/9/7)

ソーシャルデータの分析機能をクラウドサービスとして提供:
SAP、「ソーシャルデータは収益に直結させてこそ意義がある」
(2012/7/10)

窪田順生の時事日想:
新宿2丁目にある学校が、“金の卵”を生み出すかもしれない
「通信高校サポート校」をご存じだろうか。あまり馴染みはないだろうが、通信高校サポート校とは、通信制高校に在籍する生徒に、3年間で卒業できるように支援を行うところ。そこが“金の卵”を生み出すかもしれないのだ。なぜなら……。(2012/5/22)

井上久男の「ある視点」(13):
家電版「覇者の驕り」――名門家電メーカーは垂直統合モデルから脱却できるか
電機業界の赤字3兄弟「SKN 1.3」で最も重篤なのは? 名門再生のカギは過去の栄光を捨てられるかだ。(2012/3/23)

店で「おあいそ!」と言うオヤジに、新人教育ができるのか?
研修で学んだ受講者にとっての最大の難関は、学んだ内容と異なることが行われている現場であり、学んだことを実践させない上司である。「おあいそ!」という言葉から、ビジネスマナーについて改めて考えてみた。(2012/3/16)

相場英雄の時事日想:
食事をし、交通費をもらう……“ごっつぁん記者”なんていらない
「あご足付き」という言葉がある。スポンサーから食事や交通費などを提供される“おいしい仕事”を指す隠語だが、実はマスコミでも使われている。しかし、この「あご足付き取材」を全廃しなければ、国民からの信頼は得られないのではないだろうか。(2011/9/29)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
女性が指導的立場につくことを妨害している、大きな要因とは?
30人の女性トップリーダーからの得た、「ビジネスと成功に関するアドバイス」(2011/3/16)

相場英雄の時事日想:
ベストセラーの背後に“手買い”? 出版不況でランキング底上げ
本や雑誌の売り上げが落ち込む中、出版社は懸命な努力を続けている。ただ最近は「売れ行き動向が不自然」(出版社)という本も出てきており、大掛かりな“手買い”が行われているのでは、といった噂も出ている。(2010/5/6)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
Twitterが使えない中国からフォローされたでござる、の巻
多くの中国人からほとばしる本能が“ある”日本人女優のTwitterを盛り上げている。あれ? 中国ってTwitter使えるんだっけ?(2010/4/22)

文脈解析で隠語も判別 NICT、有害情報検出技術の研究をKDDI研に委託
ネット上の違法・有害情報を判別する技術開発を、NICTがKDDI研究所に委託した。隠語も自動抽出できる技術を研究し、監視業務を支援する。(2009/7/23)

シリーズ・“新借金地獄”の時代:
「お金は貸せません」と断られていたのに……“立場が逆転”する日
あまり知られていないが、今年の秋をメドに、消費者金融とクレジットカードなどの情報センターがオンラインで結ばれる。これまで返済が滞った“ブラック情報”だけを見ることができたが、今後は“ホワイト情報”ものぞけることに。(2009/7/16)

今すぐ使えるアキバワード Vol.39:
生もの【なま-もの】
アキバのPCパーツショップでは、聞き慣れない単語を耳にすることがある。製品や規格の略称、店員同士の隠語、ちょっと“通”な注文の仕方など。そんな「アキバワード」をチェックする。(2008/9/26)

今日から使えるITトリビア:
カリスマ経営者の変人ぶりと日本のヘンジン会
「変人」と言えば、田中眞紀子代議士が小泉純一郎元首相を称した言葉だが、ビッグネームには多かれ少なかれ、変人ぶりや奇行のウワサがあるもの。今日のIT時代を築き上げたスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツにも数々の逸話が。もちろん日本にだって!?(2008/8/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。