ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「麻生太郎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「麻生太郎」に関する情報が集まったページです。

ドコモ口座不正 銀行側のセキュリティ対策の不備も、対応急ぐ
「ドコモ口座」を利用して不正な預金引き出しが行われた問題では、銀行側のセキュリティ対策の甘さも被害の要因となったと指摘されている。被害のあった銀行は2段階認証などの本人確認強化のための対策が抜けていた。(2020/9/15)

「若者の政治無関心、悪いことではない」「SNS上の批判、対処法は……」――麻生副総理がN高で講義
麻生太郎副総理が、通信制高校「N高等学校」が設立した「N高政治部」の授業に登壇。生徒に向けて講演し、「若者が政治に関心がないことは、悪いことではない」などと発言。SNS上の批判への対処法にも触れた。(2020/9/9)

N高に政治部 初回は麻生副総理が登壇、特別講師に国際政治学者の三浦瑠麗氏
生徒が政治家と直接意見を交わし政治について学ぶ「N高政治部」をN高が設立。特別講師として国際政治学者の三浦瑠麗氏が就任し、9日に行われる初回授業のゲスト講師として麻生太郎副総理が登壇する。(2020/9/2)

進まぬマイナンバーカードの普及 ポイント還元は起爆剤になるか
マイナンバーカードを使ったポイント還元策「マイナポイント事業」の申し込み受け付けが始まった。政府関係者はカード普及の“起爆剤”と期待するが、効果は限定的とみる向きもある。事業を進める中で、カードの意義も合わせて浸透させられるかがポイントになりそうだ。(2020/7/20)

金融庁、7月で発足20年 コロナ、仮想通貨など新たな課題に直面
 金融庁が平成12年に発足してから、7月1日で20年を迎える。最大の課題だった不良債権処理でかじを取るなど、バブル経済崩壊後の危機対応で重要な役割を果たしてきた。現在は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、金融における新たな役割も求められている。金融とITを融合した「フィンテック」への対応や地域金融機関の強靭(きょうじん)化といった新たな課題にも取り組むが、道半ばだ。(2020/6/29)

首相が補正予算案の組み替え指示 新型コロナ、10万円一律給付へ
 安倍晋三首相は16日、新型コロナウイルス対策として、国民1人当たり10万円の現金を一律給付するため、令和2年度補正予算案を組み替える方向で検討するよう麻生太郎財務相に指示した。政府関係者が明らかにした。(2020/4/16)

政府が休業補償や一律給付金を出し渋る理由
温存している……?(2020/4/15)

新型コロナウイルス緊急経済対策〜“総額108兆円”の実態を見れば
真水ではGDPの3%程度にとどまるという見方。(2020/4/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
コロナ対策「マスク郵送」は本当に麻生財務大臣への利益供与なのか
「財務大臣」は、日本郵政の発行株数の63.29%を保有する大株主だ。「財務大臣」は、日本郵政だけでなく、日本電信電話(NTT)や日本たばこ産業(JT)の筆頭株主でもある。「財務大臣」がこれらの企業の筆頭株主になっている背景には何があるのだろうか。(2020/4/7)

【経済#ワード】現金給付 即効性も、景気浮揚は不向き
 政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策に、家計支援策の柱として現金給付を盛り込んだ。海外ではすでに導入が始まっており、近い将来の“感染爆発”が懸念される日本でも喫緊の課題となる。ただ、現金給付の景気刺激効果は少ないとされ、給付対象をどこで線引きするのか、どんな手続きが必要になるかなど、検討すべき課題も多い。政府には現金給付にとどまらない、より広範囲な対応策も求められる。(2020/4/7)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
コロナウイルスの自粛ムードで変わる、キャッシュレス決済の形
政府が関連各社を巻き込む形で2019年以降に活発化したキャッシュレス決済施策は、2020年初期の段階で早くも転機が訪れている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、米国では人々の現金に対する意識が変わりつつある。日本では政府の後押しによるポイント還元施策が継続的に行われる可能性が高く、これをうまく事業者が取り入れていくことが重要だ。(2020/3/26)

現金給付は「早くても5月末」〜商品券との効果の差は 新型コロナ経済対策
スピード感がほしい。(2020/3/25)

肩透かしのような安倍総理の記者会見〜具体的な経済対策の発表はなし
肩透かしのような記者会見は、報道側にも責任。(2020/3/16)

“フリーランス”を理解していない安倍総理〜新型コロナ休業補償の穴
仕事の有無を証明することの難しさ。(2020/3/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
2020年に発行か? 中国が「デジタル人民元」に抱く、危険な野望
中国政府が2020年にも発行するのではないかと言われる「デジタル人民元」。中国が見据えるのは、米国中心のドル覇権の崩壊。デジタル人民元が広まれば、中国が世界のお金の流れを思うがままに管理するかもしれない。日本にも大きな脅威が迫っている。(2020/1/9)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
それでも日本企業が「内部留保」をため込む理由――「保身」に走る経営者たち
気鋭の「硬派経済ジャーナリスト」が、日本企業が生産性を向上させ、生き残るために必要な施策を提言する。2018年、内部留保の額は過去最大を更新し続け463兆円に達した。その裏には、再投資せずに「保身」続ける経営者の姿がある――。(2019/11/18)

【新連載】磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
日本人の賃金が増えない根本理由 「内部留保優先の経営」から脱却せよ
硬派経済ジャーナリスト磯山友幸が斬る新連載「滅びる企業 生き残る企業」。今回は一向に増えない日本人の給与について――。(2019/10/9)

勉強しない日本人に喝!:
大前研一が「年金2000万円問題」を斬る! 終身雇用「崩壊」時代はこう乗り切れ
大前研一氏は、金融庁が出した「年金だけでは老後資金が2000万円不足する」という報告書を巡る議論について「ウソと誤解ばかりだ」と、喝破する。(2019/7/31)

専門家のイロメガネ:
麻生氏「年金受給記憶ない」発言が物議 共産党・小池氏のでたらめな批判内容
老後資金は2000万円不足する……問題の議論の過程で、年金に関する勘違いを助長する話が出ている。日本共産党の小池昇氏のツイートを見ると、同氏も年金を理解していない。小池氏の勘違いは社会保障制度の誤解を招く可能性がある。(2019/6/18)

「苔生す」「蒲生」「生天目」って読める? “150通りの読み方がある”とされる隠れ激ムズ漢字「生」
「読めるけど書けない」じゃなくて「書けるけど読めない」。(2019/4/6)

桜田五輪相「がっかりしている」発言にネットは批判100% 「恥ずかしい」「選手は駒ではない」
競泳の池江璃花子選手の白血病公表について、桜田五輪相が「がっかりしている」などと述べたことに批判が殺到。ネットではネガティブ100%という結果に。(2019/2/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「産まない女が問題」麻生発言の陰で、増え続ける“未婚シングルマザー”
結婚せずに母親になった「選択的シングルマザー」が増えている。フランスでは婚外子の権利を保障する取り組みが進んでいるが、日本では未婚というだけで「会社を辞めなければならない」現実にぶち当たる人がいる。“世間のまなざし”は変わるのか。(2019/2/8)

“いま”が分かるビジネス塾:
どれほど深刻? 厚労省不正統計問題を「超」分かりやすく解説
厚生労働省が作成する統計で、不正が行われていたことが波紋を呼んでいる。本記事では可能な限り分かりやすく、今回の統計不正について解説してみたい。(2019/2/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
“大炎上”を引き起こす政治家と企業の「決定的な欠陥」とは
新年早々、平沢勝栄議員の発言が炎上。近年は政治家や企業がSNSなどで炎上するケースが相次いでおり、2019年も続くだろう。自分たちの意見や表現が世間と「ずれている」と気付かないのは、ある能力が決定的に欠けているからだ。その能力とは……(2019/1/10)

「市民投票賞」はセクハラ問題の財務省:
18年版「ブラック企業大賞」発表 大賞は三菱電機 長時間労働が常態化、過労自殺が2件発生
ブラック企業大賞企画委員会が「ブラック企業大賞2018」を発表。大賞は、過労自殺が相次いで発生した三菱電機が受賞した。「特別賞」は日立製作所と日立プラントサービス、「市民投票賞」は財務省、「有給ちゃんと取らせま賞」はジャパンビバレッジ東京だった。(2018/12/23)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ジオンの国力増強策から我々が学ぶこと
前回に続き、ガンダムの世界に登場するジオン公国とその系譜を題材に「国力」について考察する。まずは、ジオンの資源から見ていこう。(2018/12/19)

男女1100人に聞いた:
平成を代表する言葉、「ゲッツ」「僕は死にましぇん」「どげんかせんといかん」など上位 1位は……?
ミクシィが「平成を代表する言葉」に関する調査結果を発表。最近の流行語から懐かしいネタ・せりふまで多岐にわたる言葉がランクインした。各ジャンルで1位だったのは……?(2018/12/17)

“有給チャンス問題”のジャパンビバレッジも:
18年版「ブラック企業大賞」9社ノミネート 野村不動産、スルガ銀、財務省など
「第7回ブラック企業大賞」のノミネート企業が発表された。今年は野村不動産、スルガ銀行、財務省など9社が挙がった。「大賞」「業界賞」などの各賞は12月23日に発表される。(2018/12/5)

詳細判明まで先送り:
仏ルノー、ゴーンCEO解任見送り ボロレCOO暫定トップに
仏自動車大手Renault取締役会は、東京地検特捜部がカルロス・ゴーンCEO兼会長を逮捕したことを受け、ティエリー・ボロレCOOを暫定トップに指名した。(2018/11/21)

「新しい試み」期待:
金融庁、ローソン銀に免許交付 担当相「新しい試みを期待」
金融庁は、ローソン銀行に銀行業の免許を交付した。(2018/8/10)

元自民党副総裁、YKKの一角が語る:
山崎拓氏に独占取材 「安倍一強」支えるネット世論を斬る
元自民党副総裁の山崎拓氏に「安倍一強」を支えるネット世論について聞いた。背景には新聞や本を読む人が減っていることや、イデオロギーが無く現状に甘んじる若者の傾向があると説く。(2018/7/20)

豪雨被害を受け:
与党内に歳出拡大求める声、補正前倒し論も 地方票獲得で思惑
西日本の豪雨被害を受けて、与党から歳出拡大を求める声が相次いでいる。(2018/7/11)

慎重な見解:
仮想通貨の分離課税化、国民の理解得られるか疑問=麻生財務相
麻生太郎財務相は、仮想通貨の取引で得た利益を現在の「雑所得」から「申告分離課税」に変更すべきとの指摘について、慎重な見解を示した。(2018/6/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本人が知らない「ゴッドファーザー」の世界 末裔が語る“マフィアの掟”
映画『ゴッドファーザー』のモデルになったマフィアのボス。その末裔が日本でイタリア料理店を経営している。彼が自身の人生をまとめた著書を出版した。そこから、現代のマフィア事情が見えてくる。(2018/6/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
人ごとではない? 「セックスパット」駐在員のとんでもない行動
「セックスパット・ジャーナリスト」に関する米雑誌記事が物議に。特にアジアで、駐在している欧米のジャーナリストがひどいセクハラを行っているという内容だ。なぜ海外でセクハラしてしまうのか。日本のビジネスパーソンも人ごとではない。(2018/5/24)

スピン経済の歩き方:
山口達也さんの事件で、見落としている「少年の心をもったおじさん」問題
TOKIOの山口達也さんが、ジャニーズ事務所から契約を解除された。メディアで散々報じられてきたので、食傷気味の人も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は「今後の日本社会のあり方を考えるうえで、かなり重要な問題提起となっている」という。どういうことかというと……。(2018/5/8)

セクハラ疑惑:
福田財務次官から辞職の申し出あり、認めた=麻生財務相
麻生太郎財務相は18日、セクハラ疑惑が取りざたされている福田淳一事務次官から辞職の申し出があり、認めたと語った。(2018/4/18)

【調査報告書の全文】:
財務省、事務次官のセクハラ問題で報道陣に協力要請 「女性記者は連絡を」
福田淳一事務次官が複数の女性記者に対してセクハラを行っていたと「週刊新潮」が報じた問題に対し、財務省がコメントを発表。「やりとりをした女性記者は、調査に協力してほしい」という。福田事務次官への事情聴取だけでは、事実の解明が難しいためとしている。(2018/4/16)

「芸術形式にまで進化した」:
森友問題、責任所在を曖昧にする日本の「ソンタク」
安倍首相を脅かす政治スキャンダルの波紋が広がる中、「ソンタク(忖度)」として知られる日本の習慣が、その責任究明を複雑なものにしている。(2018/3/19)

書き換えを陳謝:
麻生財務相、進退「考えてない」 文書書き換えで報告なし
麻生太郎財務相は、森友学園に関する財務省決裁文書の書き換え問題で、自身の進退について「考えてない」と辞任を否定した。(2018/3/12)

文書は計14件:
財務省文書、「国会答弁との整合性」で書き換え 首相夫人の記述削除
財務省は、参院予算委に学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書書き換えの調査報告を提示した。(2018/3/12)

「口先を含めて」:
介入必要なほどの円高ではない、日米経済は好調=麻生財務相
麻生財務相は円高が進行していることについて、日米ともにファンダメンタルズは良好であり、口先を含めて介入が必要なほどの円高でも円安でもないと語った。(2018/2/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
利益優先?鉄道愛? 鉄道会社の株主総会報道を俯瞰する
「電車の色を変えて」「JR北海道を救って」「あっちの路線ばかり優遇するな」「不採算路線の切り離しを」――これらは鉄道会社の株主の発言だ。株主は会社に投資し、利益の分配を期待する。しかし、株主の中には、利益を生まない改善を要求する提案もある。鉄道会社と株主の関係はどうなっているか。そして今後どうあるべきか。(2017/7/14)

スピン経済の歩き方:
なぜ前川さんは「出会い系バーで貧困調査」という苦しい釈明をしたのか
前文科省事務次官・前川喜平さんの発言に、日本中がなんとも言えないモヤモヤした空気に包まれた。「出会い系バー」に通っていた理由について、「女性の貧困について、ある意味実地の視察調査の意味合いがあった」と釈明したからである。なぜ前川さんはこのような発言をしたのか。(2017/5/30)

80歳を過ぎてはじめてディズニーランドを訪れたおばあちゃんにほっこり 「人生に希望が持てる」「こういう歳のとり方したい」
ステキなおばあちゃん……!(2016/6/21)

スピン経済の歩き方:
「角栄ブーム」で得をするのは、誰なのか
「角栄ブーム」の勢いが止まらない。石原慎太郎さんの『天才』は70万部を突破。昨年から書店だけではなくコンビニ本などでも刊行ラッシュが続いている。過去にも大物政治家ブームは何度かあったが、なぜこのタイミングで「角栄ブーム」が起きているのか。(2016/6/7)

「ゴルゴ13」に麻生大臣っぽい人? 記者会見での質問に「楽しみにしています」
「その程度は読んでいますよ」とさらり。ほかの質問との温度差があってもしっかり答えています。(2015/10/8)

「消費税をマイナンバーで還付」は可能なのか セキュリティ、導入負担……
消費税引き上げに伴い2%をマイナンバーカードを使って還付するという案を政府が検討している。そんなことは可能なのだろうか。(2015/9/8)

本物の知性を身につけるための3つのポイント
(2015/6/16)

マンガやアニメを振興する「MANGA議連」とは? 日本漫画家協会理事の赤松健先生に聞いてきた
超党派の議員連合「MANGA議連」はどのようなアニメ・マンガ振興政策を目指すのか。設立総会に出席した赤松健先生に聞きました。(2014/12/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。