ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「認証基盤」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「認証基盤」に関する情報が集まったページです。

若手メンバーが中心となって開発:
生成AIアプリを「1カ月の短納期、しかも実質1人で開発」は可能か 丸紅の挑戦
生成AIアプリケーション開発への注目が集まっている。ただ、開発に時間がかかりそう、スキル不足でどこから手を付ければいいか分からないという企業は多いだろう。本稿では、AWSのセミナーを基に、短期間、少人数で生成AIアプリケーションを開発した事例を紹介する。(2024/7/11)

セキュリティを確保し、迅速に開発するには
迅速なビジネスニーズへの対応が求められる時代にあるべき認証基盤とは
サービスを素早く開発してデリバリーする能力がなければ取引先や消費者のニーズに応えられず、ビジネスの変革どころか維持も難しい。だが速度優先でセキュリティが欠けていては本末転倒だ。どうすればよいのだろうか。(2024/6/18)

セキュリティ先進企業へのショートカット:
日清食品グループの“やりすぎ”なぐらいのセキュリティ対策――キーパーソンが語る10年の歩み
セキュリティ対策を前に進めるには先進企業の事例から学ぶのが近道だ。日清食品グループのセキュリティを統括するキーパーソンに、10年間にわたるITやセキュリティ対策の歩みを聞いた。(2024/5/20)

LINEヤフー、韓国ネイバーとの委託関係を終了へ PayPayとLINEのアカウント連携も延期に
LINEヤフーがネイバーへの業務委託を撤廃することを決めた。これは2023年度通期および第4四半期決算会見で明かしたもので、LINEヤフーが進めていたLINEとPayPayのアカウント連携についても、社内のセキュリティガバナンス強化の優先を理由に、2024年度中としていた計画時期を見直す。(2024/5/9)

顔認証:
顔認証システム拡販でDXYZとユアサ商事が連携 オフィスや工場向けにも提供
DXYZとユアサ商事グループは、DXYZが提供する顔認証プラットフォームの利用拡大を目指し連携する。集合住宅への導入を加速するとともに、オフィスや工場、物流施設などを対象に、新たなソリューションやビジネスモデルを開発する。(2024/4/23)

LINEヤフー、NAVERとの通信を遮断へ 「資本的支配受ける関係見直しの働きかけ」も
LINEヤフーは、韓国NAVERのシステムとの分離を進めている他、「NAVER側から資本的な支配を相当程度受ける関係の見直し」について親会社などに働きかけていくという。(2024/4/2)

プロに聞く「ペネトレーションテストはいつすべき?」 “わざと自社にサイバー攻撃”訓練に求められる覚悟
「うちもやったほうがいいのかな」というあいまいな理由だけでペネトレーションテストを実施しても、投資に見合った効果が得られるかというと疑問が残る。どうせ実施するならば、実のある診断・演習を実施したいものだ。どういったポイントに留意して取り組むべきか。(2024/4/1)

実践企業が語る、Copilot for Securityの役に立つところ、立たないところ
生成AIチャットbot「Microsoft Copilot for Security」はセキュリティ業務にどう生かせるのだろうか。早期プログラムを実践した企業が実際に役に立ったポイント、立たなかったポイントを語った。(2024/3/13)

顔認証:
既築賃貸マンションを専有部まで「オール顔認証」に DXYZと興和地所
DXYZと興和地所は、東京都港区の賃貸マンション「パシフィックハウス麻布台」に顔認証プラットフォーム「FreeiD」を導入し、専有部も含めてオール顔認証マンション化した。(2024/3/12)

NAVERとの資本関係の見直し検討も盛り込む:
総務省がLINEヤフーに「行政指導」 「通信の秘密」保護と「サイバーセキュリティ」確保を求める
2023年11月27日に公表された情報漏えい事案を受けて、総務省がLINEヤフーに行政指導を行った。「通信の秘密」の保護と「サイバーセキュリティ」の確保を徹底するように求めているが、「LINEヤフーと韓国NAVERグループとの資本関係」が問題の抜本的原因の1つと見なしている所がポイントだ。(2024/3/5)

ChatGPTを“企業のセキュリティ基準”で運用できるサービス 利用状況の監視機能も
ソフトクリエイトが企業向け生成AIサービス「Safe AI Gateway」をリリースした。「Azure OpenAI Service」ベースの専用環境を構築でき、企業が求めるセキュリティ基準に準拠したChatGPT運用ができるとしている。(2024/2/28)

LINEヤフー、新たに約5.7万件の情報漏えい 23年11月発表の流出は約52万件に拡大
LINEヤフーは、第三者による不正アクセスを受け、約5.7万件の従業員情報が漏えいした(可能性含む)と発表した。11月に発表した約44万件の漏えいとは別事案で、11月発表分についても流出件数が約52万件に拡大したことも判明した。(2024/2/15)

日本通信とドコモが音声相互接続で合意 MVNOが「ネオキャリア」になって実現することは?
日本通信とNTTドコモが2月13日、音声通信網とSMS網の相互接続で合意した。これにより、MVNOである日本通信と、そのユーザーがどのような恩恵を受けられるのか。翌14日の会見で、代表取締役会長の三田聖二氏と、代表取締役社長の福田尚久氏が説明した。(2024/2/14)

セキュリティニュースアラート:
ビズリーチ、新たな認証基盤にOkta CICを採用 100万人のユーザーをログアウトさせずに移行
ビズリーチは10年以上運用していたB2C向け認証基盤をOkta Customer Identity Cloudに刷新した。100万以上のユーザーをログアウトさせずに基盤を移行することに成功したという。(2024/1/30)

JRA、スマホアプリにOracle Cloud採用 100万人の利用を想定した認証基盤で
日本中央競馬会(JRA)の公式スマートフォンアプリ「JRAアプリ」が、認証基盤にOracle Cloudのサービスを採用した。(2024/1/19)

顔認証:
奥村組、新オフィスに顔認証システム導入 入退室管理の有用性を確認
奥村組は都内に開設した新オフィス「クロスイノベーションセンター」に、DXYZ(ディクシーズ)の顔認証プラットフォーム「FreeiD(フリード)」を導入した。奥村組が事業拠点で顔認証による入室管理を導入するのは初めて。(2024/1/16)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ドメスティック企業からグローバル企業へ変革する中で見出したノウハウ―― NTTデータが実践した、新たな時代のセキュリティ対策
この5〜6年でNTTデータ自身が実践してきたセキュリティ変革の歩みを紹介し、対策のヒントを示した。(2024/1/16)

LIM:
マンション専用部にも顔認証導入で鍵が一切不要に 長谷工がLIMと顔認証を連携
長谷工コーポレーションとDXYZは、マンションの暮らし情報活用プラットフォーム「LIM Cloud」と顔認証を連携し、「オール顔認証マンション」の実証実験を開始する。マンションの共用部に加え、専有部でも顔認証による入退室を可能にする。(2023/12/25)

セキュリティニュースアラート:
LINE ヤフーで個人情報が約30万件漏えい 不正アクセスの原因は?
LINE ヤフーは第三者による不正アクセスを受け、ユーザー情報や取引先情報、従業員情報などの漏えいがあったと発表した。(2023/11/28)

LINEヤフーに不正アクセス 40万件超える個人情報漏えいの可能性
口座情報やクレジットカード情報は含まれないとのこと。(2023/11/27)

LINEヤフーで約30万件の個人情報が流出、PCのマルウェア感染→不正アクセスが原因
LINEヤフーは、第三者の不正アクセスにより、ユーザー情報、取引先情報、従業員などの情報が流出したことを告知した。同社の関係会社である韓国NAVER Cloudの委託先従業員のPCがマルウェアに感染したことが契機としている。10月27日の不正アクセスによるものの可能性が高いとしている。(2023/11/27)

LINEヤフーで不正アクセス、約44万件の利用情報などが漏えい 委託先PCがマルウェア感染
LINEヤフーで、委託先企業への第三者による不正アクセスにより、ユーザー情報、取引先情報、従業員などに関する情報漏えいが判明した。該当情報は合計で最大約44万件に上る。(2023/11/27)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「クラウドシステムの認証基盤・統合ID管理の導入状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/11/21)

9600万の顧客基盤を基に流通小売業の課題を解決する「ドコモリテールDXプログラム」、GAFAにない強みとは?
NTTドコモが保有する9600万を超えるdポイントクラブ会員の属性情報や位置情報などを活用。小売業向けのDX支援プログラムを提供する。(2023/10/31)

まずは流通小売業向けプログラムから:
NTTドコモのマーケティングソリューション戦略 9600万の会員基盤データは企業にどう役立つのか
ドコモの強固な顧客基盤を土台に提供するマーケティングソリューションの概要について、マーケターが知っておきたいポイントをまとめる。(2023/10/26)

Slack、Box、Zoom、Oktaを全学導入 脱PPAPや多要素認証を実現 関西学院大学
関西学院大学が「Slack」「Box」「Zoom」「Okta」全学導入する。クラウドサービスの活用により、場所を問わず学習・業務できる環境を整える他、各サービスの機能を活用したセキュリティの強化も見込む。(2023/9/21)

アプリ開発の認証基盤で変わるトレンド
IDaaSの一歩先を行く「認証基盤」 押さえるべき4要素とそれを満たす選択肢とは
認証基盤の実装はアプリケーション開発の中でも面倒な部分であり、いかに手間なくセキュリティを強化するかが大きな課題となっている。そこで導入が進んでいるのがIDaaSだが、その選定の際にはどのようなポイントを押さえるべきか。(2023/9/6)

組み込み開発ニュース:
生体認証は社会インフラとなるか、東武と日立が共通基盤を構築し2023年度内に導入
東武鉄道と日立製作所は、2023年度内の立ち上げを予定している生体認証を活用したデジタルアイデンティティーの共通プラットフォームについて説明した。(2023/8/30)

スマホいらず、指かざせば決済完了 東武ストアで 東武鉄道と日立がID基盤、改札導入も視野に
東武鉄道と日立製作所は、生体認証を活用したデジタルアイデンティティの共通プラットフォームを2023年度中に立ち上げる。買い物、宿泊、エンターテインメントなどあらゆる場面で、本人確認から支払い、ポイント付与まで、生体認証のみで利用できるようになる。(2023/8/29)

セキュリティニュースアラート:
NTTデータ先端技術と日本IBM デジタル時代の統合型IDソリューションを提供開始
NTTデータ先端技術と日本IBMは統合ID管理と認証サービスを備えた認証基盤ソリューションの提供を開始した。高度なセキュリティとシングルサインオン、多要素認証などをワンストップで提供する。(2023/8/28)

積水化学の“本気すぎる”セキュリティ対策 リテラシー教育から情報管理体制構築まで
積水化学工業は役員や一般従業員といった非IT従事者に向けて徹底したサイバー演習やリテラシー教育を実施し、強固なリスクマネジメント体制を整えている。同社の事例を紹介しよう。(2023/8/16)

脱炭素:
生産ラインや製品単位のRE100認定で推進される日本の脱炭素化
アート&エコロジー 代表取締役の竹内孝明氏による講演「なぜ、製造ラインや製品単位での“RE100”認定が必要なのか」の内容を紹介する。(2023/7/24)

塩野義製薬は他IDaaS製品からなぜOktaに乗り換えたのか?
医療用医薬品や検査薬を専門に製造販売事業を手掛ける塩野義製薬は、HaaS(Healthcare as a Service)企業を目指してIDaaS製品「Okta」を導入した。既存の認証プラットフォームにどのような課題を抱え、なぜOktaに乗り換えたのか。(2023/6/23)

イノベーションのレシピ:
DNPが展開する全分野の技術を集積した共創施設をオープン、「ミニ腸」も展示
大日本印刷は、東京都内のDNP市谷加賀町第3ビルに開設した共創施設「P&Iラボ・東京」を2023年5月8日にオープンした。(2023/5/26)

行政DX 見えてきた課題と対処法:
いまだに紙のやりとりが残る「3つの業務」 行政のDXを阻む“壁”
海外に比べてなかなか進まない日本の行政DX。筆者はいまだに紙のやりとりが残る業務の存在をDXが進まない理由として指摘します。高齢者や障害のある人にも使いやすい住民サービスを提供するために、行政機関が取り組むべきこととは。(2023/4/27)

NTT ComがマネージドSOARサービスを提供 セキュリティ自動化を容易に実現
NTT Comは2023年3月31日から、SOARの円滑な導入と運用を支援する「マネージドSOAR」の提供を開始する。インシデント対応時の対処をテンプレート化、自動化することで、セキュリティ担当者不足を解消する。(2023/3/28)

人工知能ニュース:
生体認証のグローバル展開に向け、日立とパナソニック コネクトが協業
日立製作所とパナソニック コネクトが、生体認証をグローバルに展開して普及を加速するために協業する。連携に向けた技術検討、検証を進め、さまざまな分野での社会実装を想定したユースケースの開発、実証に協働で取り組んでいく。(2023/3/22)

日立とパナソニック コネクトが生体認証領域で協業 顔認証を駆使した新サービス創出
日立とパナソニック コネクトは、生体認証のグローバル展開に向けた協業を開始する。両社の認証技術を組み合わせた新サービスの創出を目指す。(2023/2/28)

midPointで学ぶIDガバナンス&管理(IGA)の基礎(4):
midPointを使った「エンタイトルメント」管理による権限制御の自動化の基本
「IDガバナンス&管理」(IGA)についてOSS「midPoint」を利用したハンズオンで学ぶ連載。今回は、「エンタイトルメント」管理による権限制御の自動化の基本を解説します。(2023/3/7)

midPointで学ぶIDガバナンス&管理(IGA)の基礎(3):
midPointによる「IDライフサイクル管理」「フルフィルメント」でアカウント管理のコスト削減
「IDガバナンス&管理」(IGA)についてOSS「midPoint」を利用したハンズオンで学ぶ連載。今回は、源泉からの取り込みと連携先へのアカウント情報連携をmidPointで試します。(2023/2/9)

クラウド事例ウォッチ:
「IEでしか使えないVPN」に困って認証基盤を刷新 システム老朽化に直面したセガサミーHDのAWS移行
セガサミーホールディングスが、協力会社との情報共有システムをAWS移行。旧システムには「IEでしか使えないVPNが必須」などの課題があったが、クラウド化と同時に認証基盤を刷新して解決したという。(2023/2/7)

シングルサインオンが解決するID管理の負荷
IDやパスワードの管理が面倒 「シングルサインオン」で解決するのか
従業員やシステム管理者はIDやパスワードの管理に苦しんでいる。SaaSの利用拡大に従って状況はさらに悪化した。管理の負荷を下げるにはシングルサインオンが役立つという。既存の認証基盤を入れ替えることなく導入できるのだろうか。(2023/2/15)

自然エネルギー:
製品・サービス単位での再エネ利用証明を可能に、日立・リコーらが新組織
日立製作所、リコー、アート&テクノロジーが、一般社団法人パワード・バイ・アールイー認定委員会(Powered by RE Certification Committee)の運営を開始した。個別の製造ラインや設備・サービス単位での100%再生可能エネルギー利用を認証する。(2023/1/23)

ラックはいかにしてゼロトラスト基盤を改良したのか?――マイクロソフトブリーフィング
日本マイクロソフトはメディアブリーフィングで、2022年度におけるサイバー脅威の最新動向とラックのゼロトラスト基盤構築事例、日本マイクロソフトが考えるゼロトラストの次に来るセキュリティアプローチを公開した。(2022/12/7)

PR:急成長企業に共通するIT課題は? プレミアアンチエイジングが取り組むIT基盤刷新のポイント
(2022/12/1)

midPointで学ぶIDガバナンス&管理(IGA)の基礎(2):
「全社認証基盤を持つエンタープライズ企業の情シスとしてIGAを試す」環境をmidPoint、Docker Composeで構築
「IDガバナンス&管理」(IGA)についてOSS「midPoint」を利用したハンズオンで学ぶ連載。今回は、IGAを実現するハンズオン環境をmidPointで作ります。(2022/11/15)

midPointで学ぶIDガバナンス&管理(IGA)の基礎(1):
IDガバナンス&管理(IGA)を実現するOSS「midPoint」とは
「IDガバナンス&管理」(IGA)についてOSS「midPoint」を利用したハンズオンで学ぶ連載。初回は、「IGAとは何か」から始め、その必要性について考えます。(2022/9/30)

freee、GovTech領域強化 変更登記と許認可をオンラインで支援
freeeは9月7日、GovTech(行政のデジタル化)領域を強化する新プロダクトを発表した。「freee登記」は、株式会社が住所移転や役員変更の際に必要となる変更登記を支援するサービス。「freee許認可」は特定の事業を始める際に必要な、許可や認可、免許の申請を支援するサービスだ。(2022/9/7)

日本で“クレカのタッチ決済で乗車”は定着するか メリットと課題を整理する
三井住友カードの決済プラットフォーム「stera」を公共交通機関向けに提供した「stera transit」。クレジットカードをリーダーにタッチして電車やバスなどに乗り、さらにタッチして降りる、といった従来通りの手順で交通機関を利用できるようになる。Suicaではタッチから0.2秒以内に処理が完結することが必要とされているが、stera transitも高速処理の工夫を施している。(2022/8/9)

背筋も凍るITホラー 気付いたら“野良SaaS”のコストが4倍に 「SaaSのお片付け」真っ最中のマネフォに現状を聞く
IT部門が利用実態を把握していない“野良SaaS”の放置により、あるSaaSのコストが数カ月で4倍に膨らんだマネーフォワード。同社が取り組むSaaS整理プロジェクトの全容をキーパーソンに聞く。(2022/8/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。