ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「認証基盤」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「認証基盤」に関する情報が集まったページです。

工場ネットワーク:
PR:スマート工場の真価は工場外での現場データ活用にある、その前提として必要なもの
製造業でスマート工場化を進める動きは加速している。スマート工場化は製造現場のさらなる効率化を実現できる一方で、工場外との情報連携による新たな付加価値創出がポイントだ。ただ、そうなった場合に課題となるのが、セキュリティの問題である。スマート工場化を支えるセキュアなネットワーク構築について、工場向けネットワークへの取り組み強化を進める日本ヒューレット・パッカード Aruba事業統括本部 ビジネス開発営業本部 本部長 安藤博昭氏と、MONOist編集長の三島一孝が対談を行った。(2021/9/13)

現場管理:
建設現場向けID統合管理「Con-Bridge」が外部連携拡充でSSOに対応
SBテクノロジーは、建設作業所向けID統合管理サービス「Con-Bridge」の外部連携を拡充し、オートデスク提供の「AEC Collection」との連携を2021年11月から開始予定。SSO対応によりセキュリティリスクを低減し、デバイスID利用でセキュアな作業所データ利用を実現する。(2021/9/1)

製品導入だけでは足りない:
PR:企業活動に欠かせないモバイル端末、そこに迫る脅威の動向と対策
スマートフォンなどのモバイル端末への攻撃は、ますます手口が巧妙化しているという。今やモバイル端末は業務にも欠かせない存在となっており、対策が必要だ。モバイル端末への攻撃動向とセキュリティ対策をテーマに開催されたパネルディスカッションの内容をお届けする。(2021/9/1)

QRコード発行時の「URLがまだない」を解決するサービス KADOKAWA子会社が提供
KADOKAWA Connectedが、あらかじめ短縮URLを発行し、短縮URLにひもづくURLをあとから自由に変更できるQRコード管理サービス「QRouton」(クルトン)を公開した。(2021/8/12)

度々求められるパスワードの入力に、もううんざり?:
PR:生体情報を保管しないセキュアな顔認証で、サインインをスムーズに
テレワークの普及に伴い、「認証」に関わる作業の煩雑さはユーザー、システム管理者ともに増大した。パスワードや専用機器による認証以外に、もっと容易で、もっと安全な方法はないものだろうか――。(2021/8/6)

「とにかく1週間で」という要望にOSS版の知識を活かし開発者体験を損なわずに応える:
PR:コロナ禍で「VPN不足・ゼロトラストの必要性」に直面したサイバーエージェントのサービス開発現場、迅速な認証基盤の強化に「NGINX Plus」を採用した理由
多くのサービスを運営し、膨大な協力会社を抱えるサイバーエージェントもコロナ禍でテレワークを進める上で、セキュリティの課題を抱えることになった。この課題の解決に向けて、サイバーエージェントはどのような対策を行ったのだろうか。(2021/7/26)

細工したUSBで顔認証をだます? Windows Helloに脆弱性が発見される
パスワードレス認証システム「Windows Hello」に、USBを利用して認証を突破できる脆弱性が見つかった。現在、多くの企業が生体認証を採用した認証基盤の構築に注力しているが、その危険性についても十分に認識しておくべきだろう。(2021/7/15)

“リーントラスト”で段階的な実現を:
PR:失敗も頓挫もしない「ゼロトラスト」の現実的な実装法
働き方が「社外前提」に変わりつつあるいま、多くの企業が「社内で働くこと」が前提だったネットワークやセキュリティの仕組みを見直しつつある。そうした中で注目されている「ゼロトラスト」だが、まだまだ実装には至らない例が多い。その理由と現実的なゼロトラスト実装法とは。(2021/7/20)

Gartner Insights Pickup(213):
IAMリーダーのための生体認証ガイド
生体認証は、パスワードのような従来の認証方法よりも大きなメリットを提供し、企業全体の信頼と説明責任を高める。(2021/6/25)

日商エレクトロニクス、金融機関向けにデジタルフロントオフィス「Moxtra」の電子契約を強化 電子認証サービスと連携
日商エレクトロニクスは、電子認証サービスとの連携により、デジタルフロントオフィス「Moxtra」の電子契約機能を強化した。フロントでのコミュニケーションから電子署名による非定型契約、アフターフォローまでをMoxtra上でワンストップで提供する。(2021/6/17)

コミュニケーション基盤は複数SaaSを組み合わせよ 東工大が目指したベストオブブリードの構成とは
国内の大学と海外の先進的な大学を比較すると、DX推進に向けた人員や資金には大きな開きがあるケースが多いという。東工大は、この差を覆すためにDX推進の一環として、ベストオブブリードの構成でセキュアなコラボレーション基盤を構築した。ツールの選定から基盤の普及までどのような取り組みを進めたのだろうか。詳細を聞いた。(2021/6/16)

業務改革を進めたい現場の要求に応える:
PR:ノーコード/ローコード開発製品といっても中身はさまざま、業務担当者が真にDXを推進し、課題も解決できるポイントは?
DXにつながる迅速なアプリケーション開発として、注目を集めている「ノーコード/ローコード開発」。国内企業でも採用が進んでいるが、徐々に課題も顕在化してきている。ノーコード/ローコード開発の課題を解決し、DXを成功に導く最適解はあるのか。(2021/6/1)

製造業IoT:
「9兆円規模」のIoT市場成長を見据え、オプティムが展開する7つの製品
オプティムは2021年5月27日、AI/IoTプラットフォーム「OPTiM Cloud IoT OS」に搭載された機能を個別に切り出し、IoT対応機器管理サービス「OPTiM IoT」など7つの製品として展開すると発表した。(2021/6/1)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
スマホアプリの“目立たぬ弱点” 分かっていても対策が難しいワケ
スマホアプリなどの隠れた弱点となっているAPIを狙う攻撃の現状と対策上の課題について、アカマイ・テクノロジーズでWebセキュリティを追う中西一博氏が解説する。(2021/5/21)

これを読めば「SASE」が分かる:
現実的な「SASE実装」を求める企業がまず取り掛かるべき4つのポイントとは?
本連載は、注目のセキュリティトレンドである「SASE」を前後編で解説する。後編ではSASEを実装する上で重要な4つのポイントを紹介し、今後のSASEサービスの展望を予測する。(2021/5/17)

従来型ネットワークではもう限界に:
PR:変化が求められる企業ネットワークとセキュリティ――ネットワーク変革の現実的な進め方
自宅などでのテレワークが求められる中、企業のクラウド利用は一層加速し、出張制限などで拠点間通信も増大している。快適かつ効率的な業務遂行のためには従来型ネットワークの変革が不可欠だが、具体的には何が「変革」のポイントになるのだろうか。(2021/5/10)

.NET 5モダナイズ入門(5):
Azure App Serviceと組み合わせて移行する認証、データベース、可用性、バッチ
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。今回は、Azure App Serviceと組み合わせて移行する認証、データベース、可用性、バッチについて紹介します。(2021/4/30)

NTT Com、リモートアクセスサービス「Flexible Remote Access」を提供開始 外部から業務システムにセキュアに接続
NTT Comは、新たなリモートアクセスサービス「Flexible Remote Access」を提供開始。テレワーク環境からオンプレミスやクラウド上の業務システムにセキュアに接続できる。ゼロトラストなど、各種セキュリティも標準で提供。利用ID数に応じた月単位契約で、ビジネス環境の変化にも対応可能だ。(2021/4/26)

「GAIA-X」とは? 欧州データ流通基盤との相互接続実現を目指すNTTcomの展望
脱炭素社会の実現やSDGsの早期達成、産業力の維持・向上などあらゆる課題を解決する上で、データ利活用は欠かせない。一方で、企業、国家機密の流出防止、データ主権の保護のため、データの越境流通や利活用を管理、規制する法制度や技術整備が世界各国、地域で進んでいる。その一つが「GAIA-X」だ。(2021/4/22)

“緊急措置”のままでは、もはや生き残れない:
PR:変化が求められる企業ネットワークとセキュリティ、今目指すべき「IT基盤の全体像」を探る
コロナ禍を受け、テレワークが多くの企業に浸透した。だが大半は、今も“緊急措置”のままで、業務の快適性や安全性には課題を抱えたままのようだ。では、どうすればこの課題を解決できるのか。ピンポイントソリューションでは解決できない理由と、今取るべき解決策とは。(2021/4/12)

ゼロトラストで守る、ソフトバンクが守る:
PR:「ゼロトラストセキュリティ」はいかにして作られるか?
ゼロトラストは、何らかの製品を入れれば導入できるものではない。何を守り、何を恐れるべきか、企業の姿勢が問われているのだ。(2021/3/31)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
攻めのサイバーセキュリティでDXをけん引し、全てのステークホルダーに価値を提供――竹中工務店 高橋均氏
建設業界でBIM(Building Information Modeling)を推進するとともに、デジタル基盤のクラウド化及びAIやロボットなども活用する業務のデジタル変革(DX)を進め、大幅な生産性向上や高度な付加価値の創出を目指す竹中工務店。同社のDX推進に向けた情報セキュリティ対策の取り組みについて紹介する。(2021/3/30)

PR:あると便利なSMS、手軽かつ「安全」に実装するには? あるベンダーが出した答え
店舗などでの順番待ちの連絡やユーザー認証といった「手軽に済ませたいけれど、高い機密性も必要」なやりとりの手段としてSMSがある。だが、SMS機能を既存システムに実装しようとすると、意外にハードルが高い。SMS機能の迅速な実装や運用管理負担の軽減には何が必要なのか。(2021/3/30)

ウオーターフォール開発では実現不可能:
PR:デジタル活用でセキュリティの「シフトレフト」が重要になる理由
コロナ禍で企業の顧客接点業務が危機的状況になる中、デジタル活用の機運が高まっている。業務システムのWebアプリケーション化などにおいて、スピーディーかつ安定的に開発を進めるためのポイントはどこにあるのか。(2021/3/31)

ブロックチェーン技術で真正性を高めた「日立電子署名サービス」、2021年7月に販売開始
日立は、ブロックチェーン技術で情報の真正性を高めたクラウド型電子契約サービス「日立電子署名サービス」を開発した。他の電子契約サービスとのAPI連係による文書の一元管理も可能で、2021年7月以降に提供開始予定としている。(2021/3/4)

建設業界特化、作業所向けサービス「Con-Bridge」提供開始
SBテクノロジーは、建設作業所向けサービス「Con-Bridge」を開発し、2020年1月20日より提供開始。ID統合管理を軸に、建設現場における正確で効率的な人の管理を実現する。(2021/2/12)

株式会社日本HP、三谷商事株式会社提供ホワイトペーパー:
急いで導入したテレワークで生産性や安全性が課題に、日本CCS調査の解決策は?
テレワークを継続的なものにするには、業務効率の低下やセキュリティ面の課題を解決する必要がある。“分かりやすいIT環境”を重視してテレワーク環境の再構築を図った日本CCS調査は、メールやデバイスの運用をどう改善したのだろうか。(2021/2/10)

PR:多様な働き方で、増える情報漏えいリスク――セキュリティの“新常態”に必要なもの
働き方にテレワークが浸透し、組織を支えるITに「いつでも、どこからでも必要なリソースにアクセスできる」機能が求められる一方で、情報漏えいのリスクが増している。業務を進めやすい環境を維持しつつ、リスクを低減し、かつ情報システム部門の負担を増やさないようなセキュリティの“新常態”に必要な要素とは何か。(2021/1/26)

Suicaでビルの入退館 ゲートにかざすと受付完了 JR東など実験
JR東日本スタートアップなどが、「Suica」を活用してビルを入退館する実験を始める。来館者はSuicaのIDを事前登録し、ビルのゲートにSuicaをかざすと入退館できる。(2021/1/25)

PR:渡航できなくても海外ビジネスを加速 クラウドのセキュリティ対策は「HENNGE One」が強い味方に
(2021/2/3)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ゼロトラストで目指すのは、快適に、安心して、楽しく働ける職場を支えるIT基盤――日清食品グループの挑戦
コロナ禍以前より取り組んでいる在宅勤務を支えるIT施策の前提となる日清食品グループのゼロトラストセキュリティ。その考え方、取り組みの現状、さらに目指すその先について紹介する。(2021/1/19)

認証ソリューションAuth0、多要素認証時の負担を軽減する新機能を提供
IDaaS基盤の「Auth0」に新機能「アダプティブ多要素認証(Adaptive MFA)」が追加され、セキュリティが強化された。リスクを伴うと判断されたログイン時にのみ適用されるコンテキストベースのセキュリティにより、ユーザー体験を維持しながら、ハッキングやデータ漏えいの脅威を軽減できる。(2020/12/21)

Googleの45分間ダウンの原因は認証ツールのストレージクォータの問題
Googleが、12月14日夜の各種サービスが約45分間使えなくなった問題の原因は、サービスにログインするための認証ツールへのストレージ割り当てが正常に動作しなかったことと説明。再発防止に努めると謝罪した。(2020/12/15)

IoTセキュリティ:
PKIはもはやクラウド/IoT開発の「基幹技術」、最新のセキュリティ調査書公開
暗号化技術などのデジタルセキュリティ対策を行うnCipherは、2020年11月11日、クラウドやIoTなどデジタルアプリケーション開発においてサイバー攻撃対策の要となる公開鍵認証基盤(PKI)に関する調査レポートを公開した。PKIを活用する企業の世界的な急増や、その中での日本のセキュリティ動向などがレポート中で示された。(2020/11/24)

SSL/TLS証明書の有効期限短縮も後押し:
手作業によるデジタル証明書管理は限界? エントラスト、世界17カ国のPKI動向を調査
エントラストは2020年11月11日、「2020年版世界のPKI(公開鍵基盤)およびIoT動向調査(2020 Global PKI and IoT Trends Study)」を公開した。(2020/11/18)

教職員1万2000人超に使わせたい:
PR:情報共有基盤は“人気SaaS”の取り込みでここまで変わる 京大の挑戦
老朽化したオンプレミスのグループウェアをクラウドファーストでリプレイスした京都大学。教職員の要望に応えて作り込みまくった旧基盤を捨て、SaaSありき、カスタマイズはあえてしない方針を貫いたIT企画室の狙いを聞いた。(2020/11/16)

SUBARUが認証ソリューションAuth0を採用 改正個人情報保護法に対応
SUBARUは、同社のオーナー向けアプリ「マイスバル」に認証ソリューション「Auth0」を導入した。今後、Auth0の認証基盤を利用して改正個人情報保護法に対応した顧客向けのポータルサイトを構築する予定だ。(2020/11/6)

凸版印刷が日本の量子暗号技術で果たす役割 「ICカードの知見で貢献」
「第1回 量子コンピューティングEXPO【秋】」(幕張メッセ)に出展した凸版印刷。量子技術についての同社の戦略を担当者に聞いた。(2020/11/5)

安全に、でも簡単に
製造業でテレワーク 「現場に負担をかけないセキュリティ」をどう実現した?
コロナ禍で多くの企業がテレワーク環境の整備に取り組んでいる。その中で、セキュリティを確保するために現場の負担が増しているケースもある。VDIを導入していた中西金属工業の解決策とは?(2020/11/9)

手ぶらで認証、キャッシュレス決済へ 日立が生体認証統合基盤サービスを開始
日立製作所は、指静脈などの生体認証で本人認証やキャッシュレス決済ができる基盤サービス「生体認証統合基盤サービス」を開始した。生体情報を復元不可能な形でクラウドに登録し、安全性や利便性を確保。飲食店やイベント会場、レジャー施設など、幅広い分野で手ぶらでのキャッシュレス決済やチケットレス入場が実現する。(2020/11/2)

PR:注目の「ゼロトラスト」を巡る誤解と本質 移行の現実解は?
(2020/10/28)

情報を分散して安全に保管し、完全に復元できる:
「超長期のセキュリティ性の高いクラウド技術」を確立するため凸版印刷、NICTなど4者が連携
凸版印刷、NICT、QunaSys、ISARAは、高度な情報処理と安全なデータ流通、補完、利活用を可能とする「量子セキュアクラウド技術」の確立に向けて連携すると発表した。「秘密分散技術」を利用したバックアップやデータ保管の実装、「耐量子−公開鍵暗号」によるデジタル署名の開発などを進める。(2020/10/21)

「怖い」だけでは対処できない新しい潮流:
徳丸氏と振り返る「結局テレワークで何が危なかったのか」インシデントの真因、これからの前提
突然やってきた「強制テレワーク」でセキュリティはどう変わったか。Zoomの安全性はどのくらい「まとも」なのか。テレワークの現状と実際に起こった日本国内でのインデントから何を学べばよいか。セキュリティの専門家、徳丸 浩氏の講演かから、これからのセキュリティの「前提」をアップデートしよう。(2020/10/15)

テレワーク時の注意点も
「リモートアクセスVPN」ではなく「拠点間VPN」を導入すべき4つの理由
通信の安全性を確保する手段の一つとして「拠点間VPN」がある。ニーズに合致している場合はセキュリティを向上させる有効な手段になる。一方で導入に当たって注意すべき点もある。(2020/10/15)

グロービス経営大学院・吉田教授×ゼンアーキテクツ・三宅代表:
PR:失敗しないDX、専門家に聞く 難所攻略のカギは「現地現物」の実践とクラウド導入にあり
(2020/10/13)

「クラウド活用の課題」を今すぐ解決するには:
PR:ハイブリッド/マルチクラウドをうまく活用できないのはなぜか――安心、安全を実現する方法とは
ビジネス、働き方に新しい在り方が求められ、それを支えるITシステムにも変革が促されている。そのカギとなるのがクラウドだ。ビジネスニーズをより適切に実現する上では、複数のサービスを使いこなすハイブリッド/マルチクラウドのアプローチが求められる。だがスキルや予算に限りがある中、ミッションクリティカルシステムを多数持つ組織の場合、どうすればビジネスニーズを実現できるのか。金融、自治体をはじめ多数の支援実績を持つNTTデータに聞いた。(2020/9/28)

IoTセキュリティ:
ブロックチェーンによるデータ通信のIoT機器認証基盤で有効性を確認
トッパン・フォームズとKeychainは、IoTデバイスのデータ通信において、ブロックチェーンを活用した認証基盤を構築する実証実験を実施し、セキュリティ確保に関する有効性を確認した。(2020/9/11)

「ID管理には中立的なベンダーが必要」:
IDaaS分野のリーダーとされるOktaが日本に本格上陸
「IDaaS」と呼ばれるクラウド統合認証基盤の分野における有力企業であるOktaが日本法人を設立した。「クラウド」「デジタルトランスフォーメーション」「ゼロトラスト」をキーワードに、日本でのビジネス展開を本格化する。(2020/9/3)

「エージェントレスで導入が容易」:
社内ITシステムのゼロトラスト対応に、リスクベース認証製品Silverfortが日本での販売を開始
ゼロトラストへの取り組みでは、多様な既存の社内ITシステムに対する認証を、統合的に強化する必要がある。エージェントレスでこれを容易に実現できるリスクベース認証基盤製品の「Silverfort」が、日本での販売を開始した。(2020/9/2)

PR:まるで社内向けYouTube!? JALが社内の情報共有に動画を活用、従業員が効果的な使い方を生み出す好循環に
(2020/8/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。