ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビットウェイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビットウェイ」に関する情報が集まったページです。

電子書籍取次のメディアドゥ、出版デジタル機構を買収 書籍ラインアップ強化
電子書籍取次のメディアドゥが出版デジタル機構を約80億円で買収する。(2017/2/28)

出版デジタル機構を子会社化:
電子書籍取次メディアドゥ、業界最大手を買収 80億円で
電子書籍取り次ぎのメディアドゥは2月28日、同業の出版デジタル機構を子会社化すると発表。70.52%の株式を産業革新機構から取得する。取得額は79億4000万円。市場シェアの2割を得ることに。(2017/2/28)

産業革新機構、出版デジタル機構の一部株式を機構に売却
(2015/9/2)

電子出版関連メディアの編集長が熱弁、2013年のトレンドと来年注目すべき点
JEPA電子出版アワードの後行われたパネルディスカッションで、業界を広く把握する電子書籍関連メディアの編集長たちが電子書籍市場の今を語った。(2013/12/29)

まつもとあつしの電子書籍セカンドインパクト:
スタートから1年、出版デジタル機構の現状と次なる構想を聞く
2013年、電子書籍は新たな局面に直面していた。そんな変化の最前線を行く人々にその知恵と情熱を聞くこの連載。今回は、スタートから1年余りが経ち、最近では電子書籍取次大手ビットウェイを買収・統合し注目を集めている出版デジタル機構の野副正行代表取締役社長に出版デジタル機構の「今」を聞く。(2013/10/7)

出版デジタル機構、ビットウェイを買収 電子取次最大手
出版デジタル機構は、電子取次最大手のビットウェイの全株式を取得し、完全子会社する。(2013/5/30)

出版デジタル機構、電子書籍取次最大手のビットウェイを買収
出版デジタル機構が、凸版印刷傘下で電子書籍取次最大手のビットウェイを買収。国を挙げての出版業界再編に舵を切るか。(2013/5/30)

KDPによる個人出版ブーム、老舗サービスの辿る道は:
ブクログ吉田氏に聞く「パブー」の今後
電子書籍の個人出版サービスであるKindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)が注目を集める中、国内の先駆けと言えるブクログの「パブー」は、いま新たにパブリッシャーとしての道を歩みつつある。パブーを運営するブクログ代表取締役社長 吉田健吾氏に話を聞いた。(2013/3/14)

ビットウェイとBookLiveが合併、業界再編に動くか
官報上にビットウェイとBookLiveの合併公告が掲載。これは大きな変動の前触れか。(2013/3/1)

DIGクリエイティブアワード2012の受賞作が決定
「あなたを作家にするプロジェクト実行委員会」が主催する投稿コンテスト「DIG クリエイティブアワード2012」の最終選考会で各賞の受賞作が決定した。(2013/3/1)

テレビで電子書籍を読める「ひかりTVブック」 絵本読み聞かせも
「ひかりTVブック」は、タブレット端末やスマートフォンで電子書籍が読めるほか、写真集や絵本など一部の書籍は、ひかりTV対応テレビで閲覧できる。(2012/11/13)

出版デジタル機構、紀伊國屋書店と契約締結
出版デジタル機構は、紀伊國屋書店との契約締結を発表。電子書店との契約第一弾となった。(2012/10/26)

出版業界ニュースフラッシュ 2012年10月第3週
出版業界で起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。先週は日販が書店の電子マネー決済サービスを開始することが発表されました。そのほかのニュースダイジェストと合わせてどうぞ。(2012/10/24)

PR:Let's Begin!デジタル・ドクショ
電子書店ビギナーの読ガール梨蘭が実際に電子書籍サービスを使ってみた! 20代女性のリアル電子書店利用レポート、BookLive!編。(2012/9/14)

あなたに合った電子書店を見つけよう:
これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――BookLive!
乱立する電子書店。それぞれに特徴があるが、それらを横断的に紹介したものは少ない。そこでeBook USERでは、国内の主要な電子書店を徹底レビューしていく。そう、これは“書店のレビュー”だ。第2回となる今回は「BookLive!」を紹介する。(2012/9/13)

東京国際ブックフェア Report:
東京国際ブックフェアを練り歩いた――2012年度版
7月4日に始まった「第16回 国際電子出版EXPO」に続き、7月5日には「第19回 東京国際ブックフェア」が開幕した。商談だけでなく、書籍を安価に購入できる同展示会の模様をお届けする。(2012/7/5)

インテル、ビットウェイ、ブクログが共同で「DIG クリエイティブアワード2012」を開催
インテル、ビットウェイ、ブクログの3社は優れたクリエイターや良質な出版コンテンツの発掘を目的とする「DIGクリエイティブアワード2012」を共同で開催する。(2012/7/5)

e-Book Expo Tokyo 2012 Report:
BookLiveが発売予定の電子書籍リーダーはこれだ
第16回 国際電子出版EXPOのトッパンブースで、BookLiveがこの秋投入予定の電子書籍リーダー端末が参考展示されている。(2012/7/4)

出版デジタル機構、ビットウェイと電子書籍取次・配信システム構築へ
出版デジタル機構はビットウェイと協働で電子書籍の取次・配信システム構築すると発表した。(2012/7/4)

セブンネットショッピングで電子書籍の販売開始
セブン&アイは3月1日から電子書籍事業を開始した。セブンネットショッピングのサイトには約4万5000タイトルが並んでいる。(2012/3/2)

セブン&アイが電子書籍販売に参入
セブン&アイ・ホールディングスのネット通販子会社・セブンネットショッピングが電子書籍販売を始めた。(2012/3/1)

セブン&アイ、3月から電子書籍事業を開始へ
セブン&アイ・ホールディングスが3月から電子書籍事業に参入する。(2012/2/29)

定点観測:
BookLive!の蔵書点数を調べてみた(8月19日編)
電子書籍ストア「BookLive!」の直近の蔵書数と売れ筋ランキングを紹介。世間ではどんな作品が人気なのかもチェック。(2011/8/20)

定点観測:
BookLive!の蔵書点数を調べてみた(8月12日編)
電子書籍ストア「BookLive!」では、コミックを中心にユニークなラインアップをそろえている。今週、とうとう取り扱い作品が3万点を突破! 勢いに乗る同ストアの直近の蔵書数と売れ筋ランキングを紹介しよう。(2011/8/12)

定点観測:
BookLive!の蔵書点数を調べてみた(8月5日編)
電子書籍ストア「BookLive!」では、コミックを中心にユニークなラインアップをそろえている。取り扱い作品が3万点に届こうかという同ストアの直近の蔵書数と売れ筋ランキングを紹介しよう。(2011/8/5)

定点観測:
BookLive!の蔵書点数を調べてみた(7月13日編)
電子書籍ストア「BookLive!」では、コミックを中心にユニークなラインアップをそろえている。直近の増加数はどうだったのだろうか。(2011/7/22)

eBook Girlsがお届けする:
PR:主要電子書籍ストア徹底比較 2011夏
2010年の"電子書籍元年”を経て数多く立ち上がった電子書籍ストア。ここでは、eBook USERのコンテンツナビゲーションを担当する本紹5姉妹「eBookGirls」のコメントも交えながら、乱立する電子書籍ストアの中から主要なストアを紹介していく。(2011/6/30)

定点観測:
セーフサーチオフでBookLive!の蔵書点数を調べてみた(6月3日編)
電子書籍ストア「BookLive!」では、コミックを中心にユニークなラインアップをそろえている。直近の増加数はどうだったのだろうか。(2011/6/7)

定点観測:
セーフサーチオフでBookLive!の蔵書点数を調べてみた(5月20日編)
電子書籍ストア「BookLive!」では、コミックを中心にユニークなラインアップをそろえている。今週の増加数はどうだったのだろうか。(2011/5/20)

定点観測:
セーフサーチオフでBookLive!の蔵書点数を調べてみた(5月13日編)
電子書籍ストア「BookLive!」では、コミックを中心にユニークなラインアップをそろえている。今週の動向はどうだったのだろうか。(2011/5/13)

定点観測:
セーフサーチオフでBookLive!の蔵書点数を調べてみた
eBook USERでは「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」の蔵書点数を2011年12月から集計しているが、ここではBookLiveが運営する「BookLive!」を調査した。(2011/4/29)

電子書籍ストア「BookLive!」で写真集の取り扱い開始
電子書籍ストア「BookLive!」で写真集の取り扱いが始まった。第1弾として、ハロー!プロジェクトのメンバー、真野恵里菜さんのファースト写真集が配信されている。(2011/4/25)

BookLive!、NTTドコモの「Optimus Pad L-06C」向けにビューワアプリを公開
BookLiveは、NTTドコモから販売されている韓国LGエレクトロニクスのAndroid 3.0搭載タブレット端末「Optimus Pad L-06C」向けに電子書籍のビューワアプリの提供を開始した。(2011/4/5)

BookLive、人気作品の第1巻を無料で提供するキャンペーンを展開
電子書籍ストア「BookLive!」で、「人気・有名作品が今だけ1巻無料!」キャンペーンの第2弾が始まった。「鬼平犯科帳」「ベルサイユのばら」などが用意されている。(2011/3/25)

eBook Forecast:
2月後半の注目すべき電子書籍市場動向
「電子書籍ってどこを押さえておけばいいの?」――忙しくて電子書籍市場の最新動向をチェックできない方のためにお届けするまとめ記事「eBook Forecast」。今回は、いまだくすぶり続ける課金周りのお話やEPUB 3.0、そして国内で始まりつつある注目のトピックスを中心にお届けします。(2011/3/7)

クラウド型電子書籍ストア「BookLive!」の実力は?
凸版印刷とインテル、およびビットウェイが立ち上げた新たな電子書籍ストア「BookLive!」。クラウドを活用した同ストアのできやコンテンツラインアップに迫る。(2011/2/18)

電子書籍販売サイト「BookLive!」がオープン、まずはAndroidとWindows PCに対応
凸版印刷とインテル、およびビットウェイが設立した「BookLive」が、2月17日にクラウド型の電子書籍販売サイト「BookLive!」をオープンした。(2011/2/18)

eBook Forecast:
1月後半の注目すべき電子書籍市場動向
「電子書籍市場の最新動向ってどうなってるの?」――忙しくてなかなか最新状況を追えない方のためにお届けする「eBook Forecast」。今回は、電子書籍市場への参入を発表したインテルや、Appleのアプリ拒否などの話題を中心にお届けします。(2011/2/4)

定点観測:
「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた
電子書籍ストア「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/1/21)

凸版印刷、「クラウド型」うたう電子書籍ストア「BookLive!」オープン インテルと協力
凸版印刷とインテルが電子書籍で協力。凸版子会社のビットウェイにインテルが出資し、ビットウェイは資金を活用して新ストア「BookLive!」をオープンする。(2011/1/20)

凸版印刷とインテルが共同で電子書籍ストア「BookLive!」の立ち上げへ
凸版印刷とインテルは共同で、クラウド型の電子書籍ストア「BookLive!」を2月に立ち上げる。リアル書店とのハイブリッドを狙う大日本印刷と、電子書籍ストアの横連携を図る凸版印刷。電子書籍市場における両者の取り組みは果たしてどちらに軍配が上がるのだろうか。(2011/1/20)

ハーレクインコミックス、フランスでも配信開始
ソフトバンク クリエイティブは、ハーレクインとビットウェイの協力の下、仏国の携帯電話事業者Bouygues Telecomの公式サイト「MANGA MODE」でハーレクインコミックスの配信を開始した。(2010/10/25)

ハーレクイン旋風:
ソフトバンク クリエイティブが台湾の携帯市場向けにハーレクインコミックスを配信開始
ソフトバンク クリエイティブが、台湾の主要携帯電話事業者に対し、ハーレクインコミックスの提供を始めた。(2010/7/14)

ドコモ、欧州で携帯向け電子コミックを配信
NTTドコモが欧州で電子コミックの配信サービスを開始。6月11日から、海外現地法人を通じてフランスの通信キャリアBouygues Telecomのユーザー向けに提供する。(2009/6/12)

PR:みのりんの、年末年始はBitCashでお買い物だー! 日記
電子マネーってなんだか難しそう……と思っていたみのりんですが、ひらがな・安全・簡単と3拍子そろった「BitCash」を使ってすっかりお買い物にハマってしまいました。(2008/12/25)

「地獄少女 三鼎」の特別試写会をケータイで実施
(2008/9/16)

「少年ライバル」単行本、PC・携帯・紙で同時発行
講談社は、月刊少年コミック誌「少年ライバル」連載作品の単行本を、紙とPC、携帯電話の3メディアで同時に発行した。(2008/8/4)

ジョジョ、男塾、サラリーマン金太郎など──「Handyコミック」、集英社マンガを携帯向け配信
(2008/7/4)

オーリック、リアルタイムWeb解析ソフトを凸版印刷グループに導入
Webアクセス解析システムなどを提供するオーリック・システムズは、ビットウェイにリアルタイムWeb解析ソフトウェア「RTmetrics」を導入した。(2007/12/5)

KCP+を採用した「W56T」「W54S」「W54SA」で何が変わるのか
au 2007年秋冬モデルのハイエンドモデル「W56T」「W54S」「W54SA」は、MSM7500チップセットとKCP+プラットフォームを採用し、従来のWIN端末から大きな進化を遂げた。KCP+端末は、KCP端末とどう変わるのだろうか。(2007/10/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。