ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブルーエア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブルーエア」に関する情報が集まったページです。

空気清浄機、単機能・高級路線へ シャープなど日本勢が新製品
世界的に高いシェアを持つ日本の空気清浄機。空気をきれいにするだけでなく加湿や除湿などの多機能が売りだが、近ごろ空気清浄機能に特化した高級機種を展開する日本企業が増えている。(2023/9/25)

ブルーエア初のクルマ用空気清浄機、日本上陸
セールス・オンデマンドがクルマ用空気清浄機「Blueair Cabin」(ブルーエア キャビン)を日本市場に投入する。クルマ特有の有害物質やアレル物質を99%除去するという。(2019/3/12)

メルマガ購読キャンペーン:
春の新生活応援「ITmedia NEWSアンカーデスクマガジン」購読キャンペーン! 抽選で13名様に「Google Home Mini」や「ブルーエア」の空気清浄機などをプレゼント
メールマガジン「ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン」の購読キャンペーンを実施します。新規登録の方を対象に、抽選で13名様にスマートスピーカー「Google Home Mini」や、Blueair(ブルーエア)の空気清浄機「Blue Pure 411」、モバイルバッテリーなどをプレゼント!(2018/3/2)

丸くてファッショナブルな“ブルーエア”、シンプルな空気清浄機「Blue Pure 411」登場
スウェーデンの空気清浄機ブランド「Blueair」からカジュアルラインの新製品が登場。販売価格は1万8000円(税別)。(2017/10/12)

夏の寝苦しさ対策、寝室で空気清浄機を使うメリットとは
(2017/7/12)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
空気清浄機は単機能であるべき――ブルーエア創業者に聞いた“ベストな空気清浄機”の条件
(2017/3/13)

6万円を切ったカジュアルな「ブルーエア」が登場――スタンダードモデルはクラウド対応に
セールス・オンデマンドがスウェーデン“Blueair”(ブルーエア)の空気清浄機2シリーズを発表。キューブ型のカジュアルライン「ブルー」とIoT要素を盛り込んだ「クラシック」でユーザー拡大を目指す。(2016/9/27)

R25スマホ情報局:
1人暮らしをスマートに! 最新スマホ連携家電5選
新製品を実際に使用・検証して解説する“体当たり家電ライター”の藤山哲人さんに、1人暮らしのビジネスマンにおすすめの最新スマホ連携家電を5つ選んでもらった。(2016/8/25)

梅雨時のイヤな臭いに効く空気清浄機とは? ブルーエア「ニオイフィルター」の謎に迫る
ジメジメと蒸し暑いこの季節。生ゴミのニオイや部屋干しした洗濯物の生乾き臭、そして浴室のカビ臭など、さまざまなニオイがきになってくるものだ。こうしたニオイにも効く空気清浄機の条件とは“物量”だった。(2016/7/6)

癒しの空間に花粉はいらない!――吉祥寺のハンモックカフェ「マヒカマノ」の試み
吉祥寺駅から徒歩数分の場所にある「mahika mano」(マヒカマノ)は、客席のほとんどがハンモックという珍しいカフェ。この時期になると花粉症のお客さんも見受けられるようになり、店長さんは頭を悩ませていました。(2016/2/23)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
これぞ鉄板! 絶対ラクになる「家電で花粉対策」7ヵ条
今回の本連載はいつものインタビューから趣向を変え、花粉症歴約30年のベテラン(?)である筆者が、家電での効果的な花粉対策を伝授。ここに挙げる7つの対策をしっかりと実行すれば、家の中限定ではあるが花粉症の悩みや症状が半減するはずだ。(2016/1/26)

部屋の空気を見守る――スマホと連携する空気清浄機「ブルーエア センス プラス」登場
「ブルーエア センス」の後継機が登場。シンプルなデザインはそのままに、空気清浄能力をアップ。さらに同時発売の室内モニターやスマートフォン用アプリと連携する機能も備えた。(2015/10/16)

IFA 2015:
未来が現実に――IFAで見つけた“使える”スマート家電
肌にやさしいスマートシェーバー、会話がはずむ未来の食卓、有名人の化粧方法を教えてくれるパウダールーム、スマート炊飯器など。白物家電メーカーのブースでは、近未来の生活が垣間見える。(2015/9/7)

これなら置ける:
センスのいい空気清浄機で花粉&PM2.5対策!――「ブルーエア センス」を使ってみました
花粉やPM2.5など、空気の汚れが何かと気になる季節。でも、自宅に置きたくなるような、おしゃれな空気清浄機はなかなかありません。今回は、各国のデザイン賞を獲得した「ブルーエア センス」のカッコいいところを紹介します。(2015/3/26)

空気を浄化すると部屋もきれいになる!――北欧生まれの空気清浄機「ブルーエア 450E」を自宅で試す(後編)
「ブルーエア 450E」の特徴は、なんといっても空気の洗浄スピード。空気をきれいにすると同時に、床や家具にホコリが積もりにくくなるという効果も確認できた。(2014/12/4)

質実剛健でいいじゃない――北欧生まれの空気清浄機「ブルーエア 450E」を自宅で試す(前編)
せっかく購入するなら良い物がいい。そんな人に紹介したいのが、シンプルな機能で清浄性能と静粛性をひたすら追求したBlueair(ブルーエア)の空気清浄機「450E」だ。決して多機能ではないが、空気をきれいにするという1つの目的のために十分以上の能力を与えられている。(2014/11/28)

PR:“青い空気”は編集部を浄化できるのか!? ITmediaに「ブルーエア」がやってきた
ブルーエアといえば、米国家電製品協会(AHAM)から世界イチのお墨付きをもらった空気清浄機のブランド。編集部のよどんだ空気を一掃するため、その最上位機種「ブルーエア650E」を導入した。(2014/11/25)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
PM2.5に打ち勝つ! ブルーエアの空気清浄技術で知るその方法
あまり目立たないけれど、実は高度な技術が使われている白物家電をピックアップする新連載。最初のテーマは、これからの季節に気になる空気清浄機。北欧からやってきたBlueairの実力とは?(2014/1/21)

空気のプロがデザインを追求したら?──北欧からやってきた空気清浄機「ブルーエア センス」
北欧からデザインに注力した空気清浄機がやってきた。Blueairの「ブルーエア センス」は、余計なものをすべてそぎ落としたというシンプルなデザインが特長だ。もちろん、外観だけではない。(2013/11/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。