ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電力線ブロードバンド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

BPL:Broadband over Power Line

関連キーワード

「色々な思い出をありがとう」「また天国で走り回って」 魔裟斗、愛犬マイケルの旅立ちを感謝の言葉とともに報告
ご冥福をお祈りします。(2019/5/13)

佐々木希、31歳の誕生日に“激動”の1年振り返る 「色んな感情を味わった」「とても目まぐるしい日々」
ママの一面も見てみたい。(2019/2/8)

AMI(高度メーターインフラ)を活用
スマートグリッド実現の鍵は無線通信、「IEEE 802.11s」が示す可能性
送電網のスマートグリッド化を実現するにはネットワークが鍵となる。注目されるのが、IEEE 802.11sを活用したワイヤレスメッシュネットワークだ。(2018/2/6)

PR:どの企業にも「隠れビッグデータ」は必ずある、CTCとシスコが提供する現実解とは
多くの国内企業において、ビッグデータに関する認識は高まり、焦点は「具体的に何をどうするのか」に移ってきた。そうした時期にタイミング良く、CTCがCisco UCSを採用した「ビッグデータパッケージ」の提供を開始した。CTCは自社の検証施設で自らが体験してきたCisco UCSの使い勝手を生かし、ユーザー企業がデータ活用に専念できるような環境を提供しようとしている。(2015/10/5)

PLCは進化していた!:
既設ケーブルがフル活用できるIoT向けマルチホップ対応の高速電力線通信が登場
メガチップスは2015年6月、IoT用途向けにマルチホップ通信に対応した独自PLCを開発し、同PLCを実現する通信用LSIを発表した。十数Mビット/秒の高速通信が行える技術で、既存ケーブルを有効活用できる通信技術として幅広く提案する。(2015/6/23)

IT機器のログをビックデータ分析、CTCが新サービス
CTCは大量ログデータの分析におけるコンサルティングからシステム構築、運用支援までをトータルサービスで提供する。(2013/10/9)

Core i搭載で4万円台から:
レア感がたまらない14型ノート――“モダンジオメトリック”な「VAIO C」の誘惑
VAIOには通常店頭で見かけるモデルのほか、直販限定のレアなモデルが存在する。今回は直販だけの14型ノートPC、しかもプレミアムデザインの「VAIO C(CA)」をじっくり試した。(2012/4/11)

地方にもブロードバンド広げる――IBMが米国でBPLを拡大
IBMが、既存の電力線経由でネット接続を実現する、電力線ブロードバンドの導入を開始した。(2009/2/20)

IBM、米東部で電力線ブロードバンド提供へ
IBMがBPLプロバイダーと契約、米国東部での電力線ブロードバンドの導入に協力する。(2008/11/13)

DIRECTV、電力線ブロードバンドを提供へ
衛星放送のDIRECTVがCURRENT Groupと提携。CURRENTのネットワークを経由して、電力線ブロードバンドやVoIPサービスを顧客に提供していく。(2007/8/16)

「エンタープライズPLC」のススメ:
高速PLCにもあった互換性問題
PLCの原理はアクセス制御と変調の方式に集約される。だが現在、モデムの通信方式には世界的な標準規格と呼べるものがない。異なる製品が共存できる日は来るのだろうか。(2007/2/6)

「エンタープライズPLC」のススメ:
高速PLCの「簡単、速い、すぐ使える」は本当か
2006年末の商用製品の登場以来、一躍注目を浴びるようになった高速電力線通信(PLC)。既存の電力線を利用してLANを構築できる技術は、有線や無線では難しかった場所にLANを適用する手法として大きな期待がかかる。そのメリット、そしてデメリットとは何か。(2007/2/1)

FCC、電力線ネットをブロードバンド接続と同等に区分
電力線ブロードバンド(BPL)が、CATVやDSLによるブロードバンド接続と同等に扱われることになった。(2006/11/7)

FCC、電力線ブロードバンドの普及拡大への支持を再表明
ブロードバンド環境では後進の米国。この方針は、現在ブロードバンドへのアクセスのない地方・内陸部に対しても、低コストなブロードバンドの普及拡大を後押しするもの。(2006/8/5)

データが正弦波に乗る:
米国で始まった電力線ブロードバンド・サービス
(2006/2/1)

米電力会社とプロバイダーが電力線ブロードバンドで提携
米国初のブロードバンド対応スマートグリッドが、電力会社のTXTとBPLプロバイダーのCURRENTの提携により実現する。ユーザーはコンセントにプラグを差し込むだけでサービスを利用できるようになる。(2005/12/20)

IBM、電力線ブロードバンドでCenterPoint Energyと提携
IBMは電力線ブロードバンドの実証実験で電力会社のCenterPoint Energyと提携する。このプロジェクトにはCisco、三菱なども協力している。(2005/7/12)

米国の高速接続回線、34%増加――FCC統計
2004年の米ブロードバンド統計によれば、高速接続サービスの回線数は同年中に34%増加した。内訳ではADSL回線が45%増え、CATV接続の30%増を上回った。(2005/7/8)

Google、電力線ブロードバンド会社に出資
電力線ブロードバンドのCURRENT Communications GroupにGoogleをはじめとする3社が出資した。(2005/7/8)

NEC、電力線ブロードバンドの電波漏えい防止技術を実証実験
NECは7月12日、高速電力線通信(PLC)の電波漏えいを防ぐ技術の実証実験を7月から始めると発表した。(2004/7/12)

近畿総合通信局、電力線ブロードバンド実験2件に許可
(2004/3/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。