ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Buy.com」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Buy.com」に関する情報が集まったページです。

伊吹太歩の時事日想:
なぜ「楽天」が世界中で叩かれているのか?
英語の社内公用語化など、グローバル企業への成長を目指して動き出した楽天。だが、本当に必要なのは「国際企業ごっこ」ではない。国際社会に対する社会的な貢献が求められる。(2014/3/27)

Mobile World Congress 2014:
NFC+SEは必須事項ではない――「モバイルペイメントの次」に向けて動き出した携帯業界
グローバル市場での普及が課題となっているNFCの決済サービス。背景にはセキュアエレメント(SE)の実装方式による業界内の対立構造があったが、さまざまな決済サービスが登場したことで業界全体が方針転換を図っている。(2014/2/28)

新興主要電子出版市場としての中国
中国の電子書籍市場に期待する向きは多い。政府が導入しつつある多くの規制と取り組みは、出版社の参入を加速させるかもしれない。(2013/2/12)

HTC、中国限定版ButterflyにスリムなBluetooth子機「HTC Mini」をバンドル
HTC Miniは、BluetoothあるいはNFCでスマートフォンとペアリングすることで、スマートフォン経由での通話ができる他、音楽再生などのリモコンとしても利用できる。(2013/1/27)

三木谷社長「もう社員に通訳必要ない」――楽天が“英語公用語化”本格スタート
「すでに社内会議の80%が英語で行われるようになった」――楽天の三木谷社長が“社内公用語の英語化プロジェクト”について会見し、これまでの成果と今後の展望を語った。(2012/7/3)

Kobo、日本で電子書籍を販売へ
楽天が買収し、7月にも本格的な日本進出が予定されているカナダのKobo。消費税が掛からない海外拠点からの電子書籍配信によって、価格面でも差別化を図る。(2012/6/26)

Kobo、3けた成長を達成
海外の電子書籍市場は必ずしもAmazonの独壇場というわけでもない。楽天が買収したことでも注目を集めたカナダのKoboも前年対比で3けた成長を遂げ勢いがある。(2012/6/11)

中国は今年が電子書籍元年?:
dangdang.comに続き業界3位の360buy.comも電子書籍販売に参入表明
中国国内で業界2位のECサイト「360buy.com」を運営する京東商城は、年内に電子書籍販売サービスを開始すると表明した。(2012/1/13)

Buy.comで楽天スーパーポイント提供開始
楽天が買収した米国のECサイト「Buy.com」がこのほど、「楽天スーパーポイント」の提供を始めた。(2010/11/19)

三木谷社長「日本企業であることをやめる」 楽天の世界戦略
「日本企業であることをやめ、世界企業になる」と三木谷社長が宣言。楽天の世界戦略に関する会見のプレゼンテーションは、すべて英語で行われた。(2010/7/1)

楽天、「脱日本企業」で海外取扱高7割を目指す
楽天は国際事業戦略について説明した。27カ国および地域への進出、流通総額20兆円体制を目指す。海外取扱高は7割を目指す。(2010/7/1)

楽天、仏最大のECサイト運営会社買収 欧州に本格進出
楽天は、フランス最大のECサイトを運営するPriceMinisterの全株式を約230億円で取得し、子会社化すると発表した。世界規模でのEC事業拡大を目指す。(2010/6/17)

楽天、Buy.comを2億5000万ドルで買収 北米展開の基盤に
楽天が米Buy.comを子会社化。Buy.comをEC事業の基盤とし、米国進出する。(2010/5/20)

Amazon.com、「合い言葉」で支払いできるサービスを導入
Amazonの「PayPhrase」サービスでは、パスワードの代わりに自分で決めた合い言葉と暗証番号を入力することで、オンラインショッピングの支払い手続きができる。(2009/10/30)

MacとPCをバックアップできる家庭用サーバ、HPが発表
AppleのTime MachineとMicrosoftのWindows Home Serverに対応し、ネットワーク上のMacとPCの自動バックアップが可能だ。(2009/1/5)

MicrosoftのOrigami、Netbookの台頭で影薄し?
NetbookはMicrosoftのOrigamiプロジェクトの成就なのだろうか? それとも、墓標なのだろうか?(2008/9/30)

ブラックフライデーにサイト遅延で小売り大手に打撃
米国でホリデーシーズンに突入するブラックフライデーの前夜からレスポンスが悪くなるショッピングサイトが続出し、売り上げが打撃を受けている。(2007/11/26)

「Windows Home Server」搭載機、予約開始
Windows Home Serverを搭載した「HP MediaSmart Server」の予約受付が、Amazon、Best Buy、Circuit Cityなどのサイトで始まった。(2007/11/6)

SNSで個人売買できる「Garage Sale」登場
Buy.comの「Garage Sale」は、SNSの個人ユーザーが、プロフィールページ経由でほかのユーザーに直接ものを販売することができる。(2007/8/8)

オンライン小売業界を揺さぶるGoogle
地道に市場を広げてきたオンライン小売業界に巨人Googleが踏み込むことで、業界全体にあわただしい動きが見られる。(2005/12/21)

DoS攻撃の手法と対策(前編):
DoS攻撃の手口を知る
(2005/3/11)

Buy.com、ソーシャルネットワーキングサイトを買収
(2004/10/20)

MS、スタートメニューにショッピングサイト追加へ
米Microsoftは、Windows XPのスタートメニューからアクセスできる新しいショッピング/ダウンロードサイト「Windows Marketplace」を立ち上げる計画だ。米国では今秋からエンドユーザー向けにサービス開始予定。(2004/7/13)

CD購入が多いユーザーはデジタル音楽も積極利用
音楽CDの購入と合わせてデジタル音楽ダウンロードサービスのiTunes、Buy.comなどを利用するユーザーが増えているとの調査結果を5月19日、調査会社米NPD Groupが発表した。(2004/5/20)

@米国IT事情(11):
ドットコムが消えたスーパーボウル 〜 変わりつつあるネット企業の広告戦略 〜
(2001/2/21)

@米国IT事情(5):
急成長するセキュリティのアウトソーシング ハッカーのように考える次世代の対策ソフトも登場
(2000/8/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。