ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Camellia」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

中小規模のシステムにも対応、SPARCベースのIaaSも開始:
オラクル、“Software in Silicon”を実装した「SPARC S7」製品群を投入
日本オラクルは、新プロセッサ「SPARC S7」と、SPARC S7搭載サーバ/アプライアンスを発表。100万円台のローエンド向けサーバも用意した。(2016/10/13)

DockerやNode.jsにも対応:
PR:クラウド時代にSPARC/Solarisに何が求められているのか――x86/Linuxにはない優位性や使い続ける意義を考える
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、日本仮想化技術の宮原さんと@IT編集長の内野さんに登場していただき、いろいろな側面からSPARC/Solarisの魅力を徹底解剖します。(2015/12/2)

Oracle OpenWorld 2015:
PR:オラクルが表明した「クラウド」のデザインゴールとハードウエアの関係
「Oracle OpenWorld 2015」は「クラウド」を軸に、そこで必要になるインフラをオラクルがどう提供していくのかが明確に見えたイベントでした。詳細をリポートします。(2015/11/10)

ハイブリッドクラウド環境での利便性も強化:
F5、HTTP/2正式対応ADCソフトウエア「BIG-IP 12.0」の国内提供を開始
F5ネットワークスがADCソフトウエアの最新版の提供を開始した。HTTP/2対応などの他、新たにMicrosoft Azureでも仮想アプライアンスを利用できるようになった。(2015/10/7)

製造IT導入事例:
ホンダ、大容量CADデータを高速流通できるクラウド基盤導入――最大で14倍の高速化
ホンダは、世界6極の拠点や約1万社のサプライヤが利用するクラウド型のファイル高速転送基盤を新たに導入した。同社のグローバル戦略パートナーであるNTTコミュニケーションズが同社クラウド上で提供する。(2014/9/12)

導入事例:
ホンダ、NTT Comのクラウド利用でCADデータの高速流通基盤を構築
世界中の拠点や約1万社のサプライヤーが利用する基盤を刷新し、約30%のコストダウンを見込む。(2014/9/12)

Androidセキュリティの今、これから(3):
ビジネス用途で活用する際の注意点
爆発的な勢いで普及し始めたAndroid端末は、大きなポテンシャルを秘める一方で、セキュリティという課題にも直面しています。この連載では一般ユーザー、ビジネスユーザーと、あらゆるAndroidユーザーを対象に、Androidのセキュリティについて解説していきます。(編集部)(2011/8/30)

小寺信良「ケータイの力学」:
「ケータイを持たせない」という選択(3)
石川県で施行された、ケータイの所持規制努力義務を盛り込んだ「いしかわ子ども総合条例」。これに対し、自分たちで情報教育をやっていくしかないと考えた販売店が、「北陸携帯電話販売店協会」を設立した。(2010/6/2)

放送禁止用語連発の男性陣につっこみまくる女性陣――「ぶるふぇす2010 -SPRING RAID-」
アークシステムワークスの大人気2D格闘ゲーム「BLAZBLUE」シリーズのイベントである「ぶるふぇす2010 -SPRING RAID-」の様子をいまさらですがリポートします。(2010/3/23)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「暗号技術」――家電にも欠かせないその技術
無線LANにPLC、携帯電話……それらに共通するキーワードが「暗号」だ。データを暗号化して通信内容やコンテンツを保護することが目的だが、そのしくみや仕様はさまざまだ。今回は、デジモノ家電における暗号技術の状況を解説する。(2009/8/20)

上長のチェック可能:
NTTソフト、グループウェアからのメール誤送信を防ぐ新製品
NTTソフトは、送信メールの上長承認機能や一定時間の保留が可能になった誤送信対策ソフトの最新版を発売する。(2009/3/26)

「史上最速」Firefox 3、正式リリース
パフォーマンス、安定性、信頼性の3つを兼ね備えたFirefox 3が先ほど正式にリリースされた。先だって行われた説明会では、Firefox 3に込められたメッセージ、そして今後の展開が語られた。(2008/6/18)

「史上最速のFirefox」 最新「3」公開へ
「Firefox 3」は処理速度を高めたほか、アドレスバーからアクセス履歴を検索する機能などを追加した。“Mozilla史上最高のアップグレード”をうたっている。(2008/6/17)

18日午前2時公開、Firefox 3
強化された「スマートロケーションバー」や、ブックマークへのタグ付け機能、サイトを開かずにアドオン追加など、新機能盛りだくさんのFirefox 3。日本時間の18日午前2時に公開となる。(2008/6/17)

ACCESS、最新の暗号技術を実装したWindows Mobile用フルブラウザを公開
ACCESSは、暗号化技術「Camellia」を実装したWindows Mobile向けフルブラウザのテクニカルプレビュー版を公開した。(2007/11/30)

モバイルで危機管理のススメ
緊急事態で機動性や迅速な対応を必要とする場合に、モバイルシステムが威力を発揮する。モバイルを活用した最新の危機管理技術を見た。(2007/10/18)

“CCでメアド流出”防止 社外メール、自動で個別送信
複数のメールアドレスにメール配信する際、本来はBCCで入力すべき相手先のアドレスを誤ってTOやCCに入力してメールアドレスが流出するミスを防ぐ企業向けシステムを、NTTコミュニケーションズが発売する。(2006/10/31)

デファクトスタンダード暗号技術の大移行(6):
システムの利用期間に見合った暗号技術の選択へ向けて
(2006/9/27)

デファクトスタンダード暗号技術の大移行(5):
鍵長をどのように選択していくか 〜等価安全性と鍵長の関係
(2006/8/24)

デファクトスタンダード暗号技術の大移行(4):
これだけは知っておきたいアルゴリズム 〜ハッシュ関数・公開鍵暗号・デジタル署名編
(2006/7/11)

デファクトスタンダード暗号技術の大移行(3):
これだけは知っておきたいアルゴリズム〜共通鍵暗号編
(2006/5/20)

国産暗号「Camellia」がオープンソースに
(2006/4/13)

NTT、国産暗号アルゴリズム「Camellia」をオープンソースとして公開
NTTは、128ビットブロック暗号アルゴリズム「Camellia」のNTT製ソースコードをオープンソースとして公開した。(2006/4/13)

デファクトスタンダード暗号技術の大移行(2):
暗号も国際標準化の時代へ〜政府・ISO/IEC・インターネット標準
(2006/4/7)

デファクトスタンダード暗号技術の大移行(1):
すべてはここから始まった〜SHA-1の脆弱化
米国は、現在利用されているすべての米国政府標準の暗号技術を2010年までにより安全な暗号技術へ交代させていく方針を明確に打ち出している。現在、世界中で使われているデファクトスタンダードの暗号技術は、そのほとんどすべてが米国政府標準の暗号技術に準じているため影響は極めて大きい。2010年に向けて現在使われている暗号技術はどのように変わっていくのだろうか(編集部)(2006/3/9)

「うっかり送信」による情報漏えいを防止、NTTソフトウェア
NTTソフトウェアは、メールの誤送信を防ぐ機能を追加したセキュリティソフト「CipherCraft/Mail」の新バージョンを発表した。(2005/9/29)

国産アルゴリズム「Camellia」を採用した暗号ソフト
三菱電機は、128ビットブロック暗号「Camellia」を採用した暗号ソフトウェア「MistyGuard 」新バージョンの販売を開始する。(2005/9/29)

インターネットテクノロジー、自動オンラインデータバックアップサービス開始
インターネットテクノロジーは、オンラインデータの自動バックアップサービス「でーた救急箱」を発表した。(2005/9/28)

NTT・三菱の「Camellia」がRFC化
(2005/7/20)

単純な操作でファイルを暗号化、NTTソフトウェアの「CipherCraft/File」
NTTソフトウェアは、重要なファイルを暗号化し、データ盗難/紛失に起因する情報漏洩を防ぐ「CipherCraft/File」を発表した。(2005/1/25)

「暗号アルゴリズム」とは
「暗号アルゴリズム」とは、暗号化の手順のことである。代表的な暗号アルゴリズムには、RSAやAESなどが挙げられる。(2019/2/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。