ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コレステロール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コレステロール」に関する情報が集まったページです。

〈5社共催〉ヒートショック対策リフォーム セミナーレポート:
高齢化社会の住まいで避けては通れない「ヒートショック」、住宅設備メーカー各社の対応製品とは?
かつてない超高齢化社会へ向いつつある我が国において、住まいに関わる重要課題として、ここ最近クローズアップされているのが、「ヒートショック」問題である。現在でも、交通事故による死者数よりも多くの人々が、ヒートショックによる家庭内事故で亡くなっているという。(2022/4/25)

中尾明慶、MRI検査で数年ぶりの病気再発が判明 1カ月近い不快なしびれに「今は結構ストレス」
2〜3年前にも同じ診断が下った中尾さん。(2022/4/6)

華原朋美、3カ月弱で79キロから20キロ減の大躍進 「これからも、張り切って前向きに頑張ってダイエット」
努力し続けるの本当にすごい。(2022/3/27)

華原朋美、約2カ月半で20キロ近く減量 50キロ台突入も停滞期に「負けずに長い目で頑張っていこう」
ダイエットに燃えている華原さん。(2022/3/13)

たまごも肉も使わないオムライスが販売 独自の「野菜半熟化製法」で“ふわとろ”も再現
ソースはドミグラスソースとトマトケチャップの2種。どちらも、動物由来の食材は不使用。(2022/3/10)

にんにく3瓶とバター1箱ご飯にドンッ 信じられないほど体に悪そうな料理を毎回完食する鉄人動画投稿者に話と健康状態を聞いた
ギョーザ100個企画では参加者で唯一完食。(2022/3/4)

華原朋美、11キロ減の裏に医師も恐れる健康リスク 血液検査での高コレステロールを「とても心配されて」
子どもとも一時別れてダイエットに集中したとのこと。(2022/2/25)

大愚和尚のビジネス説法:
僧侶という職業が“長生き”のワケ 働き方が激変しても、心身の健康を保つ「5つの習慣」
「健康で長生きしたい」とは、年を重ねるごとに誰もが抱く願望です。けれども残念ながら、誰もが健康で長生きできるわけではありません。仕事が「これから」というときに、大病を患ったり、「まだまだ」長く働けると思われていた人が突然亡くなったり……。かと思えば、100歳を超えてなお矍鑠(かくしゃく)としておられる方もある。なぜ、人は“順番に逝く”わけではないのでしょうか。(2022/2/21)

いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
魚卵アレルギーの方も食べられます。(2022/1/20)

月刊乗り鉄話題(2021年12月版):
乗り鉄のイケナイ「夜遊び」 なぜか流行し出した「線内夜行列車」の魅力を探る
夜通し乗っても遠くへイケナイ「伊豆急行スターナイトエクスプレス21」に乗ってきました。夜行列車の旅は「星空」と「夜明け」がいいんですよ〜。(2021/12/10)

PR:食生活は見直したい、けどコンビニ飯も甘いモノもやめられない……! そんな人でも始めやすい「ソイラテ」作戦のススメ
「一息つくなら、やっぱりカフェラテでしょ!」派のあなたに。(2021/10/19)

ファミリーマート「おうちでファミチキセット」を数量限定で販売開始 冷凍ファミチキとこだわりの揚げ油がセット
ファミチキのために開発され、店舗でも使用している油が初めて販売されます。(2021/9/28)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「睡眠8時間+8時間の断食」で、体重60キロが53キロ、体脂肪率17%が6.6%に
間歇的断食により、集中力の増加や認知機能の改善、肥満者における体重減少などの効果が期待できる。断食と聞くと難しく考えがちだが、大事なのは無理せず長く続けること。(2021/8/4)

菊地亜美、人間ドックで“命の危機”を実感 出産後も体重戻らず「長生きする為に痩せなければ」
家族のためにもがんばりましょう!(2021/7/9)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
産業医の有効活用のススメ――健康経営に対する1ドルの投資で3ドルのリターンも
健康リスクが高まっている現在、企業で健康管理を行うことは重要な取り組みの一つ。もし少しでも健康リスクを感じた場合、産業医を上手に活用することが有効になる。(2021/6/16)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した巨大プラットフォーマーの責務
Appleの開発者向けイベント「WWDC21」が開幕した。さまざまなOSの多岐に渡る進化ポイントを、林信行氏がまとめた。(2021/6/9)

中尾明慶「健康診断で良くない結果が出ました」 突然の告白に心配の声「身体大切にして」
コメント欄が知恵袋みたいに。(2021/4/21)

コンビニごはんで健康的な食事を目指す書籍『カラダにやさしいコンビニごはん100』発売
ネットで話題になった「深夜勤務者のための食生活ブック−健康をめざすコンビニ食の選び方−」を発展させた書籍です。(2021/4/20)

フワフワかわいい「あげもののぬいぐるみ」がカプセルトイで登場 カロリー気にしなくて良い揚げ物!
コレステロールも脂肪も気にしなくて良い!(2021/3/9)

医療機器ニュース:
酸化ストレスを検出する量子センサーを開発
量子科学技術研究開発機構は、体内の酸化ストレス状態を可視化するため、強い蛍光を発する量子ドットとMRI造影剤を組み合わせた量子センサーを開発した。酸化状態と抗酸化状態の両方を捉える双方向センサーだ。(2021/2/22)

ごま油好きに朗報! ごま油業界初の「トクホ」2月15日から発売へ
(2021/2/9)

豆乳でできたスライスチーズみたいな「豆乳スライス」登場 乳製品は不使用
スライスチーズのように料理に使えます。(2021/1/27)

Apple、日本でのApple Watch「心電図」機能を正式予告 Series 3以降で「不規則な心拍リズム」検出も
Appleからも正式なプレスリリースが出た。(2021/1/22)

医療技術ニュース:
父親の低タンパク質の食事が子どもの代謝変化に影響するメカニズムを発見
理化学研究所は、父親の低タンパク質の食事が生殖細胞でエピゲノム変化を誘導し、それが精子を通じて子どもに伝わることで、肝臓の遺伝子発現変化と代謝変化を誘導することを明らかにした。(2020/4/9)

「そんなとこまで仲良しなのですね!」 「かつみ・さゆり」さゆり、夫婦で大腸ポリープ除去手術を受ける
いつも一緒の2人。(2020/4/3)

“揚げ物税”で社員の健康は改善できるか ヤフーの社食戦略
(2019/10/8)

iPS細胞の生みの親・山中教授が講演 「研究者になったワケ」「ゲノム編集への危機感」など語る
JSYが8月22日に開いた後援会に、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が登壇。過去の経験や、科学技術の発展における懸念点などについて語った。山中教授が研究者を志したきっかけは、父親の死だったという。(2019/8/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ホンダの決算 バリエーション7割削減の意味
増収減益ながら、欧州の工場閉鎖など減益は一過性となるホンダの決算。そして来期に向けては、無駄な派生車種を3分の1に削減し、基礎設計を共通化する「ホンダアーキテクチャー」の導入も進める。(2019/5/27)

ロッテリアが肉肉肉の時代に喝! 肉なしバーガーこと「ソイ野菜ハンバーガー」を期間限定発売
大豆パティでカロリー約30%オフ。(2019/5/2)

医療技術ニュース:
肥満を調節する新しい酵素を発見、肥満予防に期待
東京大学は、脂質の一種とこれを生合成するL型酵素の働きをマウスを使って調べ、このL型酵素が肥満を調節する新たな酵素であることを明らかにした。(2019/3/4)

働き方の習慣を変えよう:
あなたの残業、本当に必要ですか?
かつてメーカーに勤務していた筆者は、残業と休日出勤が定常化していた。疲労感を抱えながら仕事をすると、集中力は低下し、生産性は落ちていく。その結果、さらなる長時間残業に発展していくという悪循環だった。全ての原因は「働き方の悪い習慣」の積み重ねだったという……。(2018/9/28)

タイムアウト東京のオススメ:
江戸の粋を味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/9/4)

医療技術ニュース:
涙に含まれるコレステロール硫酸が眼を炎症細胞の浸潤から守る
九州大学は、涙の中に含まれるコレステロール硫酸という脂質が、免疫細胞の動きに重要な「DOCK2」というタンパク質の機能を阻害し、眼を炎症細胞の浸潤から守る働きをしていることを発見した。(2018/8/30)

AIで市民の健康状態を予測 6万人分の健診データで精度向上も――倉敷中央病院とNEC、予防医療で共創
岡山県の倉敷中央病院とNECは、AIを活用した予防医療に向けて共創を開始。将来の健康状態を予測する「NEC 健診結果予測シミュレーション」を用いて、約6万人分の健診データを分析し、健診結果の予測精度向上を図るとともに、発症予測まで視野に入れた技術検証に取り組む。(2018/8/23)

念願の米国展開なるか:
「アイコス」は紙巻きたばこより安全――フィリップモリスが強調する狙いとは
フィリップモリスが、紙巻きたばこから「アイコス(IQOS)」に切り替えると疾病リスクが下がるとの試験結果を発表。切り替えた人は、喫煙を続けても体内から発がん性物質などが減っていたという。結果はFDAに提出済みで、米国での販売許可獲得につなげる狙い。(2018/7/18)

医療技術ニュース:
血液検査でひきこもり傾向が明らかに、「治療法」の開発に期待
九州大学は、ひきこもり傾向に関連する血中バイオマーカーを発見した。ひきこもりの病態解明の進展やひきこもりの予防、早期介入、栄養療法などの治療法開発に貢献することが期待される。(2018/3/13)

キッコーマン豆乳飲料から「チョコミント」味が登場 チョコミントなのに乳原料もコレステロールもゼロ
チョコミン豆乳。(2018/1/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「ストレスはよくない」と思うことが、ストレスになる
ストレスに対する意識を変えると、うまくつきあえるようになる。(2017/10/26)

「牛乳は超危険!」って本当? Google検索最上位に出てくる記事を検証してみた
「牛乳」と検索してびっくり。(2017/9/13)

すき家、女子大生との共同研究で「フォトジェニックな牛丼」開発 丼も箸もいらない「牛丼クレープ」など
オシャレすぎて、牛丼に見えない。(2017/7/11)

新しい価値を提案:
マヨネーズで食卓を彩る キユーピー研究者の工夫
ロングセラー商品「キユーピーマヨネーズ」。研究開発を担当する若見俊介さんは、マヨネーズの新商品や新しい使い方の開発に取り組んでいる。マヨネーズにかける思いや研究開発の工夫を聞いた。(2017/4/17)

【更新】「ウコンに薬としての効能はない」は正確ではない 専門家に聞いた「全容はいまだに解明されていない」
健康への効果があるとしても限られていると示唆 ※追記・訂正あり(2017/2/1)

市場全体を押し上げ:
健康食品市場、「機能性表示食品」好調で微増
2016年度の健康食品市場規模は、メーカー出荷金額ベースで7500億円(前年度比0.9%増)。2015年4月開始の「機能性表示食品制度」によって健康食品が拡大し、市場が底上げされた――矢野経済研究所調べ。(2017/1/23)

ライザップに挑戦してみた:
「ライザップ=痩せる」だけではない。新たな取り組みは?
「ライザップでトレーニングを積めば、2〜3か月で痩せることができる」といったイメージをもっている人が多いだろうが、実は新たなことに取り組んでいる。それは「健康」。どのような取り組みかというと……。(2016/11/10)

星9つ! サンヨー食品「サッポロ一番 グリーンプレミアム 0(ゼロ) とろみ生姜らーめん 5個パック」をレビュー!
今回選んだのはサンヨー食品の「サッポロ一番 グリーンプレミアム 0(ゼロ) とろみ生姜らーめん 5個パック」(398円/税別、店頭価格)です。(2016/9/29)

医療技術ニュース:
マイタケ由来タンパク質がインフルエンザウイルスの増殖を抑制
理化学研究所は、食用キノコのマイタケから、脂質ラフトと呼ばれる動物細胞膜上の脂質構造に結合するタンパク質を発見。その存在下ではインフルエンザウイルスの増殖が抑えられることを明らかにした。(2016/9/9)

ブラックとミルク入りで何が違う? コーヒーの健康効果
コーヒーのブラックとミルク入りのカフェオレやカフェラテなどとでは、どのような健康効果の違いがあるのでしょうか。(2016/8/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
てんやが天丼チェーンとして“唯一”全国展開できた理由
圧倒的なコストパフォーマンスの高さで人気を博しているてんや――。なぜ天丼チェーンとして“唯一”全国展開できたのか、そのビジネスモデルを解説する。(2016/8/12)

知っておきたい医療のこと:
認知症を予防するには
増え続ける認知症のコントロールは現代社会においては喫緊の課題であり、治療薬も開発されているが、一旦発症すると根治が難しい。確実とはいわないが期待できる予防法はある。(2016/8/3)

料理が捗る! 芽が出ず有毒物質も少ない便利なじゃがいも誕生 理研ら研究チーム
遺伝子組み換えによって作ることができることが明らかに。(2016/7/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。