ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「.NET Compact Framework」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10が次に実現する「PCではない未来のデバイス」とは?
2017年春に予定されているWindows 10の次期大型アップデート「Creators Update」に伴い、いよいよPCのカタチが変わろうとする予兆がある。(2016/12/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 IoT」とはどのようなOSなのか?
PCやタブレット、スマホ向けの次期OSとして注目されている「Windows 10」。しかし、陰の主役とも言える「Windows 10 IoT(Internet of Things)」はあまり知られていない。現在明らかになっている情報をまとめよう。(2015/5/30)

特集:.NET大変革:
.NET 2015とは何か
オンラインイベント「Connect();」で、マイクロソフトが明らかにした.NET 2015構想。本稿では、.NET 2015を構成する主要素について概観していく。(2014/12/11)

モバイル向けアプリ開発の選択肢【後編】
モバイルアプリを開発する前に確認すべき6つの問題
モバイルアプリ開発に関して、ネイティブアプリか、クラウドアプリかを選択する場合、検討すべきはサポート端末、BYOD、セキュリティなど6つの問題だ。(2012/12/7)

オルタナブログ通信:
ロックでクール! オルタナティブ・ブログ6周年
6周年を迎えたビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約250人のブロガーによってITにまつわる時事情報などが日々発信されている。その中から今回は「オルタナブログ6周年」「クールビズ」「オープン懇談会」「ソーシャルメディア」「定年制」などを紹介しよう。(2011/6/25)

組み込みソフトウェア開発 技術解説:
いまさら聞けない .NET Micro Framework入門
超小型機器向けファームウェア「.NET Micro Framework」をご存じですか? 概要から事例、今後の展開までを分かりやすく紹介します!(2011/1/5)

Windows Phone 7 Seriesへのアップグレードは不可能?――確答を避けるMicrosoft
MicrosoftがWindows Mobile 6.xを見捨てることを認めたら、同OS搭載携帯端末の売れ行きは急減するだろう。(2010/3/3)

Microsoftは「Windows Mobile」と「Windows Phone」の溝を埋められるか
Windows Mobile 6.5ベースとWindows Phone 7ベースのデバイスおよびソフトウェアの間の溝は、一部の開発者にとっては乗り越えられないものかもしれない。(2010/2/19)

Windowsケータイで独自UIを実装するセミナー、スタッフネットが開催
スタッフネットが、Windowsケータイで独自UIを実装するノウハウを学べる実習セミナーを開催する。(2009/9/8)

スタッフネット、Windowsケータイ向けアプリの開発実習セミナー開催
スタッフネットが、Windowsケータイ向けアプリの開発実習セミナーを7月から開催する。(2009/6/11)

組み込みイベントレポート:
触ってみたいと思わせるインターフェイスが価値を生む
今回はESEC2009レポートの最終回として、「UI」に関する講演や「OS高速起動」デモなど、筆者が注目した技術・取り組みについて紹介する!!(2009/6/10)

不景気知らず:
Survey:無線アプリ開発は増加傾向に
開発者の多くが無線デバイス用アプリケーション開発は景気後退に影響を受けず、今後も成長するか現状維持が続くだろうと予想していることが分かった。(2009/2/7)

法人顧客に“オンリーワン”サービスを――KDDI、法人ソリューションの新戦略
携帯キャリア各社が法人向けサービスを強化する中、KDDIが法人ソリューションの新戦略を発表。顧客のニーズをくんで最適化した提案ができる体制を整えるとし、柔軟な組み合わせが可能な内線ソリューションを発表した。(2009/1/25)

Microsoft研究部門、Surface SDKや魔法のレンズなど先端技術を発表
ハイテクテーブル「Surface」のソフト開発キット、Surfaceの機能を拡張する“魔法のレンズ”のような「Second Light」を発表した。(2008/10/30)

ココが変わったWindows Embedded CE 6.0 R2(3):
Windows Embedded CEアプリケーション開発手法
今回は、Windows Embedded CE上で動作するアプリケーション開発の方法や注意点について、詳しく解説します。(2008/3/17)

富士通、スマートフォン向けサービスを拡充へ
富士通は、同社製スマートフォン「F1100」に対応した企業向けの情報共有や業務利用のためのソリューションを拡充する。(2008/3/12)

オープン性と統合環境の両立がスマートフォンOSの命
スマートフォンOSでは世界トップシェアのSymbian。日本ではNTTドコモのFOMA端末で数多く採用され、その存在感を高めつつある。その原動力は、汎用OSとしてのオープンな開発環境と、通信端末の機能を支える統合環境だという。(2007/11/7)

「サーバ連携がWindows Mobileの価値を生む」――MS樋口COO
マイクロソフトの樋口泰行COOは、MCPCのイベントで同社のモバイル事業の戦略について説明を行った。(2007/9/7)

Windows Mobile 6の登場で、SmartphoneとPocket PCは過去の名前に
Windows Mobile 6を搭載する新型デバイスが2007年第2四半期から提供開始される。Microsoftは搭載デバイスの命名ルールを変更し、デバイスタイプ間の違いをさらに目立たなくした。(2007/3/30)

htc Fan Site、関西でオフラインミーティング
(2007/3/20)

スマートホンで組み込みシステムを制御する
適切な通信プラットフォームと開発ツールを使えば、組み込みシステムで用いる安価なモバイルユーザーインターフェースとしてスマートホンを活用することが可能となる。(2007/1/1)

マイクロソフト、「XNA Game Studio Express Launch Event」を開催
マイクロソフトは12月13日、都内の会場で、Xbox 360およびWindows XP向けゲーム制作ツール「XNA Game Studio Express」のローンチイベントを開催した。本日より同ツールおよび「XNA クリエイターズ クラブ」が開始される。(2006/12/13)

MS、「XNA Game Studio Express」正式版をリリース
XNA Game Studio Expressの正式版リリースを記念して、「Dream-Build-Play」コンテストを開催。優勝者が開発したゲームはXbox Live Arcadeで公開される。(2006/12/12)

Windows Mobile ビジネス活用講座――第1回:
PR:ビジネス端末としてのWindows Mobile デバイスの魅力
ケータイとしては画期的に処理性能が高く、ノートPCよりも小さく軽い――ウィルコムの「W-ZERO3」には、最新のWindows Mobile を搭載したからこそ可能になった“便利”が詰まっている。W-ZERO3に代表されるWindows Mobile デバイスで何ができるのか、詳しく見ていこう。(2006/5/17)

グラフィックス基盤戦略を大幅転換、WPF/EはAdobeを振り払えるか?
Microsoftのクロスプラットフォームグラフィックスフレームワークの「WPF/E」の開発計画が変更された。C#やVBを使用して、Windows以外のプラットフォームにも対応するデスクトップおよびWebアプリケーションを作成できるようになる見通しだ。開発ツール市場への進出を図るAdobeの脅威を払拭できるか?(2006/4/25)

グレープシティ、Visual Studio 2005に対応したコンポーネント群を発売
グレープシティは、.NETのWindowsフォームやWebフォームなどのコンポーネント群を集めたComponentOne Studio 2006の発売を開始する。(2006/1/18)

組み込み開発環境としてのVS2005(後編):
VS2005によるWindows CEアプリケーション開発
組み込み開発環境としてのVS2005(後編) 今回は、Windows CEアプリの作成を通して、Visual Studio 2005の組み込み開発の流れや機能を紹介する(2005/12/13)

ウィルコム、VGA液晶のWindows Mobile端末を投入──W-SIM対応の「W-ZERO3」
ウィルコムが、Windows Mobile搭載のスマートフォン「W-ZERO3」を市場に投入する。端末はシャープが開発。VGAの3.7インチモバイルASV液晶とスライド式のフルキーボードを搭載。(2005/10/20)

MS、Visual Studio 2005のβ2リリース
MicrosoftはVisual Studio 2005と.NET Framework 2.0のβ2、およびSQL Server 2005のCTPを公開した。これらの製品は開発の最終段階に入ったとしている。(2005/4/19)

MS、CE.NETアプリケーション開発をEmbedded DevConで解く
組み込み市場は、マイクロソフトにとって比較的苦戦を強いられている分野だ。しかし、Windows Media 9で高画質さを知らしめたように、そのWMVフォーマットをデバイスサポートさせるなど、最近はWindows自体よりもテクノロジーの魅力で攻めている。(2004/9/29)

dev .NET
特集:第1回 スタートアップ.NET――基礎から始める.NET
.NETを簡潔に説明できる人はそう多くない。その理由のひとつは、.NETが利用形態によってさまざまな側面を持つからだ。デベロッパーチャンネル「dev .NET」新連載となるこの特集では、これから.NETに取り組みたい読者に向けて解説していく。(2004/7/1)

Visual Studio Magazine
ビル・ゲイツ、Visual Studio 2005のビジョンを語る
「シームレスコンピューティング」というテーマが、VS.NETにモバイルデバイスへの対応を迫り、Speech Server 2004のインテグレーションに圧力を加えている。Speech Server 2004は音声で動作させるアプリケーションの開発プロセスを大きく進歩させそうだ。(2004/6/15)

e-Day:
「スマート」にこだわるビル・ゲイツ
マイクロソフト日本法人がこの1月から「スマートクライアント アドバンテージ」プログラムを開始した。ここ数年、ビル・ゲイツは「スマート」にこだわり続けている。彼は意外としつこい。(2004/1/20)

基礎解説 ADO.NET基礎講座 ―初めての.NETデータベース・プログラミング―:
第2回 .NETデータ・プロバイダによるデータベースのアクセス
ADO.NETによるデータベース・プログラミングをマスターするためには、まず「.NETデータ・プロバイダ」をよく理解しておくことが重要だ。(2003/5/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。