ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネットいじめ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ネットいじめ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

機械学習を活用
いじめに遭った子どもの「心の叫び」に気付くために学校が取り入れたITとは
米国のある学区は、クラウドアプリケーションセキュリティサービス「ManagedMethods」を使用している。学習者が作成するドキュメントにある“有害な言葉”を検出することに役立てているという。その実態とは。(2019/10/9)

こわい話に潜む「女性への抑圧」とは? “こわい話”を解剖する
なぜ、そのこわい話は「こわい」のか?(2019/8/12)

Instagramがいじめ防止策を発表 「いじめコメントにAIが警告」「コメントのミュート(制限)機能」
相手に知らせずコメントを非表示にできます。(2019/7/9)

ディルバート(610):
理不尽な稟議の果て
チェックの厳しい購買部長に見積もりを通したいディルバート。渾身の説得は成功するか……?(2019/7/4)

NHKで報じられた技能実習生の労働問題、別の今治タオル企業にネットで中傷 NHK「番組で取り上げた会社ではない」
(2019/6/25)

小中学校へ携帯電話持ち込み、10年で「原則禁止→解禁」の大転換 ネット上は解禁反対派が6割
どうして真逆の対応に?(2019/3/15)

この上なくヤバいサイコパスがいる 未知のホラー漫画『いじめるヤバイ奴』が大きな声ではオススメしにくい理由
自縄自縛に陥った“いじめっ子”の縄を持つ“いじめられっ子”。(2019/3/2)

若者の情弱化:
第二次バカッター合戦到来! バカ発見器再発動の責任は誰か
くら寿司、すき家、セブン-イレブン、そしてバーミヤン……。2013年くらいに続発したバカッター事件(Twitterによる犯罪や不適切行為自慢)と同じような行為が、ここ最近再びニュースになっています。久々のバカ発見器発動を企業リスクの視点で見てみましょう。(2019/2/14)

世界を「数字」で回してみよう(55) 働き方改革(14):
ブラック企業の作り方
今回取り上げるのは「ブラック企業」です。特にここ数年、企業の規模や有名無名に関係なく、“ブラック企業の実態”が報道でも取り上げられていますが、そもそもなぜ「ブラック企業」が存在してしまうのでしょうか。そして、ブラック企業を撲滅することはできるのでしょうか。(2019/1/30)

世界を「数字」で回してみよう(54) 働き方改革(13):
政府の地雷? 「若者人材育成」から読み解くひきこもり問題
今回のテーマは「働き方改革」の「若者人材育成」です。「若者人材育成」をよく読み解いてみると、その根っこには、深刻な“ひきこもり”問題が存在していることが分かります。(2018/12/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
続・自動車メーカーの下請けいじめ
「大手自動車メーカーは悪」「中小企業の下請けは正義」みたいな決めつけを止めないと、この国の経済は良くならない。サプライヤーがしかるべき原価低減も行わず、新技術の開発もせずに現状を維持していたら、それでこの国が幸せになれるのかをちゃんと考えてみた方が良い。(2018/12/3)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
“パワハラ放置”社会が「子どものいじめ」を増長? 「見て見ぬふり」の大きな代償
「パワハラ防止措置」の法制化がようやく進められることになった。だが、それだけでなく「自分たちの問題」として考えることが必要だ。大人のパワハラ、あるいは「見て見ぬふり」という行動が、子どもたちの振る舞いにも影を落としている。(2018/11/30)

娘がいじめられてるとおもったら…… パパと娘と娘を好きな男子が繰り広げる漫画がほのぼのする
なんか、みんないいキャラ。(2018/11/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカーの下請けいじめ?
自動車メーカーがサプライヤー(下請け)に価格低減などの厳しい要求をすることがしばしばある。このことと「いじめ」が本当にイコールなのだろうか。そもそもメーカーは下請けをいじめるメリットがあるのか?(2018/10/29)

「いじめ」と戦うLINEの執念
「LINEいじめ」という言葉が発明され、目の敵にされて5年。LINEはいじめ問題にどのように取り組んできたのか。(2018/10/10)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「女の子同士が手をつなぐ」ことから始まったプリキュアが「男の子同士が手をつなぐ」までに至ったことに祝福を
「ふたりはプリキュア」から15年。当たり前のことが当たり前になる世の中に。(2018/9/27)

シェアしたくなる法律相談所:
イケメンであればセクハラにならない? おじさんであればセクハラになる?
(2018/9/18)

スピン経済の歩き方:
日本人が「ある程度の暴力は必要」と考える、根本的な原因
全国で「暴力指導」が次々と明るみとなっている。会社、学校、クラブ、家など、あらゆるところで暴力指導が日常的に行われているわけだが、なぜ日本人は「ある程度の暴力は必要」と考えるのか。その思想には根深い問題があって……。(2018/9/11)

サラリーマン、プリキュアを語る:
3分に及ぶ「出産シーン」 「HUGっと!プリキュア」が子どもたちに伝えたかった“母の強さ”と”父の責任”
いつだって子どもに誇れる大人でありたいですよね。(2018/8/23)

スピン経済の歩き方:
剛力彩芽が叩かれる背景に、日本人の国民性
タレントの剛力彩芽さんが、ネット上で壮絶なリンチにあってしまった。交際宣言したスタートトゥディの前澤友作社長と同じタイミングで、ロシアW杯を観戦した写真をInstagramにあげたところ、批判が殺到したのだ。それにしても、なぜこのような「いじめ」が後を絶たないのか。(2018/7/31)

スピン経済の歩き方:
日本人の働き方が変わらない、本当の原因は「大縄跳び競走」にある
先週、働き方改革法案が成立した。といっても、サラリーマンの多くは「どうせ変わらないでしょ」と思っているのでは。日本人の働き方はどのようにすれば変わるのか。筆者の窪田氏は法整備よりも、小学校で行われている「大縄跳び競走の中止」を訴えている。どういう意味かというと……。(2018/7/3)

世界を「数字」で回してみよう(47) 働き方改革(6):
政府vs企業で揺れる「副業」、労働者にメリットはあるのか
「副業」は、それを推進するか否かにおいて、政府と企業のスタンスが(珍しく)対立する項目です。人口の減少が深刻な今、政府が副業を推進するのも分かる気はしますが、当事者である私たちが知りたいのは、これに尽きると思います――「結局、副業ってメリットあるの?」(2018/2/19)

“教員の卵”×iTeachers座談会【第4回】
学校ITは「全校統一」「先生の裁量任せ」のどちらが適切? 教員志望の学生が議論
教育機関でIT製品を導入する際、製品や使い方を全校で統一すべきなのか。それとも教員の裁量に任せるべきなのか。教員志望の学生と教員との座談会の内容を基に考える。(2018/2/5)

なんで「ノストラダムスの大予言」をあんなに気にしていたんだろう
人類滅亡、みんな好きすぎだろ。(2018/1/8)

水曜インタビュー劇場(4年連続トップ3入り公演):
アドラーの岸見一郎さんに聞く、職場で嫌われる勇気
2013年に発売された書籍『嫌われる勇気』が、いまも売れている。ビジネス書のランキングでみると、4年連続でトップ3入りしていて、この数字は史上初の快挙だという。本書は対人関係の接し方などを深く掘り下げているが、職場での嫌な上司にどのように対応すればいいのか。著者の岸見一郎さんに聞いた。(2017/12/20)

ブラック企業大賞にノミネートされた企業って、その後どうなるんです? 運営委員会に聞いてみた
「弊社もノミネートされたらいいのに」と思っている人もいそうですが……。(2017/12/17)

9万8676件増加:
「いじめ」の認知件数、32万件超え 過去最高
小・中・高等学校の「いじめ」の認知件数は32万件超え――文部科学省調べ。(2017/11/16)

Over the AI ―― AIの向こう側に(16):
モノマネする人工知能 〜 自動翻訳を支える影の立役者
最近の機械翻訳の発展には目を見張るものがあります。なぜ、ここまで進化しているのでしょうか。AI(人工知能)による翻訳、通訳を取り上げ、その発展の理由を探ってみると、その根底には、あるパラダイムシフトが存在していたことが分かりました。(2017/10/30)

アニメ「3月のライオン」、第2シリーズが10月14日放送スタート! 夏祭り仕様のキービジュアルかわいいいい!
ニャーたちもいるよ。(2017/8/21)

スピン経済の歩き方:
次に、炎上するブラック企業は「マスコミ」だ
「ブラック企業」問題がさまざまな業界で起きているが、いよいよ政治の世界にも広がってきた。豊田議員が秘書に対し、「このハゲー!」と暴言を吐いたことで大きな問題になったわけだが、次のブラック企業はどこか。筆者の窪田氏は「マスコミ」と予想する。その理由は……。(2017/7/4)

英国で「心の健康に最も有害なSNSはInstagram」との調査結果 若者1500人の声からランク付け
不安感などを強めてしまう傾向があるもよう。(2017/5/26)

答案用紙に「いじめられている。助けて」と書くのは有効? 模試運営会社と都教委に聞いてみた
いじめられていると打ち明けにくいのがいじめ問題の難しさ。(2017/4/24)

ママ友がいてくれて楽しい、助かった―― ママ同士のゆるい交流描く漫画が世のママさんを勇気づける
怖い話ばかり拡散されがちなこのご時世では、貴重なポジティブエピソード。(2017/4/19)

Twitter、永久凍結ユーザーの別アカウント作成阻止など3つの新いじめ対策
いじめ対策に取り組むTwitterが新たに3つの対策を発表した。永久凍結したユーザーによる別アカウント作成を阻止し、検索結果にユーザーがミュート・ブロックしたアカウントによるツイートを表示させないなどだ。(2017/2/8)

「いじめを認めると校長の退職金は5000万から2000万に減額?」 ウワサの真相を元教師と都育庁に聞いた
横浜市のいじめ問題をきっかけに「なぜいじめを認定できないのか」と物議をかもしています。(2017/1/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
RENAが評価されるべき、もうひとつのこと
2016年12月31日に開催されたRIZINの試合で、女子格闘家「RENA」が勝利した。シュートボクサーでも「絶対女王」として君臨しているが、彼女が高く評価されるべきもうひとつのことがある。それは……。(2017/1/6)

バラエティーか、パワハラか…… TBS正月ドッキリ番組、ニッチェ・江上への演出に「やりすぎ」「かわいそう」と批判の声
バラエティー番組の在り方が問われているのかもしれません。(2017/1/3)

長時間労働、ハラスメント問題企業が並ぶ:
「ブラック企業大賞」ノミネート10社発表 電通など
“今年1番のブラック企業”を決める「ブラック企業大賞2016」のノミネート企業10社が発表。新入社員の過労死が発生した電通や、パワハラ問題が明らかになった日本郵便などがノミネートした。(2016/12/1)

自己責任論は本当に「想像力が欠如」しているのか?
ジョン・レノンにごめんなさい。連載「ネットは1日25時間」。(2016/11/3)

「(生徒のため)動画削除に協力を」 岩手・高校野球部員いじめ疑惑で学校側が取材にコメント
野球部の活動については10月26日現在未定とのこと。(2016/10/26)

日ハム・大谷の母校「当校ではございません」 岩手・高校野球部いじめ動画騒動で校名類似の風評被害
花巻東高校は、動画騒動と全く関係のない学校です。(2016/10/26)

スピン経済の歩き方:
なぜ大阪府警の機動隊は「土人」などと暴言を吐いたのか
沖縄のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事を巡って、現場を警備する大阪府警の機動隊員が「暴言」を吐いた。反対運動をしている人に「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」などと発言したわけだが、なぜ彼らはこのような暴言を吐いたのか。その理由を探ってみると……。(2016/10/25)

スピン経済の歩き方:
電通や東芝といった大企業が、「軍隊化」してしまうワケ
電通の女性新入社員が「過労自殺」したことを受け、「オレの時代はもっと大変だった。いまの若い者は我慢が足りない」と思った人もいるだろう。上の世代にとっては“常識”かもしれないが、なぜそのような考え方をしてしまうのか。(2016/10/11)

アカウント作成「13歳未満は禁止」は存在するが……:
ネットサービスは「何歳から解禁」にすべきなのか
インターネット上の脅威から子どもを守るための年齢制限や、取るべき安全対策の在り方を、あらためてどう考えるか。セキュリティ企業のESETが提言記事を公開した。(2016/9/14)

「Twitterがいじめ問題で2017年に終了」のデマ、海外で拡散
Twitterは事実ではないと否定。(2016/8/12)

Twitterのいじめ対策の不完全さを指摘するBuzzFeedの記事にTwitterが反論
BuzzFeedがTwitterの多数の元従業員の証言に基づいて執筆したTwitterのいじめ対策の不備を指摘する記事について、Twitterと同社の元CEOのディック・コストロ氏がそれぞれに「記事は不正確だ」と表明した。Twitterは「記事は今日初めて読んだ」というが、BuzzFeedは「かなり前にコメントを求めて原稿を見せたが反応がなかった」としている。(2016/8/12)

「Twitterはいじめのための場所ではない」──ジャック・ドーシーCEO
Twitterのジャック・ドーシーCEOは、Twitter上でのいじめ問題について、「Twitterは、ニュースと社会的主張のための場だ。いじめのための場所ではない」と語り、いじめ対策に引き続き注力すると約束した。(2016/7/27)

「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート(2):
“法的にもセキュアな”システムを作れるエンジニアになろう
@IT編集部が2016年6月23日に東京・青山ダイヤモンドホールで開催した「@ITセキュリティセミナー」レポートの第2弾をお届けする。(2016/7/20)

ひどい言葉を投げかけたリンゴの中身が…… リンゴを使っていじめの影響教えた授業が話題に
「賢明な教え方だ」「素晴らしい」と賞賛の声が寄せられています。(2016/7/3)

英国ウィリアム王子、ゲイ雑誌の表紙飾る LGBTへのいじめ問題について語る
LGBTの若者へ「あなたらしくあることに誇りをもって、恥じることはない」とメッセージ。(2016/6/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。