ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Dart」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dart」に関する情報が集まったページです。

デバッグとアプリ分析を支援する「Dart DevTools」を提供:
Google、モバイルアプリ開発向けオープンソースSDKの最新版「Flutter 1.2」を公開
Googleは、iOSおよびAndroidアプリ開発のためのオープンソースSDKの最新版「Flutter 1.2」を公開した。(2019/2/28)

Google、オープンソースのAndroid/iOSアプリ開発SDK「Flutter 1.0」リリース
Googleが、2月にβ版を公開したオープンソースのAndroid/iOSアプリ開発SDKの正式版「Flutter 1.0」をリリースした。(2018/12/5)

Tesla、限定オリジナルサーフボードを1500ドルで発売し、即完売
Teslaが米国のオンラインショップで200枚限定のオリジナルサーフボードを約17万円で発売し、完売した。デッキはカーボンファイバーでカバーし、ボトムは同社の自動車のような鮮やかな赤だ。(2018/7/30)

「Dart」言語を使用する人気上昇中のモバイルアプリSDK:
Google、iOS/Androidアプリ開発用オープンソースSDK「Flutter」の「Release Preview 1」を公開
Googleが提供するiOSおよびAndroidアプリ開発のためのオープンソースSDK「Flutter」が、β版から「Release Preview 1」に移行した。(2018/6/26)

Mobile World Congress 2018:
Google、iOS/Androidアプリ開発向けオープンソースSDK「Flutter」をβ公開
Googleが、iOSおよびAndroidアプリを同時に開発できるオープンソースのSDK「Flutter」のベータ版を公開した。Android Studioだけでなく、Visual Studio Code、Swift、IntelliJ IDEAをサポート。高速に、高品質なモバイルアプリを開発できるとしている。(2018/2/28)

2017年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
恒例の年末企画。2017年に使ってみた製品の中から、ビジネスユースでも十分に実用的に使えると判断した、「個人で購入できて仕事がはかどるデジタル製品」のベスト5を選んでみた。(2017/12/27)

未来の食糧難に耐えられるか
「IoT畜産業」が世界を救う理由
IoTの普及が進む今日、農業や畜産業への導入が注目を集めている。今後増大を見込む食肉需要を背景に、IoTは畜産農家をどう支えられるのか。(2017/9/5)

Angular TIPS:
Angularの特徴とは? 開発環境を構築するには?
人気のJavaScriptフレームワーク「Angular」の基本機能を目的別リファレンスの形式でまとめる連載の第1回【v4以降対応】。まずはその特徴とインストール方法を説明する。(2017/5/24)

Angular TIPS:
Angular 2を利用するには?(準備編)
人気のJavaScriptフレームワーク「Angular 2」の基本機能を目的別リファレンスの形式でまとめる連載スタート。まずはその特徴とインストール方法を説明する。(2016/11/22)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(終):
AngularJSユーザーのためのAngular2超入門
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく本連載。今回は、前回カスタムディレクティブで解説しきれなかった内容と、最近リリースされたAngular2を紹介します。(2016/11/17)

ITソリューション塾:
熊本地震・支援ニーズの把握にIT DARTが先遣隊を派遣
熊本地震の被災地でIT業界からも支援の取り組みが始まっています。(2016/4/18)

Dev Basics/Keyword:
Angular 2
Angular 2はHTML5/JavaScript/CSSの組み合わせで、モバイルアプリ/Webアプリを開発するためのフレームワークだ。(2016/2/16)

リンクス ace/dart/pulse:
Baslerのエリアセンサーカメラ量産、CCDからCMOSへの置き換えに
リンクスは、Baslerのエリアセンサーカメラ「ace/dart/pulse」シリーズの量産開始を発表。3シリーズともコストパフォーマンスに優れ、CCDカメラからCMOSカメラへの置換に最適なモデルとなっている。(2016/2/15)

FAニュース:
最新センサーを搭載したエリアセンサーカメラ量産開始
リンクスは、Baslerのエリアセンサーカメラ「ace/dart/pulse」シリーズが量産を開始したと発表した。高速・高画質のaceシリーズは従来のCMOSセンサーのスペックを大きく上回っており、dart/pulseシリーズは移動体の撮像も可能だ。(2016/2/15)

丸文が資本参加するFINsix:
重さ60gの超小型ノートPC用ACアダプタを開発
丸文は、米国FINsix(フィンシックス)に資本参加するとともに、国内販売代理店契約を結んだ。丸文はFINsix製の超小型ACアダプタ「DART」などを2016年より国内販売する。(2015/8/10)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(17):
最強のトラブルシューティングツール、それはWindowsの「インストールメディア」
「正常に起動しないPCをどうにかしたい」「壊れかけのPCからデータを救出したい」「ディスク交換してPC環境を丸ごと引っ越したい」、どれもWindowsのインストールメディアがあれば即対応できます。(2014/11/7)

次はenumとdeferred loadingの正式サポートを:
グーグルのプログラミング言語「Dart」、ECMA標準に
グーグルはプログラミング言語「Dart」が国際標準化団体ECMAの正式仕様として承認されたと発表した。(2014/7/9)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/15)

安藤幸央のランダウン(67):
プログラミングもクラウドへ―― 学習&開発環境Webサービス23選まとめ
オンラインのプログラミング環境や、オンラインでコードを書いて学べる学習サイト9選、ビジュアル(子ども向け)プログミラングWeb環境5選を紹介する。(2014/2/24)

さよならWindows XP、そしてWindows 8.1へ:
企業にとって最適なWindows 8.1の選び方
本連載ではこれまでにWindows XPからの移行やXPにとどまることの問題点などを解説してきたが、今回から最新OSの利用に向けた解説に進む。まず導入時の検討事項となるエディションやライセンスにまつわる点から取り上げてみたい。(2014/1/16)

ネット広告の先駆者に聞く:
デジタルマーケッターよ、自社がどうやって稼いでいるか知っているか?
マーケティングは長嶋監督の「カンピュータ」から野村監督の「ID野球」に変わるべきだ。日本のインターネット広告業界を常に一歩早く歩んできた横山隆治氏に、デジタルマーケッターのあるべき姿を聞いた。(2013/8/9)

特集:TypeScript(プレビュー版)概説(前編):
アンダース氏が設計した新言語による次世代JavaScript開発とは?
JavaScript系の新言語である「TypeScript」とは何か? その特徴と言語仕様を説明。今回はクラスの基礎を解説する。(2013/1/18)

OctaneテストでGoogleのV8 JavaScriptエンジンをしのぐ性能:
Googleのプログラミング言語「Dart SDK」が安定版に
米Googleは10月16日、Webアプリ開発のためのプログラミング言語「Dart」のSDKが安定版になったと発表した。(2012/10/17)

Google、Webアプリ開発向け新言語「Dart」の安定版SDKをリリース
Googleが、1年前に発表したオープンソースのWebアプリ開発向け言語「Dart」の安定版SDKをWindows、Mac、Linux向けに公開した。SDKにはネイティブVMをサポートするChromeブラウザのビルドも含まれる。(2012/10/17)

小山博史のJavaを楽しむ(16):
JavaとJavaScriptの良いとこ取り? 「Dart」超入門
教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、独自の視点からJavaの面白さを掘り下げていく。(編集部)(2012/8/29)

Google、オープンソースのプログラミング言語「Go」の安定版をリリース
GoogleがC言語をベースとしたプログラミング言語「Go 1」を公開した。LinuxとMac OS Xに加え、新たにWindowsにも対応した。(2012/3/29)

HTML5とかtopi(4):
ゲームと高品質ビデオに注力するFlash“Next”
アドビはゲームと高品質ビデオに注力して、これまで以上にアグレッシブな開発を続けていく一方で、Linux版の開発を停止する(2012/2/29)

情報システム用語事典:
ランダムテスト(らんだむてすと)
random testing(2011/11/7)

Google、Webアプリ開発向け新言語「Dart」を発表
Dartは構造化されたWebアプリを開発するための言語で、同言語で開発したアプリはJavaScriptに変換して実行できるほか、将来Chromeブラウザに搭載される専用VM上で実行できるようになる。(2011/10/11)

統合ストレージシステム対決:NetApp FAS vs. EMC VNX(前)
EMCとNetAppが比較されやすい理由
統合ストレージ製品を提供するEMCとNetApp。両社以外にも提供ベンダーは多く存在するが、製品検証という点でこの2社がよく引き合いに出されるのはなぜだろうか?(2011/9/6)

Microsoftの「Windows Intune」、Windows 7へのアップデートもサポート
「Windows Intune」には、オンサイトPC管理ツールやマルウェア対策ツールに加え、Windows 7 Enterpriseアップグレードサブスクリプションも含まれる。(2010/4/20)

Google、次世代広告プラットフォーム「DoubleClick for Publishers」を発表
大規模パブリッシャー向け「DoubleClick DART」を「DoubleClick for Publishers(DFP)」に、小規模向けの無料サービス「Google Ad Manager」を「DFP Small Business」に、それぞれアップグレードする。(2010/2/23)

ダブルクリック、トランスコスモスが吸収合併 米Googleとの係争決着
ダブルクリックとGoogleとの係争が決着。Googleが4500万ドルを支払い、ダブルクリックは広告事業を譲渡。ダブルクリックはトランスコスモスが吸収合併する。(2010/1/26)

ダブルクリックを完全子会社化:
トランスコスモスと米Googleの争いが終結へ
トランスコスモスは、子会社のダブルクリックを株式交換方式によって100%子会社化すると発表した。(2010/1/25)

ダブルクリック、Google Ad Planner対応の広告管理サービスを発売
ダブルクリックは、広告主向けにASP形式で提供する広告配信管理サービスの最新版を同日に発売すると発表した。(2009/9/1)

トランスコスモス、ポストクリックやポストインプレッションの広告分析サービス
トランスコスモスは、ポストクリックやポストインプレッションに特化した広告効果を分析、リポートするサービスを始めた。(2009/7/15)

YouTubeでの広告事業を拡大か:
Googleのディスプレイ広告収入は10億ドルを超える見通し――アナリストの予測
財務アナリストの予測によると、YouTubeの貢献などにより、Googleは2009年にオンラインディスプレイ広告で10億ドル以上の収入を確保する見通しだ。(2008/6/24)

Web営業の弱点を突いた悪質広告配信の手口
営業担当者が契約を伸ばしたいと思っている月末を狙って広告スペース買い取り話を持ちかけ、巧妙に仕組んだ悪質広告を掲載させていた手口が発覚。(2007/11/15)

MS、企業向けツールの好調ぶりを報告
MicrosoftのDesktop Optimization Packは9カ月で300万本と最速の売れ行きだ。(2007/11/13)

Vistaの企業導入を進めたいマイクロソフト、キャンペーンでアピール
マイクロソフトは7月31日、企業向けにWindows Vistaの導入促進を図る戦略を発表した。(2007/7/31)

Google、DoubleClickを買収する理由を説明
検索広告の重要性が低下する中、ディスプレイ広告市場に参入することで、広告主、パブリッシャー、コンシューマーにより貢献できるようになるとしている。(2007/6/28)

Googleによる買収でDoubleClick、消費者団体からの懸念に反論
GoogleのDoubleClick買収はプライバシー保護面で問題、との声にDoubleClickは、Googleのデータと照合することはできないと説明した。(2007/4/24)

「ワッチミー!TV」にダブルクリックの広告配信システム
(2006/7/12)

mixi、ターゲティング広告対応サービス導入
(2006/3/3)

AOL、Doubleclickの広告管理プラットフォーム導入
AOLはDoubleClickと提携し、AOL傘下の全Webブランドに広告配信・管理ツールDFPを導入する。(2005/4/9)

DoubleClick、Performicsを買収
(2004/5/18)

IT Business フロントライン (2):
変貌続くネット広告業界
(2000/8/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。