ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DeepZenGO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DeepZenGO」に関する情報が集まったページです。

囲碁電王戦FINAL、囲碁AI「DeepZenGo」が勝ち越しで終了
この対局をもってDeepZenGoは引退します。(2018/4/9)

「囲碁電王戦FINAL」最終局、DeepZenGoが勝ち越しで幕
「囲碁電王戦FINAL」の最終局は、DeepZenGoがプロ棋士・趙治勲名誉名人に勝利し、2勝1敗と勝ち越した。引退するDeepZenGoは、今後は使い勝手を向上させる。(2018/4/9)

「囲碁電王戦FINAL」第2局、DeepZenGoがリベンジ果たす 1勝1敗に
「囲碁電王戦FINAL」の第2局で、囲碁ソフト「DeepZenGo」がプロ棋士・朴廷桓九段に勝利。DeepZenGoとプロ棋士の勝負は1勝1敗に。(2018/4/2)

「囲碁電王戦FINAL」、DeepZenGoは黒星スタート
囲碁ソフト「DeepZenGo」が過去に敗北したプロ棋士と対局するリベンジマッチ「囲碁電王戦FINAL」の第1局は、プロ棋士のミイク廷九段がDeepZenGoに勝利。(2018/3/26)

囲碁AI「DeepZenGo」が今春で引退 最後の対局となる「囲碁電王戦FINAL」は北京・ソウル・東京で開催
おつかれさまでした。(2018/3/18)

「DeepZenGO」引退へ “最強の囲碁AI”目指すプロジェクト、ドワンゴ
ドワンゴが、囲碁AIのプロジェクト「DeepZenGO」を今春で終了する。(2018/3/16)

AIが競馬予測 当たったら全額寄付 ニコ生で新企画
ドワンゴが、人工知能が馬券を購入し、見事的中したら収益を全額寄付する募金プロジェクトを「niconico」で実施する。(2018/3/8)

日本最強の囲碁AI「DeepZenGo」が「夢百合杯 世界オープン戦」に初参戦 対局はニコニコ生放送で生中継
勝ち残った場合は次の本戦対局も放送される予定です。(2017/6/15)

最強囲碁AI「AlphaGo」が世界最強棋士に勝利 第1局
囲碁AI「AlphaGo」が世界最強の囲碁棋士、柯潔(カ・ケツ)九段に1勝した。(2017/5/23)

ニコニコ超会議2017:
日本最強の囲碁AI「DeepZenGo」対プロ棋士軍団、AIがわずかな差で勝利
日本最強の囲碁AI「DeepZenGo」とプロ棋士チーム3人が合議制で対局し、DeepZenGoが3目半で勝利した。(2017/4/29)

「ニコニコ超会議2017」開幕 「超歌舞伎」から「マストドン」まで記事まとめ
「ニコニコ超会議2017」が千葉・幕張メッセで開幕。初音ミクが主演する「超歌舞伎」から、民進党の蓮舫代表の“猛追及”を体験できる「VR蓮舫」、ネットで話題の新興SNS「Mastodon」(マストドン)のブースまで、幅広く“ニコニコの文化”が集結する。(2017/4/29)

Googleの囲碁AI「AlphaGo」と世界最強の棋士・柯潔九段の真剣勝負 5月下旬に実施
「Future of Go Summit」が5月23日〜27日に開催決定。(2017/4/10)

ネットに謎の囲碁棋士「Master」が出現 世界トップ棋士を続々撃破
井山六冠とみられる人物との対戦は4000人が見守った(2017/1/3)

日本型セキュリティの現実と理想:
第37回 人工知能がセキュリティ対策にもたらす未来・前編
どんどん進化する人工知能は、既にニュースなどでも取り沙汰されることが珍しくなくなった。この人工知能の進化が今後セキュリティ対策に何をもたらすのかについて述べる。(2016/12/15)

日中韓トップ棋士と日本製・囲碁AIが対局へ 「ワールド碁チャンピオンシップ」を2017年3月に開催
「DeepZenGo」はさらに進化を遂げているのか……!?(2016/12/4)

井山裕太六冠、日本最強の囲碁AI「DeepZenGO」と対局へ 来年3月「ワールド碁チャンピオンシップ」開催
日本最強の囲碁AI「DeepZenGO」と、日・中・韓のプロ棋士が対局する「ワールド碁チャンピオンシップ」が来年3月に開催。日本代表は井山裕太九段だ。(2016/11/29)

「人工知能に負けても恥ずかしくない」――囲碁電王戦から見えた「DeepZenGO」の強さと課題
「第2回囲碁電王戦」を終え、対局した趙治勲名誉名人と「DeepZenGO」開発者の加藤英樹さんが勝因、敗因を振り返った。(2016/11/24)

電王戦最終局、趙名誉名人が勝利 囲碁AI「DeepZenGO」に勝ち越し
第2回囲碁電王戦の第3局は、趙治勲名誉名人が囲碁ソフト「DeepZenGO」に勝利。三番勝負を勝ち越した。(2016/11/23)

日本最強の囲碁ソフト「DeepZenGO」、趙治勲名誉名人を破る 電王戦第2局
「第2回囲碁電王戦」の第2局は、囲碁ソフト「DeepZenGO」が趙治勲名誉名人に勝利。(2016/11/20)

「囲碁電王戦」第1局、趙治勲名人が勝利 日本最強の囲碁AI「DeepZenGO」敗れる
プロ棋士とコンピュータソフトが争う「第2回囲碁電王戦」の第1局で、趙治勲名誉名人が囲碁ソフト「DeepZenGO」に勝利した。(2016/11/19)

日本最強の囲碁AI「DeepZenGO」、趙治勲名人と対局へ 「プロ棋士と戦えるレベルに達した」
日本最強の囲碁ソフト「DeepZenGO」が、人間のプロ棋士と対局する「第2回囲碁電王戦」が11月19〜23日に開催。相手は趙治勲名誉名人だ。(2016/11/9)

人間対AI「囲碁電王戦」再び 趙名誉名人と「DeepZenGo」が真剣勝負
ドワンゴが「第2回囲碁電王戦」を11月19日から開催。囲碁AI「DeepZenGo」とプロ棋士の趙治勲名誉名人が、ハンディなしの真剣勝負を行う。(2016/11/9)

中国AIチームがAlphaGoに挑戦? 
世界最強の囲碁ソフト、GoogleのAlphaGoに対抗するため、中国の科学者がチームを組んだ。(2016/4/6)

最強の囲碁ソフトを開発する「DeepZenGoプロジェクト」 ドワンゴ「引き続き半年〜1年後の完成を目指す」
開発陣による「AlphaGo」戦へのコメントも発表。(2016/3/17)

日本発・最強囲碁ソフトプロジェクト、開発を継続 「AlphaGoのためにもライバルが必要」
AlphaGoが李世ドル九段に勝ち越したことを受け、ドワンゴの「DeepZenGoプロジェクト」がコメントを発表。半年〜1年後に「新生囲碁ソフト」の完成を目指すという。(2016/3/17)

ドワンゴが世界最強の囲碁ソフトを開発するDeepZenGoプロジェクト始動 Google「AlphaGo」の打倒を目指す
世界に対抗できる日本発の囲碁AI開発を目指します。(2016/3/1)

世界最強の囲碁ソフト目指せ――ドワンゴ「DeepZenGoプロジェクト」始動 Google「AlphaGo」打倒も
ドワンゴが、世界最強の囲碁ソフトを開発する「DeepZenGoプロジェクト」を始動。米Google「AlphaGo」の打倒を目指す。(2016/3/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。