ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本発」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

日刊MONOist火曜版 編集後記:
リチウム電池爆発問題を解決する、日本発の検査技術への期待
日本発の新たな検査基準や標準化などに期待です。(2024/2/13)

Microsoft、パルワールドを支援 専用サーバなど提供 Game Pass版に1日最大300万近いプレーヤー
日本発の3Dオープンワールドゲーム「Palworld」をMicrosoftが支援すると発表した。開発元のポケットペアと協力し、専用サーバや技術リソースを提供する。(2024/2/2)

日本発PCゲーム「パルワールド」3日で400万本突破 同時プレイ110万、ネットワークエンジニア「ワンオペやばい」
日本のゲームベンチャーが開発するSteam向けオープンワールドゲーム「パルワールド」(Palworld)が、リリースから3日で400万本を売り上げるという超人気タイトルになっている。(2024/1/22)

2023年、話題になった「あれ」どうなった?:
Spotifyで人気爆発、日本発「ガチャポップ」とは?
デジタル音楽配信サービス「Spotify」が5月にローンチしたプレイリスト「Gacha Pop(ガチャポップ)」が海外で人気だ。日本の音楽をごちゃ混ぜにしたプレイリストがなぜ人気なのか。(2023/12/29)

ソフトバンク・ビジョン・ファンド“参謀長”に聞く 日本発スタートアップへの投資が少ない理由
ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)で「参謀長」と呼ばれている佐々木陽介さん。SVFはどんな投資手法をしているのか。なぜ海外の投資先が多いのか。佐々木さんに聞いた。(2023/12/20)

終わり始めた“鎖国”:
きゃりーぱみゅぱみゅ・VERBALが語る「日本音楽ビジネス」の現在地 「世界は日本を求めている」
昨今、日本発の音楽が世界で人気を博している。これまでは経済規模が大きいことから“鎖国”していても問題なかったところで、何が変化してきているのか。世界で活躍するきゃりーぱみゅぱみゅさんや仕掛人のアソビシステム・中川悠介代表取締役、VERBALさんらが語った。(2023/12/9)

日本発“クギが打てる”「メタルバナナ」がなぜか台湾で人気爆発 注文集中でメーカーも「急いで生産中」
一時は「鋼鐵香蕉」がトレンドワードに。(2023/12/5)

12月22日オープン:
羽田空港に「地方創生型の店舗」が登場、特徴は?
羽田未来総合研究所は、羽田空港第3ターミナル出国エリア内に日本発の地方創生型ラグジュアリーブランド「JAPAN MASTERY COLLECTION」のショップをオープンする。(2023/11/16)

除菌から医療、エネルギーも……日本発の革新技術「MA-T」が生み出す未来
このシステムを活用した製品には除菌・消臭剤、口腔ケア用ジェルのほか、燃料として使用可能なメタノールの生成などにも応用することが可能となった。(2023/11/1)

ジャパンモビリティショー2023:
日本発の商用軽EV、外装パーツの共用化でコストを抑え200万円で2025年に販売
HWエレクトロは、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、商用軽EV「PUZZLE」のコンセプトカーを披露した。(2023/10/27)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
不安しかない「CHAdeMO」の未来 日本発のEV充電規格は、無事生き残れるのか
世界に先駆けて登場した日本発のEV充電規格「CHAdeMO」に未来はあるのでしょうか。今回は、TeslaのCHAdeMOアダプターのソフトウェアアップデートをきっかけに、CHAdeMOを巡る課題について、Teslaユーザーの視点で考察します。(2023/9/9)

「日本発のソフトウェアを世界へ」 ジョーシスが世界40カ国で事業開始
「ハイブリッドワークが常態化する中、ITガバナンスは崩壊の危機にある」――。こう警告するジョーシスがエンタープライズ事業の強化と世界40カ国での事業展開に乗り出した。ITデバイスとSaaSの統合管理ツールという「激戦」市場の中で同社は自社サービスの勝機をどこに見いだしているのか。(2023/9/7)

和田憲一郎の電動化新時代!(49):
北米市場でテスラのNACSの採用が拡大、CHAdeMOはどうする
北米でNACSを巡る動きが激しくなる中、日本発の急速充電規格CHAdeMOの推進団体であるCHAdeMO協議会は今後どのような考え方で進めようとしているのか。CHAdeMO協議会事務局長の丸田理氏、同広報部長の箱守知己氏にインタビューを行った。(2023/7/25)

『トーマス、きょうとへいく』発売 日本発オリジナル絵本でトーマスが京都鉄道博物館へ
清水寺も登場。(2023/7/21)

日本ものづくりワールド 2023:
環境規制が進む六価クロムの機能めっきを代替、日本発新技術の量産を開始
豊実精工は「日本ものづくりワールド 2023」で、作業者に悪影響を及ぼすことから環境規制が世界中で進んでいる六価クロムを使わずに同等の性能を実現する機能めっき代替技術「Erin」を紹介した。(2023/6/22)

【後編】アステラス製薬・杉田氏に聞く人的資本経営:
「イノベーションを起こせる会社」はどう作る? アステラス製薬の人事トップ・杉田氏に聞く
新薬の開発に代表されるように、製薬会社にはその業態上、イノベーションが不可欠だ。日本発の製薬企業として、海外数十カ国に生産・販売拠点を持ち、1万人超の従業員を抱えるアステラス製薬では、このために取り組んでいることがあるという。(2023/6/12)

製造マネジメントニュース:
製造業DXを推進するシーメンス、バッテリーメーカー向けにデジタル基盤の提案強化
シーメンスは、記者懇談会を開催し、統合デジタルプラットフォーム「Xcelerator」を中心に日本の製造業のDXを積極的に支援していく他、特にバッテリーメーカー向けの支援を強化し、日本発のバッテリーメーカーのデジタル基盤を世界に発信していく考えを示した。(2023/6/7)

オンライン大学「ZEN大学」 ドワンゴと日本財団が開学へ 「教育格差解消を」
ドワンゴと日本財団は、日本発の本格的なオンライン大学「ZEN大学」(仮称)を25年4月に開学する計画だ。(2023/6/5)

研究開発の最前線:
「バイオものづくり」の実証拠点が完成、日本発のプラットフォーマーに向けて
NEDOは、Green Earth Institute(GEI)が2021年度から千葉県茂原市に建設を進めていた「バイオものづくり」の推進拠点「バイオファウンドリ研究所」を報道陣に公開した。(2023/6/5)

日本AI界の“スター”が作った自動運転車に乗ってみた 創業から1年半で市販化 彼らの「無謀な計画」とは
日本発の自動運転スタートアップが自社開発の運転支援システムを載せたクルマを試乗させてくれるというので、千葉県は柏の葉キャンパス駅に降り立った。(2023/4/12)

Amazon Musicのポッドキャスト制作スタジオ「Wondery」が日本上陸 その狙いは?
Amazon傘下のポッドキャスト制作スタジオ「Wondery(ワンダリー)」が日本でのポッドキャスト制作を開始する。第1弾は既に英語圏で配信されている「Business Wars(ビジネスウォーズ)」の日本語版で、今後は日本発のコンテンツ制作にも注力していくという。(2023/3/22)

電動キックボード専用のナビ開発へ 「事故・違反を起こさない」がコンセプト
あいおいニッセイ同和損害保険とナビタイムジャパンが、電動キックボード専用のナビゲーションサービスの共同開発をすると発表した。同様のシステムは日本発という。(2023/2/21)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
海外大手が資金力で競争 動画サービス戦国時代、日本発「U-NEXT」が戦える理由
今回取り上げるのはUSEN−NEXT HOLDINGS。コンテンツが値上がりし、動画サービス各社が投資余力で戦う中、動画配信サービス「U-NEXT」はなぜ戦っていけるのでしょうか。(2023/1/26)

コアスタッフ 代表取締役 戸澤正紀氏:
PR:世界的オンライン半導体商社への飛躍に向かい積極投資を展開するコアスタッフ
半導体/電子部品通販サイト「CoreStaff ONLINE」を運営するコアスタッフは2023年、本格的な海外事業展開に向けて積極的な投資を展開する。2022年12月には、これまでの物流センターの約10倍の収容能力を誇る新物流センターの建設に着手。新たな半導体/電子部品サプライヤーとのパートナーシップ締結や、真贋判定サービスやバッファー在庫管理代行サービスなど各種サポートサービスの強化も実施する。「日本発のグローバルなカタログディスティ(カタログ商社)になる」と語るコアスタッフ社長の戸澤正紀氏に2023年の事業戦略を聞いた。(2023/1/12)

ギークによるギークのための贈り物リスト【第4回】
日本発「オタマトーン」に全米のオタクが大受け? “刺さる電子楽器”はこれだ
贈り物を選ぶ際は、送り先の人の好みを考慮するとよい。相手が音楽好きのギークの場合、どのような贈り物が喜ばれるだろうか。日本発の「オタマトーン」など、ギークお薦めの贈り物候補を紹介する。(2022/12/31)

環デザインとリープサイクル(6):
サーキュラーデザイン「元年」を迎えて
「メイカームーブメント」から10年。3Dプリンタをはじめとする「デジタル工作機械」の黎明期から、新たな設計技術、創造性、価値創出の実践を積み重ねてきたデザイン工学者が、蓄積してきたその方法論を、次に「循環型社会の実現」へと接続する、大きな構想とその道筋を紹介する。「環デザイン」と名付けられた新概念は果たして、欧米がけん引する「サーキュラーデザイン」の単なる輸入を超える、日本発の新たな概念になり得るか――。連載第6回では筆者が提唱する“より良い循環”を目指していくための新たなコンセプト「環デザインとリープサイクル」のうち、“環デザイン”について取り上げる。(2022/12/26)

モノからコトへ:
楽天グループがNFT事業に参入した理由 世界に打って出る「日本発の勝算」とは
楽天グループがNFT事業に2月から参入した。なぜ、このタイミングで楽天がNFT事業に参入したのか。NFT事業部ゼネラルマネージャーで、楽天チケット社長も務める梅本悦郎さんに狙いを聞いた。(2022/12/16)

NEWS Weekly Top10:
私の「mixi黒歴史」を見てもらえないだろうか?
マスク氏がCEOになって以降、Twitterの運営を不安視する人は日本にも多い。移行先として挙がりがちなのは、日本発のSNS「mixi」だ。だが、「mixiにはかつての“黒歴史”が残されているから戻れない」と多くの人が言っている。(2022/11/28)

環デザインとリープサイクル(5):
鎌倉市を舞台とした資源循環のカタチ、3つの新たな取り組みの成果とこれから
「メイカームーブメント」から10年。3Dプリンタをはじめとする「デジタル工作機械」の黎明期から、新たな設計技術、創造性、価値創出の実践を積み重ねてきたデザイン工学者が、蓄積してきたその方法論を、次に「循環型社会の実現」へと接続する、大きな構想とその道筋を紹介する。「環デザイン」と名付けられた新概念は果たして、欧米がけん引する「サーキュラーデザイン」の単なる輸入を超える、日本発の新たな概念になり得るか――。連載第5回では「鎌倉市を舞台とした『デジタル駆動超資源循環参加型社会共創拠点』プロジェクトのこれまでの成果」について取り上げる。(2022/11/28)

製品のイノベーションハブ:
ダノンジャパン社長に聞く「日本発のオイコスが世界に展開できた理由」
乳製品を中心とした食料品を製造するフランスのメーカー「ダノン」。ダノンジャパンのローワン・ボワシエ社長に、国産の乳製品メーカーが群雄割拠する日本市場でのビジネス展開について聞いた。(2022/11/22)

ドコモ、Web3に本腰 最大6000億円投資へ 2023年度に新会社設立
NTTドコモは、Web3事業に対し最大6000億円投資する。同日には、国内外でWeb3プロジェクトの実績があるアクセンチュアとの提携を発表。同社は10月にも日本発のパブリックチェーンを開発するAstar Networkと提携しており、3社でWeb3事業を推進する。(2022/11/8)

環デザインとリープサイクル(4):
ディスクリート設計×マテリアルリサイクルによる東京2020表彰台プロジェクト
「メイカームーブメント」から10年。3Dプリンタをはじめとする「デジタル工作機械」の黎明期から、新たな設計技術、創造性、価値創出の実践を積み重ねてきたデザイン工学者が、蓄積してきたその方法論を、次に「循環型社会の実現」へと接続する、大きな構想とその道筋を紹介する。「環デザイン」と名付けられた新概念は果たして、欧米がけん引する「サーキュラーデザイン」の単なる輸入を超える、日本発の新たな概念になり得るか――。連載第4回では「ディスクリート設計×マテリアルリサイクルによる東京2020表彰台プロジェクト」について取り上げる。(2022/10/25)

電動化:
欧州のデータ流通基盤と相互接続へ、車載バッテリーで日本発のエコシステム構築
NTTデータとデンソーは2022年10月13日、電動車のバッテリーに関するカーボンフットプリント情報などに関するデータを集める業界横断のエコシステム構築に着手したと発表した。(2022/10/18)

研究開発の最前線:
日立と産総研が“強者連合”、日本発でサーキュラーエコノミー技術を発信へ
日立製作所と産業技術総合研究所は、産総研臨海副都心センター(東京都江東区)内に「日立−産総研サーキュラーエコノミー連携研究ラボ」を設立した。同連携研究ラボには、日立から約20人と産総研から約20人、合計約40人の研究者が参加し、2025年10月10日までの3年間で10億円を投じる計画である。(2022/10/12)

環デザインとリープサイクル(3):
ディスクリート(離散的)設計の可能性
「メイカームーブメント」から10年。3Dプリンタをはじめとする「デジタル工作機械」の黎明期から、新たな設計技術、創造性、価値創出の実践を積み重ねてきたデザイン工学者が、蓄積してきたその方法論を、次に「循環型社会の実現」へと接続する、大きな構想とその道筋を紹介する。「環デザイン」と名付けられた新概念は果たして、欧米がけん引する「サーキュラーデザイン」の単なる輸入を超える、日本発の新たな概念になり得るか――。連載第3回では「ディスクリート(離散的)設計の可能性」について取り上げる。(2022/9/26)

“見た目の美”よりも“心の美”と“個性の尊重”に重き 新たな時代のビューティコンテスト「Today’s Woman」を取材
日本発のプラスサイズビューティコンテストを取材してきました。(2022/9/23)

「VRM」バージョン1.0を正式公開 日本発の3Dアバター向けファイル形式
日本発の3Dアバター向けファイル形式「VRM」のバージョン1.0が正式公開。既存の「VRM 0.x」のエラーを修正し、一部機能を追加した。(2022/9/22)

会社を大きくするということ:
プロダンスリーグ「D.LEAGUE」を生み出したフルキャスト創業者 忘れられない“3つの決断”
2021年1月に日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE(Dリーグ)」が誕生した。若者の取り込みに成功し、かつ女性の取り込みにも成功したDリーグの戦略は、若者との接点に悩む企業にも参考になるはずだ。(2022/9/5)

フルキャストHD創業者:
EXILE HIROが後押し プロダンスリーグ「D.LEAGUE」トップが描く展望と戦略
2021年1月に日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE(Dリーグ)」が誕生した。若者の取り込みに成功し、かつ女性の取り込みにも成功したDリーグの戦略は、若者との接点に悩む企業にも参考になるはずだ。いかにしてダンスという新しいムーブメントを作ろうとしているのかを追った。(2022/9/4)

環デザインとリープサイクル(2):
製造技術史における「100年」の区切りだった2012年
「メイカームーブメント」から10年。3Dプリンタをはじめとする「デジタル工作機械」の黎明期から、新たな設計技術、創造性、価値創出の実践を積み重ねてきたデザイン工学者が、蓄積してきたその方法論を、次に「循環型社会の実現」へと接続する、大きな構想とその道筋を紹介する。「環デザイン」と名付けられた新概念は果たして、欧米がけん引する「サーキュラーデザイン」の単なる輸入を超える、日本発の新たな概念になり得るか――。連載第2回のテーマは「『100年』の区切りだった2012年」だ。(2022/8/25)

日本が開発の中心地に:
PR:「中型パネル市場に革新をもたらす」、日本発の技術がディスプレイデバイスを一変する
ディスプレイの駆動や高精細化に欠かせないディスプレイデバイスIC(DDIC)。ディスプレイとともに技術の進化が続いている分野だ。実は今、ノートPCなどに使われる中型パネルの分野を一変させるDDIC技術が登場している。しかもそれを手掛けているのは、ある日本企業だ。OmniVision Group同企業を買収し、中型パネル市場でイノベーションを仕掛けようとしている。(2022/8/25)

日本がWeb3で取り残される前に課題と解決策を考える
世界中でWeb3関連のサービスが話題となっている。一方で日本発のWeb3サービスは他国と比較すると少ない。GAFAMを中心とする企業が台頭したWeb2.0において日本企業は大きな成果を上げられていないが、Web3ではどうなるだろうか。(2022/8/9)

環デザインとリープサイクル(1):
メイカームーブメントからの10年
「メイカームーブメント」から10年。3Dプリンタをはじめとする「デジタル工作機械」の黎明期から、新たな設計技術、創造性、価値創出の実践を積み重ねてきたデザイン工学者が、蓄積してきたその方法論を、次に「循環型社会の実現」へと接続する、大きな構想とその道筋を紹介する。「環デザイン」と名付けられた新概念は果たして、欧米がけん引する「サーキュラーデザイン」の単なる輸入を超える、日本発の新たな概念になり得るか――。連載第1回では「メイカームーブメントからの10年」の歩みを振り返る。(2022/7/21)

「にじさんじ」に続くか? 日本発VTuberプロダクションが急成長
6月8日に株式上場したVTuberグループ「にじさんじ」を運営するANYCOLORをはじめ、日本発の二次元エンターテインメント業界に注目が集まっている。その一つに「ホロライブプロダクション」を運営するカバーがある。(2022/7/12)

メタバースニュース:
さらばVR酔い、高品質なメタバース空間を縦横無尽に動き回れるプラットフォーム
VRシステムの開発を手掛ける雪雲は2022年5月26日、東京都内で次世代のメタバースプラットフォーム「The Connected World」に関する記者発表会を開催した。日本発のThe Connected Worldを世に送り出すことで、メタバースプラットフォームのスタンダードを目指す。(2022/5/30)

医療機器ニュース:
AI技術と自動化機能を搭載した、日本発のCT装置を発売
GEヘルスケア・ジャパンは、AI技術と自動化機能を搭載したCT装置「Revolution Ascend」を発売した。企画から開発まで日本チームが主導しており、国内ユーザーの声を多く取り入れた製品となる。(2022/5/11)

5つの指標を表示:
ローンチ5日で完売に! 日本発の「スマートリング」が期待されるワケ
スマートリング「SOXAI Ring(ソクサイ リング)」の売れ行きが好調だ。クラファンのマクアケで販売したところ、わずか数日で個人向けの単体商品は完売となり、団体向けの10個セットも3月下旬時点で残り2つのみ。同製品を開発した「SOXAI」に、売れている理由を聞いたところ……。(2022/3/28)

「Obbligato」30周年特別企画:
PR:日本のものづくり1000社の“副旋律”を奏でて30年、日本発PLMの新たな展望
ここ30年間で日本のものづくりを取り巻く環境は大きく変化をしてきた。時に厳しい変化に直面せざるを得なかった日本の製造業に寄り添い続け、2021年に30周年を迎えたのがNECのPLMソフトウェア「Obbligato」シリーズである。30周年という節目を迎え、NEC 製造・装置業システム本部 マネージャー 山下元彦氏と、MONOist編集長 三島一孝が対談を行った。(2022/3/9)

今日のリサーチ:
日本発ブランドの価値ランキング 成長率トップはメルカリ――Interbrand Best Japan Brands 2022
ビジネス資産としてのブランド価値を評価するランキング。日本発のブランドが対象です。(2022/2/24)

Web3.0企業に出資、支援 コインチェック「Coincheck Labs」始動
コインチェックは1月28日、Web3.0をけん引するスタートアップを支援するプログラム「Coincheck Labs」を開始した。第1号として、日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network」を手掛けるステーク・テクノロジーズ(シンガポール)へ出資する。(2022/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。