ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「宅配ボックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宅配ボックス」に関する情報が集まったページです。

宅配ボックスから「メルカリ」発送可能に 戸建てで初 パナソニック
パナソニックの宅配ボックス「e-COMBO LIGHT」ユーザー向けに、「らくらくメルカリ便」を「e-COMBO LIGHT」から発送できるサービスを、2024年夏にスタートすると発表した。全国で対応する。(2024/1/15)

届いたはずの新品タイヤ4本が見つからない…… 探してみるとまさかの場所に「きれいに入ってて草」の声
まさかそこにあるとは思いませんよね。(2023/12/28)

LIM:
マンション専用部にも顔認証導入で鍵が一切不要に 長谷工がLIMと顔認証を連携
長谷工コーポレーションとDXYZは、マンションの暮らし情報活用プラットフォーム「LIM Cloud」と顔認証を連携し、「オール顔認証マンション」の実証実験を開始する。マンションの共用部に加え、専有部でも顔認証による入退室を可能にする。(2023/12/25)

水曜日に「へえ」な話:
「コストコの駅ナカ店」会員が1万人を突破 西武線で人気を集めた、2つの理由
コストコ“駅ナカ店”が好調のようだ。とはいえ、こうした店名はないが、どういう意味か。西武線の駅のロッカーで、コストコの商品を販売したところ、想定以上に好調のようで……。(2023/12/13)

玄関を開けるとドデカイ柱→扉の奥には“まさかのスペース”が…… 都内の高級住宅街にある“狭小デザイナーズ物件”が「クセが強い」と話題
洗濯機自身も、まさか部屋の中心に置かれるとは思うまい……。(2023/10/14)

TGS2023出展の「ゲーミングマンション」に注目集まる 防音性能や高速インターネットを実現したゲーマー向け賃貸住宅
都内で防音とネット環境が約束されるのはデカい。(2023/9/23)

調査レポート:
2023年上半期で購入検討者からの問合せが多かった設備ランキング
アットホームは、同社が実施したアンケート調査結果を基に「2023年上半期 問合せが多かった設備〜購入編〜ランキング」を発表した。マンション、一戸建て購入検討者のいずれからも、駐車場に関する問合せが最も多くなっている。(2023/9/6)

自動車業界の1週間を振り返る:
脱炭素社会と循環型社会の両立は一筋縄ではいかない
まだまだ暑いですね。1週間お疲れさまでした。来週は台風が接近してくるようです。台風といえばお盆期間を台風が直撃した際、NHKでは台風の影響を逐一テロップで流していました。鉄道などの情報が主でしたが、物流に関しても言及があったのが印象に残っています。(2023/8/26)

熱中症対策:
WBGTを基準とした“熱中症対策”、宅配ボックス施工現場で労働環境を改善
日本宅配システムは、建設現場での熱中症による事故やケガを未然に防ぐ2023年版の「熱中症特別対策」を策定した。(2023/8/21)

ワークプレース:
配送業の再配達問題を解消、配線不要の宅配ボックス「マルチロッカー」 メールで荷姿画像も通知
パナソニック ハウジングソリューションズは、運送業界に時間外労働の上限が規制される2024年問題の解決策の1つとして、配送の手間を低減するiPad搭載の宅配ボックス「マルチロッカー」を展開している。(2023/7/10)

独身女性に聞いた:
賃料がアップしても導入してほしい設備 2位「カメラ付きインターホン」、1位は?
投資型マンション開発を手掛けるクレアスライフは「理想の設備や共用施設について」アンケート調査を実施した。賃料がアップしても導入してほしい部屋の設備は……。(2023/7/8)

佐藤可士和デザイン:
迫る物流危機、「郵便ポスト」トップ企業が狙う“受け取り方革命”
ドライバー不足に起因する、物流業界における「2024年問題」は目前に控えている。政府も「再配達率半減」を掲げ、本腰を上げる。集合住宅向けの郵便ポスト、宅配ボックスで業界トップシェアを誇るナスタは、郵便物の「受け取り」をリデザインしたプロダクトを次々と生み出している。代表取締役会長の笹川氏に、その狙いを聞いた。(2023/6/16)

調査レポート:
アットホーム「2022年下半期 問合せが多かった設備〜購入編〜」ランキング
アットホームは、2022年7月〜12月の間にマンション、一戸建ての購入を検討している人を担当した全国のアットホーム加盟店を対象にアンケート調査を実施し、『不動産のプロが選ぶ!「2022年下半期 問合せが多かった設備〜購入編〜」ランキング』を発表した。(2023/4/4)

マンション大家のイケメン芸人、SNSで入居者募集も悲しい結果に「全員冷やかし」 ペット可&家賃無料など条件改善
本気の人求む。(2023/3/24)

FM:
“再配達問題”を改善するパナソニックEW社とRobot Home子会社のインターフォン 導入初物件が千葉県松戸市で竣工
Robot Homeの子会社Residence kitとパナソニック エレクトリックワークス社が共同開発したインターフォンシステムが、千葉県松戸市の集合住宅で初導入された。(2023/3/3)

住宅設備では:
家を購入する際、妥協したこと 2位「リビングの広さ」、1位は?
自宅を購入する際、どんなことを妥協した人が多いのだろうか。過去2年以内に一戸建てまたはマンションを購入した人に聞いた。(2023/3/2)

防音設備は:
賃貸物件で妥協した設備ランキング 1位「オートロック」、2位以下は?
賃貸物件を契約するうえで、妥協した設備は何だろうか。過去2年以内に賃貸物件を契約した人に聞いた。(2023/3/1)

ITで変わる、不動産業界の現在と未来(5):
【第5回】高騰が続く住宅価格 不動産購入者の動向や住まいの最新ニーズをアットホームが調査分析
昨今、マンションや戸建て価格の高騰が続き、新築だけではなく中古物件の価格も上昇しています。そこで、アットホームが実施した「『住宅購入のプロセス&マインド』調査2022年度版」をもとに、過去2年以内の住宅価格の推移をはじめ、住まいに対するニーズの変化や重視する設備などをレポートします。(2023/1/19)

賃貸退去時に見落としがちなこと 3位「火災・地震保険の解約」、2位「郵便物の転送手続き」、1位は?
不動産情報サービスのアットホームは「賃貸の退去時に見落としがちなこと&忘れ物ランキング」を発表した。(2023/1/18)

ニャンともゆる〜い:
リアル役員がネコ100匹にプレゼン!? ヤマト運輸のシュールすぎる動画が支持される背景
ヤマト運輸が、ゆる〜いながらも果敢に攻めた情報発信で若年層の支持を集めている。今年6月、同社初のエンタメサイト「クロネコみっけ」を開設。自社の環境への取り組みなど、真面目な話題をエンタメ化し、ゆる〜く発信する動画コンテンツが人気を博している。(2022/12/14)

ローソン、販売期限切れの商品を値引き販売 対象はデザート10品目でバームクーヘンやシュークリームなど
期間は2023年1月31日まで。(2022/12/13)

東京都内で実証実験:
ローソン、廃棄予定の商品を値引き販売 デザート10品が対象
ローソンは、「販売期限切れ」商品を値引き販売する実証実験を12月13日から東京都内の店舗で実施する。実証実験の結果を踏まえて、他店舗や他カテゴリーへの拡大も検討する。(2022/12/13)

2022 TRON Symposium:
次なるインフラを担うTRON、URの板状住宅をリノベしたスマートホームも公開
トロンフォーラムが「2022 TRON Symposium−TRONSHOW−」の記者発表会を開催。2022年のTRON Symposiumの見どころや、TRONプロジェクトの最新トピックスなどを発表するとともに、UR都市機構と東洋大学情報連携学部が共同で進めるスマートホームの研究プロジェクト「Open Smart UR研究会」の成果である「生活モニタリング住戸」を公開した。(2022/11/25)

2年以内に買った1200人に聞く:
これだけは譲れない! マンション購入者が最後までこだわった設備、圧倒的1位は?
不動産情報サービスのアットホームは、過去2年以内に自己居住用の住宅を購入した全国の21〜49歳の男女を対象に、「住宅購入のプロセス&マインド」についての調査を行った。(2022/11/7)

一人暮らしの女性や子どもの留守番に:
男性の声で「今、忙しいんで」 玄関先でのトラブル防止に「応答くん」新発売
ライソンは11月1日、ボタンを押すと男性の声で応答する装置「応答くん」を発売する。一人暮らしの女性や子供の留守番時のインターホンでの利用を想定している。(2022/10/29)

1品から送料無料:
保育園のお迎え時に、生鮮食品を受け取り クックパッド新サービス開始、設置リクエストを募集
クックパッド(横浜市)は、共働き世帯の保護者をターゲットに、子どものお迎え時に保育園で注文した生鮮食品などを受け取れる「クックパッドマート for 保育園」を開始した。(2022/10/26)

男の声で「今、忙しいんで」 玄関先のトラブルや迷惑電話にボタン1つ 「応答くん」発売
家電や雑貨を販売するライソンは、ボタンを押すと男の人の声が出る装置「応答くん」を発売する。「今、忙しいんで」などの音声を収録。在宅時インターフォン越しに装置を使うことで、1人暮らしの女性や高齢者、子どもが防犯のために利用できるという。(2022/10/20)

不動産会社に聞いた:
人気の設備は? マンションと一戸建てによって違い
不動産情報サービスを提供しているアットホームは、不動産のプロが選ぶ「2022年上半期 問合せが多かった設備〜購入編〜」を発表した。結果を見ると……。(2022/9/15)

プロジェクト:
「ZEH-M Oriented」取得の新築分譲マンションを札幌市で開発、東急不動産
東急不動産は、2023年12月の竣工・引渡に向け、北海道札幌市厚別区内で新築分譲マンション「(仮称)ブランズ新札幌」の開発を進めている。(2022/7/6)

実店舗、劣勢か:
今こそ、小売店舗改革 メーカーと消費者に選ばれ続ける「売り場」を実現する3つの視点
メーカーと小売企業の関係性が少しずつ変わり始めている。メーカーは店頭販売への依存度を減らし、通販サイトやD2Cなどのオンライン販売強化に急ぐ。店舗の「売れる棚の取り合い」よりも「インターネット上でどう勝ち抜くか」の比重が高まっているのだ。「売り場」の力をメーカーに訴求するために小売企業はどのような取り組みをすべきか?(2022/6/27)

ZEH:
なぜ今「2人暮らし」向けなのか?太陽光パネル無しで“ZEH”の賃貸住宅「NEW RiSE」
大東建託は2022年5月2日、2人世帯のカップルやファミリー層に向けた賃貸住宅「NEW RiSE(ニューライズ)」の販売を開始した。NEW RiSEは、断熱性能や1次エネルギー消費量がともに最高等級となっているため、太陽光パネルを設置せずとも、ZEH Orientedが実現するアパートメント。日本全体で脱炭素化のニーズが高まるなか、近年増加しつつある2人暮らし世帯に合わせて考案された、新時代仕様の集合住宅となっている。(2022/6/23)

不動産のプロが選ぶ!:
住まい探しの前にすり合わせておくべき「条件・設備」ランキング 1位は?
アットホームが、全国のアットホーム加盟店を対象に実施したアンケートをもとに「新婚夫婦が住まい探しをする前に、すり合わせておくべき条件・設備ランキング」を発表した。(2022/6/20)

客席を共有:
「NewDays」と「ベックスコーヒーショップ」の融合店舗、初の試み
JR東日本クロスステーションは5月31日、「NewDays」と「ベックスコーヒーショップ」が融合した店舗をJR目黒MARCビル1階にオープンする。(2022/5/25)

プロジェクト:
血液認証装置導入の家具家電付き賃貸マンションが大阪府で着工、三菱地所レジデンス
三菱地所レジデンスは、大阪府吹田市江坂1丁目で開発を進めていた賃貸マンション「ザ・パークハビオ 江坂公園」が着工したことを公表した。ザ・パークハビオ 江坂公園は、三菱地所レジデンスで初めて血液認証装置を導入し、入居者が鍵を持たなくても指だけでエントランスや各住戸、宅配ロッカーを開けられるようにする。また、開発地の江坂は転勤者が多いエリアとして知られており、ザ・パークハビオ 江坂公園も転勤者や単身赴任者からのニーズが見込まれている。(2022/4/26)

仕訳ワンポイントレッスン:
エアコンの固定資産区分は「器具備品」か、「建物附属設備」か? 壁掛け型とダクト型で違い
オフィスに設置したエアコンの固定資産区分は「器具備品」なのか。それとも、「建物附属設備」か?(2022/4/25)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
三菱地所が東京・千代田区でスタートアップ向けオフィスを開業、曜日貸しに対応
三菱地所は、東京都千代田区で、曜日貸しや共用部だけの利用に対応したサービスオフィス「TOKIWA BRIDGE」を2022年3月25日に開業した。(2022/4/7)

5G:
自動配送ロボやドローン、音楽を用いた4つの5G事業を採択、サムライインキュベート
東京都が推進する「5G技術活用型開発等促進事業」で、2021年8月からスタートアップを支援するプロモーターとして採択されたサムライインキュベートは、最長3カ年度の長期サポートで、5Gイノベーションの街中実装と事業化を推進するアクセラレータプログラム「GO BEYOND DIMENSIONS TOKYO」を主催し、今回のプログラムで採択された4社のスタートアップを発表した。(2022/4/1)

コロナ禍で住まいに求める条件が変化:
住まいに求めること、3位は「遮音性」2位は「広いリビング」 1位は?
リクルートが住まいに関する調査を実施した。住まいに求める条件の3位は「遮音性」2位は「広いリビング」だった。在宅勤務が増えた今、1位にランクインしたのは?(2022/3/9)

スマホから非対面で24時間荷物を発送 ヤマトの「PUDO」が便利すぎる
ヤマト運輸が1月20日から一般の荷物受付を始めた「PUDOステーション」。非対面で荷物を発送できるサービスだが、まだ認知率は高くないはずだ。実際にサービスを利用してみた。(2022/2/27)

生鮮食品通販「クックパッドマート」、自宅配送を一部地域で無料に 自宅待機者などへの支援
自宅待機を余儀なくされる人に、買い物手段を提供するため緊急決定。(2022/2/9)

「置き配」はクルマのトランクへ ヤマト運輸らが実証実験、まずはトヨタ車ユーザーから
おぉぉ、クルマが「宅配ボックス」代わりになるぞぉぉ。(2022/2/3)

改札で駅員から食材受け取り クックパッドマート、JR東と連携
生鮮食品のECサイト「クックパッドマート」で購入した商品を、仕事帰りなどに駅改札で受け取れるサービスの実験がスタート。(2022/2/2)

国内初、冷凍宅配ボックス付きマンションを分譲へ 東急・パナソニック
分譲マンション向けの冷凍・冷蔵宅配ボックスをパナソニックなどが開発。東急不動産が大阪市で分譲するマンション2物件に設置する。(2022/1/24)

PUDOからヤマトの宅急便が発送可能に 発払いなら匿名相手にも
ヤマト運輸が、宅急便の発送手続きをスマートフォンで完結できる「宅急便をスマホで送る」サービスに、PUDOステーションから荷物を発送できる機能を追加した。(2022/1/20)

プロジェクト:
リモート講義に対応するインターネット環境を完備した学生レジデンスが都内で着工
NTT都市開発は、2023年1月の竣工に向け、東京都世田谷区で計画を進めている学生向けの賃貸マンション「ウエリスアイビー世田谷仙川」が着工したことを公表した。(2022/1/18)

2021年BUILT年間記事ランキング:
【年間記事Top10】2022年1月フルハーネス政省令が完全施行、建設業の働き方改革など
前年から続く、新型コロナウイルス感染症のまん延防止措置に伴う、労働環境の変革を促す流れが継続し、現場でも遠隔での業務をはじめ、Web会議や現場管理アプリに代表される各種ITツールの導入、ワークプレースの多様化など、withコロナに即した働き方が業界内の裾野まで浸透し、日常に定着したともいえる1年でした。また、一時は開催も危ぶまれた東京オリンピック・パラリンピックも無事に開かれ、五輪特需に沸いた建設需要も一段落。大都市圏での新築マンションや大規模再開発はまだ残存するものの、今後は国が掲げる国土強靭化計画に基づく、“防災・減災”や“インフラ老朽化対策”が需給のメインとなっていくのではないでしょうか。2021年にBUILTで公開されたランキングTop10の記事を紹介しながら、関連する年間トレンドも振り返ります。(2021/12/28)

プロジェクト:
リモートワーク用の空間を備えた分譲住宅が横浜市で着工、NTT都市開発
NTT都市開発は、神奈川県横浜市青葉区で計画を進めている戸建て分譲住宅の開発プロジェクト「ウエリスコートあざみ野」が着工したことを2021年11月30日に発表した。(2021/12/24)

プロジェクト:
実質再生可能エネルギーを100%利用する延べ1.6万m2の分譲マンションを開発、東急ら
東急と伊藤忠都市開発は、神奈川県川崎市で計画を進める分譲タワーマンション「ドレッセタワー武蔵小杉」のモデルルームを2022年1月にオープンし、同年2月に専有部の販売を開始する予定だ。(2021/11/30)

PR:ECシフトが中小企業の小売成長のカギ Amazonとヤマト運輸が中小企業の支援でタッグ
(2021/11/19)

ヤフーがヤマト運輸と「梱包せずに商品を発送できる」実証実験 「ヤフネコ!パック」で
ヤフーが提供する「ヤフオク!」や「PayPayフリマ」で利用できるヤマト運輸の匿名配送サービス「ヤフネコ!パック」で、ヤマト運輸が梱包を代行する実験を始めた。東京の6拠点が対象で、ユーザーは商品をそのままPUDOステーションや宅急便センターに持ち込んで発送できる。(2021/10/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。