ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「方言」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「方言」に関する情報が集まったページです。

初音ミク、セガ……札幌市のITコンテンツ企業誘致 市長が明かす「大札新」の狙い
札幌市が企業誘致を進めている。東京のIT企業やコールセンターが、札幌市での人材確保を狙って進出するケースが多く、企業からの注目が集まっている。(2024/2/10)

アニメ「沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる」、大塚剛央&鬼頭明里&ファイルーズあいがキャスティング
特報映像も公開。(2024/2/5)

俺たちの佐賀県がメタバース空間「SAGALAND」に! メイドイン佐賀映画のメタバース試写会も
佐賀愛がすごい。(2024/2/5)

顔はCG、声は生成AIの“リアル龍馬” ヤクルトのテレビCMに登場 CM業界でも進む生成AI活用
ここまで来たか。(2024/1/25)

大のアニメ好きが選ぶ“もっと評価されるべき2023年アニメ”TOP20! 「贄姫と獣の王」「もういっぽん!」を押さえ2023年のランキングを統べた大傑作は……?
秋の怪作も上位に食い込む。(2023/12/27)

フルスタックフレームワーク、T3 Stack入門(3):
T3 Stackに新たなORMの選択肢Drizzleが登場、Prismaよりも先鋭的?
フロントエンドエンジニアに向けて、Webアプリケーション開発のためのフルスタックフレームワークT3 Stackを解説する本連載。第3回はT3 Stackで選択できるORM、Drizzle-ORMについて解説する。(2024/1/23)

デジタルツイン×産業メタバースの衝撃(4):
メタバースが急速普及する物流と建設業界、「2024年問題」などの問題解決に
本連載では、「デジタルツイン×産業メタバースの衝撃」をタイトルとして、拙著の内容に触れながら、デジタルツインとの融合で実装が進む、産業分野におけるメタバースの構造変化を解説していく。(2023/12/19)

アニメ「じいさんばあさん若返る」2024年4月放送 キャストはボイスコミックに引き続き三木眞一郎、能登麻美子、三上枝織、東山奈央
不思議なリンゴを食べて若返ったリンゴ農家の老夫婦によるお騒がせおしどりコメディー。(2023/11/20)

鮭の博物館の水槽が空っぽに……!? 自然の摂理と異常気象により出現した珍しい光景に、遡上を待ち望む声が寄せられる
日本初の鮭の博物館より。(2023/11/18)

【吉幾三】11月11日は71歳の誕生日 楽曲「俺ら東京さ行ぐだ」や「TSUGARU」など手掛けるシンガー・ソングライター【2023年】
2020年にはYouTube「吉幾三チャンネル」を開設。(2023/11/11)

犬「オクラ、好いとっとです」「おいしかぁ〜!」 “熊本男子”なワンコの食事風景がかわいかけん見てみらんね
ワンコと方言のコラボが最高!(2023/11/9)

おでんに「ちくわぶ」を入れる地域マップをゼンリンが公開 1300件超の回答で判明した“意外な事実”が話題
けっこうな関東ローカルでした。(2023/10/27)

”やんばる”の取り組みを追う:
沖縄・名護は「素通り観光」をどう克服? 「新テーマパーク計画」ともう一つの秘策
沖縄県名護市では、スマートシティ化を推進する上での基本計画となる「名護モデルマスタープラン」を22年度に策定。23年1月には一般社団法人「名護スマートシティ推進協議会」(以下、推進協議会)が設立され、同年5月には市と包括連携協定を結び、具体的な取り組み内容の検討が始まっている。その具体的な中身とは――。(2023/9/12)

「全世帯に情報を迅速かつ正確に届ける難しさ」に立ち向かう:
PR:“固定電話世帯”にも確実に避難情報を届けたい――陸前高田市に聞く「災害から住民を守るデジタル化」の舞台裏
情報伝達、共有手段として、SNSをはじめとするスマートフォンアプリが社会一般に広く浸透した。だが、全世帯、全住民に確実、迅速に届けなければならない避難情報の場合、デジタルツールだけでは限界がある。東日本大震災の被災経験を持つ陸前高田市は、どう立ち向かったのか。(2023/9/11)

300人が選ぶ:
最終回まで見続けたい夏ドラマ 2位『ばらかもん』、1位は?
エンタメ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpace(東京都港区)は「最終回まで見続けたい夏ドラマ」に関するアンケートを実施した。(2023/8/27)

伊勢神宮には、どの神社にもある「おなじみのもの」がない? その“頼もしすぎる理由”に行ってみたくなる
おかげ横丁やおはらい町では、色んなバージョンの“アレ”が売ってます。(2023/8/17)

Amazon、荷物受け取るロッカーの名前が「せやかて」「しきたり」!? ユニークさで話題、どうやって付けているのか聞いてみた
地元はどうなのかチェックしたくなる。(2023/8/3)

福原遥、京言葉で「あきまへん」「あきまへん!!」 ジップロック新Webムービーが表情豊かすぎ
かわえ……。(2023/7/28)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
米IntelがNUC事業の直接的投資を停止 事実上の撤退へ/全世界のPC出荷台数が6四半期連続で減少
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、7月9日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/7/16)

コロナ後の“逆襲”:
JR東海の“逆襲” 観光戦略のキーワードは「神様、仏様、家康様」
新型コロナが5類に移行し、反転攻勢に出たJR東海。観光戦略で見えてきたキーワードは「神様、仏様、家康様」だ。(2023/7/15)

アニメ「道産子ギャルはなまらめんこい」2024年1月放送 追加キャストに花守ゆみり&上田麗奈
口癖に「なまら」と「したっけ」が増えること間違いなし。(2023/7/4)

Windows PowerShell基本Tips(74):
【 Get-SmbSession 】コマンドレット――確立されているSMBセッションに関する情報を取得する
本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Get-SmbSession」コマンドレットを解説します。(2023/6/23)

ポッキーを氷の入ったグラスに入れてクルクルクル 「ポッキー・オン・ザ・ロック」テーマのキャンペーンを今年も実施 
47都道府県のポッキー・オン・ザ・ロックはいかがですか?(2023/6/12)

遊びに来た両親を“最悪すぎる”方法で出迎えた猫…… 自由すぎる猫たちと猫好き一家のやりとりが楽しい
猫好きの一家です。(2023/5/31)

対応言語をタスクに応じて従来の10〜40倍に:
Meta、1000以上の言語に対応する音声認識モデルなどを構築、オープンソースで公開
Metaは、音声技術の対応言語を拡大することを目指す「Massively Multilingual Speech」(MMS)プロジェクトの成果として、音声認識モデル、音声合成モデル、言語識別モデルとコードをGitHubで公開した。(2023/5/25)

東京駅に仏像・空也上人が大量出現!? JR東海「そうだ 京都、行こう。」まずは東京に行きたくなるイベントが話題
口から仏像が出てるヤツ。(2023/5/24)

ディズニー映画「リトル・マーメイド」、地方出身の吹き替え声優起用も「なまりを封印した演技に注目」とPR 批判集まる
(2023/5/19)

岡山の人気イベントでごみが散乱する様子を伝える投稿が拡散 「悲しい」「料金制にしたほうが」などの声
ごみは自分で持ち帰るルールでした。(2023/4/12)

CIO Dive:
ZoomがAI活用機能を拡張 ポストコロナ時代の戦略の中心は「やっぱりアレ」
ZoomがAIを活用した機能拡張を発表した。コロナ禍でユーザー数を一気に増やしたZoomが打ち出す、ポストコロナ時代の戦略を引っ張る機能とは。(2023/4/12)

里田まい、ブランドスタート第1弾配信での“方言”が話題に 「道民にはたまらないインスタライブになりましたよ」
運営も“子育てファースト”で。(2023/4/5)

のん、「あまちゃん」再放送で当時を回想「楽しくてしょうがなかった時間を思い出します」 久慈での写真も公開
10年たっても変わらず愛されている作品です。(2023/4/3)

Z世代に人気のお笑いタレント 3位「松本人志」、2位「千鳥」、1位は?
「Z世代に人気のお笑いタレントランキング」1位は「サンドウィッチマン」だった。(2023/3/27)

京都から佐世保まで“歩いて”帰省 31泊32日で868.1キロを踏破した旅人が「偉業」「昔の人の苦労が分かる」と話題
長旅を終えたそううんさんに話を聞きました。(2023/3/20)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「英語カタコト筆者」はテクノロジーの力で逃げ切りたい
何事にも前のめりな筆者が、唯一逃げてきた「英語」。テクノロジーが発展し、他言語を学ばなくてもコミュニケーションが取れる時代になることを切に願っています。(2023/3/17)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Windows 11 22H2で巨大ファイルのコピーが遅くなる問題が解決/TPM 2.0に脆弱性 数十億台に影響がある可能性も
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、3月5日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/3/12)

Go AbekawaのGo Global!〜Vipul Mishra(後):
英語が難しい? エンジニアはもっと難しい言語を知っているじゃないか
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回も八楽のVipul Mishra(ビプル・ミシュラ)さんにお話を伺う。翻訳という定量的な解釈が難しい領域で苦労しつつ、「面白い」と笑顔をのぞかせるビプルさんの知的探究心の原動力は何か。(2023/3/1)

新山千春、津軽弁でSiriに話しかける実験結果に「ひとつも伝わりません」 「Siriちゃん戸惑ってる」と反響集まる
新山さんの津軽弁が新鮮だ。(2023/2/3)

プラマイデジタル:
「医療のデータベース化は国の命運に関わる」──テクノロジーは医療をどう変える?
日本の医療現場がDXに向けて大きく動きだそうとしている。「医療のデータベース化は国の命運に関わる」と前向きな声も上がっている。テクノロジーが解決できる医療現場の課題とは何か。医療×DXの最前線に立つ医師に聞いた。(2023/2/1)

生産性を向上させるオフィスの在り方:
PR:800人が取り組んだ「昭和な役所」のオフィス改革 反発を乗り越え生産性を向上させた3つのポイント
日本の自治体の多くが少子高齢化や職員の減少といった課題を持つ中で、市民サービスの多様化が求められている。少ない職員で従来よりも多様な仕事をこなすためには何が必要なのか。西予市の取り組みから学ぶ。(2023/1/23)

上原多香子、節目の40歳バースデーで“新たなスタート” 今井絵理子がパーティー開催し「相変わらず美しいタカ」
SPEEDメンバーとして活躍した2人。(2023/1/15)

【北海道の方言】「消防点検だったんですけど」「お疲れさまでした」という何気ない会話が“通じない理由”
自然過ぎて方言っぽくないのが、かえって戸惑う。(2023/1/15)

津軽弁の異世界ファンタジー『じょっぱれアオモリの星』がシュールすぎる 難解な方言でギルドを追われたツ(チ)ート魔術師の逆転劇
青森のご当地VTuberが津軽弁で解説するPR動画も公開。(2023/1/7)

「ばらかもん」が突如トレンド入り、きっかけは17歳の“アイマス”声優 「原涼子さんってなる役の子!?」
みんな親目線になってる。(2022/12/22)

PR:「顔認証」 「鹿せんべい」 「ボイス付」――自販機の新たな可能性を生み出す会社に、「次はこんな自販機どうですか? 」と聞いてみた
夢の自販機、本当にできちゃうかも?(2022/12/22)

【2022年】12月のエンタメトレンドまとめ(タレント・SNS編)
12月の話題を随時更新。(2022/12/16)

2歳姉と0歳妹が半年ぶりに“ひいばあば”と再会 方言さく裂の団らん風景にほっこり癒やされる
3人ともかわいい。(2022/12/15)

週末に「へえ」な話:
「見飽きたキャンペーン」なのに、なぜ参加者が増えたのか 星野リゾートのちょっとした工夫
「青森県×JAL×星野リゾート」の3者がタッグを組んで、「のれそれ青森旅キャンペーン」を実施している。スタート時、参加者は1日1〜2人だったが、ちょっとした工夫によって、右肩上がりに。どんなことをしたのかというと……。(2022/12/10)

衛藤美彩&源田壮亮、超ラブラブな“夫婦の会話”がたまらん幸せ 「やり取りかわいすぎ」「キュンとする」
聞いてるこっちがニヤニヤしちゃう。(2022/11/14)

“文字のない言語”でもリアルタイム翻訳 Metaが音声翻訳AI開発
米Metaが中国語方言の「福建語」をリアルタイムに通訳できる音声翻訳AIを開発した。福建語は文字を持たない言語で従来の手法では対応が難しかったとしている。(2022/10/20)

実写「リトル・マーメイド」「ブレット・トレイン」……物議をかもす配役のリアルな事情とは? ハリウッドのキャスティングディレクターにも聞いてみた
どの意見にも、それぞれのファンの真実がある。(2022/10/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。