ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「方言」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「方言」に関する情報が集まったページです。

今読まれるべき「大和のこころ」:
令和の典拠『万葉集』 中西進が語る「魅力の深層」【前編】
新元号「令和(れいわ)」の典拠である『万葉集』――。万葉集研究の第一人者である中西進氏がその魅力を語る前編。(2019/4/18)

「剣と魔法の淡路島」に転生した高校生の冒険を描くローカルRPG「はじまりの島 -淡路島日本遺産RPG-」が想像以上にガチだった
行きたくなる。(2019/4/14)

新しいユースケースが広がる
音声技術×AIでビジネスはどう変わるのか
広く普及しつつある音声技術に人工知能(AI)を組み込むことで、より高度な使い方が可能になってきている。AIを使った音声技術は企業でどのように活用できるのか。(2019/3/15)

【マンガ】出身地が出る「あふれるほどたくさん → ○○○○いっぱい」の言い換え表現
「なみなみ」「まけまけ」「つるつる」。(2019/3/4)

イノベーター列伝:
「赤ちゃん、泣いてもいいよ!」 その一言に救われるママ・パパたちにエールを――エキサイト石上有理氏と村井麻衣子氏
エキサイト メディアサービス本部Womanメディア部の石上有理氏と村井麻衣子氏に話を聞きました。(2019/2/28)

利用企業の裾野拡大を目指して:
「Cloud Speech-to-Text」と「Cloud Text-to-Speech」の機能強化と値下げを発表――Google
Googleは、「Cloud Speech-to-Text」と「Cloud Text-to-Speech」を企業にとってより利用しやすくするため、機能の拡充、利用可能な音声の種類の追加、サポートする言語と国の追加、料金の値下げを行った。(2019/2/25)

【マンガ】富山県の方言「ちんちんかく」 共通語だとどんな意味か知ってる?
あっちじゃない。(2019/2/26)

旅行ジャーナリストに聞いた:
10連休、学びを意識した旅へ 広がる「旅育」とは?
「10連休」が予定される今年のゴールデンウイーク。家族旅行をする人も多いはずだが、親の働きかけ方ひとつで、子供の学びの場にもなり得る「旅育(たびいく)」という考え方が広がっている。昨夏、「旅育BOOK 家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ」(日本実業出版社)を出版した旅行ジャーナリストの村田和子さんに「極意」を聞いた。(木ノ下めぐみ)(2019/2/22)

「お茶っこ飲むが?」「犬っこ」 北海道・東北地方の方言「〜っこ」の紹介漫画に共感や考察盛り上がる
「〜っこ」がつくとやわらかい表現になる気がします。(2019/2/19)

JKのPK(パンツ食い込む)シーンをノリノリで描く第2弾 PR動画「青春PKあるある」がクセになる
女子にしかわからない大変で不快な場面をキャッチーに表現しています。(2019/2/1)

「労働者」の前に「留学生」を:
改正入管法で浮き彫りに 日本語学校の“知られざる”役割
2019年4月1日に「改正出入国管理法」が施行される。これによって存続の危機に直面する業界がある。日本語学校だ。そもそも多くの日本人にとって、日本語学校が持つ役割を知る人は少ないという……。(2019/1/30)

【マンガ】上靴を意味する「ズック」、実は外国語って知ってた?
「靴」を逆にしたわけじゃない。(2019/1/17)

【マンガ】「香川県には“うどんを意味する幼児語”がある」って知ってた?
うどん、かわいいな……。(2019/1/6)

【マンガ】「しあさって」には“めちゃくちゃややこしい方言”がある、って知ってた?
予定調整などのときには、使わない方が無難かも。(2018/12/13)

受験生を試験会場に案内する「サクラサク ルートナビ」 キットカットがヤフーと協力
「道に迷うかも」「どの電車に乗れば早いの?」……そんな不安に寄り添います。(2018/12/12)

入試会場までルート案内 キットカット、受験生向け「ルートナビ」提供
ネスレは「キットカット」ブランドで、受験生を大学入試試験会場の正門まで案内するナビゲーションサービスを始めた。(2018/12/10)

「隅田川」を表すためにしか使えない漢字がある
一生使わなそう……と思ってしまった。(2018/11/27)

北海道・東北地方の方言「〜さる」「〜さった」が何だか便利であったかい 見えざる力のせいにできる?
押ささったんならしょうがない。(2018/11/23)

宮崎県小林市、町作りの教材に「シムシティ」を導入 市長自らYouTuberになって取り組みをアピール
行政と市民が合同で、シムシティを通じて町作りを考える施策の一環。(2018/11/21)

【マンガ】「2時間目と3時間目のあいだの長い休み時間」、どう呼んでた? 大人になっても気付きにくい「学校方言」
出身地によって、けっこう答えが変わるはず。(2018/11/22)

「三角座り」「日番」「内ズック」って使ったことある? 大人になっても気付かない学校方言
学校生活には「この地域でしか使わない言葉」が意外に多いのだとか。(2018/11/4)

「しこってる」「やーらしか」「くらすぞ」ってどんな意味? 九州の紛らわしい方言
「しこってる」はあっちの意味じゃない。(2018/10/31)

「競合よりも高精度」の調査結果 Simejiの音声入力、その裏で行われていること
マクロミルの調査によると、3つの音声入力サービスで、Simejiが最も高精度だという結果が出た。特に若者言葉と留守番電話のメッセージの精度が優れているという。その秘密はどこにあるのか? バイドゥの矢野りん氏に聞いた。(2018/10/30)

「体がせこい」「そこにあるでないで」ってどういう意味? 他の地域で勘違いされそうな四国地方の方言
「標準語かと思いきや……」という経験ありませんか?(2018/10/26)

「歯がはしる」「時計がめげる」「大休憩」ってどういう意味? 紛らわしい中国地方の方言
意外なところで通じなかったりするんですよねえ……。(2018/10/24)

「お前なんか好いとらん!」 ある条件で「つい方言が出てしまう女子」の漫画がばり尊か……
方言女子かわいい!(2018/10/24)

車載情報機器:
クルマの操作に関する音声認識は自前で、だからこそ「ハーイ、メルセデス」
メルセデス・ベンツ日本は2018年10月18日、東京都内で会見を開き、コンパクトカー「Aクラス」の新モデルを発表した。音声認識機能を充実させた新開発のインフォテインメントシステム「MBUX(メルセデスベンツユーザーエクスペリエンス)」を初めて採用したモデルとなる。(2018/10/19)

「ささって」は何日後? 「バレーシューズ」を毎日履く? 近畿地方の紛らわしい方言
標準語で使いそうで、使わないやつ。(2018/10/17)

「屋根をからかう」「しみじみしなさい」ってどういう意味? 関東甲信地方の紛らわしい方言
「骨がおっかける」って、別の意味で怖い。(2018/10/14)

「お金をこわす」「ちんちこちん」って意味分かる? 東海地方の紛らわしい方言
ジャンケンの「ピー」とは一体……。(2018/10/12)

「地方の若者には“選択肢の格差”がある」 住居費無料で食費も出る非大卒向け「ヤンキーインターン」が生まれた真剣な理由
ヤンキーがインターンしたっていいじゃない!!(2018/10/11)

「うまそーな子ども」「こけを食べる」ってどういう意味? 他の地域で誤解されそうな北陸地方の方言
通じそうで通じなかったり、通じたかと思ったら別の意味で理解されていたり。(2018/10/11)

「おれさまが鳴る」「体がこわい」ってどういう意味? 他の地域で勘違いされそうな東北・北海道の方言
標準語かと思ったら、違う意味で理解されちゃうやつ。(2018/10/10)

あーもぅ……神…… 大人ぶった高校生がアイスの当たりでテンションが上がる姿を描いた漫画にギャップ萌え
彼女の表情にも注目!(2018/9/3)

「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
ニュースなどでよく見る表現も、意外と分からん……。(2018/8/23)

サイズ感もリアル 「ハブ」柄のマスキングテープがどこに使うか迷うクオリティーの高さ
存在感半端ない。(2018/8/7)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第5話:時限装置(前編)
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――メタンハイドレートを商業化する貴重な技術を保有するひまわり海洋エネルギーの新生CSIRT。ベテランに追い付こうと必死な若手メンバーは、新たなインシデントの一報を受け取って、これまでと違う行動に出る。それは一体?(2018/8/3)

LTE対応で翻訳スピードも向上――「POCKETALK W」9月7日発売 eSIM版は2万9880円
ソースネクストの翻訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」がモデルチェンジ。LTE通信に対応するなど大幅なスペックアップが図られている。ソラコムとの協業でeSIM内蔵モデルも用意する。(2018/7/26)

「洞窟に引きこもるアリ」発見、日本初 世界でも2例目
沖縄本島の洞窟から「洞窟性アリ」の新種が見つかったとする研究成果を、九州大学が7月23日に発表した。洞窟にしか生息しないアリが発見されるのは日本初で、世界でも2例目。(2018/7/24)

「印刷代は払っておきました」ができる冊子作成ギフトカード「つくってほしい券」が話題 考案したわけを聞いた
コスプレイヤーさんを応援する人の声から誕生したギフトです。(2018/7/16)

理想しかない……! 紳士でお茶目なおじいちゃんの実話漫画に「結婚したい」「憧れる」の声上がる
いろいろな面でステキなおじいさまです。(2018/6/9)

初工作はなんと3歳から 平等院鳳凰堂から戦車まで作る“ダンボール建築の人”が追い求めるロマンとは
「生涯続けられる趣味として極めていきたい」。ぜひ道を極めてほしいところです。(2018/6/10)

「谷」を「や」と読むのが、“実は不思議”である理由
今まで気にしてなかったけど、気になってきた。(2018/5/24)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(4):
ネットワークエンジニアは自ら提案し受注しよう!
連載第4回はネットワークソリューションの提案と受注に焦点を当てる。この段階では顧客の注意を引き、強い関心を持ってもらうことが重要であり、そのためには提示するアイデアやソリューションに独自性がなければならない。2つの事例を引きながら解説する。(2018/5/23)

46年前からあった「若者の○○離れ」と、今起きている「お金の若者離れ」
今若者が“離れる”理由。(2018/5/20)

特集・音声言語インタフェース最前線:
音声合成はアナウンサーや声優の仕事を奪うのか?
「AIアナウンサー」など、コンピュータが人間の代わりに音声の読み上げを務める機会が増えている。音声合成はどこまで人間のようにしゃべることができるのか。(2018/5/11)

イケメン×津軽弁 東京の今どきっぽいイケメンが津軽弁をしゃべる漫画に方言萌えが止まらない
津軽弁はフランス語っぽいらしいです。(2018/4/30)

子どものためにパパが作ったIoTプロジェクター「popIn Aladdin」 製造はVAIOが担当
3児の父親でもある社長自ら考案したという「popIn Aladdin」は、天井の引っ掛けシーリングに取り付けるプロジェクターであり、Androidベースのネット端末であり、LEDライトでもあるユニークなIoTデバイス。その開発経緯と機能の詳細を聞いた。(2018/4/25)

石原さとみ、新CMで方言女子になる カメラ目線で「なあなあ、グミちゃんいるか?」
「おっと、ちょいちょい、それ私のですのっ!」も好き。(2018/4/23)

「ちゃんとした日本語」ってなんだろう…… 漫画「私が方言を話さない理由」の実話エピソードに共感の声上がる
同じ日本人でも方言の扱いに感じる言葉の壁。(2018/4/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。