ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ダイソン 360 Eye」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ダイソン 360 Eye」に関する情報が集まったページです。

きっと世界初、ねこ標準搭載のロボットクリーナー
猫好きなら誰もがあこがれる“ルンバ猫”。それを忠実に再現したロボット掃除機が登場します。(2017/9/7)

PR:買ってからも“便利”が増え続けるロボット掃除機って?
発売から1年半が経過したダイソンのロボット掃除機「360 Eye」。その間、掃除のスピードアップや「静音モード」追加など機能が増えていることをご存じですか? 今回はその詳細に加え、自宅のWi-Fiに360 Eyeをつなぐ手順も詳しく解説していきます(提供:ダイソン株式会社)。(2017/3/17)

メルマガ「読者プレゼント」第2弾! ダイソンの掃除機にYOGA Tab、BTヘッドセット、Amazonギフト券など豪華5商品が当たる
(2017/1/16)

産後1年までOK:
母子手帳を見せると2割引き! 「Dyson表参道」で「プレママ、プレパパ応援キャンペーン」
ダイソンの直営店「Dyson表参道」は、出産を控えたプレママさん、プレパパさんを応援するキャンペーンを実施する。(2016/8/30)

0時スタート:
Amazon、1日限定でプライム会員向けのタイムセール 6000以上の商品が対象
アマゾンジャパンは、7月12日にプライム会員限定のタイムセールを実施する。(2016/7/11)

パナソニック、ダイソン、フィリップス「時代を変えた」家電たち
フィリップスの回転式シェーバー、ダイソンのロボット掃除機、パナソニックの炊飯器を紹介します。(2016/5/31)

掃除の様子が手に取るように――Xrobot「inxni」の作るマップが面白い
Xrobotブランドの「inxni」は、レーザースキャンシステムとSLAMでマッピングを行う高機能ロボットながら、10万円を切る価格を実現した注目のモデルだ。さらに掃除の様子を可視化してくれるアプリが非常に分かりやすく作られている。(2016/5/11)

1人暮らしにおすすめ! 今話題のロボット掃除機5選
自動でフローリングの床を掃除してくれるロボット掃除機は、さまざまな機種が発売されている。おすすめ5機種を紹介。(2016/4/5)

クラウド連携が提供する“新しい価値”とは?――「ダイソン ピュアクールリンク」の狙い
ダイソンが発売する「Dyson Pure Cool Link」(ダイソン ピュアクールリンク)は、無線LANでインターネットに接続し、同社のクラウドサービスと連携する空気清浄機能付き扇風機だ。その機能と利便性について、開発担当者に話を聞いた。(2016/3/30)

ダイソン、2015年度は「記録的な成長を達成」――2016年度には次世代モーターが登場
ダイソンが2015年度の業績を発表した。昨年に続きコードレス掃除機が牽引役となり、売上高は前年度比26%増の17億ポンドを記録。(2016/3/23)

ロボット掃除機も:
“サイクロン掃除機”誕生30周年! 豪華ダイソン製品が当たるクイズキャンペーンを実施
ダイソンがサイクロン掃除機の発売30周年を記念してクイズキャンペーンを開始した。クイズ正解者の中から抽選で3名にロボット掃除機「Dyson 360Eye」などダイソン製品が当たる。(2016/3/1)

ダイソン、ロボット掃除機「Dyson 360 Eye」のオンライン販売を開始
ダイソンは、公式オンラインストアでロボット掃除機「Dyson 360 Eye」(スリーシックスティアイ)の取り扱いを開始した。カラーは「ニッケル/ブルー」と「ニッケル/フューシャ」の2種類。(2016/2/15)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
これぞ鉄板! 絶対ラクになる「家電で花粉対策」7ヵ条
今回の本連載はいつものインタビューから趣向を変え、花粉症歴約30年のベテラン(?)である筆者が、家電での効果的な花粉対策を伝授。ここに挙げる7つの対策をしっかりと実行すれば、家の中限定ではあるが花粉症の悩みや症状が半減するはずだ。(2016/1/26)

ロボットフォーラム2015年間記事ランキング:
「Pepperの衝撃」から始まり、「災害対応」そして「洗濯物を畳まない未来」
早いもので2015年も残りあとわずかとなりました。そこで2015年に掲載したサービスロボット関連の記事をランキング形式で振り返ってみたいと思います。(2015/12/25)

何もしなくても掃除した気分になれる――ダイソン「360 Eye」を使ってみた
ダイソンが初めて市場投入した「360 Eye」は、それまでのロボット掃除機の常識を覆す要素をいくつも持っている。背は高いがコンパクトなボディ、強力なモーターが生み出す吸引力、そして本格的なサイクロン技術などだ。(2015/12/9)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
進化し続けるロボット掃除機、ダイソン「360Eye」のスゴイところ
ダイソンのロボット掃除機「ダイソン 360 Eye」(スリーシックスティアイ)。昨年9月の製品発表から1年あまりの期間を経て、ようやく発売されたことになるが、一体どこが変わったのか。また先行する競合製品に対する強みとは?(2015/11/23)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
組み込みにおけるコンピュータビジョンを整理する
画像認識(コンピュータビジョン、マシンビジョン)の需要は高まっており、その方法はさまざまです。画像による入力を有用なものとする実装方法について分類と整理を試みます。(2015/11/16)

毛足の長いラグマットにも乗り上げる! 走破性を向上させたロボット掃除機、ネイト ボットバック「D8500」
ネイト ロボティクスは、ロボット掃除機の新製品として「Botvac(ボットバック) Dシリーズ」3機種を発表した。従来機をベースとして各所に改善を加えたブラッシュアップモデルだ。(2015/10/23)

ダイソン、ロボット掃除機の発売を記念して「掃除って楽しい!」イベントを開催
ダイソンは、同社初のロボット掃除機「ダイソン 360 Eye」の発売を記念して、クリスマスシーズンに期間限定のイベントを開催する。(2015/10/21)

ダイソンのロボット掃除機はどんな“景色”を見ているのか
ダイソン初のロボット掃除機「360 Eye」はパノラマカメラを搭載して周囲を認識し、効率的な掃除を行う。“彼”はどんな景色を見ているのか、発売前に聞いた。(2015/10/21)

ダイソン、ロボット掃除機「360 Eye」を発売――専用アプリで仕事っぷりも分かる
ダイソンは、ロボット掃除機「ダイソン 360 Eye」(スリーシックスティアイ)の販売を、世界に先駆けて日本で開始する。(2015/10/21)

ダイソン製品があたるキャンペーンも:
世界初のダイソン旗艦店が表参道にオープン!――製品を実際に試せる体験型ショップに
ダイソンは、4月17日に「Dyson 表参道」をオープンする。まだ本国イギリスにもない直営店舗の第1号。製品を実際に試せる体験型ショップだ。目印は店頭の「コマダイソン」(?)。(2015/4/16)

いったい、いくつあるのだ:
ダイソンのキャニスター型掃除機「DC63」をカスタマイズした
サイクロン式掃除機を多数ラインアップするダイソンだが、キャニスター型で最新モデルにあたるのが「DC63」だ。その豊富に用意されているツール類を試してみよう。(2014/12/24)

「ルンバ」の動きは“ランダム”ではない――米iRobot、コリン・アングルCEOの哲学
同じ場所を何度も往復して掃除するルンバは「非効率的」と言われることも多い。米iRobotのコリン・アングルCEOが、そうした指摘に真っ向から反論した。(2014/11/11)

「バクテリアよ、さようなら」――ダイソンが除菌する「エアマルチプライアー」を発表?
ダイソンが再び新製品の登場を予告するティーザー動画を公開しています。前回はロボット掃除機が発表されましたが、今回は?(2014/10/16)

EE Times Japan Weekly Top10:
「iPhone」関連の話題が上位を独占
EE Times Japanで先週(2014年9月20〜26日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/9/29)

ルンバに挑む:
お掃除ロボ競争激化、米Neato RoboticsがSLAM搭載ロボ掃除機で日本参入
米Neato Roboticsが掃除機ロボットで日本市場に参入する。搭載するセンサーでマッピングと自己位置推定を行うSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術で効率的に掃除し、競争力ある価格で勝負する。(2014/9/26)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
市場の“作り手”ではなく“担い手”になる
後発でも存在感を示す。(2014/9/11)

開発費は49億円、サイクロンも一から設計:
「これまでのロボット掃除機は“掃除機”ではない」――ダイソン 360 Eyeの開発者に聞く
16年に及ぶ開発期間を経てロボット掃除機「360 Eye」を発表したダイソン。カメラで全方位を見回し、自身の位置をミリ単位で把握して掃除を行う。デジタルモーターの他、ゴミと空気を遠心力で分離するサイクロン機構も一から開発し、強い吸引力を追求した。ダイソンでロボット工学主任を務めるMike Aldred氏は、「これまでのロボット掃除は、ロボットではあるが“掃除機”とは呼べない。自分たちで“本物のロボット掃除機市場”を作る」と強調した。(2014/9/9)

動画4本、画像たくさん:
ほかのロボット掃除機と何が違う?――写真と動画で解説する「ダイソン 360 Eye」
来春、世界に先駆けて日本市場に投入される「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」。待ちきれない人のために写真と動画で細かくチェックしていこう。(2014/9/6)

ロボット開発ニュース:
ついに本命登場!? 「ヒトの目」を備えたダイソンが提案するロボット掃除機
ダイソンは、サイクロン式ロボット掃除機「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」を世界同時発表し、日本でプレス向け説明会を開催。創業者であるジェームズ・ダイソン氏自ら新製品の特長や優位性をアピールした。(2014/9/5)

カッコイイ! ダイソンがロボット掃除機「ダイソン360Eye」発表
メカメカしてる。(2014/9/4)

動画あり:
ダイソン、初のロボット掃除機を日本でお披露目――より確実にゴミを取り除く「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」
ダイソンが「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」を日本で発表した。「ほかのどのロボット掃除機よりも吸引力が高く、効率的に部屋を掃除する」という。(2014/9/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。