ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「経済危機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「経済危機」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

為替介入を容認?:
反米・反日で経済危機を招きそうな韓国・文在寅政権の自縄自縛
韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の反米・反日政策が、韓国経済をむしばむリスクが急浮上している。北朝鮮に対する経済政策をめぐる「米国とのケンカ」を市場が不安視。その上、いわゆる元徴用工への支払いを日本企業に命じるなど「対日強硬姿勢」がエスカレートし、日本政府や日本企業の反感も招いているからだ。(2019/4/22)

スリとつながらないLTEにご注意を:
海外プリペイドSIM導入マニュアル――意外とSIMが買いにくい「ギリシャ・アテネ2015年」編
昨今の経済危機が取り沙汰されるギリシャ。その首都アテネでプリペイドSIMの購入に挑んだが、ヨーロッパの都市にしては珍しく購入しにくい街だった。(2015/3/6)

自然エネルギー:
逆境でも成長した太陽光、総導入量が全世界で100GWを超える
2012年のキーワードは経済危機かもしれない。欧州を中心として経済的に弱い国家が破綻するのではないかという不安が続いたほどだ。しかし、太陽光発電市場は欧州を中心に成長していたことが、EPIAの調査から分かった。(2013/5/13)

ビジネスニュース:
対中国の投資額、2カ月連続で減少
外国企業による中国への投資が減少しているようだ。その要因として、中国政府は、ビジネス誘致政策を推進する米国、欧州の経済危機、中国よりも人件費が安い東南アジアへの工場の移行などを挙げている。(2012/8/27)

アナリストの視点:
日本企業の経営スタイルをBPOで変革
世界的な経済危機の影響で、現在もなお多くの企業がコスト削減に躍起になっている。そうした中、再び注目を集めているのがBPOである。(2010/11/25)

藤沢烈の3秒で読めるブックレビュー:
インドの将来は中国の発展と日本の停滞か――『インドの衝撃』
世界経済危機下でも、インド経済は成長を続けている。日本は戦後、経済を自由化し、30年経過した70〜80年代に高度経済成長を果たした。中国は1978年に経済を開放し、やはり30年たった現在急速な発展をとげる。同様だと考えれば、インドでも今後10〜20年成長は続くのだろう。(2010/5/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
資金繰りの悩みは「お金の見える化」でスッキリ解決!
企業の存続に欠かせない資金繰り。なぜか悪化するときは突然である。経済危機がひとまず収まった今、資金繰りを4つの通帳で管理してみてはいかがだろう。(2010/5/20)

“経済危機に勝つ”リスクマネジメント(1):
“自社へのリスク”は、世界中からやってくる
自社にとってどのようなリスクが起こりうるのか――それを知るためには、まず世の中と経済の動きを知り、その動きを作り出している“本質”に迫る必要がある。本連載では世界経済危機の本質を見据えながら、企業の経営者やリスクマネージャが取るべき方策をともに考えていく。(2010/5/11)

「スマートなモノづくり」フォーラム2010 Springリポート:
PR:変革を求められる日本の製造業、不況を乗り切り“復活”を遂げるための鍵とは
長い間、日本の景気を支えてきた製造業だが、昨今の深刻な経済危機の中で、そのあり方が問われている。日本IBMとITmediaエグゼクティブが共催した「スマートなモノづくり」フォーラム 2010 Springでは、日本の製造業の復活に向けていかに変革していくべきか、その道しるべが示された。(2010/4/15)

「スマートなモノづくり」フォーラム 2010 Spring:
新たな時代に適応していくための条件とは 日本IBM・椎木専務
深刻な経済危機の中、日本の基幹産業である製造業が厳しい状況にある。今回の不況を乗り越え勝ち残っていくために、どのような変革が求められているのか。(2010/4/12)

変革期をリードするIT経営者:
【第1回】ビジネスモデル大変革期の到来
未曾有の経済危機によって世界の市場は混乱を極めました。そうした中、これまでにない新しいモデルでビジネス成長を遂げた企業や、新興国に攻勢をかけることで売り上げを伸ばす企業などが目立つようになりました。今まさに企業は大変革を迫られているのです。(2010/3/30)

藤田正美の時事日想:
リーマン・ショックから1年……世界経済に新たな暗雲も
リーマン・ショック以降、常に懸念されているのが貿易摩擦だ。かつて保護貿易主義によって大恐慌を深刻化させたが、今回の経済危機では世界各国は保護貿易主義に陥らないことで合意している。しかしここにきて、米国と中国で不穏な動きが出てきた。(2009/9/14)

生き残れない経営:
あの企業はなぜ大不況でも業績を伸ばしているのか
未曾有の経済危機によって多くの企業が苦しむ中、優れた経営手法で好業績を出している企業も少なからず存在している。そこには共通した手法があるのだ。(2009/8/24)

不況を勝ち抜く社員研修:
「コンプライアンスをナメているすべての人たちへ」――マクドナルドが最大4時間eラーニングしたわけ
100年に1度の不況と言われる経済危機で、コスト削減が盛んに叫ばれている。社員教育におけるコストも同様で、研修としてeラーニングを導入するといった企業も増えてきた。「e-Leaening WORLD 2009」で見た、eラーニングの導入事例を紹介する。(2009/8/6)

21世紀市場を勝ち抜くIT経営:
【第1回】プロローグ 亀の歩み経営に回帰せよ
未曾有の経済危機によって全世界が苦しんでいる。しかし景気悪化は今に始まったことではなく、長らく続いていたのである。そのことにいち早く気付き、市況を活性化させることが21世紀の経営に求められるのだ。(2009/7/17)

経済危機によってビジネス機会が創出 GXS
全世界の企業に向けてアウトソーシングサービスなどを提供するGXSは、世界的な経済危機によって苦戦する企業が多い中、独自の強みを生かして着実に売り上げを伸ばしているという。(2009/7/2)

IDC Japan調査:
経済危機がLinux勢の追い風に
OS市場は当面マイナス成長が見込まれるが、サブスクリプションモデルが安定的に推移するLinuxは、2009年にはUNIX、2010年にはメインフレームの売り上げを抜くことが予想されるという。(2009/6/8)

わが社のコスト削減:
定時に一斉消灯、省エネと就業意識の変革を狙うNEC
経済危機の直撃によって一層のコスト削減を迫られている日本の製造業。NECは「ちりも積もれば」を合言葉に日常的な節約にも余念がない。(2009/6/3)

IDC Japan調査:
不況下でも積極的にIT投資を行う「流通業」
IDC Japanの調査結果から、2009年度のパッケージソフトウェアへの投資は経済危機の影響から約30%の企業が削減。製造業では40%以上が削減へ向かうが、流通業は前年度を上回る投資へ動く姿勢を見せている。(2009/5/27)

問われるコーチング力:
休暇を喜ぶ従業員、「休みが怖い」と語る経営者
「ビッグスリー」の一角である米自動車大手・クライスラーが破たんするなど、昨秋以来の経済危機は大きな爪痕を残している。売り上げ拡大の機会損失になるという理由から、「大型連休が怖い」と語る経営者もいるという。(2009/5/20)

ガートナーに聞く「製造業ITの未来」【前編】
製造企業が“今”を乗り切るためのIT投資の在り方
100年に一度といわれる経済危機に巻き込まれ、厳しい状況に立たされる国内製造業界。そうした中、ITには何ができて何ができないのか? ガートナー ジャパンのコンサルティング部門を率いる中村祐二氏に聞いた。(2009/5/12)

経済危機をもたらした責任は誰? 世界全体と日本人の考えに違い
現在の経済状況をもたらした責任は誰にあるのだろうか? NTTデータスミスの調査によると、世界19カ国中12カ国で「自国政府に責任がある」と回答。しかし日本人は「日本政府」ではなく、「米国に責任がある」と考えている人が多い。(2009/4/16)

IDC Japan調べ:
SMBのIT投資意欲、低下が鮮明に 手堅いセキュリティ分野にも波及
2008年度に比べて中堅・中小企業のIT投資が一層鈍りそうだ。世界的な経済危機がIT投資意欲を鈍らせ、手堅い投資が期待されていたセキュリティ分野でも足取りが重い。(2009/4/6)

ドコモとKDDIは“変革”と“挑戦”――2009年携帯キャリアの入社式コメント
サブプライム問題に端を発する経済危機の中、今年も携帯電話/PHSキャリアの入社式が行われた。NTTドコモとKDDIは、ともに“変革”と“挑戦”の必要性を唱え、革新的な事業に取り組む意欲を新入社員に求めた。(2009/4/1)

PHP on IIS:
Webサーバ「100年の大計」を考えたプラットフォーム選択
「100年に一度」といわれる深刻な経済危機の中、ITプラットフォームにおいても将来を見据えた選択が重要だ。(2009/3/30)

財務で読む気になる数字:
雇用それとも配当? 危機への対応をファイナンス的に考える
100年に一度という経済危機を受け、「雇用」「配当」「先行投資」に対する企業戦略にバラつきがでている。経営者の使命は企業価値を創造することにあるが、ファイナンス理論の観点からそれぞれの施策の意味を考えてみた。(2009/3/18)

急遽救世主に:
クラウドが救う経済危機下の企業経営
将来の有望な「概念」くらいのニュアンスでとらえられていたクラウドコンピューティングが、世界的な不況により急遽救世主になりつつある。『「クラウド・ビジネス」入門 -世界を変える情報革命』の著者、林雅之氏にクラウドが示す企業経営の未来について話してもらった。(2009/3/9)

Microsoft、無料の職業訓練プログラム「Elevate America」立ち上げ
経済危機による未曽有の就職難を受け、MicrosoftがIT関連スキルを獲得するための情報やトレーニングを、無料または低価格で提供する。(2009/2/24)

藤田正美の時事日想:
政府が、製造業に“手”を差し伸べるのは「正しい」のか?
年率換算でマイナス12.7%――石油ショック以来最悪の数字となった、日本の2008年10〜12月期のGDP。まさに「戦後最大の経済危機」に陥ったわけだが、日本の最も大きなリスクは何だろうか?(2009/2/23)

世界規模の発生も:
世界同時不況で企業情報流出のリスク増大
経済危機で犯罪組織が企業情報を狙うケースは増え、雇用不安定化で従業員による内部犯行の懸念も高まっている。(2009/1/30)

【新春特別企画】コミュニティーリーダーが占う、2009年大予測:
「世界」という名の船に乗って
世界的な経済危機に直面したことによって、多くの国の人々がお互いにつながり合い、「世界」という名の船に乗っていることを再認識できた。今こそ自分にとって本当の価値とは何かを見つめ直すべきだという。(2009/1/29)

中国ビジネス最前線:
金融危機でチャンス? 急成長する中国の文化産業
経済危機などの影響で経済成長が鈍化する中、ネットゲームや映像など中国の新たな文化産業が急速な発展を遂げつつあるという。(2009/1/26)

Lotusphere 2009 Orlando Report:
景気低迷期こそコスト削減と生産性向上、企業の期待が掛かるNotes/Domino
1月19日、フロリダ州オーランドで「Lotusphere 2009」が開幕した。経済危機にもかかわらず、コスト削減や生産性向上を模索する顧客らの参加はむしろ増えている。(2009/1/20)

【新春特別企画】コミュニティーリーダーが占う、2009年大予測:
未曾有の経済不況でどうなる? 内部統制の動向を探る
いよいよ日本版SOX法に関する内部統制報告が公表される。同法の施行が始まった昨年は多くの企業が注力したが、このたびの経済危機によって2009年は当初の見込み通りに内部統制の計画が進むとは思えないという。(2009/1/19)

ミドルが経営を変える:
【新春特別寄稿】本当にこれから「世界の崩壊」が始まるのか?
世界を揺るがす経済危機によって、2009年はより厳しい1年になることが予想される。各方面からは先行き不安の声が絶えない。しかし、実はそれほど悲観するには至らないと考える。(2009/1/16)

「2009 逆風に立ち向かう企業」ローランド・ベルガー:
筋肉質な経営を目指し“本社力”を強化せよ
2008年に世界を襲った未曾有の経済危機により、まさに企業は暗闇の真っ只中にいる。こうした状況に甘んじて時が過ぎるのを耐え忍ぶのではなく、「今こそが競争力を高めるチャンス」とローランド・ベルガーの遠藤功会長は声を張る。(2009/1/16)

松田雅央の時事日想:
太陽光発電世界1位――ドイツのソーラー事情
世界1位の太陽光発電大国となったドイツ。太陽電池生産は年率50%のペースで増えており、経済危機の中でも成長産業として有望視されている。具体的にどう使われているかリポートしよう。(2009/1/13)

石黒不二代のニュースの本質:
【第1回】投資銀行破たんから学ぶ2009年の経営
米金融崩壊に端を発した経済危機は欧州や新興国をも飲み込み、世界を不況のどん底へと陥れた。目下、経営者は厳しいかじ取りを迫られているわけだが、企業を正しい方向へ導くためには、今起きている出来事の「本質」を理解することが不可欠だ。新連載「石黒不二代のニュースの本質」では、ネットイヤーグループ代表取締役社長兼CEOの石黒不二代氏が米国へのMBA留学経験などを踏まえて鋭い視点で時事問題を斬る。(2009/1/13)

【新春特別企画】コミュニティーリーダーが占う、2009年大予測:
2009年は“真っ暗闇”
昨年9月半ばの「リーマンショック」以降、深刻な経済危機が世界中を襲っている。その勢いは2009年に入ってからも止まらない。経済のけん引役として期待される新興国も厳しい状況だ。果たしてこの暗闇から抜け出せるのだろうか。(2009/1/6)

「2009 逆風に立ち向かう企業」三菱東京UFJ銀行:
未曾有の金融・経済危機、今こそITの出番
大規模なシステム統合プロジェクトを完遂したメガバンクの雄、三菱東京UFJ銀行は、百年に一度という金融危機の中、生き残りを賭けて、さらなる経営改革に取り組む。根本常務執行役員情報システム部長は「ITの出番は多い」と話す。(2009/1/5)

中国ビジネス最前線:
中小企業の廃業が加速する広東省
広東省には100万を超える企業が存在するが、そのほとんどが部品会社などの中小規模の企業である。世界的な経済危機のあおりを受け、生産停止や廃業が相次いでいるという。(2008/12/26)

フランスに行ってみますか?:
豪華絢爛! パリのクリスマスを堪能してきた
ラテン気質で楽観主義のフランス人でさえ、このところの世界的な経済危機に表情を曇らせている。パリのクリスマスを彩るイルミネーションは、そんな暗いムードを吹き飛ばすだけの力強さがあるという。(2008/12/25)

経営のヒントになる1冊:
100年に1度の危機は本当か――「大暴落1929」
初版の発行から50年以上も経つ本書は、世の中が不況や景気悪化になると、きまって売れ行きが伸びるという。今回の経済危機においても同様で、麻生首相も1冊購入したそうだ。(2008/12/20)

景気探検:
低迷続く日本の景気、過去のマイナス記録を相次ぎ更新
世界的な経済危機の中で、日本の景気も多分に漏れず苦しい状況にあり、一般家庭にまでその影響は及んでいる。ヒットする連続ドラマといえば、「強い女性」や「不幸な家庭」をテーマにしたものが多いという。(2008/12/18)

サイバー犯罪が経済危機を助長? McAfeeが緊急提言
McAfeeは、発表した年次報告書の中でサイバー犯罪の現状や対策の問題点に関する提言を行った。(2008/12/10)

オルタナブログ通信:
IT業界も大打撃――経済危機、政府は本当に景気対策を考えているのか?
175組を超えるオルタナティブ・ブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを、日々発信している、ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」。今週はその中から、スパム、不況、ビジネスSNS、子供とインターネット、iPhone、IPアドレスの枯渇などを紹介しよう。(2008/11/28)

IT投資で経済危機を乗り越える:
「ポスト金融クライシス」を見据えるHPの新サーバソリューション
経済危機が企業を直撃する状況だが「企業のIT投資マインドは冷え込んではいない」と見る日本HP。同社の2009年サーバビジネスを占うキーワードは「省電力」と「ストレージ/ネットワーク仮想化」になりそうだ――。(2008/11/27)

コスト削減だけでも済まない:
経済危機下のIT投資
(2008/10/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。