ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「緊急パッチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「緊急パッチ」に関する情報が集まったページです。

IEサポート終了まで残り1週間、準備は終わった? IPAの注意喚起を改めてチェック
米Microsoftが提供するWebブラウザ「Internet Explorer」(IE)のサポート終了まで残り1週間となった。6月16日(日本時間)のサポート終了以降、IEを起動できなくなるため、IPAはIEコンテンツの利用者と提供者に必要な対応を紹介している。(2022/6/9)

Chromeブラウザに緊急セキュリティ更新 悪用されたゼロデイ脆弱性を修正
ChromeとEdgeの緊急セキュリティ更新がリリースされた。実際に悪用された重要度「High」のゼロデイ脆弱性1件に対処する。(2022/3/27)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
深まる災害対策とITの関係 スマホとモビリティは強い味方 いざという時のためのデータ保管術
3月16日に発生した宮城県で震度6強の地震。関東でも大きな揺れが伝わり、改めて防災意識が高まるきっかけとなった。2人の編集者が切っても来れない縁になった防災とITを振り返る。(2022/3/18)

ASUSTORのNASでランサムウェア被害 一部サービス停止 緊急アップデート配信へ
台湾ASUS傘下のASUSTORが手掛けるNASでランサムウェア被害が確認された。「Deadbolt」と呼ばれており、同社は一部サービスを停止。専用OSの緊急アップデートを配布予定としている。(2022/2/24)

Microsoft、1月の累積更新プログラムで発生した問題の緊急パッチを配信
Microsoftは2022年1月の累積更新プログラムで発生した問題を解消する緊急パッチをリリースした。(1月の)累積更新プログラム適用後に問題が発生した場合には迅速にアップデートを適用してほしい。(2022/1/21)

米人事管理大手のKronos、ランサムウェア攻撃でサービス数週間停止に
人事管理ソリューション大手のKronosがサイバー攻撃を受け、ほとんどのサービスを停止した。原因はランサムウェアで、「復元には最大数週間かかる可能性がある」としている。手口はまだ不明だ。(2021/12/14)

TechTarget発 世界のITニュース
Cisco、F5、VMwareの製品に相次いで見つかった脆弱性の正体とは?
2021年8月、大手IT企業数社の製品に脆弱性が見つかった。各社は被害の報告は受けていないというが、セキュリティアップデートの実行を推奨している。脆弱性はどのようなものだったのか。(2021/11/30)

Windows 11でSnipping Toolなどが開けない問題の緊急パッチ公開
Microsoftは「Windows 11」向けの帯域外更新「KB5008295」をリリースした。IMEやSnipping Toolなどが開けない問題を解決する。適用には再起動が必要だ。(2021/11/6)

適用をためらわせる“あの理由”
Exchange Server脆弱性問題で考える「なぜパッチの適用は進まないのか」
中国の攻撃者集団による、「Exchange Server」の脆弱性悪用が明らかになった。Microsoftはパッチを公開したものの、その後も攻撃は続いているという。その背景にあるのが、パッチ適用の遅れだ。(2021/9/15)

サイバー攻撃にも“働き方改革”?
サイバー犯罪者が土日休みの「ホワイト勤務」を好む“ブラックな狙い”
Barracuda Networksの調査によると、脆弱性を悪用した攻撃が平日に集中している。攻撃者が週末に“休む”のはワークライフバランスのためではない。彼らはなぜ、平日に活動するのか。(2021/8/28)

Microsoft、「PrintNightmare」対策で「ポイントアンドプリント」を管理者権限に
Microsoftは「PrintNightmare」と呼ばれる脆弱性に対処するため、「ポイントアンドプリント」で管理者権限を要求するよう仕様を変更した。8月10日のセキュリティ更新で適用される。(2021/8/11)

TechTarget発 世界のITニュース
Windows脆弱性「PrintNightmare」に緊急パッチ提供 Microsoftはなぜ急いだのか
Windowsの印刷関連の脆弱性「PrintNightmare」に対処すべく、Microsoftは定例外のスケジュールでパッチを提供した。なぜMicrosoftはパッチ提供を急いだのか。パッチをすぐに適用できない場合の対処法とは。(2021/7/30)

Microsoft、Windowsの緊急パッチ公開 「PrintNightmare」に対処
Microsoftが7月1日に認めたWindowsの印刷スプーラーの脆弱性に対処する緊急パッチを公開した。「PrintNightmare」と呼ばれるこの脆弱性を悪用されると、SYSTEM権限で任意のコードを実行されてしまう。Windows 7向けのパッチも公開された。(2021/7/7)

ネットワークレベルでエンドポイントの脆弱性に対処:
「仮想パッチ」は通常のパッチと何が異なるのか
仮想パッチは脆弱性パッチの一種だが、脆弱性のあるソフトウェアへ直接パッチを当てるのではなく、ネットワークレベルで脆弱性に対応する。Compritech.comによれば、ネットワークやシステムの管理者は業務の一環として仮想パッチに取り組むべきだという。(2021/6/17)

この頃、セキュリティ界隈で:
Microsoft、ワンクリックの脆弱性緩和ツール公開 「Exchange Server」の脆弱性悪用続く
MicrosoftはExchange Serverの脆弱性を突いた攻撃に、さらなる方策を打ち出した。(2021/3/17)

この頃、セキュリティ界隈で:
「Exchange Server」攻撃が世界中で拡大、対応支援の要請殺到 中国の集団が関与か
緊急パッチを適用しても、既に不正侵入されていた場合の修復は不可能。被害に遭った組織は全世界で数十万という。(2021/3/9)

パッチ適用を巡る諸問題【前編】
「迅速なパッチ適用」を妨げる事業部門
各種ソフトウェアのパッチを適用することはセキュリティリスクを低減させるが、システムが稼働しなくなるというリスクを内包している。技術的な課題を解決したIT部門は、さらに事業部門との問題も解決しなければならない。(2021/2/25)

汎用暗号化ライブラリLibgcryptに緊急のセキュリティ脆弱性、すぐにアップデートを
暗号化ライブラリ「Libgcrypt」に緊急リリースがあった。公開されたばかりのLibgcrypt 1.9.0にセキュリティ脆弱性が発見されたためだ。深刻度の評価値はまだ公開されていないが、脆弱性の種類と攻撃の容易さを考慮すると、深刻度は高い値になる可能性が高い。(2021/2/3)

「守りの自動化」と「攻めの自動化」を融合:
PR:既存システムとクラウドネイティブを別々に自動化していませんか
2020年9月14〜18日に開催された「ITmedia DX Summit Vol.5」のDay1「運用自動化・自律化・リモート」のセッションにNEC サービス&プラットフォームSI事業部 プロジェクトマネージャー 吉田功一氏が登壇。「システム構築・運用の自動化を効率化の手段から攻めの武器に繋げる方法」と題して、オンプレミスとクラウドという2つの領域で進められてきた自動化の取り組みを一つに融合、クラウドネイティブへの対応を加速させる手法を紹介した。(2020/10/12)

山市良のうぃんどうず日記(167):
1人暮らしを始める大学生のために、遠隔地から親ができるPCサポート
筆者の3人いる子どものうち、一番上はもう大学2年生。遠方で1人暮らしをしています。大学入学時に必要ということでWindows 10のノートPCを買い与えました。PCは高校時代から使っていますが、Windowsに詳しいというわけではありません。今回は、PCの安定運用のために筆者が用意した、日常的な更新の簡素化とリモートメンテナンス環境について紹介します。Windowsを使い慣れていて、来春、大学生を遠方に送り出す予定がある親御さんには、参考になるかもしれません。(2019/12/4)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(146):
Windows Updateの不都合な現実、再び──IE向け緊急パッチの混乱
2019年9月の第4週に「Internet Explorer(IE)」の緊急レベルのセキュリティパッチがMicrosoft Updateカタログを通じてダウンロード提供され、その翌日にオプションの累積更新プログラムがWindows Updateで配布される、そして10月初めにさらに新しい累積更新プログラムが自動配布されるという、とてもユーザーを混乱させることがありました。緊急レベルのセキュリティパッチは、9月の公開時になぜにWindows Updateで自動配布されなかったのでしょうか、振り返ってみましょう。なお、IEの脆弱性問題は、10月8日(米国時間)のセキュリティ更新でも解決されています。(2019/10/16)

多忙な情報システム部門をレスキュー
Windows 10移行で中堅・中小企業の情シスを悩ませる3つの不安とその解決策
Windows 7のサポート終了が近づき、中小企業を中心に不安や疑問が噴出している。そこで、Windows Updateへの対処やセキュリティ対策など、押さえるべきポイントについて専門家に聞いた。(2019/8/1)

Oracle、WebLogicの臨時アップデート公開 既に攻撃が発生
米セキュリティ機関によれば、この脆弱性については既に悪用の横行が伝えられていた。(2019/6/21)

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
Windows XPへの「例外措置」、サポート終了なのに繰り返される理由は?
Microsoftが5月、サポート期間内のWindows 7とWindows Server 2008だけでなく、サポートが終了しているWindows XP、Windows Server 2003に対しても修正プログラムを用意。サポート切れなのに修正プログラムを提供するのはなぜ?(2019/5/23)

山市良のうぃんどうず日記(153):
あのマルウェアの悪夢が再び? Windows XPに3回目のセキュリティパッチが緊急公開
既にサポートが終了したWindows XPとWindows Server 2003/2003 R2に対し、異例のセキュリティパッチが提供されました。古いバージョンの「リモートデスクトップサービス」に存在するリモートコード実行の脆弱性を修正するもので、この脆弱(ぜいじゃく)性はマルウェアの感染拡大に悪用される危険性があります。(2019/5/21)

AcrobatとReaderの臨時アップデート公開、対策の抜け穴を再修正
12日のアップデートで行った対策について迂回できてしまう可能性が指摘されたため、その手口に対して対応を講じたという。(2019/2/22)

山市良のうぃんどうず日記(146):
2019年もWindows Updateとの格闘は続くらしい……
新年早々の2019年1月2日(日本は3日)に、Office 2010(MSI)向けに新元号関連の4つの更新プログラム(もちろん新元号は含まれていません)がリリースされ、数日後に配布が停止されました。これらの更新プログラムの影響でExcel 2010がクラッシュするなどの問題が発生したからです。2019年もWindows Updateに油断は禁物。新元号に関連したWindows/Officeの更新問題は今後も散発、あるいは続発するかもしれません。(2019/2/5)

山市良のうぃんどうず日記(143:年末特別編):
2018年、Windowsの重大ニュース……それはWindows Update問題
2018年ももう終わりが近づいてきました。Windowsを使用してきたこの1年を振り返ってみると、Windows Updateに始まり、Windows Updateに振り回された年だったような気がします。2018年の最後も、Windows Updateで締めくくりたいと思います。(2018/12/25)

Androidアプリ、使いながらアップデートが可能に 「Google Play In-app Updates API」で
Googleがアプリ開発者向けに、アプリをバックグラウンドでアップデートできるようにする「Google Play In-app Updates API」を提供する。このAPIでは、緊急アップデートを全画面で通知するオプションも設定できる。(2018/11/8)

Windows 10 The Latest:
Windows 10の更新プログラム適用で地雷を踏まないためのWindows Update運用法
Windows Updateによるアップデートの適用は、場合によっては不具合を起こす可能性もある。アップデートによって不具合が発生しないことを確認してから適用するとよい。そのためのWindows Updateによる適用を延期する方法を紹介しよう。(2018/10/30)

アプリはWindows VMで実行
Microsoft、Windows 10にアプリ実行用仮想マシン追加
Microsoftは、Windows 10に新機能を追加しようとしている。仮想マシンでアプリケーションを実行することにより、不正コードを隔離できる。(2018/10/16)

Gartner Insights Pickup(75):
ITセキュリティ展開による、信頼性と回復力の向上に向けたアドバイス
サイバーセキュリティ対策では、「何が重要なのか」「何が危険なのか」「何が現実解なのか」の3点を、表面的ではなく深く考えるべきだ。これが2018年6月に米国で開催されたGartner Security and Risk Management Summitでの、Gartnerによるアドバイスだ。(2018/9/7)

Flash Playerの脆弱性を突く攻撃発生、臨時アップデートで対処
脆弱性を突く攻撃の発生が確認されていることから、最優先で対応するよう呼び掛けている。(2018/6/8)

Microsoftのマルウェア対策エンジンに深刻な脆弱性、臨時アップデートで対処
細工を施したファイルをMalware Protection Engineにスキャンさせる手口で、攻撃者がシステムを制御できてしまう恐れがある。(2018/4/5)

直ちにアップデートを:
Windows 7とServer 2008の臨時アップデート公開 Meltdownの対策パッチで生まれた脆弱性に対処
Windows 7とWindows Server 2008 R2で2018年1月以降にリリースされた更新プログラムをインストールしていた場合は、直ちに今回の更新プログラムをインストールする必要がある。(2018/4/2)

2年を切った! 移行までのタイムリミット:
PR:Windows Server 2008 R2のサポート終了で対応を急がなければならない3つの理由
「2020年1月14日」のWindows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了まで、残り2年を切った。それまでに新たな環境へ移行を完了しなければ、多くのリスクを抱えることになるため、今から対応を進めることが重要となる。では、なぜ移行を急がなければならないのか、その理由とは。(2018/3/28)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン、バージョン2.3.3に緊急アップデート
アカウントが二重登録されてしまう問題を解消する。(2018/3/27)

Microsoft、Intelの修正版対策パッチをWindows 10向けにリリース
今回のWindows 10の更新プログラムには、IntelがSkylake向けにリリースしたマイクロコードアップデートが含まれる。(2018/3/2)

Flashの脆弱性を仕込んだ不正Word文書見つかる 大量の迷惑メールを送る攻撃に利用
攻撃者は当初の標的型攻撃にわずかに手を加えただけで、静的な防御をかわしていたという。(2018/3/1)

北朝鮮のハッカー集団「APT37」、日本も標的に
APT37は主に韓国を標的として、日本やベトナム、中東にも活動範囲を広げ、未解決の脆弱性やマルウェアを駆使するなどの手口を高度化させているという。(2018/2/22)

「プロセッサ脆弱性」公表から1カ月 アップデートの不具合がさらなる混乱を招く
「Spectre」「Meltdown」と呼ばれるプロセッサの脆弱性が公になり1カ月が過ぎた。その間に情報提供や対策パッチの配布などが進んだが、アップデート自体の不具合やベンダーの対応の仕方が新たな混乱を招いている。(2018/2/8)

Flash Playerの臨時アップデート公開、未解決だった脆弱性に対処
「Flash Player 28.0.0.161」では、標的型攻撃に利用されていた脆弱性を含め、2件の重大な脆弱性を修正した。(2018/2/7)

バグ対策:
マイクロソフト、緊急アップデートを公開 インテルパッチ無効化
Intelが自社の半導体の脆弱性対策として配布したパッチにバグが生じている問題で、米Microsoftは同パッチを無効化する緊急アップデートを公開した。(2018/1/30)

Windowsの臨時アップデート公開、「Spectre」の脆弱性緩和策を無効に
Intelパッチの不具合発覚を受けて、MicrosoftがWindows向けの臨時アップデートを公開。Spectreの脆弱性に対する緩和策を無効にする措置を講じた。(2018/1/30)

山市良のうぃんどうず日記(117:緊急特別編):
緊急パッチだけではプロセッサ脆弱性対策は不十分――Spectre&Meltdown対策状況を再チェック
2018年早々、プロセッサに影響する脆弱性が公表されました。そして、Microsoftは1月の定例日(1月10日)を待たずにこの脆弱性を軽減する緊急のセキュリティパッチを含む更新プログラムの提供を開始しました。この緊急パッチをインストールしたことで安心してはいませんか。今回の問題は、OSのパッチだけでは不十分です。(2018/1/17)

世間を騒がす「プロセッサ脆弱性」 何が本当の問題なのか
2018年の年明け早々、新たに発見されたプロセッサの脆弱性「Meltdown」「Spectre」に関して、さまざまな情報が飛び交い、一部では誤解や混乱を招いている。この問題の概要、影響や対策についてまとめた。(2018/1/6)

PeopleSoftに影響する重大な脆弱性、Oracleが臨時パッチで対処
PeopleSoftに含まれる「Tuxedo」に極めて深刻な脆弱性が発見された。Oracleでは、できるだけ早くパッチを適用するよう強く勧告している。(2017/11/17)

Oracleの「Identity Manager」に重大な脆弱性、緊急パッチ公開 すぐに適用を
危険度はCVSSのベーススコアで最も高い10.0。悪用されれば認証なしのネットワーク攻撃を通じてIdentity Managerを完全に制御される恐れがある。(2017/10/31)

252件の脆弱性を修正:
米Oracleの四半期パッチ公開、Javaなどの脆弱性に対処
今回のパッチでは計252件の脆弱性を修正した。中でもSiebel CRMやFusion Middlewareなどには極めて深刻な脆弱性が存在する。(2017/10/19)

Flash Playerの臨時アップデート公開、既にWindowsを狙った攻撃が発生
Windowsを狙った限定的な標的型攻撃が発生しているといい、最優先でアップデートを適用するよう促している。(2017/10/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。