ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「EXPLANNER」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「EXPLANNER」に関する情報が集まったページです。

「データの見える化」と「長く使えるERP」が開発のコンセプト:
PR:NECの中堅中小企業向け主力統合ERPが「EXPLANNER/Z」として刷新。幅広い顧客の長期利用のニーズに合わせ機能強化と高い経済性を実現し、中堅中小企業向け統合ERPの分野でトップシェアを目指す
ERPの導入目的が「データの“見える化”による情報の有効利用」が大多数となった今、ERPシステムを更新するサイクルも以前に比べて長期化している。そこで、NECは中堅中小企業向け統合ERPソリューション「EXPLANNER/Z」用のデータベースに「Microsoft SQL Server」を選択。Microsoft Azure、Microsoft Power BIとの組み合わせも可能なERP製品として、顧客の要望に応えていく。(2017/10/30)

NEC EXPLANNER/Z:
製造業向け機能を強化した統合ERPシステム、クラウド環境への移行に柔軟に対応
NECは、ERPソリューション「EXPLANNER」シリーズにおいて、製造業向けの機能を強化した生産、原価、販売、債権、債務、会計領域の新しい統合ERPシステム「EXPLANNER/Z」を発売した。(2017/10/2)

製造ITニュース:
製造業向け機能を強化したERPシステム、クラウド環境活用を支援
NECは、ERPソリューション「EXPLANNERシリーズ」において、製造業向け機能を強化した統合ERPシステム「EXPLANNER/Z」を発売した。日本マイクロソフトとの連携を強化し、顧客のクラウド活用を支援する。(2017/9/20)

製造ITニュース:
食品製造業向けテンプレートの機能を強化、複数工場対応機能などを標準装備
NECネクサソリューションズは、基幹業務パッケージ「EXPLANNER/Ai」の「食品製造業向けテンプレート」の機能を強化した。食の安全・安心に関する管理機能や複数工場対応機能、複数レシピ管理機能などを標準で装備した。(2015/12/8)

NEWS
急務のマイナンバー制度対応、NECは中堅・中小企業向けに「安心セット」を提供
NECは、2015年11月12、13日の2日間、東京国際フォーラム(有楽町)にて、同社の最新技術・製品を紹介する「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2015」を開催。展示内容から、マイナンバー対応に関する製品の一部を紹介する。(2015/11/12)

製造ITニュース:
自動車部品製造業向け基幹業務パッケージの拡張テンプレートを発売
NECネクサソリューションズは、自動車部品製造業向けの基幹業務パッケージ「EXPLANNER/Ja」向け拡張テンプレートを発売した。管理業務のコスト削減、実績情報の収集、原価精度の向上などを可能にするという。(2015/8/4)

NEC、「マイナンバー」対応での企業支援策を発表
10月頃から国民に「マイナンバー」が通知され、民間企業では従業員などのマイナンバーの把握や法定調書などへの記載といった新たな事務が発生することから、NECでは民間企業向けに支援ソリューションを展開する。(2015/2/23)

導入事例:
阪急阪神ホールディングス、グループの経理システムを共通化
NECのERPソフト「EXPLANNER/Ai」をノンカスタマイズで、グループ60社に展開している。(2014/6/18)

製造ITニュース:
中堅・中小企業の生産管理システム、シェア上位は富士通、NEC、大塚商会
調査会社のノークリサーチは、国内の中堅・中小市場における生産管理システムの導入・利用実態調査を行い、その分析結果を発表した。(2013/9/19)

DMS2013開催直前! ブース出展情報:
モノづくりを丸ごとサポート!――NEC、「ものづくり共創プログラム」を出展
NECは、「第24回 設計・製造ソリューション展」において、モノづくりのノウハウや業務システムなどを丸ごと提供するソリューション「ものづくり共創プログラム」をメインテーマに据え、業務システムや生産革新活動のノウハウなどを紹介する。(2013/6/10)

Weekly Memo:
NECの新サービスにみる中小企業向けビジネスのヒント
NECが先週、クラウドを活用した中堅・中小企業向け経営支援サービスを発表した。こうしたサービスが今後、同市場でのクラウドビジネスの主流になっていくかもしれない。(2013/3/18)

資産を所有せずサービスとしてERPを利用する「クラウドERP」導入のコツ
「クラウドERP」導入完全ガイド
サーバなどのハードウェアが不要で運用管理の手間も少ないクラウドERPを検討する企業が増えている。その最新トレンドや製品の選び方、製品の比較などをお届けする。(2012/12/5)

上流工程の支援と付加価値提供がポイント
【市場動向】8割の中堅・中小企業がクラウド基幹アプリにそっぽを向く理由
基幹業務のクラウドサービスに不満を持つ中堅・中小企業。その理由はクラウドサービスが運用管理コスト削減以外の価値を提供できていないからだ。ノークリサーチのアナリストが解説する。(2012/10/19)

NEC、ワークフロー製品「EXPLANNER」をSaaS型で提供
出張申請や家族異動届など100種類の申請テンプレートを用意し、申し込みから最短3日で利用できるという。(2012/8/29)

クラウドERP製品カタログ
ERPの機能をクラウドサービスとして利用する――そんな使い方が広がっている。ライセンスや運用管理のコストを抑えることができ、データ保護も期待できる。主要製品を紹介する。(2012/8/8)

NEWS
クラウドERPにBI機能を標準実装、NECが機能を拡張
ERPにBI機能を実装する流れがクラウドERPにも波及した。分析機能の強化を求めるユーザーのニーズに応える形でNECは「EXPLANNER for SaaS」にBI製品のライセンスを標準搭載する。(2012/5/8)

ERP比較ガイド:クラウドERP(前編)
月額料金は? 海外進出を支援するクラウドERPのコストを比較する
海外進出した企業で最初に必要となるERPの機能といえば会計と人事。本稿では、企業が海外拠点で利用する場合を想定し、主要なクラウドERPの機能紹介と、コスト比較をお届けする。(2012/2/29)

クラウドERP製品カタログ【第8回】ワークスアプリケーションズ
「COMPANYシリーズ」をAmazon EC2で運用、パブリッククラウド選択の背景は
ERPパッケージ「COMPANYシリーズ」がAmazon EC2に対応した。企業はハードウェアコストを負担することなく人事システムなどを構築できる。プラットフォームにAmazon EC2を選んだ理由は「進化スピードの速さ」だ。(2012/2/20)

クラウドERP製品カタログ【第7回】東洋ビジネスエンジニアリング
中堅・中小製造業の海外進出を支援する「MCFrame online 原価管理」
製造業で広く使われる国産業務パッケージ「MCFrame」の原価管理機能を切り出してクラウドサービスとして提供するMCFrame online 原価管理。主なターゲット企業は海外進出を狙う中堅・中小企業だ。(2012/1/18)

2011年ERP&IFRS記事ランキング【後編】
他社はERPをどう選んでいる? 記事ベスト10から分かる傾向とは
グローバル対応やクラウドコンピューティング対応、スマートフォン対応などERPを取り巻く環境は急速に変化している。2011年のERP&IFRS記事ベスト10からは企業の製品選択の傾向が伝わってくる。(2012/1/5)

クラウドERP製品カタログ【第6回】日本オラクル
「JD Edwards」が狙う次の成長市場、企業の海外進出をクラウドで“安く早く”
長い歴史を持つグローバルERPである「JD Edwards EnterpriseOne」をホスティング、SaaSで提供するサービスが始まった。ユーザー企業が得られるメリットとは。(2011/12/8)

クラウドERP製品カタログ【第5回】インフォコム
“機能全部入り”でERPの本流を追求する「GRANDIT for Cloud」
新興のERPである「GRANDIT」は最新の技術トレンドを盛り込んでいるのが特徴。クラウドERPの展開でもその先進性をユーザーに提供し、ERPの本来の価値である統合性を追求している。(2011/11/7)

識者が語る「ERP製品選択の目」:ガートナー ジャパン 本好宏次氏
クラウドERPの普及はいつ? ガートナーが示す次世代ERPの浸透時期
ERPのトレンドに挙げられるクラウド対応やBPM/SOA対応。企業はこのような新しい技術をいつ採用するのだろうか。ガートナー ジャパンのアナリストが示す次世代ERPの普及時期を紹介する。(2011/10/13)

クラウドERP製品カタログ【第4回】NEC
老舗ERPがSaaSに、「EXPLANNER for SaaS」の新しさとは
中堅企業向けERPとして広く使われている「EXPLANNER」のSaaS版は単にアプリケーションをネットワーク経由で利用させるだけの製品ではなかった。企業のニーズを満たすその機能とは。(2011/9/27)

導入事例:
クックパッド NECのクラウド型ERPを導入しTCO半減を見込む
クックパッドはNECの「EXPLANNER for SaaS」を採用した。バックオフィスシステムを柔軟に拡張可能とし、導入のコストと負荷を下げる狙いだ。(2011/7/8)

導入事例:
明治ロジテック、NECの物流向けERPで「誤出荷ゼロ」を目指す
明治ロジテックはNECの「EXPLANNER/Lg」をベースに、厳格な鮮度管理が必要とされる乳製品の物流システムを構築した。(2011/7/5)

NEWS:
ミツワ化学、EXPLANNER for SaaSを導入
プラスチック部品メーカー ミツワ化学が生産管理システムを一新。業務標準化と海外展開スピード向上を目指す。(2011/6/23)

標準化と早期立ち上げに向けて:
ミツワ化学、EXPLANNER for SaaSを導入
プラスチック部品メーカー ミツワ化学が生産管理システムを一新。業務標準化と海外展開スピード向上を目指す。(2011/6/23)

ミツワ化学、ERP製品「EXPLANNER」のクラウドサービスを導入
プラスチックメーカーのミツワ化学は、生産管理業務にNECのクラウド型ERPサービス「EXPLANNER for SaaS(生産)」を採用した。(2011/6/22)

ERP製品カタログ【第10回】東洋ビジネスエンジニアリング
「カスタマイズありき」でグローバル製造業を支援する「MCFrame」
製造業向けのERPとして実績を持つ「MCFrame」は日本企業の海外展開に合わせて機能やサービスを拡充させてきた。「カスタマイズありき」というポリシーの裏側にはどのような判断があるのか。(2011/4/22)

NEC、被災地の企業に対しクラウド型会計サービスを無償提供
NECは「EXPLANNER for SaaS(会計)」を被災企業に対し無償提供する。期間は2012年4月27日までの予定。(2011/4/14)

ERP製品カタログ【第9回】NEC
SaaS提供で独走狙う「EXPLANNER」の一日の長とは
中堅・中小企業向けERPとしてオフコン時代を含めて長い歴史を持つ「EXPLANNER」に注目が集まっている。その理由はSaaS版への先進的な取り組みだ。EXPLANNERの強みを担当者に聞いた。(2011/3/10)

業種別に切る! 中堅・中小企業のITソリューション【第2回】
見積/原価管理の効率化に向かう中小建設業のIT事情
全業種の中でもIT投資意欲や利益変動が低い中小の建設業。とはいえ、その業務の特殊性から複雑、高度なシステム処理が求められるため、潜在的なIT活用の促進が見込めるのだ。(2010/12/22)

ERP NOW!【第2回】
2011年は「クラウドERP」元年になる
2011年は「クラウドERP」の元年になるでしょう。各社が製品を相次ぎ発表し、ユーザー企業の注目を集めています。今回は企業のERP導入に大きな影響を与えつつあるクラウドERPのトレンドを紹介します。(2010/12/21)

プライベートクラウドソリューション最前線【第2回】
SAP ERPを使った基幹システムをサービス提供するNECのクラウド
NECのクラウドサービスには「SaaS型」「共同センター型」「個別対応型」の3タイプがある。共同センター型では、自社基幹システムで構築したグローバル標準プロセスベースのSAPシステムを顧客にサービス提供する。(2010/10/27)

サービス提供から運用までNECがフルサポート:
PR:中堅・中小企業を伸ばすクラウド活用がここにある
今、多くの企業がクラウドサービスやSaaSの活用に注目している。電子メールやスケジューラなどのフロント業務だけでなく、基幹業務の領域まで含めたサービスを利用することで、IT活用を全体最適化する動きが広がっているのだ。こうした中、NECは「SaaS型ソリューション」を提供し、中堅・中小企業の経営や事業の強化をもたらそうとしている。同サービスの内容と実態に迫る。(2010/8/30)

ERP製品カタログ
主要なERPパッケージ製品を紹介する新連載。ERPパッケージの特徴や開発思想、そしてIFRSへの対応などを担当者に聞く。(2010/8/24)

NEC、自社のERP製品にSAPのBIツールを標準搭載
NECとSAPジャパンは中堅企業向けERP分野で協業。「EXPLANNERシリーズ」にSAPのBIツールを搭載する。(2010/8/3)

先取り突撃! DMS2010:
“現場志向”を世界規模で:ハイブリッド型ERPとは
2010年6月23〜25日の3日間、東京ビッグサイトで「第21回 設計・製造ソリューション展」が開催される。開催に先立ち、@IT MONOist編集部では、出展を予定しているNECに展示の見どころを聞いた。(2010/6/14)

Weekly Memo:
NECと富士通のトップがみせたクラウド事業への意気込み
NECと富士通のトップが先週、相次いでクラウド事業について語った。両社にとって同事業は最重点の注力分野。トップはどんなメッセージを発したのか。(2010/5/17)

NEWS
NECら、基幹系を中核に中堅・中小企業向けSaaSソリューションを強化
NECらは、基幹系サービスを中心とした中堅・中小企業向けSaaSソリューションを強化する。2010年度上期中に50種のSaaSアプリケーションを提供する予定。(2010/2/17)

2012年度までに200億円強の売り上げ目指す:
NEC、中堅中小企業向けSaaS事業を強化
(2010/2/15)

NEC、中堅中小向けSaaS事業を拡大――販社向けにサービス基盤の提供も
NECとNECネクサソリューションズは、中堅中小向けSaaS事業において人員とポートフォリオを拡大する。パートナープログラムを通じた、販社向けのサービス基盤提供も図る。(2010/2/15)

インターコム、給与明細書などの電子化でコスト削減を図る新ソフトウェアを発売
ソフトウェア開発のインターコムは、給与明細書などを電子化して従業員が使うパソコンなどに自動配信するWindows用ソフトウェアを開発した。(2009/11/10)

NEC、成果連動を取り入れたクラウド型ERPを発表 
NECがクラウド型ERPの提供を9月に開始する。生産・販売管理分野のERPは、在庫数などの成果目標を反映させた価格を設定して提供する。(2009/8/19)

NEC、ソリューション事業営業体制を再編 大手向けを本体に統合
NECがグループ内のソリューション事業営業体制を再編。大手市場向けを本体に、グループ各社で展開していた東名阪地域の中堅市場向けをNECネクサソリューションズに統合する。(2009/7/7)

中堅・中小企業の賢いERPパッケージ選び【第1回】
継続して使う「半製品」――多様化するSMB向けERPの今を読み解く
競争力向上や全体最適化は中堅・中小企業でも重要なテーマ。だが、ERPの次の主力市場では大企業にはない独自のニーズや傾向がある。パッケージの選択眼を養うため、まずはSMB向けERP市場のトレンドを追ってみよう。(2009/6/2)

RFIDソリューション:
作りたてと鮮度にこだわり続けるファンケルの物流改革
顧客の不便・不安・不満の解消をビジネスの原点に置くファンケルは、徹底して鮮度にこだわるあまり物流業務が部分最適化していた。そこでERPによる生産業務の見直しとともに、国内の物流8拠点を1カ所に統合。物流費を年間10%削減に成功した。(2009/5/25)

ERP導入事例:SuperStream
製品選定に6カ月をかけ、自社のニーズにマッチするERPを徹底研究
ERPは投資額や人的リソースへの負荷が大きいことから、導入プロジェクトは正しく慎重に進める必要がある。ここでは、既に成功を収めている企業担当者に、ERPの導入を成功へ導くための秘訣を聞いた。(2007/12/14)

SMB市場に一石を投じる、NECがERPソリューションの販売を強化
NECは中堅企業向けERPソリューションの販売拡大を目指し、国内外合わせて700名規模のEXPLANNER開発・サポートを整備するとともに、商品のラインアップを増やした。2009年までに1200億円の売り上げを見込む。 (2007/6/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。