ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「ARROWS μ F-07D」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ARROWS μ F-07D」に関する情報が集まったページです。

ドコモ、「spモードメール」の仕様変更に伴う手続きを案内
2月10日以降、「spモードメール」を新規で利用する場合、「ドコモメール」にアップデートをするか、spモードメールの再利用手続きをしないと、spモードメールが利用できなくなる。(2016/2/9)

汚れが付きにくく傷に強い:
PR:開発陣に聞くARROWS NX F-06Eの「ダイヤモンドタフコート」
毎日持ち歩くスマホにとって気になるのは傷や汚れ。富士通のARROWS NX F-06Eに採用された「ダイヤモンドタフコート」は、表面の耐久性をアップさせることで傷を付きにくくした新技術だ。(2013/7/26)

「くーまん」に迫るでふ:
PR:ARROWSで「星の輪熊」を飼う
あなたは「くーまん」という星の輪熊の赤ちゃんをご存知だろうか。かつては東芝のケータイに住んでいた、“〜でふ”が口ぐせのキャラクターで、今は富士通製のスマートフォンにも生息が確認されている。このくーまんを、あなたのARROWSで飼い始めるノウハウを伝授しよう。(2013/3/8)

ドコモ、「Disney Mobile on docomo N-03E」と「ARROWS μ F-07D」のソフトウェア更新開始
ドコモのスマートフォン「Disney Mobile on docomo N-03E」と「ARROWS μ F-07D」の不具合を解消するソフトウェア更新が開始された。(2013/2/20)

ケータイで培った技術をスマホに――“人に優しい機能”を強化する富士通
2011年度の国内携帯電話出荷台数でトップになるなど、富士通が好調だ。夏モデルではクアッドコアCPU搭載の「ARROWS X」から初心者向け「ARROWS Me」まで幅広いユーザーに向けた4機種を投入する。特に強化したのが指紋センサーや持ってる間ONなどのヒューマンセントリック機能だ。(2012/6/28)

該当機種のユーザーは要注意:
SDHC規格の一部機種にmicroSDXCを差し込むとデータが破損する事象
一部のAndroid端末で、microSDXCカードをmicroSDXC非対応機種に差し込むと、microSDXC内のデータが破損する事象が確認されている。(2012/6/11)

ゲームロフト、Android向けゲームアプリ「メン・イン・ブラック3」を配信
ゲームロフトは、5月25日より公開が予定されている映画「メン・イン・ブラック3」のAndroid向けゲームアプリを配信開始した。(2012/5/24)

テザリング徹底比較(前編):
Xi、FOMA、+WiMAX、イー・モバイル――テザリングをお得に使えるのは?
スマートフォンをルーターとして使うテザリング機能を備えた機種が増えつつあるが、通信速度や料金はどれだけ違うのだろうか。ドコモ、au、イー・モバイルのスマートフォン3台で比較した。(2012/5/14)

NTTドコモ、Androidスマートフォン向け「おまかせロック」の対応機種を追加
NTTドコモは、離れた場所から携帯電話やスマートフォンの機能をロックできる「おまかせロック」の対応機種を追加。2011年冬春以降に発売されたスマートフォンの一部でも利用可能となる。(2012/4/26)

最新スマートフォン徹底比較(2011年度冬春モデル編):
第7回 内蔵フォントが充実している/スクリーンショットが撮れる機種は?――スマホ39機種
2011年度冬春モデルを横並びで比較する本コーナー。最終回となる第7回では、内蔵フォントの種類と、端末単体によるスクリーンショット機能の有無や操作法などを調べた。(2012/4/24)

最新スマートフォン徹底比較(2011年度冬春モデル編):
第6回 ホーム画面が使いやすいスマートフォンは?――18種類を検証
スマートフォンの使いやすさを左右する要素の1つがホーム画面だ。AndroidではさまざまなホームUIがプリセット、提供されているが、どれが使いやすいのか。メーカー提供のホームUIを中心に、冬春モデルで検証した。(2012/4/20)

ドコモ、「ARROWS μ」「GALAXY S」のソフト更新を開始
NTTドコモは、Androidスマートフォン「ARROWS μ F-07D」「GALAXY S SC-02B」と、iモードケータイ「P-03D」のソフトウェア更新を開始した。ARROWS μについては通話後にフリーズする不具合を解消する。(2012/4/16)

最新スマートフォン徹底比較(2011年度冬春モデル編):
第5回 通知ランプ、ロック解除、キー操作、端子類を比較――スマホ39機種
2011年度冬春モデルを横並びで比較する本コーナー。第5回は着信・通知ランプ、ロック解除方法、キーの操作性、端子やストラップホールの有無などを調べた。(2012/4/13)

形状、使い回し、SIMロック――SIMにまつわるアレコレを調べてみた
スマートフォンを使う上でいろいろと複雑なのがSIMカード。形状やキャリア内での使い回し、SIMロック解除などはキャリアによって異なる。あらためて、SIMにまつわるさまざまな事項をまとめてみた。(2012/4/11)

最新スマートフォン徹底比較(2011年度冬春モデル編):
第4回 ベンチマークスコアが高い/メモリ容量が大きい機種は?――冬春モデル
冬春モデルからデュアルコアCPU搭載スマホが増えたが、端末の性能を数値化するとどこまで差が出るのだろうか。購入時のチェックポイントにもなる「メモリ容量」については、ROM、RAM、実際に使用できる内蔵メモリを調べた。(2012/4/6)

フォーカルポイント、アームバンド付きアクティブケース「JOGJACKET for Smartphones」
フォーカルポイントが、各種スマートフォンに対応した反射素材付きのアームバンド搭載アクティブケース「JOGJACKET for Smartphones」を発売した。(2012/4/2)

最新スマートフォン徹底比較(2011年度冬春モデル編):
第3回 35機種の通信/起動速度を比較――最も“高速な”機種はどれ?
スマートフォンでもLTE、WiMAX、HSPA+などの高速通信サービスが導入されているが、実際にどの程度の速度が出るのだろうか。冬春モデル35機種で比べてみた。あわせて、本体の起動速度も計測した。(2012/3/29)

レイ・アウト、ディズニーキャラをデザインした立体感のあるスマホ用ジャケット
レイ・アウトは、ミッキーマウスやトゥイーティー、ワンピースのキャラクターがデザインされたiPhone/Android用ジャケットなど、合計8点のスマホ用アクセサリーを発表した。(2012/3/26)

ドコモの一部スマートフォンで「Evernoteプレミアムキャンペーン」に登録できない不具合
NTTドコモのAndroidスマートフォン向けにEvernote実施している「DOCOMO×Evernoteプレミアムキャンペーン」で、一部の機種でキャンペーンに応募できない事象が発生。Evernoteが3月13日に新バージョンのアプリをリリースして対応する。(2012/3/9)

Mobile World Congress 2012:
2012年夏に日本で発売、海外展開も視野に――富士通がTegra 3搭載の新型ARROWSを披露
「Ultra Hi-Spec」というコンセプトを持つ富士通製スマートフォンの新機種(試作機)がMWCで展示されている。クアッドコアCPUに4.6インチ液晶を備え、LTE通信もサポートする。(2012/2/28)

最新スマートフォン徹底比較(2011年度冬春モデル編):
第2回 バッテリーの持つスマートフォンは? 省電力機能はどう?――35機種を検証
バッテリー性能は、スマートフォンで気になる部分の1つ。バッテリー容量や連続待受時間などの数値からある程度判断できるが、実際のところどれだけ持つのか。35機種をテストした。各社が採用している省電力機能も調べた。(2012/2/24)

最新スマートフォン徹底比較(2011年度冬春モデル編):
第1回 基本スペックが充実/持ちやすいスマートフォンは?――36機種を横並び比較
2011年から新モデルの主役は従来のケータイからスマートフォンに替わり、それに伴ってスマートフォンの機種数も急増した。本コーナーでは2011年10月から発売、または発売予定の36機種を横並びで比較していくので、購入の参考になれば幸いだ。(2012/2/17)

写真で解説する「Disney Mobile on docomo F-08D」
「Disney Mobile」のスマートフォンがドコモから登場する。2月下旬に発売される富士通製の「F-08D」はその第1弾。防水・防塵ボディにデュアルコアCPUを搭載し、ワンセグやおサイフ、赤外線も内蔵。もちろん、ディズニーコンテンツも満載した。(2012/2/2)

写真で解説する「Disney Mobile on docomo P-05D」
厚さ7.8ミリ、重さ105グラムという薄型軽量ボディが目を引く「Disney Mobile on docomo P-05D」。Disney Mobile端末としてはもちろん、Androidスマートフォンとしても完成度の高い仕上がりとなっている。(2012/2/1)

写真で解説する「MEDIAS ES N-05D」
NECカシオの「MEDIAS ES N-05D」は、防水・防塵仕様で厚さが6.7ミリと極薄のAndroidスマートフォン。さらに、デュアルコアプロセッサーやHD表示の高解像度タッチパネル、裏面照射型の“瞬撮”8Mカメラを搭載した。(2012/1/25)

さらに0.2ミリ薄く:
ドコモ、厚さ6.7ミリの極薄防水Android「ARROWS μ F-07D」を1月20日に発売
ドコモは、富士通製のAndroid端末「ARROWS μ F-07D」を1月20日に発売する。厚さ6.7ミリの最薄ボディは防水仕様で、キズが付きにくいゴリラガラスやウルトラタフガードを採用。おサイフやワンセグにも対応する。(2012/1/17)

厚さ6.7ミリの薄型スマホ「ARROWS μ F-07D」、1月13日から予約受け付け
ドコモが1月13日から、富士通製の薄型Androidスマートフォン「ARROWS μ F-07D」の事前予約を受け付ける。(2012/1/11)

動画で見るスマートフォン――「ARROWS ES IS12F」(試作機)
厚さ約6.7ミリ、重さ約105グラムという薄型軽量ボディを実現した「ARROWS ES IS12F」。ホーム画面とブラウザの操作性を動画で紹介しよう。(2011/12/6)

写真で解説する「ARROWS ES IS12F」
KDDIから登場した富士通東芝製の「ARROWS ES IS12F」は、厚さ約6.7ミリと極薄の防水Androidスマートフォン。タッチパネルにはGorillaガラスを採用し、薄さと丈夫さを兼ね備えている。(2011/12/6)

1月上旬以降に発売:
KDDI、厚さ6.7ミリの防水スマートフォン「ARROWS ES IS12F」を発表
auのAndroid搭載スマートフォン冬モデルに新機種が追加された。富士通東芝製の「ARROWS ES IS12F」は厚さ6.9ミリというスリムなボディが特長。強度の強いCorning Gorilla Glassや耐摩耗性に優れた塗装も採用した。(2011/12/5)

Xi対応、6.7ミリ、女性向け、そしてREGZA Phone:
「ARROWS」で国内トップシェアを目指す富士通
富士通は、ドコモの2011年度冬春向け新製品7機種9モデルの商品説明会を開催した。ARROWSブランドのスマートフォンを本格展開するほか、iモードケータイも全部入りや女性向けなど、ユーザーニーズにマッチしたラインアップを用意した。(2011/11/9)

神尾寿の時事日想・特別編:
対iPhone4S――一般層へのスマホ普及に向けた、ドコモの2つの戦略とは?
一般層のスマホ移行が急速に進む中、端末・サービスの整備を急ピッチで進めるNTTドコモ。iPhone 4Sを擁するソフトバンク&auに対抗するためにとった二正面戦略、「Xi」「dメニュー」の狙いを解説する。(2011/11/2)

スマートフォンビュー Weekly Top10:
今、ITmediaスマートフォンビューで読まれている記事(10月24日〜10月30日)
アイティメディアID会員向けサービスとして提供している、スマートフォンのブラウザに最適化した表示ページ「ITmedia スマートフォンビュー」をご存じだろうか。スマートフォンからのみ閲覧できるこのページのアクセスランキングを集計した。(2011/10/31)

写真で解説する「ARROWS μ F-07D」
薄さ6.9ミリ、重さ109グラムという薄さと軽さが際立つ富士通製のAndroidスマートフォン「ARROWS μ F-07D」。発表会場に展示されていた試作機で、主な特徴を確認した。(2011/10/24)

NEXT/with/STYLE/タブレットにシリーズを一新:
Xi対応スマホが登場、デュアルコアCPUやHD液晶搭載機も――ドコモ、2011年度冬春モデル25機種を発表
NTTドコモの2011年冬モデルと2012年春モデルの計25機種が発表された。次世代高速通信「Xi」対応のスマートフォンを4機種投入するほか、薄型、大容量バッテリー、高精細&大画面など、スペックにこだわったモデルも登場。テンキー付きやブランドコラボなど、女性や初心者向けスマホも充実させた。(2011/10/18)

NEXTシリーズ:
厚さ6.9ミリの極薄防水スマートフォン――「ARROWS μ F-07D」
「ARROWS μ F-07D」は、薄さを極めた防水スマートフォン。ディスプレイを米Corningのゴリラガラスで覆い、側面も傷が付きにくい二重構造で設計された。(2011/10/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。