ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「格闘ゲーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ゲーム→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でゲーム関連の質問をチェック

格ゲーのラスボスが銭湯に行く漫画があるあるだらけ 「死んでもゲージ消費で復活」「滑ったと思ったら下段スライディング」
復活はラスボスのたしなみ。(2022/1/12)

蟹がビームでしばきあう「カニノケンカ」にスマホ版が登場 カオスさが魅力の甲殻類対戦格闘ゲーム
11月18日ごろ、基本無料で配信開始。(2021/11/12)

【共感しかない】「文章は時間をかけて組み立てていくRPGだけど、会話は瞬発力と正確さが求められる格ゲー」という話
ゲーマーとして思わずうなずいてしまった。(2021/11/10)

「5万円台スト5PC」連載が1年ぶりに復活!:
PCで本格ゲームプレイ! こだわり「アケコン」の選び方2021【前編】
eスポーツかいわいでは、プレイヤーが家庭用ゲーム機からPCへ移行する例が多いという。何がそうさせるのかを考えるとともに、PCでゲームする際に必要なコントローラー回りの選び方を一からガイド!(2021/10/29)

あのキャラに花束を:
負けヒロイン側のアラサーを描くと聞いたときは死ぬかと思った 『ハイスコアガールDASH』28歳教師・日高小春の輝き
格ゲーがめっちゃ強い28歳の女の先生なんて、好きになっちゃうじゃん?(2021/9/25)

【ゲームで老化を感じた瞬間、教えてください】「格ゲーで筋肉痛になるように」「やっと分かった“攻略本を買う大人の気持ち”」
老いからは逃げられないけど、趣味は続けたい。(2021/12/27)

テレビから“格ゲーのラスボス”出てきた 渋谷でノーゲージ多段弾や全画面技をパなす漫画が格ゲーあるある満載
ラスボスといえば全画面攻撃。(2021/7/31)

ディライトワークス新社長に元カプコン小野義徳さん SNSでは格ゲー版「FGO」を期待する声も
まさかの社長就任!(2021/4/27)

Mad Catzのゲームコントローラー「EGO Arcade Stick」「C.A.T. 7」の実力はいかに? 「グランブルーファンタジー ヴァーサス」で試す
香港で復活を果たしたゲーミングブランド「Mad Catz」は、2種類のゲーミングコントローラーを発売している。その実力を、Cygamesの格闘ゲーム「グランブルーファンタジー ヴァーサス」を通して試してみよう。(2021/4/20)

「メルブラ」新作 TYPE-MOONの人気格闘ゲームが“月姫リメイク”に合わせリニューアル マルチプラットフォーム展開で2021年発売
2D型対戦格闘ゲーム「MELTY BLOOD」の新作タイトル「MELTY BLOOD: TYPE LUMINA」(タイプルミナ)が発表された。対応プラットフォームはプレイステーション4、Nintendo Switch、Xbox One。発売時期は2021年内で価格は未定。(2021/3/26)

SIEが格闘eスポーツ大会「EVO」を開催元から買収 運営は子会社が引継ぎ
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、ベンチャー企業と共同で格闘ゲームの世界大会「EVO」に関する資産を運営元から買収。EVOの運営は今後、SIEとベンチャー企業が設立した合弁会社が行う。(2021/3/19)

SIEが格ゲー大会「EVO」を買収 「Evo Online」は8月開催
2021年の開催日も発表。(2021/3/19)

最強宇宙人、格ゲーにはまる ゲームでボコられ一から練習する漫画「ゲーミングうちゅうじん」が全盛期ゲーセンの熱気にあふれる
ちゃんと7色に光る。(2021/3/4)

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】「どんなゲームでも必ず誰かの琴線に触れる」 AC対戦アクション「マジシャンズデッド」
世間では不人気と感じつつも、遊び続ける理由。(2020/12/30)

セガ、「バーチャファイター×eスポーツ」をサプライズ発表 世界初の3D格闘ゲームが令和に再始動!
まさかの復活!(2020/9/25)

今日書きたいことはこれくらい:
スーパーファミコンの「らんま1/2 爆烈乱闘篇」はキャラクターもの格闘ゲームの一つの完成形だ、という話
EVO Japan 2018のサイドトーナメントの種目に選ばれて話題になったりもしました。(2020/8/29)

「大会での勝利は“強さの追求”の副産物に過ぎない」 格ゲー界のレジェンド・梅原大吾が語るコロナ禍のeスポーツ界と強さの基準
「勝つこと」と「強さ」の違い。(2020/8/22)

「日本格ゲーメーカー連合会」のインターネット生配信が8月1日9時開始 格ゲーメーカー各社のスタッフが参加
「日本格ゲーメーカー連合会」にはアークシステムワークス、アリカ、SNK、カプコン、コーエーテクモゲームス、バンダイナムコエンターテインメントが参加。(2020/7/27)

格闘ゲームの祭典「EVO 2020」新型コロナで開催中止に
代わりにオンラインイベントとして開催へ。(2020/5/2)

東大卒プロゲーマー「ときど」の肖像【後編】:
東大卒プロゲーマー「ときど」はスランプに陥っていた――ウメハラからの助言、そしてたどり着いた「努力2.0」
17歳のときに世界一の格闘ゲームの大会「EVO」で優勝したトッププレイヤーの1人である東大卒プロゲーマー「ときど」。スランプに陥っていたときどはいかにして乗り越えたのか。前後編の後編。(2020/3/29)

東大卒プロゲーマー「ときど」の肖像【前編】:
東大卒プロゲーマー「ときど」はいかにして生まれたか――ゲームは毒にも薬にもなる
17歳のときに世界一の格闘ゲームの大会「EVO」で優勝したトッププレイヤーの1人である東大卒プロゲーマー「ときど」。彼はいかにしてプロゲーマーになり、現在のeスポーツの課題をどう見ているのか。前後編の前編。(2020/3/28)

まずクリアできる時点ですげぇよ! 伝説の超高難度格ゲー「カイザーナックル」のRTA走者が現れRTA界がざわつく
まさか走る人がいたとは……。(2020/3/20)

モバクソ畑でつかまえて:
オン対戦だけが格ゲーじゃない “非格ゲー民”でも楽しめた「グラブル ヴァーサス」RPGモードの新しい可能性
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回は「グラブル ヴァーサス」のRPGモードが面白かった、という話です。(2020/2/16)

Twitterで議論となった「格闘ゲームのネット対戦は有線接続がマナー」に賛同できない理由
投げキャラ使いの皆さん、いつもディスっててごめんなさい。(2020/2/6)

中国Tencent、キャラと会話できるAIフィギュアを日本で発売 SNKの格闘ゲームとコラボ LINE「Clova」機能も
中国Tencentが、キャラクターと会話を楽しめるスマートスピーカー機能付きAIフィギュアを日本で発売する。LINEのAIアシスタント「Clova」の技術も採用し、約400通りの会話を楽しめるという。(2019/12/13)

真夜中に握りあった彼女の手と俺の手が、格ゲーの舞台で真剣勝負を迎える「ハイスコアガールII」23話
大野よ、赤きサイクロンとなれ。(2019/12/14)

「“格ゲー勢の発言まとめ”でイケると確信しましたわ」 話題沸騰の「ゲーミングお嬢様」、作者に取材したらお嬢様口調で答えてくれた
「ちなみにリュウとザンギはどっちがクソキャラだと思いますか?」 → 「ザンギに決まってんですわよ」(2019/12/8)

格ゲーの駆け引きはAIにもできる? 憧れのプロ選手、AI化の可能性も
ゲーム業界のAI活用が進んでいる。最近では、人間の操作を学習するキャラクターAIも登場。テクニカルライターの西川善司さんが、昨今のゲームAI事情をまとめた。(2019/12/6)

右フック犬に二足歩行猫やムキムキ老師キツネさんが大暴れ 格闘ゲーム「Fight of Animals」がいろいろ気になる
今、左腕使いましたよね?(2019/11/24)

憧れのゲーセン店長はスゴ腕格ゲー女子 恋と勝負の行方が気になる漫画「ハイテクノリコ」
1人で店を切り盛りするノリコさんの、強さの秘訣とは?(2019/9/23)

ワンパンマン格ゲー、サイタマは「遅れてやってくる」という仕様に 敵を一撃で倒す強さはゲームでも健在
原作を完全再現。(2019/8/21)

人はどれだけテレビから離れてゲームできるのか―― 画面からめっちゃ離れて戦う格ゲー大会「距離餓狼」レポ漫画
勝利のカギは「強い技」だそうです。そりゃそうか……。(2019/7/5)

東京都など主催のeスポーツ大会、開催要項発表 「賞金なし」で、ゲームは「国内IP」かつ「全年齢向け」に限定
格ゲーやFPSタイトルの選択肢は限られそう。(2019/6/18)

オートガードにワンボタン必殺 たまに卑怯なほど強い「格闘ゲームにおける初心者救済システムの歴史」に開発の努力を見る
3DS版のガイルは最強でしたね。(2019/6/5)

カプコン、格闘ゲーム大会でのレバーレスコントローラー「ヒットボックス」使用禁止の意向か
初の公式見解。(2019/5/24)

格ゲーのコントローラーに新たな潮流 “最短入力”が可能なレバーレスコントローラー「ヒットボックス」に注目集まる
理論上最強とされるコントローラー。(2019/5/23)

格ゲーの鍛錬に! 中段技と下段技を延々ガードするアプリ「中下段ガード練習マシーン」が開発中
相手の2択攻めをさばく練習だ!(2019/5/20)

「負けるビジョンは見えない」 パキスタンは格闘ゲームの魔界? 鉄拳のプロに“パキスタン最強説”について聞く
中東で行われた招待制大会は韓国の圧勝でした。(2019/4/27)

秋葉原でeスポーツイベント「E-GST」開催 格ゲー大会に1000円遊び放題のゲーセン、「サムスピ」新作の先行体験も
昔ながらの「ゲーム大会」感。(2019/4/19)

格ゲーキャラの“構え(ニュートラルポーズ)”をプロダンサーが完コピ! 「KOFで見た」「無駄に叫ぶ闇堕ちキャラ」
そのまんま暴走庵だ。(2019/3/21)

格闘ゲームの原点がUTに 「ストリートファイター」とユニクロのコラボTシャツ登場
俺より強いやつに会いに行く服。(2019/3/14)

「しょうりゅうけん」で「昇龍拳!」 音声で格ゲーコマンドを入力できるシステムが楽しそう
将来性を感じる。(2019/3/5)

「小足見てから昇龍拳かよ」 週刊ダイヤモンドの「挙動を感じて8フレーム後に昇龍」に格ゲーマーからツッコミが殺到した理由
「8フレームへの反応はいかに困難なのか」「格闘ゲーマーの言う反応とはなんなのか」という視点から、今回の騒動を解き明かします。(2019/3/1)

昇龍拳を「623P」と書かずに済む LINEに格ゲーのコマンドを忠実に表記できる絵文字登場
「一回転」や「タメ」も記号として1文字で書けます。(2019/2/27)

世界観が完全にストII ディープラーニングで格闘技の動画を格闘ゲーム風にするシステムが登場
KOシーンはスローになる。(2018/12/17)

今も続く「格ゲー初心者はシステムを理解するべきか」議論を分析 初心者擁護意見は66.9%
「初心者お断りのハードル」の話だったはずが……。(2018/11/1)

格ゲーで「勝てないからつまらない」と言う前に基礎を覚えては?→「そういう初心者お断りの姿勢が衰退を招いた」と議論に
「勝つために基本システムを覚えるのは当然」「基礎だけでは勝てないから難しい」「対戦台ばかりで、1人で練習できる環境が少ない」など、さまざまな意見が。(2018/10/29)

カプコン、eスポーツリーグ「ストリートファイターリーグ」の開催を発表 2019年春予定
カプコンは、同社製格闘ゲーム「ストリートファイターV」を用いたeスポーツリーグ「ストリートファイターリーグ」の開催を発表した。(2018/9/25)

見ているだけで楽しい「漢字が戦う格闘ゲーム」の攻撃モーション集 キャラセレ画面の時点で完成度高い
こういう技ある。(2018/9/13)

セガのアーケード筐体「アストロシティ」プラモ、「スパII X」などの画像が入った「カプコンタイトルズ」版が登場
90年代格ゲーブーム時の筐体を12分の1スケールで再現。(2018/6/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。