ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファイル転送サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファイル転送サービス」に関する情報が集まったページです。

半径300メートルのIT:
「リンクを知っている全員が閲覧可」より安全で「特定のユーザーと共有」より簡単な方法とは
端末からネットにアクセスし、場所に縛られずに働く――クラウドのビジネス利用が広がっています。それらの中で導入しやすいのが「ファイル共有サービス」ですが、人はどうしても「安全な方法」よりも「簡単な方法」を選んでしまうもの……(2020/2/12)

クラウドサービスを「あれもこれも」と使いすぎると危険? 識者が説くセキュリティ対策の落とし穴
マカフィーがクラウドサービスの利用状況に関する調査結果を発表。企業が正式導入しているクラウドサービス(IaaS、PaaS、SaaS)の平均は計41個だと分かった。利用しているサービスが増えすぎ把握しきれていないとの危機感を持つ企業は20%だった。(2020/2/5)

ギガファイル便、利用規約を更新 指摘のあった「ファイル取り扱いの規約なし」問題を解消するため
運営会社がほぼ技術者のみで手が回らず、不備が出てしまったとのことです。(2020/1/30)

トヨタ、象印、ヤマダ電機…… 19年に最も個人情報を流出させた企業は?
(2020/1/24)

ギガファイル便、「ファイル取り扱いの規約なし」と炎上 運営元は「技術者のみの会社で、手が回っていなかった」と謝罪
大容量ファイル送信サービス「ギガファイル便」の公式サイトに「アップロードしたファイルの取り扱いの規約がない」「運営会社のページに代表取締役の氏名がない」などと話題に。指摘を受け、同サービスの運営会社が謝罪。(2020/1/20)

「宅ふぁいる便」サービス終了へ 不正アクセスによる個人情報漏えいによりサービスを停止していた
パスワード確認や退会申し込みを受け付けていた特設サイトも終了。(2020/1/14)

情報漏えい発生の「宅ふぁいる便」、3月末で終了 システム再構築に要する時間・費用を考慮
大容量ファイル送信サービス「宅ふぁいる便」が3月31日に終了する。不正アクセス被害を受け、「相当程度システムの再構築が必要」と判断。再構築に要する時間・費用などを考慮した結果、終了を決めたという。(2020/1/14)

パスワードの強度を調べたいときどうする:
「あなたのパスワードは十分安全です」、本当なのか? 英大学が研究
英プリマス大学の研究により、有名Webサイトの一部で運用されているパスワードの強度判定サービスが「一貫性のない、誤解を招く」アドバイスをユーザーに提供していることが明らかになった。(2019/12/25)

7pay、宅ふぁいる便の不正アクセスなど:
マカフィーが2019年の10大セキュリティ事件を発表 第1位は?
マカフィーは2019年の10大セキュリティ事件を発表した。バーコード決済サービス「7pay」への不正アクセスや、ファーウェイ製機器の締め出し、Webサービスへの不正アクセスやSNSでのセキュリティ問題などがランクインした。(2019/12/25)

最大100GBのファイルを転送可能な「Dropbox Transfer」、正式サービス開始
Dropbox Japanが、ファイル転送サービス「Dropbox Transfer」の正式提供を始めた。一度に最大100GBのファイルを送信できる。(2019/11/5)

@ITセキュリティセミナー:
徳丸浩氏が誤解を指摘――Webサービス運営者が知らないと損害を生む「パスワード保護の在り方」
サイバーセキュリティの世界で取り上げるべきトピックは多々あるが、「基本的な守りを固める」ことも重要だ。2019年6月26日に行われた「@ITセキュリティセミナーロードショー」の中から、その際に役立つセッションの模様をレポートする。(2019/7/24)

最大100GBのファイルを転送可能「Dropbox Transfer」登場 β版の提供スタート
Dropboxが、最大100GBのファイルを送信できるファイル転送サービス「Dropbox Transfer」β版の提供を始めた。(2019/7/10)

迷惑bot事件簿:
1日に1.15億回以上 急増する不正ログインの裏に“botの存在”
最近のサイバー攻撃のニュースを追っていると、不正ログインに起因する被害を目にする機会が増えてきた。新たに発表されたいくつかの分析データを用いて、この攻撃の動向とbotの関わりについて考察。(2019/4/19)

宅ふぁいる便、退会申し込みやパスワード確認できる特設サイト公開
「パスワードの確認」「退会申し込み」「宅ふぁいる便ポイント交換」が可能。(2019/4/9)

休止中の「宅ふぁいる便」、パスワード確認・退会できる特設サイトオープン
「宅ふぁいる便」で、ユーザーのパスワードなど481万件が流出する問題が起き、サービスを休止している問題で、運営元のオージス総研は4月8日、既存ユーザーがパスワードを確認したり、サービスを退会できる特設サイトをオープンした。(2019/4/9)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
SMS認証の仕組みと危険性、「TOTP」とは? 「所有物認証」のハナシ
専門用語が飛び交いがちなセキュリティの知識・話題について、「認証」関連分野を中心にできるだけ分かりやすく紹介する連載。今回はパスワード以外の「所有物認証」について。(2019/4/8)

半径300メートルのIT:
ユーザー数億人のパスワードが社内で丸見えに!? Facebookで発覚した“平文で保存”事件の衝撃
多くのユーザーを抱える「Facebook」の社内で、一部ユーザーのパスワードが平文、つまり“そのまま読める状態”で保存されていたことが発覚しました。この事件なぜユーザーにとって「リスク」なのか、今からできる回避策と一緒に解説します。(2019/3/26)

半径300メートルのIT:
ファイル共有サービスの“漏えいリスク”を消し飛ばす? Mozillaがひっそり公開した「Firefox Send」に驚いた
「宅ふぁいる便」の情報漏えい事件がまだ記憶に新しい中、ファイル共有サービスには一層高度なセキュリティやユーザーのプライバシー保護が求められています。そんな中、Mozillaのファイル共有サービス「Firefox Send」は、意外な方法でこの要求をかなえる仕掛けを提示しました。(2019/3/19)

「宅ふぁいる便」当面休止 顧客情報漏えいで「システム再構築が必要」
大規模なユーザー情報漏えいが発覚した、大容量ファイル送信サービス「宅ふぁいる便」について、運営元のオージス総研は3月14日、「サービスを当面休止する」と発表した。(2019/3/15)

「宅ふぁいる便」が不正アクセスの調査を完了 サービスは当面休止
「再発防止策に取り組んでいく」としオージス総研がているため、再開を目指していくもよう。(2019/3/14)

なぜ、宅ふぁいる便は「暗号化」していなかったのか
「宅ふぁいる便」が1月に不正アクセスを受け、約480万件の顧客情報が漏えい。パスワードが「暗号化」も「ハッシュ化」もされていなかったことが分かり、波紋を呼んでいる。なぜ、暗号化していなかったのかを考察。(2019/2/22)

iPhoneとクルマをつなぐCarPlayにできることすべて(2019年版)
2019年の現時点でCarPlayでできることと、サードパーティーを含めた対応アプリを紹介しよう。(2019/2/20)

ITりてらしぃのすゝめ:
なぜ“情報漏えい”は繰り返されるのか 宅ふぁいる便、Peing事件が教えてくれたこと
今年1月に、「宅ふぁいる便」や「Peing -質問箱-」で立て続けに情報漏えいの事件が起きた。サービス提供側とサービス利用者はそれぞれどうすればよいのだろうか。(2019/2/18)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年1月版:
仮想通貨の発掘は悪なのか? VS. 平文パスワード保存は是なのか?
2019年1月、年明けのTwitterセキュリティクラスタでは「ZOZOの前澤社長のツイート」や「Coinhive裁判」の他、「宅ふぁいる便」の情報漏えいが大きな話題となりました。(2019/2/18)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】拡張機能「Password Checkup」でパスワード漏えいに備える
ネットサービスを使っていて怖いことの一つは、パスワードが第三者に漏えいすること。悪用される前に素早く対処するのに役立ちそうな拡張機能「Password Checkup」の使い方と注意点を説明します。(2019/2/13)

半径300メートルのIT:
セキュリティの話は、「くどい」と言われるくらいがちょうどいい
先日、私が執筆した「Q&Aで考えるセキュリティ入門 『木曜日のフルット』と学ぼう!」が発売しました。セキュリティ本としてはとっつきやすい体裁になりましたが、いわゆる“普通の人”が取れる対策というのは、複雑なものではありません。それは先日起きた「宅ふぁいる便」のインシデントでも同じです。(2019/2/13)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(12):
なぜ、パスワードを平文で保存するのですか?【追記あり】
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第12列車は「サービス提供側のセキュリティ」です。(2019/2/8)

「宅ふぁいる便」不正アクセス、「郵便番号」も漏えい
「宅ふぁいる便」の顧客情報が流出した問題で、新たに郵便番号なども漏えいしていたことが分かった。(2019/1/28)

フィッシングなどの偽装メールにも注意を:
480万件流出の「宅ふぁいる便」不正アクセス、郵便番号など漏えい情報を新たに追加
「宅ふぁいる便」の不正アクセスについて、オージス総研が第3報を発表。新たに居住地や勤務先の郵便番号や、配偶者や子供の有無といった情報についても、漏えいが確認されたという。(2019/1/28)

「宅ふぁいる便」特定期間にのみ取得していた個人情報も漏えい 勤務先の郵便番号、配偶者など
宅ふぁいる便を装うフィッシング等の偽装メールに注意を呼びかけています。(2019/1/28)

「宅ふぁいる便」不正アクセスで480万件の個人情報漏えいが発覚 いまだサービス再開のめど立たず
23日から不正アクセスの可能性があるとしてサービスを停止していました。(2019/1/26)

「宅ふぁいる便」不正アクセスで480万件のユーザー情報流出 メアド・パスワードも
「宅ふぁいる便」のサーバが不正アクセスを受け、約480万件の顧客情報が流出したことを確認。流出した情報には、メールアドレスやログインパスワードなどが含まれているという。23日からサービスを一時停止しており、再開のめどは立っていない。(2019/1/26)

宅ふぁいる便、サービスを一時停止 原因は「一部サーバに対する不正アクセス」と謝罪
再開のめどは……。(2019/1/25)

「宅ふぁいる便」一時停止 不正アクセスのおそれ
大容量ファイル送信サービス「宅ふぁいる便」が不正アクセスを受けた可能性があるとし、1月23日午前10時50分ごろからサービスを停止している。(2019/1/25)

関連する認証局をまとめて扱う
「信頼の連鎖」を活用したWindows 10の証明書管理とは
Windows 10の証明書は「信頼の連鎖」を作り出す。これにより自社のリソースにアクセスするユーザーの身元が確認され、そのユーザーが信頼済みの接続を経由してリソースにアクセスできるようになる。(2019/1/16)

日本に本格進出したSumo Logicに関する、知らない人は知らない意外な事実
Sumo Logicが2018年10月上旬、日本法人「Sumo Logicジャパン株式会社」の設立を発表した。同時にクラスメソッドとシステムインテグレーター契約を締結したという。そこで、同社のサービスに関する、一部の人が知らない事実をお伝えする。(2018/10/30)

Autodesk University Japan 2018:
“KAPシステム”と“Revit”の一体化、鉄骨の建築生産プロセスをリアルタイム共有
清水建設は、鉄骨構造物専用CAD「KAPシステム」の活用により、年間の鉄骨使用量の事前割り出しを高い精度で実現している。自社でKAPシステムの強化も図り、BIMソフトウェア「Autodesk Revit」と一体化することで、鉄骨に関わる全関係者とリアルタイムでの情報共有も達成した。(2018/9/27)

「お使いのシステムは破損」「ウイルス感染」詐欺サイトの報告相次ぐ 対策のため広告停止するサービスも
「お使いのシステムは破損しています」「ウイルスに感染しています」――こんな偽のアラートを出しす詐欺サイトの報告が多数。広告ネットワークで配信されている悪質な広告によって表示されているとみられる。(2018/6/22)

企業が求める「コンプライアンスと利便性の両立」
企業向けファイル同期/共有サービス選定の決定打は? 調査で分かった新潮流
エンタープライズ向けファイル同期/共有(EFSS)ツールが広範なコンテンツ管理やコラボレーション機能を組み込むようになり、その導入が拡大するにつれ、EFSSの市場が成長を続けている。(2018/4/4)

ネットのダークマター:
巨大ビジネス化する海賊版 悪質「リーチサイト」の台頭、止める策はあるか
年2億冊もの海賊版ダウンロードを誘導していたリーチサイト「はるか夢の址」の運営者が逮捕された。リーチサイトは巧妙な手段で追及から逃れようとしており、実際、追及は難しい。対策はあるのか――。弁護士・福井健策さんによる寄稿。(2017/11/24)

クイズ! セキュリティ「20の事例」(8):
「もう終電? スマホにデータ送って、家で続きやるか……」
セキュリティの基礎をゆるーいクイズでおさらいする週末連載。何かとやらかしがちな会社員「茂礼手(もれて)課長」の“ITやらかし”をクイズ形式で出題していきます。今回は、仕事を持ち帰るときのお話。いや、もちろん持ち帰らないのが一番ですよ?(2017/8/4)

Tech TIPS:
Mozillaの「Send」サービスを使ってインターネット経由でファイルを転送する
Mozillaが提供を開始した「Send」は、シンプルなファイル転送サービス。1回ダウンロードされるとファイルが削除されるので、比較的安全に転送することができる。(2017/8/4)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第9回】
持ち帰り残業のせいで情報セキュリティ事故? 働き方改革に必須の情報漏えい対策
持ち帰り残業は、労務上もセキュリティ面でも大きな問題です。従業員が業務データを個人のオンラインストレージへ持ち出すといった問題を放任していると、情報漏えいのリスクにつながります。(2017/5/31)

SFTPとFTPSの長所と短所
ファイル転送サービスの使用で気を付けたいセキュリティポイント
無料のFTPツールは、企業のファイルをマネージドファイル転送サービスに送るのに役立つだろう。ただしセキュリティ要素については考慮が必要だ。セキュリティの専門家がそうした考慮すべき要素について解説する。(2017/5/14)

アカウント管理の日々から解放
社外とも簡単データ共有、「東映アニメーション」のアニメ制作を下支えするツールとは
数々の人気アニメーションや映像作品を手掛ける東映アニメーションは、ファイルサーバの運用管理やバックアップに課題を抱えていた。その課題をどのように解決したのだろうか。(2017/4/12)

日立製作所 クラウド型設計業務支援サービス:
3次元データの共有時間を半減! グローバル統一の協調設計環境を実現するクラウドサービス
日立製作所は、国内外の拠点間における設計業務の効率向上を実現する「クラウド型設計業務支援サービス」の提供を、2016年10月19日から開始すると発表した。(2016/10/24)

7月29日を乗り越えろ:
いつでもWindows 10に無償アップグレードできる環境を構築する――バックアップ編
Windows 10の無償アップグレード期限は7月29日。これまで先延ばしにしてきたユーザーーにも決断の時が迫っている……が、NASを使えば決断しなくてもいいのだ。(2016/7/20)

企業は「IoTのセキュリティ」にどう取り組めばよいのか?:
PR:グローバルサイン証明書×HULFTのタッグで実現──IoTセキュリティ対策の“具体的”なヒントとは
既に、車やドローン、組み込み機器などへの脅威も──。IoTに対する企業の取り組みが活発化する中、今、「IoTセキュリティ」の必要性と需要が急速に高まっている。そんな中で注目されるのが、GMOグローバルサインとセゾン情報システムズによる協業だ。2016年6月に開催されたIoTセキュリティフォーラムの講演から今後企業が考えるべき、IoTセキュリティ対策のヒントを探ろう。(2016/7/12)

ホワイトペーパー:
オンラインストレージ&ファイル転送のビジネス利用、7つの必須ポイント
外部と大容量のファイルを共有するニーズは高まっているが、無料のオンラインストレージやファイル転送サービスを利用しているケースが多い。だが、ビジネス利用にはセキュリティなどの対策が必要だ。(2016/6/8)

最新OS「DSM 6.0」でいち早く試す:
Synologyが放つ最新鋭NAS「DiskStation DS216+」実力診断
2015年に国内NAS市場へ本格参入して以来、着実にその存在感を増している新興メーカーのSynology。その最新モデル「DiskStation DS216+」と最新OS「DSM 6.0」をいち早くチェックした。(2016/3/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。