ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ジョージ・ルーカス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ジョージ・ルーカス」に関する情報が集まったページです。

KISS、ファイナルライブでILM製3Dアバターバンド化を発表
往年のロックバンドKISSは、今度こそ本当のファイナルライブの最後に、メンバーの3Dアバターによる演奏を披露、今後の活動はアバターで行うと発表した。アバターはジョージ・ルーカス氏が立ち上げたVFXスタジオILMが手掛ける。(2023/12/4)

経済の「雑学」:
実は米国生まれ 人気玩具「ゾイド」が歩んだ40年の歴史
人気玩具シリーズ「ゾイド」が40周年を迎えた。「動くプラモデル」として、長年、市場で存在感を示してきたが、実は米国生まれの商品。ゾイドはどのような歴史を歩んできたのか。その歴史を振り返る。(2023/9/30)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日テレ、ジブリ買収で日本版「ディズニー」に? 戦略と意図は
日本テレビ放送網が、スタジオジブリを買収する方向で進んでいることが21日、発表された。SNSでは不安の声も囁かれているが、今回の買収が合意に至った裏側にはどのような戦略や意図があるのだろうか。海外の同様事例なども踏まえて確認していきたい。(2023/9/29)

俺たちのYOSHIKI、日本人で初めてチャイニーズ・シアターに名を刻む 「日本の歴史上最も影響力のあるミュージシャン、作曲家の一人」
シンプルにすごい!(2023/9/5)

新たな1日、新たな始まりだっ! 「スター・ウォーズ」のオリジナルドラマシリーズ「アソーカ」、ついに配信日&二刀流振るうスポット映像公開
待ってました!(2023/6/8)

監督降板のスピルバーグが「くっそー!」 悔しいほど面白かった「インディ・ジョーンズ」最新作語る 子役らとの再会ショットも
5月に金曜ロードショーで過去作一挙公開予定。(2023/4/28)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「メタバース」は新しい価値観を根付かせるか? 2023年(とその先)を“夢想”してみよう
最近「メタバース」という言葉をよく聞くが、実は見方次第では「三度目の正直」的なブームともいえる。技術の進歩と社会の変化もある中で、この三度目の正直はようやく花開くのだろうか……? メタバースを切り口に、2023年とその先のテクノロジーについて“夢想”してみようと思う。(2023/1/9)

ストーリーテリングを底上げ:
ディズニーは日本のアニメ産業をどう変えるのか 講談社と戦略的協業を拡大した狙い
世界有数のエンターテインメント企業、ウォルト・ディズニー・カンパニーが、日本を含むアジア太平洋地域(APAC)の市場を拡大しようとしている。ディズニーは日本のアニメ産業をどう変えるのか。講談社と戦略的協業を拡大した狙いは?(2022/12/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
メタバースは「次のインターネット」にあらず 吉本と米エンタメ業界が攻める「マルチバース」に商機あり
社名を「フェイスブック」から「メタ」に変更までしたマーク・ザッカーバーグCEOは、「メタバースは、次のインターネットになると考えている」と自信を見せる。しかし、実は「次のインターネット」になるのは現時点では難しいと懐疑的に見る向きもある。「次のインターネット」候補として名が挙がる「マルチバース」とは?(2022/11/25)

おなじみの紀伊國屋書店のロゴを用いたオリジナルグッズがかわいい 100周年に向けて国内外で一斉発売
本好きに刺さるデザインのグッズがずらり。(2022/11/13)

ムーミン谷に生息する「ニョロニョロ」の光るぬいぐるみが登場 大量発生が不可避の31匹セットも
完全受注生産です。(2022/11/14)

昭和のお風呂グッズがカプセルトイに バスクリンや花柄バスマットなど懐かしいアイテム多数収録
懐かしいお風呂風景を再現。(2022/11/13)

スマホをかざすと折り紙のツルやペンギンが動く ARで絶滅危惧種を学ぶ「絶滅危惧オリガミ」公開
動物は「ツル(タンチョウ)」「アムールトラ」「ケープペンギン」「ニホンライチョウ」「レッサーパンダ」の5種。(2022/11/13)

“まなび”に特化した新しい「一番くじ」が登場 第1弾は12月9日発売の「一番ラボ 名探偵コナン」
各アイテムの”ナゾ”を付ぞくの解説書が解き明かします。(2022/11/12)

500点以上の「ハーゲンダッツ」が並ぶデジタル図鑑が期間限定で公開中 歴代パッケージが懐かしい……
Twitterと特設サイトで投票キャンペーンも実施中です。(2022/11/13)

食パンの上で生活できる夢のアイテム 「食パンソファベッド」がかわいいとネットで大人気
側面の焼色が良い……。(2022/11/13)

ボードゲーム制作者による“両親の金婚式”がすてき 遊び心あふれる企画に「マネしたい」の声
企画の裏側について話を聞きました。(2022/11/13)

公式マーク付きTwitterのアカウント名が変更不可に? ホロライブ・猫又おかゆ、「休暇中」を変えられず「無限休暇編」に突入
おかゆん……!(2022/11/12)

Tumblrが「青いチェックマーク」を販売 2個7.99ドルで「他のお店よりお買い得ですよ」
言うねぇ〜。(2022/11/12)

藤本タツキ、新アカウントを開設 「僕は本当に藤本タツキなんです!信じてください!」と必死にアピールするも怪しさ満点
担当編集者の林士平さんが本物だと証明しています。よかった。【訂正・追記あり】(2022/11/12)

スター・ウォーズとスタジオジブリが短編アニメ「禅 グローグーとマックロクロスケ」をサプライズ発表! ディズニープラスで12日から独占配信
これはワクワクするコラボ!(2022/11/12)

コラボ示唆か:
スタジオジブリ公式Twitter、『スター・ウォーズ』製作元の動画を謎ツイート 憶測広がる
スタジオジブリの公式Twitterアカウントが人気SF映画『スター・ウォーズ』シリーズの製作元で、米ウォルト・ディズニー・スタジオ傘下のルーカスフィルムの動画を投稿。コラボする可能性があるとして、さまざまな憶測が広がっている。(2022/11/11)

スタジオジブリが「スター・ウォーズ」ルーカスフィルムと謎コラボ 意味深な動画を公開しネット騒然 
どういうことなの……?(2022/11/11)

どんな人脈!? YOSHIKI×「メタリカ」「フー・ファイターズ」3ショット 世界的ドラマー集結に「豪華すぎる」
直後にはオスカー俳優とも。(2022/9/22)

“心が折れた”オビ=ワン演じたユアン・マクレガーが劇中に仕込んだイースターエッグ ユアンとヘイデンに最終回配信前インタビュー
アナキンの“恨み”とオビ=ワンの“愛”。(2022/6/22)

ディズニーの戦略に迫る【前編】:
ウォルト・ディズニー・ジャパン社長が明かすSVOD戦略 Disney+で日本アニメを配信する狙い
ディズニープラスの新たな戦略とは何か。ITmedia ビジネスオンラインはウォルト・ディズニー・ジャパンのキャロル・チョイ社長に単独インタビューを実施。その狙いを聞いた。前後編でお届けする。(2021/12/24)

未来のインタフェース:
どこでもドアならぬ、どこでも窓「アトモフウィンドウ」が昨対比4倍で売れているワケ
コロナ禍で約4倍に販売数を伸ばしているという、世界とつながる窓「アトモフウィンドウ2」。独自に撮影した世界各国の映像動画を写すことができる窓は、どこでもドアならぬ、「どこでも窓」のよう。コロナ禍での需要増や事業戦略を聞いた。(2021/10/28)

小寺信良のIT大作戦:
パナソニックのカメラ撤退はあり得るか
パナソニックのカメラ事業の苦戦が伝えられている。彼らの戦略は間違っているのか? 小寺信良さんが分析する。(2021/5/27)

見上げるとそこにデス・スターが スター・ウォーズの世界を眺められる窓型ディスプレイ登場
まずは「ローグ・ワン」の世界から。(2021/3/1)

ヒトラーと東条英機がカラテでガーナを制圧する謎映画「アフリカン・カンフー・ナチス」はいかにして生まれたのか、セバスチャン・スタイン監督インタビュー
映画の内容と同じくらい、規格外な製作プロセスでした。(2020/12/23)

ヒトラーと東條英機がカラテの力でガーナを侵略するカンフー映画「アフリカン・カンフー・ナチス」堂々帰還! 12月20日にオンライン上映会開催へ
あの問題作が帰ってきたぞ!(2020/12/15)

「スター・ウォーズ」ダース・ベイダー役デヴィッド・プラウズが死去 確執あったルーカス監督も「欠かせない存在」と追悼
フォースと共にあらんことを。(2020/11/30)

6年間の引きこもりは「最高だった」 元“世界一即戦力な男”の作家・菊池良さんに聞く普通な生き方、ヘンな生き方
ヘンな人に「普通/ヘン」の考え方を聞くインタビュー企画。(2021/1/22)

「スター・ウォーズ」全作の劇場パンフレットを当時のまま電子書籍化 イーブックが先行発売
映画「スター・ウォーズ」シリーズの劇場パンフレットを初めて電子書籍化した「スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 劇場パンフレット全集 1978-2019」をイーブックイニシアティブジャパンが先行販売。(2020/10/30)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
王者Netflixを倒すのは誰か?――動画配信各社の“戦国時代”、勝敗を徹底分析
戦国時代を迎えている動画配信サービス。首位のNetflixは果たして勝ち残れるか? 映像ビジネス報道の第一人者が各サービスを徹底分析。(2020/3/30)

スター・ウォーズを終わらせた男、J.J.エイブラムス監督に聞く「スカイウォーカーの夜明け」
ついにこの日が来てしまった……!(2019/12/20)

Anker、スター・ウォーズとコラボ “R2-D2”デザインのモバイルプロジェクターとモバイルバッテリー
アンカー・ジャパンが映画「スター・ウォーズ」とコラボしたモバイルプロジェクターとモバイルバッテリーを発売する。(2019/11/20)

「スターウォーズ」最新作の特別映像公開 終盤の展開にネットざわつく「思考停止中」
あと4カ月……!(2019/8/27)

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」レビュー ゲームを、フィクションを、人生をここまで愚弄する作品を私は他に知らない
ネタバレレビューです。(2019/8/10)

「ライトセイバーの色の早見表」「マスターと弟子の相関図」も 「スター・ウォーズ」のマニアックすぎる公式本が登場
インフォグラフィック好きにも。(2019/6/22)

ここでは、あなたのストーリーが主人公:
まごうことなきあの世界 ディズニーランドにオープンした「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」を体験してきた
写真で見るだけでは分かりにくいそのスゴさを、一足先に“銀河の辺境”へ足を踏み入れてレポートしましょう。(2019/6/3)

離婚で富豪になったマッケンジー・ベゾス氏、資産の半分以上を寄付する「Giving Pledge」に参加
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOと離婚し、約37億ドルを獲得したマッケンジー・ベゾス氏が、資産の半分以上を何らかの慈善事業に寄付する取り組み「Giving Pledge」への参加を表明した。元夫もTwitterでエールを送った。(2019/5/29)

「アベンジャーズ/エンドゲーム」超ヒット マーベルだけがなぜユニバース化に成功したのか
歴代2位の大ヒットとなった「アベンジャーズ/エンドゲーム」の仕組みを分析してみた。(2019/5/21)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
ディズニー、Hulu…… 動画配信の覇権争いは日本アニメをどう変えるか
覇権争いを激化させる映像配信プラットフォームの巨人たち。日本アニメにどんな影響を与えるか。アニメ・映像ビジネス報道の第一人者が斬る。(2019/5/9)

「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」特報公開 レイアの姿も
最後にはパルパティーン皇帝の笑い声も。(2019/4/13)

架空世界で「認証」を知る:
「R2-D2」はハッキング上手? 「スター・ウォーズ」で考えるセキュリティ
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第12回のテーマは架空世界の「スター・ウォーズの認証」について。(2019/3/25)

きたきたきたぁぁ! シリーズ最終章「スターウォーズ/エピソード9」、12月20日に日米同時公開決定
42年に渡って描かれた作品の集大成。(2019/2/4)

映画「ブリグズビー・ベア」とマーク・ハミルが教えてくれるフィクションとの付き合い方
フィクションの力を示した傑作。(2018/6/30)

ディズニーとドラえもんの差:
ネコのドラえもんが、ネズミのミッキーに絶対勝てない理由
一般的にネコはネズミより強いが、コンテンツの世界では、ネズミがネコを圧倒している。最新作の『映画ドラえもん のび太の宝島』は興行収入が44億円を超えているが、ディズニー映画に比べると20分の1ほど。なぜこれほどの差がついてしまったのかというと……。(2018/5/1)

「スター・ウォーズ」新シリーズ始動、「ゲーム・オブ・スローンズ」クリエイターが指揮 過去作とは別の物語に
これまでの「スカイウォーカー・サーガ」とも、2017年に発表された新三部作とも別の新しい作品に。(2018/2/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。