ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ジョージ・ルーカス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ジョージ・ルーカス」に関する情報が集まったページです。

Anker、スター・ウォーズとコラボ “R2-D2”デザインのモバイルプロジェクターとモバイルバッテリー
アンカー・ジャパンが映画「スター・ウォーズ」とコラボしたモバイルプロジェクターとモバイルバッテリーを発売する。(2019/11/20)

「スターウォーズ」最新作の特別映像公開 終盤の展開にネットざわつく「思考停止中」
あと4カ月……!(2019/8/27)

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」レビュー ゲームを、フィクションを、人生をここまで愚弄する作品を私は他に知らない
ネタバレレビューです。(2019/8/10)

「ライトセイバーの色の早見表」「マスターと弟子の相関図」も 「スター・ウォーズ」のマニアックすぎる公式本が登場
インフォグラフィック好きにも。(2019/6/22)

ここでは、あなたのストーリーが主人公:
まごうことなきあの世界 ディズニーランドにオープンした「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」を体験してきた
写真で見るだけでは分かりにくいそのスゴさを、一足先に“銀河の辺境”へ足を踏み入れてレポートしましょう。(2019/6/3)

離婚で富豪になったマッケンジー・ベゾス氏、資産の半分以上を寄付する「Giving Pledge」に参加
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOと離婚し、約37億ドルを獲得したマッケンジー・ベゾス氏が、資産の半分以上を何らかの慈善事業に寄付する取り組み「Giving Pledge」への参加を表明した。元夫もTwitterでエールを送った。(2019/5/29)

「アベンジャーズ/エンドゲーム」超ヒット マーベルだけがなぜユニバース化に成功したのか
歴代2位の大ヒットとなった「アベンジャーズ/エンドゲーム」の仕組みを分析してみた。(2019/5/21)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
ディズニー、Hulu…… 動画配信の覇権争いは日本アニメをどう変えるか
覇権争いを激化させる映像配信プラットフォームの巨人たち。日本アニメにどんな影響を与えるか。アニメ・映像ビジネス報道の第一人者が斬る。(2019/5/9)

「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」特報公開 レイアの姿も
最後にはパルパティーン皇帝の笑い声も。(2019/4/13)

架空世界で「認証」を知る:
「R2-D2」はハッキング上手? 「スター・ウォーズ」で考えるセキュリティ
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第12回のテーマは架空世界の「スター・ウォーズの認証」について。(2019/3/25)

きたきたきたぁぁ! シリーズ最終章「スターウォーズ/エピソード9」、12月20日に日米同時公開決定
42年に渡って描かれた作品の集大成。(2019/2/4)

映画「ブリグズビー・ベア」とマーク・ハミルが教えてくれるフィクションとの付き合い方
フィクションの力を示した傑作。(2018/6/30)

ディズニーとドラえもんの差:
ネコのドラえもんが、ネズミのミッキーに絶対勝てない理由
一般的にネコはネズミより強いが、コンテンツの世界では、ネズミがネコを圧倒している。最新作の『映画ドラえもん のび太の宝島』は興行収入が44億円を超えているが、ディズニー映画に比べると20分の1ほど。なぜこれほどの差がついてしまったのかというと……。(2018/5/1)

「スター・ウォーズ」新シリーズ始動、「ゲーム・オブ・スローンズ」クリエイターが指揮 過去作とは別の物語に
これまでの「スカイウォーカー・サーガ」とも、2017年に発表された新三部作とも別の新しい作品に。(2018/2/7)

批判殺到の「Star Wars バトルフロント II」ゲーム内課金を一時停止 背景にディズニーの関与か
課金プレイヤーが有利になる点が公平性に欠けるとして批判を集めていた。(2017/11/20)

「スター・ウォーズ エピソード9」監督、「フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムスさんに 公開日も延期
監督と脚本を担当。(2017/9/13)

博多祇園山笠で「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が駆け抜けた ハリウッド映画モチーフで山笠制作は史上初の試み
クライマックスの追い山が行われた。(2017/7/15)

博多の街を駆け巡るカイロ・レン 伝統行事「博多祇園山笠」に「スター・ウォーズ」のキャラクター山笠が登場
ドロイドたちにレイの姿も。(2017/6/2)

「スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)」は2019年5月24日公開 2020年7月10日には「インディー・ジョーンズ」新作も
前例通りならば、スター・ウォーズは全世界同時公開。(2017/4/26)

エピソード8「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」予告編解禁! シリーズ40周年記念のメモリアルイベントにて
2017年12月15日公開予定。(2017/4/15)

ディズニーの祭典が再び日本に! 「D23 Expo Japan 2018」東京ディズニーリゾートで2018年2月開催
今回はどんなサプライズが……?(2017/3/22)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
審査委員長直伝! 第9回「ブルーレイ大賞」レビュー(後編)
(2017/3/9)

カイロ・レンがどーん 「さっぽろ雪まつり」に「スター・ウォーズ」の雪像
「スター・ウォーズ」雪像のライティングショーもあり。(2017/2/5)

ルーカス・フィルム監修:
製作快調! 全高18メートルの「白いスター・ウォーズ」
「さっぽろ雪まつり」に巨大雪像「白いスター・ウォーズ」が登場する。2年前、「フォースの覚醒」公開記念で製作された「雪のスター・ウォーズ」より大きい、高さ18m、幅24mの巨大雪像になる予定。現場の札幌から熱いコメントが到着した。(2017/1/28)

スター・ウォーズ公式、「今後の映画でレイア姫をCG再現」のうわさを否定
レイア姫を演じたキャリー・フィッシャーさんが亡くなったことで、今後はCGで映画に出るといううわさが流れていました。(2017/1/14)

「フォースは私とともに」 宇宙最強ドニー・イェン、ついにハリウッド殿堂入りでチャイニーズシアターに手形を刻む 
「スター・ウォーズ」シリーズからは7人目。(2016/12/2)

「黒澤監督に大きな影響を受けた」SWシリーズ最新作「ローグ・ワン」の特別予告が公開
ルーカスフィルムがリスペクトする日本のために、「本予告〜フォース編〜」を制作。(2016/11/11)

「日常に潜む恐怖を探し出すのが好き」 若きホラーマスター、デヴィッド・F・サンドバーグが考えるホラー
映画「ライト/オフ」公開直前、ホラーの天才はこんな考え方をしていた。(2016/8/25)

ダース・ベイダー(反乱軍絶対殺すマン)降臨! シリーズ最新作「ローグ・ワン」新着映像で
あの音楽、あの息づかい。(2016/8/15)

SWのR2-D2役ケニー・ベイカーさん死去 享年81歳
エピソード6ではイウォークも演じていた。(2016/8/15)

R2-D2役のケニー・ベイカーさんが死去
映画「スター・ウォーズ」シリーズで活躍する愛らしいロボット「R2-D2」を演じ続けた俳優のケニー・ベイカーさんが死去した。81歳だった。ジョージ・ルーカス監督やルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルなどが哀悼の意を示している。(2016/8/14)

オンラインゲーム「Habitat」のソースコード公開 1986年にルーカスフィルムのゲーム会社が制作
日本では「富士通Habitat」として1990年にサービス開始していました。(2016/7/11)

スター・ウォーズ「BB-8」が冷蔵庫を見守る新ガジェット 開けっ放しはしゃべってお知らせ
冷蔵庫の中に置くガジェットシリーズに「BB-8」が登場。監修はルーカスフィルム。(2016/6/8)

ライトセーバーにストーム・トルーパーのヘルメットも 「スター・ウォーズ」小道具の精密なレプリカを販売するサイト開設
実際に使用された小道具を精密に再現。(2016/6/2)

「スター・ウォーズ」や「ゴジラ」のポスターを手掛けた巨匠・生頼範義の展覧会が開催決定
明石市立文化博物館にて、4月16日から5月29日まで開催。(2016/3/26)

ハリソン・フォード主演の新「インディ・ジョーンズ」、2019年7月公開へ
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」でハン・ソロを演じたハリソン・フォードが、「インディ・ジョーンズ」シリーズでもジョーンズ博士として帰ってくる。(2016/3/16)

「スター・ウォーズ エピソード8」、2017年12月15日公開に延期
2017年5月26日公開予定から変更となった。(2016/1/21)

「エピソード9」は生みの親に 「スター・ウォーズ」シリーズにジョージ・ルーカス監督の復活を望む署名運動が開始
3日間で約1万6000人もの署名が集まっています。(2016/1/11)

元祖ゴジラ絵師・生頼範義さんの回顧展、渋谷パルコで開催 映像を超えた迫力のイラストが集結
会期は12月30日〜2016年1月17日まで。(2015/12/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
スターウォーズ・ボイコット運動から見える米国の現実(ネタバレなし)
映画『スターウォーズ/フォースの覚醒』が大ヒットしている。米国では公開初日だけで約5700万ドルの興行収入を記録しているが、ちょっと気になる話題が盛り上がっている。それは「映画をボイコットしよう」という動きだ。(2015/12/24)

第7回ポタフェス:
「ポタフェス」で見つけた注目のヘッドフォンたち
多数のイヤフォン、ヘッドフォンが一堂に会する「ポタフェス」会場。今回は期待の新製品や参考展示を中心にヘッドフォンをピックアップした。(2015/12/21)

スター・ウォーズ愛が止まらない人集まれっ! ディープすぎるサイトに世界中からファンが集結!【PR】
キミはスター・ウォーズ究極のFANDOM(ファンダム)、「#MayTheFansBeWithYou−ファンと共にあらんことを!−」を知っているか?(2015/12/18)

GmailやYouTubeがスター・ウォーズ仕様に Google×スター・ウォーズ「内なるフォースの覚醒」
スターウォーズシリーズ最新作「フォースの覚醒」公開を前に、Googleの各サービスをスター・ウォーズ仕様にする企画が始まった。(2015/11/24)

“データドリブン”が新たな産業革命を生む:
7歳の少女が“データサイエンティスト”になる時代
誰もが自らデータ分析を行える「セルフサービスBI」。ツールや導入企業の数は増える一方だが、誰もが簡単にデータを分析できるようになると、企業のビジネスや私たちの生活はどうなるのだろうか。(2015/11/24)

C-3POどこ!? 「R2-D2型 移動式冷蔵庫」代官山蔦屋書店で迷子(展示)中
代官山蔦屋書店で「R2-D2型 移動式冷蔵庫」が展示されている。(2015/11/21)

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」日本用予告映像が解禁に 世界最速“未公開シーン”も
本日開催されたディズニーファン向けイベント「D23 Expo Japan 2015」の中でサプライズ公開されました。(2015/11/6)

動画と写真でチェック:
プロジェクター搭載でより“らしく”なった「R2-D2型冷蔵庫」
ハイアール アジアが正式発表した「R2-D2型移動式冷蔵庫」。プロジェクターを搭載し、より本物らしくなった実物大「R2-D2」の魅力に迫ってみよう。(2015/10/29)

等身大「R2-D2」冷蔵庫に、缶1本を冷やすダース・ベイダーのマスクも──ハイアール「スター・ウォーズ」コラボで“日本家電の覚醒”
ハイアールアジアが、映画「スター・ウォーズ」とコラボした「R2-D2型移動式冷蔵庫」、ダース・ベイダーの頭部を模した「MASK 保冷庫」を10月29日から発売する。(2015/10/29)

生頼範義さん死去 「スター・ウォーズ」や「ゴジラ」「信長の野望」などのイラスト手掛ける
79歳でした。(2015/10/27)

ディズニーランドだけがディズニーじゃない:
全ての“ディズニー”が一堂に集まる大イベント「D23 Expo」を体験してきた
ディズニーはテーマパークだけでなく、映画もテレビもゲームもあります。“オール・ディズニー”が集まった「ディズニー界のコミケ」に行ってきました。(2015/9/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。