ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Cloud Platform」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Cloud Platform」に関する情報が集まったページです。

「Gemini」との違い
なぜ、GoogleはノートPCでも実行可能なAIモデル「Gemma」を発表したのか
Googleが発表した「Gemma」は、オープンソースのAIモデルだ。「Gemini」の開発と同じ技術を使用しているが、例えば「Gemini 1.5 Ultra」と比較するとサイズは小さい。開発の背景には何があるのか。(2024/2/26)

レガシーなERPシステムからの脱却【前編】
製糖会社の「S/4HANA」移行 “30年来のSAPユーザー”が直面した老朽化問題
製糖会社Florida Crystalsは古くからSAPのERPシステムを運用している。AWSのパブリッククラウドに移行してシステム設計をシンプルにする前、同社のERPシステムはどのような課題を抱えていたのか。(2024/2/21)

モバイルデバイスを狙う「ScamClub」の手口
それはMcAfeeの「偽アラート」では? 背後には危ない“不正アフィリエイト”
「偽のMcAfeeのアラート」を悪用した不正広告攻撃が見つかった。報告したセキュリティベンダーは、「攻撃の背後にある悪質なアフィリエイトパートナーをMcAfeeは放置してきた」と指摘する。それは本当なのか。(2024/1/10)

サイジング、パフォーマンスベンチマーク、負荷テストを支援:
Google Cloud、パフォーマンスとリソースの最適化に役立つ3つのOSSツールを公開
Google Cloudは、Google Cloud上のKubernetesクラスタの最適化に役立つ、サイジング、パフォーマンスベンチマーク、負荷テストといったタスクを支援するオープンソースツールを公開した。(2023/12/20)

最近傍検索ライブラリ「Annoy」の後継:
Spotifyが近傍検索ライブラリ「Voyager」をオープンソースで公開 その実力とは
Spotifyは公式ブログで、同社が開発した新しい近傍検索ライブラリーVoyagerについて紹介した。Voyagerは実稼働環境でのSpotify推奨の最近傍検索ライブラリとしてAnnoyの後継となることを目的としているもので、GitHubで公開されている。(2023/12/9)

AIでローコード/ノーコード開発ツールはどう変わるか【後編】
「AI」で便利になるローコード/ノーコード開発ツール 何ができる?
ローコード/ノーコード開発ツールは、開発者ではないエンドユーザーでもアプリケーション開発を可能にする。さらにAI技術を組み込むことで、そのメリットはどう広がるのか。(2023/12/8)

生物多様性にAIはどう役立つか【後編】
「オープンソースのAIモデル」は使えたのか? 英鉄道会社が“生態系”を分析
英国の鉄道事業者とロンドン動物学会は人工知能(AI)技術を活用した生物多様性の改善に取り組んでいる。AI技術を活用するにはデータと機械学習モデルが必要だ。どう用意したのか。(2023/12/5)

「Maru-Jan」のシグナルトーク流マルチクラウド活用術【第5回】
ゲーム開発にAWSもGCPも使うシグナルトークが「コンテナ」に熱く期待する理由
「AWS」「GCP」などのクラウドサービスを利用するシグナルトークが、インフラ技術として次に期待するのが「コンテナ」だ。コンテナをどう生かそうとしているのか。(2023/12/19)

生物多様性にAIはどう役立つか【前編】
半世紀で“生物種2割減”の英国、鉄道会社の「AIを使った挑戦」とは?
英国では生物種が1970年から19%減っているという報告がある。生物多様性を改善するため、英国の鉄道事業者はロンドン動物学会と共に、線路付近の動物のモニタリングに取り組んでいる。(2023/11/28)

「Maru-Jan」のシグナルトーク流マルチクラウド活用術【第4回】
ゲーム会社がAWSじゃなくGCP「Compute Engine」を“激推し”の訳
ゲームやヘルスケア事業を手掛けるシグナルトークは「AWS」「GCP」といった複数のクラウドサービスを利用している。同社がマルチクラウドで開発を進める理由と、利用して分かったAWSとGCPの違いとは。(2023/12/14)

「Maru-Jan」のシグナルトーク流マルチクラウド活用術【第3回】
ゲーム会社が明かす コスト削減じゃない「クラウド」の意外な効果とは?
シグナルトークはゲームやヘルスケアサービスの開発に「AWS」「GCP」などのクラウドサービスを利用している。同社が実際に活用する中で実感した、クラウドサービスの“意外なメリット”とは何なのか。(2023/12/13)

「Maru-Jan」のシグナルトーク流マルチクラウド活用術【第1回】
Maru-Janのシグナルトークが事業拡大に生かす「AWS」「GCP」サービスはこれだ
シグナルトークは自社サービスの開発のために、従来のオンプレミスインフラに加えて「AWS」「GCP」といったクラウドサービスの活用を進めている。同社はゲームの開発にクラウドサービスをどう役立てているのか。(2023/11/22)

社長が力説:
生成AIで企業はどう変わるのか オラクル「NetSuite」が提唱する新時代のERP
日本オラクルが生成AIの活用に本腰を入れる。主に中小企業向けに展開するクラウドソフト「Oracle NetSuite」全体に生成AIを組み込み、生産性向上の支援に注力する。(2023/11/21)

EC事業者のGCP活用事例
「Google Cloud」を選んだスタートアップが“急成長”できた理由とは?
スポーツウェアのECサイトを手掛けるGymsharkは「Google Cloud Platform」(GCP)の採用を発表した。どのような背景から移行を決意し、どう活用を進めるのか。(2023/11/21)

クラウドが高い原因はリソースの無駄?【後編】
AWS、Azure、GCPの「クラウドコスト」を抑制する“定番の方法”とは
AWSとAzure、GCPという3大クラウドサービス群では、コストを可視化して削減するためのツールの利用が可能だ。ツールの活用によってコストの可視化や、コスト抑制の計画を立てることができる。(2023/11/14)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Corei9-14900Kが約9GHzでクロック周波数の世界記録を樹立/Windows 11搭載デバイスが4億台突破
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、10月15日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/10/22)

Googleエコシステムが生成AIと関連付く意味とは:
Google Cloud Nextカンファレンスから垣間見える「GoogleのAI計画」とは
2023年8月に開催さえたGoogle Cloud Nextでは多様なアップデートが発表された。その中でも注目なのが開発者向け生成AI「Duet AI」だ。(2023/10/3)

開発や運用における「生成AI」の実力【第1回】
ChatGPTだけじゃない「生成AIブーム」を生んだお役立ちツール
世間をにぎわす「生成AI」ブームはいつ始まって、どう拡大してきたのか。各主要ベンダーは生成AIをどのようなツールに組み込んでいるのか。主要な動きを紹介する。(2023/9/26)

時間とコスト低減:
日本オラクル社長が明かす「クラウド×生成AI」の未来 自然言語によるサーバ制御に期待
日本オラクルは2024年会計年度の事業戦略説明会を実施した。説明会には同社の三澤智光社長が登壇し、24年度に向けた日本オラクルの重点政策を語った。(2023/9/13)

3つのパブリッククラウドで同様のセキュリティ機能が使用可能に:
Microsoft Defender for CloudにGCP向けのセキュリティ機能が追加 マルウェア検出など
MicrosoftはMicrosoft Defender for CloudにおけるGoogle Cloud Platform(GCP)向けの新しいマルチクラウド態勢管理機能を発表した。(2023/8/31)

「クラウドとオンプレミスの融合」を進めるDell【後編】
Dellは「APEX」でAWSやAzureとオンプレミスのストレージ管理を一元化する
ハイブリッドクラウドを推進するDellは、クラウドストレージとオンプレミスのストレージの一元管理を可能にすべく、「Dell APEX」を拡充させている。その中身とは。(2023/8/14)

CIO Dive:
MicrosoftのロックインにGoogleが“不満爆発” 11ページの非難文の中身とは
米連邦取引委員会(FTC)のパブリックコメントの募集に3大ハイパースケーラーが応じた。Microsoftのロックインに対する業界の批判が高まる。(2023/7/17)

「クラウドだけ」を使うユニリーバの戦略【前編】
ユニリーバが完全“脱オンプレミス”で「クラウドオンリー」に その本気度は?
大手消費財メーカーUnileverはクラウドサービスへの大掛かりなシステム移行を完了した。同社が採用したクラウドサービスは何か。クラウドサービスだけを使う狙いとは。(2023/7/3)

「AWS」×「Terraform」で学ぶクラウド時代のインフラ管理入門(1):
「AWS」×「Terraform」でインフラ自動化に挑戦してみよう
自動化ツールの一つである「Terraform」について、これから学ぼうという方、使っていきたい方を対象に、Terraformの導入方法や、基本的な使い方を紹介していきます。初回は、Terraformの概要と導入方法を解説します。(2023/6/26)

従来型の対策では事故は防げない!:
PR:総務省ガイドラインを活用したクラウドセキュリティ対策 簡単な実践方法とは
クラウドの利用が広がる一方で、クラウドネイティブな環境への適応が遅れ、セキュリティ対策への認識不足や設定ミスによるセキュリティ事故が多発している。どうしたらクラウドのセキュリティ事故を防げるのか、どのような対策があるのか――。2人のエキスパートが総務省のガイドラインに準拠したクラウドセキュリティの設定や運用を実践するためのポイントを解説した。(2023/6/22)

「ユースケースを大規模言語モデル(LLM)で対応」:
Google、リアルタイムのコード提案などをする開発者向けAI機能「Duet AI for Google Cloud」を発表
GoogleはGoogle Cloudの開発者向けにAIを活用した開発支援の機能「Duet AI for Google Cloud」を発表した。Duet AIは開発者に対してリアルタイムのコード提案やチャット支援などに役立つという。(2023/6/14)

クラウドセキュリティモニタリングのベストプラクティス(2):
GCP監査ログのセキュリティモニタリング、コツをひも解く
クラウド/クラウドネイティブのログをセキュリティの観点でモニタリングするベストプラクティスを紹介する本連載。第2回はGoogle Cloud Platformの監査ログのモニタリングについて解説する。(2023/6/5)

ビジネス成長とともに「複雑性」に立ち向かう:
商品点数1900万点――「モノタロウ」の強みを伸ばす、コンテナ、Kubernetes活用の裏側
間接商材を中心としたECサービス「モノタロウ」では、AWSやGCPへのリフト&シフトを進めている。@ITが主催した「ITmedia Cloud Native Week 2023春」に登壇したMonotaROの藤本洋一氏が、同社におけるクラウドネイティブ推進とマネージドサービスを活用する上での注意点や組織に根付かせるためのポイントを語った。(2023/5/26)

オープンソースの「Delta Sharing」プロトコルも実装:
Oracle、自律型データベース「Oracle Autonomous Data Warehouse」でマルチクラウド対応などを強化
日本オラクルが自律型データベース「Oracle Autonomous Data Warehouse」の新機能、機能拡張について記者発表会を開催。マルチクラウド対応やコラボレーションのしやすさなどを強化した。(2023/5/17)

「Google Cloud」を優先するドイツ取引所【前編】
ドイツ取引所がGoogleと結束 クラウド活用の“次の選択”とは
2023年2月、証券取引所を運営するドイツ取引所はGoogleとの提携強化を発表した。この提携の具体的な内容とは。同社が目指す方向性と併せて紹介する。(2023/5/10)

「この一行、消してもいいのかな……」と迷う場面にさよならを:
PR:たった一つの設定ミスが致命傷に? 今、ACL運用を自動化すべき「3つの理由」
ハイブリッドワークの推進、クラウドサービスの利用拡大に伴い、ネットワーク管理はますます複雑化している。そこで注目されているのが「NSPM」という考え方だ。NSPMとはどのようなものなのか、現場にとって何がうれしいのか。(2023/4/17)

NEWS
ブロードバンドタワー、Zadaraを採用したクラウドサービス「Nシリーズ」を提供
ブロードバンドタワーが自社クラウドサービスにZadaraのツール群を採用。これにより、信頼性や可用性といった特徴があるだけでなく、リアルタイムで仮想マシンの追加や構成変更などをできる機能が加わる。(2023/4/10)

マスク氏の大改革が一時中断【後編】
「Twitterは危ない」と“GCP利用”さえ削らせるマスク氏は正しいのか
イーロン・マスク氏はTwitterのCEOに就任後、大規模なコスト削減策を発表した。その対象はクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)の利用にも及んだ。その判断をどう見るべきなのか。(2023/4/6)

ITmedia Security Week 2023 春:
導入から3年、不正アクセス0件――MIXIが「ゼロトラスト」セキュリティに至るまでの課題と解決方法
2023年3月に開催された「ITmedia Security Week 2023 春」の「クラウド&ゼロトラスト」ゾーンにおいてMIXI 開発本部 セキュリティ室 室長 亀山直生氏が「MIXIにおけるゼロトラストの取り組み」と題して講演した。(2023/3/31)

スキマ時間にこっそり学ぶ「Ansible」入門(終):
AnsibleとTerraformを連携させてAWS環境の構築を自動化してみよう
Ansibleのユースケースを紹介しながら、Ansibleの魅力をお伝えする本連載。最終回はAnsibleとTerraform を連携させてAWS環境の構築を自動化する方法を紹介します。(2023/3/28)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
クラウドERPのメリットは 調査で分かった「今後の焦点」
さまざまなソリューションのクラウド化が進む中、オンプレミスの利用が根強く続いていたERPのクラウド利用率が急上昇している。クラウドERPのメリットは何か。今後、クラウドERPの利用が進む中で注目すべきポイントとは。(2023/3/24)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
映像配信、カメラ以外は“ハードいらず”に? 放送機材を軒並みソフトウェアにした「AMPP」の衝撃
スイッチャーを中心に手掛ける米GlassValley。他社に先駆けてハードウェアのほとんどをソフトウェア化したIPプラットフォーム「AMPP」を発表した。海外のスポーツ配信などですでに実績があるAMPPだが、放送機器レベルの製品をたった2年でソフトウェア化できた理由とは何か。(2023/3/17)

Do more with lessはセキュリティでも 産学官民それぞれの意見は
日本マイクロソフトのイベント「Security Forum 2023 Online」において、産学官民それぞれのセキュリティに対する意見が示された。巧妙化するサイバー攻撃に日本はどのように立ち向かっていくのか。(2023/3/10)

GCPのアクセスログ機能に重大な欠陥 セキュリティベンダーが指摘
MitigaはGCPに重大なフォレンジックセキュリティ上の欠陥があると説明した。この欠陥によって、サイバー攻撃者がデータを窃取していてもそれを検出できないと指摘している。(2023/3/9)

特選プレミアムコンテンツガイド
AWSより「Google Cloud」を選ぶ企業 その決断の理由
パブリッククラウドと言えば「AWS」のことを指すのが“常識”だった時代は終わり、今では他のパブリッククラウドを選ぶことが珍しくなくなった。「Google Cloud Platform」の導入事例からクラウド選びの現状を探る。(2023/3/9)

CIO Dive:
いまだ赤字のGoogle Cloud Alphabetはどう考えているか
Alphabetが提供する「Google Cloud」はいまだに赤字だ。しかし、CFOのポラット氏は前向きな姿勢で周囲の期待を高めている。黒字化できる未来はそう遠くないかもしれない。(2023/3/6)

「使っていないと置いていかれる?」――Okta年次調査で今後利用が進むアプリが判明
Okta Japanは業務アプリケーションの利用動向に関する年次調査「Businesses at Work 2023」を公開した。調査から、業務アプリケーションの利用ランキングや急成長したアプリケーション、今後成長するアプリケーションの方向性が見えてきた。(2023/3/2)

必要不可欠なゼロトラストセキュリティ:
PR:導入したいけど難しいゼロトラストセキュリティ 経験豊富なサポーターがいれば変わる
クラウドシフトやテレワーク環境のセキュリティに対応するためにゼロトラストへ注目が集まる。一方で導入過程は複雑で、途中で諦める企業も多い。彼らに足りないのは経験豊富なサポーターの存在かもしれない。(2023/3/1)

6媒体横断の連携を実現:
オプトの統合データ活用プラットフォーム「ONE’s Data」がTikTokと連携
ポストCookie時代に対応。(2023/2/28)

情シスにもっと“光”を! インテルが「vPro対応ノートPC」をプッシュする理由
インテルが、第12世代/第13世代Coreプロセッサを搭載するvPro対応ノートPCをアピールするイベントを開催した。vPro対応ノートPCは、そうでないPCと何が違うのだろうか……?(2023/2/24)

「過去に起きた大規模障害を踏まえ、対策すべきだ」:
PR:知らなかったでは済まされない、「マネージドDB」に潜む“データ不整合”のリスクとは
マネージドサービスを活用すれば、運用負荷を削減し、DX実現に向けた取り組みに注力できるだろう。注意点としては「万が一の備え」ができているかどうかだ。(2023/2/21)

「AWS」「Azure」「GCP」を基本要素で比較する【第5回】
いまさら聞けない「Google Cloud Platform」(GCP)の基礎知識 AWSやAzureとの違いは?
Googleの「Google Cloud Platform」(GCP)は、Microsoftの「Microsoft Azure」やAWSの同名サービスと並ぶ大手クラウドサービスだ。GCPの基本的な特徴を説明する。(2023/2/8)

「AWS」「Azure」「GCP」を基本要素で比較する【第4回】
Azure純正の管理ツール「Microsoft Azure Portal」と「Azure CLI」の違いとは?
Microsoftの「Microsoft Azure」は、「AWS」に似たサービスや特徴を持つ。しかしMicrosoft製品をクラウドインフラで動かす場合に、Azureは独自のメリットをもたらす。それは何か。(2023/2/1)

Cloud Nativeチートシート(24):
「OpenTelemetry」とは――「Observability」(可観測性:オブザーバビリティ)とテレメトリーの基礎知識
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、ObservabilityとOpenTelemetryについて、概要や使い方を簡単に紹介する。(2023/2/6)

クラウドニュースフラッシュ
日産が“脱オンプレミス”の手段に「クラウド版IBM Power」を選んだ理由
日産自動車やリコーが進めるクラウドサービスへの業務システムの移行や、電子カルテのインフラにクラウドサービスを活用するPHCの取り組みなど、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2023/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。