ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google eBookstore」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Google Editionsと呼ばれていたGoogleの電子書籍ストア
電子書籍/電子出版の今を知る、今が分かる ITmedia eBook USER

月刊誌「DOS/V POWER REPORT」に電子版が登場
インプレスジャパンの月刊誌『DOS/V POWER REPORT』に電子版が登場。紙雑誌購読者には電子版無料ダウンロード件提供も。(2013/3/29)

出版デジタル機構とパブリッジが目指すもの
出版デジタル機構――出版物の電子化支援を掲げこの4月に設立された同組織は、日本の電子書籍市場に欠けていた最後のピースなのだろうか。彼らが何を目指しているのか、あるいは胸にはどんな思いを秘めているのか、その輪郭を掴むべく、今回直接経営陣に話を聞いた。(2012/8/20)

Google、書店業界向けの電子書籍販売プラットフォームサービスから撤退を発表
Googleは書店業界向けに提供していた電子書籍販売プラットフォームサービスを来年1月末に停止することを発表した。(2012/4/6)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(3月9日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2012/3/9)

Google eBooks、Google Playに統合
Googleは、Androidマーケットを全面的に見直し、すべてのコンテンツをGoogle Playに統合した。これによる影響は少ないとGoogleは説明しているが、果たして本当にそうだろうか。幾つかの側面からこの統合をチェックしてみよう。(2012/3/8)

Google、「Google eBookstore」のアフィリエイトプログラムを縮小か
Googleは、同社が運営する電子書籍販売ストア「Google eBookstore」のアフィリエイトプログラムを縮小することを関係サイトに通告したようだ。(2012/2/28)

Google eBooks、Chrome上でオフライン対応に
Chrome Web Storeからアプリをダウンロードすると、Google ChromeでGoogle eBooksのコンテンツをオフラインでも読めるようになった。(2011/12/27)

主要電子書籍ストアの1周年記念キャンペーンはこれだ
オープンから1周年を迎えた電子書籍ストアの中には、記念キャンペーンを実施しているところが幾つかあります。ここでは、主要な電子書籍ストアの1周年記念キャンペーンなどをまとめて紹介します。(2011/12/15)

電子書籍端末ショーケース:
Story HD――iRiver
往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、Google eBookstoreにネイティブ対応し、6インチで768×1024ドットという高い解像度を備えた「iRiver Story HD」を取り上げる。(2011/11/22)

販売アフィリエイトを3カ国で開始:
Google、オーストラリアでも「Google eBookstore」をオープン
Googleはオーストラリアでも「Google eBookstore」をオープン。アフィリエイトプログラムを利用可能な国の拡大にも意欲的だ。(2011/11/10)

Google、カナダでも「Google eBooks」をオープン、現地電子書籍販売サイトでも購入可能に
Googleはカナダでも「Google eBooks」をオープン。カナダの電子書籍ストアとも提携し、Google eBooksの電子書籍の購入チャネルを広げている。(2011/11/2)

ソニー「PRS-T1」の実機操作レビュー
ソニーの最新電子書籍リーダー「PRS-T1」。一足先に海外で発売された同端末のレビューをお届けしよう。(2011/10/17)

Google eBooks、英国でサービスイン
Googleの電子書籍サービス「Google eBooks」が英国でもサービスイン。カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでも年末までに発表される予定だ。(2011/10/12)

Google、Googleマップの「Google+」での共有を簡易化
Google Mapsの特定の場所や乗換案内、検索結果をGoogle+のサークルでコメントを付けて共有できるようになった。(2011/9/15)

XGA E Inkディスプレイ搭載、Google Books対応「iRiver Story HD」レビュー
韓国のiRiverが米国で販売する「Story HD」は、初めてXGA E Inkディスプレイを搭載し、さらに初めてGoogle Booksにネイティブ対応した電子書籍リーダー端末だ。その使い勝手を試してみた。(2011/8/23)

電子書籍リーダー端末「iriver Story HD」の完全レビュー
Google booksというエコシステムを利用できる世界初の電子書籍リーダー端末「iRiver Story HD」。本稿ではGood e-Reader Blogのスタッフによる同端末のレビューをお届けする。(2011/8/23)

eBook Forecast:
国際電子出版EXPO前後の電子書籍市場
「電子書籍ってどこを押さえておけばいいの?」――忙しくて電子書籍市場の最新動向をチェックできない方のために最新動向を分かりやすくナビゲートする「eBook Forecast」。今回は、先日開催された「第15回国際電子出版EXPO」前後に起こった出来事を中心にお届けします。(2011/7/24)

Google、電子書籍リーダーの競争に加わる
「Google eBookstore」からWi-Fi経由で直接コンテンツをダウンロードできる電子書籍リーダーがiRiverより登場するが、これはGoogleの電子書籍戦略をさらに推し進めるものだ。(2011/7/21)

Google、ハリー・ポッターのサイト「Pottermore」と提携
提携により、「Pottermore」で購入したハリー・ポッターの電子書籍を、Googleのクラウド上のライブラリに保管できるようになる。(2011/7/21)

初の「Google eBooks」向け電子書籍リーダー「Story HD」、iRiverが発売へ
Googleのオンラインブックストア「Google eBookstore」からWi-Fi経由で直接コンテンツをダウンロードできる電子書籍リーダーが139.99ドルで発売される。(2011/7/12)

大英図書館、Googleと提携し25万点の著作権切れ蔵書をスキャンへ
英国の大英図書館が米Googleと提携。同館の著作権切れ蔵書の一部である25万点のデジタル版を制作し、無料公開する。(2011/6/21)

Google、「Google eBookstore」のアフィリエイトプログラムを公開
米Googleは、電子書籍販売プラットフォーム「Google eBookstore」で、アフィリエイトプログラムの提供を開始した。(2011/6/17)

Google、電子書籍サービスに落書き機能「Doodle Mode」導入
電子書籍サービス「Google eBooks」に、バーチャルなクレヨンを使って、電子書籍に書き込みができる機能が加わった。(2011/6/10)

Google側が和解案の再修正に難色:
Google Book Search和解問題、7月19日まで結論を延期
Googleと出版社による集団訴訟の和解案が棄却されていた問題で、和解案の再修正にGoogleは難色を示しており、結論は先送りされた。(2011/6/2)

eBook Forecast:
2月後半の注目すべき電子書籍市場動向
「電子書籍ってどこを押さえておけばいいの?」――忙しくて電子書籍市場の最新動向をチェックできない方のためにお届けするまとめ記事「eBook Forecast」。今回は、いまだくすぶり続ける課金周りのお話やEPUB 3.0、そして国内で始まりつつある注目のトピックスを中心にお届けします。(2011/3/7)

Google、電子書籍プラットフォーム中堅のeBook Technologiesを買収
Googleは、電子書籍プラットフォーム開発中堅の米eBook Technologiesを買収。Google eBookstoreの強化が目的とみられる。(2011/1/13)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第6回 2010年が転換点となったAndroid
移動体通信事業者に続き、固定系通信事業者やインターネットサービスプロバイダー、さらにはデジタルカメラや音響機器のメーカー組み込み機器にもAndroidが広がってきました。グーグルの新しいサービスをすぐに利用したければ、Android搭載機器を持っておくことという流れがごく自然に広がってくると考えられます。(2011/1/12)

仏Hachette Livre、Googleと絶版書の電子書籍化スキャンについて5年契約を締結へ
20世紀の絶版書を公費でスキャンするプロジェクトを計画中の仏国で、最大手の出版社がGoogleとの書籍スキャン契約について詳細を明らかにした。(2011/1/11)

Android 3.0「Honeycomb」タブレット、MotorolaとLGが発表
タブレットに最適化された次世代Android「Honeycomb」搭載デバイスが発表された。MotorolaのモデルはLTEネットワークにも対応する。(2011/1/6)

2011 International CES:
Google、Android 3.0(Honeycomb)を初披露
Googleが次世代Android OS「Honeycomb」のプレビュー動画を公開した。ユーザーインタフェースがタブレットの大画面向けに大きく刷新されている。(2011/1/6)

eBook Forecast:
12月前半の注目すべき電子書籍市場動向
「忙しくて電子書籍の最新動向がチェックできない。でも気になる」――そんな方のためにお届けする「eBook Forecast」。今回は、国内外で大きな動きがあった12月前半の電子書籍市場動向をまとめました。(2010/12/17)

大人の社会科見学:
三省堂書店オンデマンドで「本のATM」を体感してみた
三省堂書店が開始した店頭オンデマンド出版サービス「三省堂書店オンデマンド」。注文から10分ほどで製本された本ができあがるこのサービスを実際に試してみた。(2010/12/16)

電子書籍リーダー、2011年には世界で1100万台販売――米Gartner予測
KindleやNOOKといった単機能の電子書籍リーダー市場は2011年も引き続き拡大するが、iPadなどのタブレットとの競合でコモディティ化する可能性があるとGartnerはみている。(2010/12/9)

「Google eBooks」は広告連動型メディアクラウドへの道を開く――アナリストの見解
新電子書籍サービスを既存のGoogle TVと現在準備中とうわさの音楽サービスと組み合わせれば、Googleは本格的なクロスメディアプロバイダーになるとアナリストはみている。(2010/12/9)

Google、電子ブックストアサービス「Google eBookstore」を正式発表
Googleは、これまで「Google Editions」と呼んでいた電子ブックストアサービスを「Google eBookstore」と名称変更し、米国で正式にオープンした。ラインアップは300万タイトルを超え、Webブラウザベースの閲覧方式を取り入れながら、NookやReaderといった電子書籍端末でも読むことを想定した仕組みを構築した。(2010/12/7)

Google、電子書籍ストアを米国でオープン
「Google eBookstore」ではWebブラウザで電子書籍を購入し、クラウドに保存して読むことができる。(2010/12/7)

eBook Forecast:
11月後半の注目すべき電子書籍市場動向
「忙しくて電子書籍の最新動向がチェックできない。でも気になる」――そんな方のためにお届けする「eBook Forecast」。今回は、11月後半の電子書籍市場動向をまとめました。(2010/12/6)

せかにゅ:
「Googleの電子書籍ストア、間もなくスタート」の報道
Googleは電子書籍ストア「Google Editions」を年内に立ち上げるという。既に出版社とファイルのやり取りも始まっているようだ。(2010/12/1)

GoogleのChromeチームがHTML5電子書籍「20 Things I Learned About Browsers and the Web」を公開
Google Chromeチームは、Webブラウザやインターネットの仕組みを初心者向けに解説した電子書籍「20 Things I Learned About Browsers and the Web」を公開した。HTML5の技術を駆使した電子書籍の形として注目される。(2010/11/22)

Kindle、NOOK、iPadが電子書籍市場からGoogleを締め出す?
電子書籍市場はAmazonのKindleとBarnes & NobleのNOOK、AppleのiPadの3強の戦いになり、Googleやソニーなどのプレイヤーは締め出されるかもしれない。(2010/8/18)

電子書籍販売「Googleエディション」、日本で年明けスタート
電子書籍を購入し、Webブラウザで閲覧する「Googleエディション」が日本で年明けにスタートする。iPadやKindleなど特定の端末に依存せず、外部サイトからも購入できるオープン性が特徴だ。(2010/7/8)

iPad対抗同盟?:
Google、Verizonと共同でAndroidタブレットを開発中
iPhoneの独占販売キャリアAT&Tの競合Verizonが、iPad対抗のタブレットPCをGoogleと共同で開発していることを明らかにした。(2010/5/13)

Google、「Google Editions」で電子書籍販売に参入
Googleが、AmazonやAppleと競合する新たな電子書籍ストアを今夏にも開設し、スキャンした書籍の一部を販売する計画だ。(2010/5/6)

AppleのiPadは、Chrome OS Netbookのライバルとなる
モバイルデバイスで手軽にネットにアクセスして、アプリやコンテンツを利用する――AppleのiPadも、GoogleのChrome OSも同じ目標を描いている。いずれ衝突することは必至だろう。(2010/2/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。