ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google X」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google X」に関する情報が集まったページです。

Gartner Insights Pickup(141):
イノベーションラボで取り組むべき4つの活動とは
デジタルトランスフォーメーションの取り組みを活性化するため、「イノベーションラボ」を開設する企業が増えてきた。だが、こうした名前のラボを作ったからといって効果は保証されない。ビジネスに貢献するためにイノベーションラボで取り組むべきことを紹介する。(2020/1/17)

製造マネジメント インタビュー:
グーグルからパナソニックへ、松岡陽子氏の原動力は「人の生活を助けたい」
パナソニックのフェローに、グーグル(Google)米国本社のバイスプレジデントで、スマートホーム製品「Google Nest」のCTOを務めた松岡陽子氏が就任する。松岡氏はパナソニックにどのような影響を与えるのだろうか。同社が開催した会見で松岡氏は、期待される役割など報道陣からの質問に答えた。(2019/11/1)

Alphabet傘下のWing、初の商用ドローン配送をオーストラリアのキャンベラで開始
Google系列のドローン企業Wingが、オーストラリアのキャンベラで初の商用ドローン配送サービスを開始する。地元のコーヒーショップや薬局などと提携し、サインアップしたユーザーにサービスを提供する。(2019/4/10)

Googleさん:
#GoogleWalkout が、Googleにもたらすもの
Googleの従業員の約2割に当たる2万人が11月1日、セクハラや不正行為への不適切な対応や不透明性に抗議する#GoogleWalkoutデモを実施。ピチャイCEOは改善を検討すると約束しました。(2018/11/4)

Alphabetの気球式インターネット網「Loon」、ケニアで2019年にサービス開始へ
Alphabet傘下の気球式インターネット網企業Loonが、Telkom Kenyaとの契約により、2019年にケニアでネット網を提供する。(2018/7/20)

Alphabet、気球の「Loon」とドローンの「Wing」を子会社化
Alphabetの“ムーンショット”部門のXから、ネット構築向け気球プロジェクトの「Loon」と運送用ドローンプロジェクト「Wing」が卒業し、WaymoやVerilyと同様のAlphabet傘下の子会社になる。(2018/7/12)

GoogleとVerily、ディープラーニングと網膜眼底画像による心血管リスク予測法を発表
Googleと系列の生命科学企業Verilyが、網膜眼底画像から心血管リスクを予測するためのディープラーニングモデルを開発した。心筋梗塞や脳卒中などをCTスキャンなどの検査なしで早期発見できるとしている。(2018/2/20)

2017年のAppleと、これからのApple――林信行が2017年を総括
2017年はどんな年だったか? そこから2018年はどんな年になりそうか。林信行が読み解く。(2017/12/31)

ビジネスの現場で導入が進む
「Google Glass」は失敗したのではない、軌道修正をしたのだ
発表と同時に話題となったGoogle Glassだが、セキュリティや利用者のマナーといった点で問題が起きた。しかし現在Google Glassプロジェクトは新たな段階へと移行しているという。その内容を追った。(2017/11/4)

Alphabetの気球式ネット網「Project Loon」、ハリケーン被害のプエルトリコ支援へ
Googleが2013年に立ち上げた気球を使う通信網プロジェクト「Loon」が、大型ハリケーンの被害で携帯回線の83%が使えなくなっているプエルトリコでの一時的なサービス提供をFCCに申請し、許可を得た。(2017/10/8)

日本NI LabVIEW NXG:
“技術の尻尾”を計測で捕まえるには
NIの「LabVIEW」は計測制御分野の開発環境として広く使われているが、進歩する技術に追従するため、ついに次世代製品「LabVIEW NXG」が投入された。「プログラムレス」をうたうLabVIEW NXGについて、日本NIが説明会を開催した。(2017/7/26)

「Google Glass」が業務用に復活 必要な情報を視界に表示し作業を効率化
両手がふさがった状態でも、情報を確認しつつ作業できます。(2017/7/19)

手書きの数式を読み取って解き方も教えてくれる? OneNoteが中学生の数学に便利だと話題に
数学の先生がそばにいる感じ。(2017/5/31)

Googleさん:
Googleさんの動向を追う連載、はじめます
ITmedia NEWSの海外速報担当者による、Google周辺情報のゆるいコラムがスタートします。まずは、Google I/Oこぼればなしから。(2017/5/22)

NVIDIA、トラック大手PACCARと完全自動運転トラック開発で提携
NVIDIAがトラックメーカー大手の米PACCARと完全自動運転トラック開発で提携すると発表した。PACCARは既に「NVIDIA DRIVE PX 2」搭載のレベル4トラックの走行テストを実施しており、その動画を公開した。(2017/3/17)

ハンバーガーのパテを上手に焼ける調理ロボット「Flippy」
米新興企業Miso Roboticsが、ハンバーガーのパテの焼け具合をAIで判断しながら上手に調理するロボット「Flippy」の動画を公開した。焼くだけでなく、揚げ物や皿への盛り付けもできる。(2017/3/9)

ITはみ出しコラム:
2016年のGoogleを振り返る AlphaGoから虚偽ニュース問題まで
検索やAndroidに限らず、さまざまなニュースがありました。(2016/12/29)

Appleのヘルスケア幹部、松岡陽子氏が退社のうわさ
Appleが力を入れるヘルスケア部門に5月に幹部として迎えられたロボット工学専門家の松岡陽子氏が退社したと複数の米メディアが報じた。(2016/12/5)

Willow Garage出身デザイナーに学ぶ、サービスロボットのインタラクションデザイン(後編)
ロボットが一般化するために「人間とどんな関係を築くか」は避けて通れない問題だ。正解はまだ見えないが、Willow Garage出身者が手掛けるロボットを通じて「今後のサービスロボットデザイン」を探ってみたい。(2016/8/22)

Verily(旧Google Life Sciences)、グラクソと“バイオ電子薬”製造の新企業設立
英製薬大手のGlaxoSmithKlineがAlphabet傘下のVerily(旧Google Life Sciences)と提携し、バイオ電子薬企業を設立する。新企業は、体内に埋め込んで神経細胞の電気信号を整える極小端末を開発する。(2016/8/2)

Googleのラリー・ペイジ氏、個人的に“空飛ぶ自動車”企業に1億ドル以上出資とのうわさ
Googleの共同創業者でAlphabet会長のラリー・ペイジ氏が、2社の飛行自動車企業に1億ドル以上つぎ込んでいるとBloombergが報じた。1社の社長はGoogleの自動運転車プロジェクトを立ち上げたセバスチャン・スラン氏という。(2016/6/10)

Apple、元Google X→Nestの松岡陽子氏をヘルスケア幹部として採用
Appleが、「Google X」の立ち上げメンバーでNestのCTOを務めた松岡陽子氏を「HealthKit」や「CareKit」などのヘルスケアプロジェクトの幹部として迎えた。(2016/5/5)

Google、“ロボットいじめ”動画で話題のBoston Dynamicsの売却検討か
Googleが、2013年に買収したロボットメーカーBoston Dyamicsの売却を検討しているとBloomobergが報じた。売却先としてAmazon.comやトヨタが候補に挙がっているという。(2016/3/18)

AIの「今」を知る【後編】:
「AI×ビジネス」が広がる今後、情シスは何をすればいい?
技術が発達し、実用例が広がったことから盛り上がりを見せているAI(人工知能)。今までは研究や技術の進歩に注目が集まってきたが、今後はビジネスへの応用が“主戦場”になるという。そのとき、情シスはどう動けばよいのだろうか。(2016/3/15)

「Google X」は「X」になり、ロボット事業も統合──re/code報道
Googleの“ムーンショット工場”である「Google X」がAlphabet傘下の「X」になり、従来よりインキュベーター的な組織になるとre/codeが報じた。アンディ・ルービン氏退社後不在だったロボティクス部門のリーダーが決まり、同部門もX下に入る。(2016/1/18)

「Google I/O」は5月18〜20日に本社近くの屋外会場で開催
Googleの開発者会議「Google I/O 2016」は5月18〜20日の3日間、マウンテンビューの本社キャンパスから徒歩圏にあるオープンエアのイベント会場Shoreline Amphitheatreで開催される。自動運転車を披露するのだろうか。(2016/1/13)

Google、いたずらサンタの360度インタラクティブアニメをYouTubeで公開
「ウォレスとグルミット」のアニメスタジオが制作したインタラクティブな360度アニメがYouTubeで公開された。「Nexus 5」などの一部のAndroid端末では、10通りのサブプロット、3通りのエンディングが楽しめる。(2015/12/24)

GoogleとFord、CES 2016で自動運転車の合弁会社を発表か
Googleと米自動車大手のFordが、自動運転車の合弁会社の立ち上げを2016年1月6日から開催のCES 2016で発表すると、米Yahoo!が報じた。(2015/12/23)

Google、自動運転車プロジェクトを2016年にAlphabet傘下独立企業化か
Googleが「Google X」の1プロジェクトとして進めている自動運転車事業を来年Alphabet傘下の企業として独立させ、Uberと競合する配車サービスを展開する計画だとBloombergが報じた。(2015/12/17)

Googleが腕時計型デバイス向けの「針なし採血器」を開発中?
Googleが、腕時計型デバイスなどに搭載する「針なし採血器」を開発しているかもしれない。(2015/12/15)

Alphabet傘下のGoogle、予想を上回る増収増益
10月に持ち株会社制への移行を完了したGoogleの7〜9月期の決算は、実質売上高が四半期として過去最高の151億9000万ドル、純利益はコスト削減が奏効し45%増の39億7900億ドルの増収増益だった。10〜12月期からはAlphabetがGoogleと“その他”の業績を分けて発表する。(2015/10/23)

Googleが申請の新ドローン2機種、米連邦航空局が承認
配送ドローンプロジェクト「Project Wing」を一旦中止していたGoogle Xが、ドローンの新機種2台を米連邦航空局(FAA)に登録し、承認されていることが明らかになった。(2015/10/14)

“ウェアラブル”の今:
第46回 Google OnHubはスマホに次ぐ「ウェアラブルのまとめ役」になるか?
7年ぶりに新調した自宅のWi-Fiルーター「OnHub」には、さまざまな可能性を感じたが、その1つがウェアラブルデバイスのハブになり得る、という点だ。現状はまだ具体的な機能はないものの、今後の拡張が楽しみだ。(2015/10/10)

Google、持ち株会社Alphabetへの移行を完了 Alphabetの社訓は「Do the right thing」
Googleが8月に発表した持株会社制への移行を完了したと発表した。Googleは新会社Alphabet傘下の子会社になる。Alphabetには、Googleの「Don't be evil」で有名な社訓とは別の、系列会社全体の社訓がある。(2015/10/4)

Googleの機能性スプーン、日本で発売 手の震えを軽減する「リフトウェア」
加齢やパーキンソン病などによる手の震えを軽減するスプーン「リフトウェア」が国内発売。(2015/10/1)

ラリー・ペイジCEO、Alphabet発表文に小さないたずら(架空企業へのリンク)
Googleのラリー・ペイジCEOは持株会社Alphabetの立ち上げとGoogleの子会社化についての発表文の中に、HBOのシリコンバレーを題材にしたドラマ「Sillicon Valley」に登場する架空の企業「Hooli」の公式サイトへのリンクを潜ませた。(2015/8/11)

Google、新持株会社Alphabetの傘下に入り、スンダー・ピチャイ氏がCEOに
Googleのラリー・ペイジCEOが、新たな持株会社Alphabetを設立してそのCEOに就任し、Googleを傘下の事業会社にすると発表した。GoogleのCEOには例年のGoogle I/Oを統括してきたスンダー・ピチャイ氏が就任する。(2015/8/11)

Automated Vehicleシンポジウム2015リポート(前編):
自動運転シンポジウムの主役はグーグル、自動車メーカーはなぜ発表を控えたのか
2015年7月21〜23日、米国ミシガン州アナーバーで、自動運転技術のシンポジウム「Automated Vehicleシンポジウム2015」が開催された。前回の2014年と比べて参加者が倍増するなど盛況だった。しかし、自動車メーカーが自動運転技術に関する発表を控えたこともあり、Google(グーグル)が一番の注目を集めることになった。(2015/7/29)

Evernote、IPOに向けて元Google X幹部を新CEOに指名 リービン氏は会長に
1億5000万人のユーザーを擁するEvernoteが、事業拡大に向けて元Google Xのクリス・オニール氏を新CEOに迎える。創業者のフィル・リービン氏は会長職に留まり、製品強化に専念する。(2015/7/21)

Google、医療専用リストバンドを開発中──Bloomberg報道
Googleの“ムーンショット工場”「Google X」の生体研究プロジェクトチームが、患者の詳細な生体情報や環境情報を監視できる医療機関向けの専用リストバンドを開発中であると、チームを統括するアンドリュー・コンラッド博士がBloombergに語った。(2015/6/24)

スマートシティ:
グーグルやダッソーがスマートシティに参入、街を丸ごと仮想化する時代に
“街丸ごと”を仮想空間上で再現し、コンピュータの力で最適な分析を行い、制御を行う「スマートシティ」への取り組みが本格化しつつある。米グーグルが新たに新会社設立を発表した他、フランスのダッソーシステムズもシンガポールで共同開発を始めることを発表した。(2015/6/19)

Google、医療用ロボットでJohnson & Johnsonと提携
スマートコンタクトレンズなどで医療分野に取り組むGoogleが、米医薬品大手のJohnson & Johnsonと共同で低侵襲手術を支援するロボットを開発する。(2015/3/29)

「Google Glassは死んでいない」とシュミット会長──Wall Street Journal報道
Googleのエリック・シュミット会長が、メガネ型ウェアラブルプロジェクト「Glass」のGoogle Xからの卒業がプロジェクト全体の終了のように報じられているのは誤りで、自動運転カーと同様の長期的プロジェクトとして現在も一般向け提供を目指しているとWall Street Journalに語った。(2015/3/24)

FAAが実験的耐空証明を発行するも……:
Amazon、“理想のドローン配達”の実現はまだ遠い?
Amazonは、小型の無人航空機(ドローン)を使った配達サービスの実現に向け、着実に前進しているようだ。米連邦航空局(FAA)が、Amazonに実験的耐空証明を発行したのである。だが、ドローンの飛行や商業利用に関してはまだ制限事項が多く、Amazonが描く“理想のドローン配達サービス”の実現には遠いというのが実情だ。(2015/3/24)

“ウェアラブル”の今:
第12回 現行モデルは打ち止めとなる「Google Glass」 メガネ型デバイスの今後は?
ウェアラブルデバイスのある生活のさまざまな利点や問題点を予見させてくれたデバイス「Google Glass」のエクスプローラープログラムが終了する。Google Glassは、“実験”から次のステージへと移行する。(2015/1/18)

「Google Glass」がラボプロジェクトを「卒業」 現行モデルの一般販売は終了
次期モデルを構築中とのことです。(2015/1/16)

Google Glass、Google Xを“卒業”し、Nestのトニー・ファデルCEO管理下に
Googleが2012年にGoogle Xのプロジェクトとして立ち上げたメガネ型ウェアラブル端末「Google Glass」が独立部門になり、傘下のNest LabsのCEOが統括することになった。現行プロトタイプ販売は一旦終了し、新モデルを準備するとしている。(2015/1/16)

Googleのラリー・ペイジCEO、Fortuneの「今年のベストビジネスパーソン」に
Fortune毎年恒例の「Biz Person of the Year」の2014年のトップはGoogleのラリー・ペイジCEO、2位はAppleのティム・クックCEOだった。Alibabaのジャック・マーCEOやMicrosoftのサティア・ナデラCEOもランクインした。(2014/11/14)

Google、ナノ粒子入りピルでがんなどの疾病を早期発見するプロジェクト
Googleの“ムーンショット”部門「Google X」では、血中でがん細胞などに付着してマーカーとなる磁気を帯びたナノ粒子とウェアラブル端末を組み合わせて病気を早期発見するシステムを開発しているとプロジェクト責任者が語った。(2014/10/29)

Google、“ハイテクなスプーン”開発企業を買収
ハイテクなスプーンを開発する企業をGoogleが買収した。(2014/9/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。