ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AlphaGo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AlphaGo」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(1):
【新連載】“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト:AIブームの潮流
ここ数年、国が旗振り役となって推進しているi-Constructionの進捗により、土木分野でのAI活用が進んでいる。本連載では、「土木学会 構造工学でのAI活用に関する研究小委員会」で副委員長を務める阿部雅人氏が、AIをどのように使いこなしていくかの観点から、AIと土木の現状や課題、その先の将来ビジョンについて考えていきます。連載第1回は、これまでに3度起きたAIブームを振り返ります。(2021/5/18)

Googleの「コロナ感染者予測」は信頼に足るのか 専門家がメカニズムを解説
コロナ禍で米Googleの新型コロナに関する予測サービス「COVID-19感染予測(日本版)」が注目を集めている。Googleの予測とどう向き合うべきなのか。専門家に聞いた。(2021/5/5)

PR:企業の課題を解決する、AI活用支援サービスとは
第3次AIブームを引き起こしたディープラーニングの登場により、企業競争力の強化を目的として、AIをはじめとする先進IT技術への投資が加速している。一方、最先端技術であるAI開発は参入障壁が高いという認識から、なかなか導入に踏み切れない企業も多い。NVIDIAの国内正規代理店としてAI開発を支援するSB C&Sに聞く。(2021/3/16)

PR:AI処理で「100万円スパコン」使ってみた GPUからの移行は手間? 対話AIベンチャーが手応え明かす
(2021/3/2)

DeepMind、ルールを教えなくても「パックマン」などでハイスコアを出せるAIシステム「MuZero」
Alphabet傘下のDeepMindが、ゲームのルールを教えなくても囲碁や将棋、Atariの「パックマン」などで強さを見せる新しいAIシステム「MuZero」を発表した。新たな動画圧縮技術の開発他、複雑な問題解決に応用していくとしている。(2020/12/24)

Google系列のDeepMind、AIシステム「AlphaFold」で「タンパク質折りたたみ問題」で大飛躍 新薬開発への重要な一歩
Alphabet傘下のDeepMindのAIシステム「AlphaFold」が、世界的なタンパク質構造予測コンペ「CASP」で飛躍的なハイスコアを出した。「解明には宇宙の年齢よりも長い時間がかかる」とされる「タンパク質折りたたみ(フォールディング)問題」の解明への大きな一歩だ。(2020/12/1)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
革命かパンドラの箱か、新AIツールGPT-3の波紋
GPT-3は、英単語や短い文章をインプットすると、関連する「それらしい」テキストを自動生成するツールだ。文章だけでなく、プログラムコードや楽譜を自動的に生成するデモンストレーションも登場した。(2020/7/29)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
アフターコロナに求められる、AIに使われない働き方
政府と経済4団体による脱ハンコ宣言や、大手企業のテレワーク導入などは、それを象徴している。日本社会のデジタル化を阻んできた分厚い壁が崩壊し始めたのだ。デジタル化されてしまえば、AIの活躍の場は増える。結果的に、データを処理する、単純な条件で判断をする、といった仕事はどんどんなくなっていく。(2020/7/18)

インフラメンテナンス×AI(2):
AIの本質は「最適化手法」にアリ!インフラメンテ最大の壁“暗黙知”を言語化するには?
国内の土木分野では、インフラの老朽化という喫緊の課題が差し迫っており、道路橋を例にとれば建設後50年に達するものが6割にも及ぶとされている。建設業界での慢性的な人手不足の解消と、必要とされる事後保全から予防保全への転換で必須とされる新技術と期待されるのが「AI」だ。土木学会とインフラメンテナンス国民会議のシンポジウムから、インフラメンテナンス領域でのAI活用の最新動向を追った(2020/3/26)

未来のAIに“意識”は宿るか AI・認知科学の専門家に聞く
今の「AI」は、特定の問題はうまく解決できるが、SF作品に見られるような「機械に宿る、人間と同等かそれ以上の汎用的な知能」ではない。今後のAIがどう進化していくのか、SF作品の汎用人工知能のように意識や自由意志を持つことはあるのか。専門家に取材した。(2020/3/19)

AI・機械学習の業界動向:
2020年の「AI/機械学習」界わいはこうなる! 10大予測
MLOps/AutoMLなどの自動化に、自然言語処理(BERTなど)、倫理問題/信頼と、2019年の「AI/機械学習」界わいの変化は止まらなかった。2020年はどう進化していくのか? 英語での情報を参考に、10個の大胆予測を行う。(2019/12/26)

「何もかも変わった」――AIで若手棋士が超進化、いま囲碁界で何が起きているのか
若手棋士の快進撃が続く日本の囲碁界。その裏にはAIの存在があるという。普段からAIをよく使うというプロ棋士に聞いた。(2019/12/17)

「AlphaGo」と対戦したプロ棋士・李世ドル氏が引退 「囲碁AIには勝てない」
米Google傘下のDeepMindが開発した囲碁AI「AlphaGo」と対戦した、韓国のプロ棋士・李世ドル氏が引退。韓国メディアのインタビューに対し、囲碁AI「必死に努力してナンバー1になっても、トップではないことが分かった」と語ったという。(2019/11/28)

“人のようなAI”は実現するか【後編】
ビル・ゲイツやイーロン・マスクも注目の「汎用人工知能」はいつ完成する?
さまざまなタスクを実行でき、継続的な学習を必要としない「汎用人工知能」(AGI)に、MicrosoftやSamsung Electronicsなど複数の企業が投資している。実現する見通しはあるのか。(2019/11/14)

“人のようなAI”は実現するか【前編】
真のAI「汎用人工知能」(AGI)とは? フィクションか現実か
さまざまなタスクを処理し、状況判断できる「汎用人工知能」(AGI)の実現を目指し、企業や研究者が開発を進めている。その実現を後押しする技術を、「AlphaGo」で一躍有名になったDeepMindが開発しているという。(2019/11/8)

ゲーム攻略だけではない 深層強化学習を使ってビルの揺れを抑えるAI技術の可能性
Google傘下の英DeepMindが開発したAlphaGoなどで活用される深層強化学習。しかし実用例はゲームなどが多く、フィジカルなものへの応用は限られていた。この深層強化学習を、ビルの揺れを抑える制振のアルゴリズムに応用したのがLaboro.AIだ。(2019/10/18)

MSのAI、ついにトップ雀士に並び立つ オンライン麻雀「天鳳」で10段を獲得
Microsoft Research Asiaが開発した麻雀AIが、33万人が参加するオンライン麻雀対戦プラットフォーム「天鳳」で最高位の10段を獲得した。現在10段を維持しているプレイヤーは12人しかいない。(2019/8/30)

「わざと負けようとしても無理」と話題 プロも挑戦する“世界最弱のオセロAI”、生みの親に聞く開発の裏話
AIベンチャーのAVILENが、強化学習を使ってAIを極限まで弱くしたブラウザゲーム「最弱オセロ」をリリース。AIが対局中に「あえて角を取らない」「石を少なく取る」といった行動を取り続けるため、人間は負けることが難しいゲームだ。生みの親である吉田拓真CTOに、開発した経緯を聞いた。(2019/8/7)

ものになるモノ、ならないモノ(83):
米英で疾病の「診断」を下すAIドクターが登場。日本ではどうなるのか
医療分野におけるAI活用の最前線について、東京大学 医科学研究所 国際先端医療社会連携研究部門の湯地晃一郎特任准教授に聞いた。米英で疾病の「診断」を下すAIドクターが登場している中、日本の医療はどう変わりつつあるのだろうか。(2019/6/20)

よくわかる人工知能の基礎知識:
それは人類にとって脅威なのか 「強いAI」について考える
「強いAI」と「弱いAI」とは何なのか? いまある議論を整理してみたい。(2019/6/19)

よくわかる人工知能の基礎知識:
ディープラーニングは何ができる? エンジニア以外も知っておきたい注意点
第3次AIブームをけん引する技術である「ディープラーニング」。今回はディープラーニングを活用する上で知っておきたい基礎知識を紹介する。(2019/6/5)

湯之上隆のナノフォーカス(13):
Neuromorphicがブレイクする予感 ―― メモリ国際学会と論文検索から見える動向
2018年、2019年のメモリの学会「International Memory Workshop」(IMW)に参加し、見えてきた新メモリの動向を紹介したい。(2019/5/30)

よくわかる人工知能の基礎知識:
エンジニア以外も「AIの仕組み」を学ぶべき理由 機械学習とディープラーニングの違いは?
エンジニア以外もAIについて学ぶべきなのか? そんな疑問への答えと、いまさら聞けない機械学習とディープラーニングの違いを専門家が解説。(2019/5/9)

国産の囲碁AIは、3カ月以内に“世界の壁”を破れるか? 開発者や棋士が結集、「GLOBIS-AQZ」の挑戦
2015年、Googleの囲碁AI「AlphaGo」が登場した衝撃を、皆さんは覚えているだろうか? それから4年、全世界にひしめく強力なライバルたちを倒す“最強囲碁AI”の開発が日本で始まった。そのタイムリミットは、直近でたった3カ月後だ。(2019/4/25)

産総研のスパコンで“大規模強化学習” なぜいま「囲碁AI」開発で世界一を目指すのか?
日本発の囲碁AIで世界一を目指すプロジェクトが4月18日に発表された。AIが人間のトップ棋士を超える実力を持って久しいが、なぜいまこのような挑戦をするのだろうか。(2019/4/19)

AIがゲームをテスト
ゲーム「Candy Crush」のテストプレイヤーはAI
Candy Crushのテストプレイを担当しているのは、TensorFlowで学習させた仮想プレイヤーだった。開発からその導入効果までをKingに聞いた。(2019/4/11)

AI・機械学習の用語辞典:
人工知能(AI:Artificial Intelligence)とは?
用語「人工知能」について説明。人間が行う「知的活動」をコンピュータプログラムとして実現することを指す。(2021/1/5)

これからのAIの話をしよう(AIベンチャー対談編):
「AI人材がいません」「とりあえず事例ください」 困った依頼主は“本気度”が足りない AIベンチャーの本音
AIベンチャーの立場で、日本企業のAI開発に物申す! 人工知能の対話エンジンなどを開発する田中潤さんと、AI開発の現場に詳しいマスクド・アナライズさんが本音トーク。(2019/3/6)

週末エンプラこぼれ話:
囲碁AIブームに乗って、若手棋士の間で「AWS」が大流行 その理由とは?
人間の能力をAIが完全に上回りつつある「囲碁」の世界。最近では、AIを活用した研究を行う棋士も増えているそうだが、その裏側でAWSが若手棋士の中で大流行しているという。一体何が起こっているのだろうか。(2019/2/22)

これからのAIの話をしよう(ダジャレ編):
AIがダジャレ判定→面白いと布団が吹っ飛ぶ “Qiita映え”バッチリ、話題のAI開発した若手チームを直撃
ダジャレを入力するとリアルに布団が吹っ飛ぶ装置が登場。AI(人工知能)がダジャレの面白さを判定する。(2019/2/6)

ものになるモノ、ならないモノ(80):
機械翻訳は、翻訳家の仕事を奪うのか――「人工知能」を作る上での良質な栄養素とは?
外国語を翻訳するときに使う「機械翻訳」。ニューラルネットワークによって精度が上がったものの、人間の助けはまだまだ必要だ。さらなる精度向上をするには、何が必要なのかGengoプロダクト部長のチャーリー・ワルター氏に話を聞いた。(2018/12/28)

「AlphaZero」がチェス、将棋、囲碁の各世界最強AIを打ち負かす
Google系列のAI企業DeepMindの強化学習採用AI「AlphaZero」が、チェスのAI世界チャンピオン「Stockfish」、世界コンピュータ将棋選手権の2017年の勝者「elmo」、そして自社の囲碁AIで世界最強の「AlphaGo Zero」に勝利した。(2018/12/9)

組み込み開発 インタビュー:
コンピュータビジョンにかけるインテル、コストとワット当たりの性能で勝負
2018年に入ってからは、AIの中でも映像や画像を取り扱うコンピュータビジョンに絞った取り組みを加速させているインテル。インテル米国本社のIoT事業本部でバイスプレジデント ビジョン・マーケット・チャネル事業部長を務めるジョナサン・バロン氏に話を聞いた。(2018/11/13)

覇権争いが激化
AIを巡る国家戦略 米中、そして日本の動向は?
AIの研究開発は現在、米国と中国が主導する状況だが、世界中の国家が競争力を維持しようと戦略を練っている。(2018/11/11)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
情報部門は一番の“業務コンサル”であれ――コーセー 情報統括部長 小椋敦子氏
会社全体の業務の流れを把握できる情報部門は“業務コンサル”であるべきと語るコーセー 情報統括部長 小椋敦子氏。女性ならではの視点で斬る、AIやRPAとの向き合い方や、女性情シス部長・CIOを育てるコツとは?(2018/8/24)

人工知能:
日本は既にディープラーニングで後進国となりつつある――東大松尾教授
生産設備から社会インフラ、各種災害対策まで「メンテナンス」「レジリエンス」に関する最新の製品や技術、サービスを一堂に集めた展示会「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2018」(2018年7月18〜20日、東京ビッグサイト)の特別講演に東京大学大学院 工学系研究科 特任准教授の松尾豊氏が登壇。「AIの発達によりわれわれの生活・産業がどのように変わるのか」をテーマにディープラーニング研究の重要性について紹介した。(2018/8/1)

CloseBox:
Surface Go、Oculus Go、君らそんなにGoが好きなの?
Golang、マッハGoGoGo、PSP go、みんないろんなGoの思い出があるはず。(2018/7/13)

これからのAIの話をしよう(美意識編):
AIは“美しさ”を感じるか ディープラーニングの先にある未来
美意識や言葉にできない感覚は人間だけの特権なのか。世界のエリートビジネスマンが注目している“美意識”をめぐり、コンサルタントと人工知能の専門家が異色対談。(2018/7/5)

IBM Think Japan 2018 Code Day:
UMLの生みの親が語る、AI時代に求められる開発者になるために必要な「学び」と「考え方」
日本IBMは、2018年6月11日にカンファレンスイベント「IBM Think Japan 2018 Code Day」を開催。UMLの生みの親グラディ・ブーチ氏が登壇し、AI時代に開発者が適応していくためのヒントを語った。(2018/6/14)

ひっそり成長「合成声優」ヒカリちゃん(21) 「声優さんの仕事を代替したい」――VoiceText開発者の挑戦
音声合成キャラクターが静かな進化を遂げている。「あと数年後には、現実のアナウンサーや声優の仕事が合成音声に置き換わる可能性がある」と開発者は話す。(2018/6/1)

編集部からのお知らせ:
連載「真説・人工知能に関する12の誤解」が書籍になりました
人工知能の“誤解”を解説してきた人気連載「真説・人工知能に関する12の誤解」が書籍になりました。人工知能の「今」を知るにはオススメの1冊です。(2018/4/27)

機械学習&ディープラーニング入門(概要編):
Lesson 2 機械学習やディープラーニングには、どんな手法があるの?
藍博士とマナブの会話から機械学習とディープラーニングの基礎の基礎を学ぼう。機械学習を始めるための最低限の基礎用語から、ディープラーニングの代表的な学習方法と代表的なアルゴリズムまでをできるだけシンプルに紹介する。(2018/4/17)

特選ブックレットガイド:
「組み込みAIチップ」が5年後には一般化するといえる、3つの理由
AIの中で「CNN(畳み込みニューラルネットワーク)」はAlphaGoのような華々しい事例もあり注目されている。注視するのはエレクトロニクス各社も同様であり、CNNによる推論という手法は定着するといえるだけの理由がそろっている。(2018/4/17)

機械学習&ディープラーニング入門(概要編):
Lesson 1 AI・機械学習・ディープラーニングがしたい! そもそも何ができるの?
機械学習専門家の藍博士と素人のマナブが会話形式で、AI・機械学習・ディープラーニングの基礎の基礎を分かりやすく紹介するシリーズがスタート。まずはAIとは何か、機械学習との違い、ディープラーニングで実現できることを知ろう。(2018/4/16)

「囲碁電王戦FINAL」最終局、DeepZenGoが勝ち越しで幕
「囲碁電王戦FINAL」の最終局は、DeepZenGoがプロ棋士・趙治勲名誉名人に勝利し、2勝1敗と勝ち越した。引退するDeepZenGoは、今後は使い勝手を向上させる。(2018/4/9)

「囲碁電王戦FINAL」第2局、DeepZenGoがリベンジ果たす 1勝1敗に
「囲碁電王戦FINAL」の第2局で、囲碁ソフト「DeepZenGo」がプロ棋士・朴廷桓九段に勝利。DeepZenGoとプロ棋士の勝負は1勝1敗に。(2018/4/2)

特集・音声言語インタフェース最前線:
自然な音声作る「WaveNet」の衝撃 なぜ機械は人と話せるようになったのか
流ちょうな日本語を発声するスマートスピーカー。「こんな音声合成ができるにはあと10年かかると思っていた」と研究者は衝撃を受けている。これを実現したWaveNetとは何か。スマートスピーカーを作る技術がどんなものかを研究者に聞く。(2018/3/27)

「囲碁電王戦FINAL」、DeepZenGoは黒星スタート
囲碁ソフト「DeepZenGo」が過去に敗北したプロ棋士と対局するリベンジマッチ「囲碁電王戦FINAL」の第1局は、プロ棋士のミイク廷九段がDeepZenGoに勝利。(2018/3/26)

「DeepZenGO」引退へ “最強の囲碁AI”目指すプロジェクト、ドワンゴ
ドワンゴが、囲碁AIのプロジェクト「DeepZenGO」を今春で終了する。(2018/3/16)

農業×ディープラーニングの可能性:
元組み込みエンジニアの農家が挑む「きゅうり選別AI」 試作機3台、2年間の軌跡
ディープラーニングによる画像認識で、きゅうりの仕分けを自動化できないか――。そんな挑戦を続ける元エンジニアの農家が静岡県にいる。彼は「専門家じゃない人間ほど、ディープラーニングを試すべきだ」と語る。その理由とは?(2018/3/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。